横須賀市

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

      ⬜ 鰻田ニョロの小説部屋 ⬜

神奈川県横須賀市横須賀中央(2)、横須賀中央駅周辺

やっぱり横須賀は好きです。どぶ板通りなどはすっかり観光地化されたものの、2006年と2007年過去に二度訪れた時と、街の景色がほとんど変わっていません。

IMG_0991

仕事中、昼メシどうしようと考えた時、そう言えば海軍カレーって食べてないなと。てな訳で京急横須賀中央駅近くにある横須賀海軍カレー本舗に入って見ました。場所はCoCo壱の隣(笑)。一階は観光案内所の併設されたお土産屋さんになっています。

IMG_0988

艦これ運営鎮守府も納得だそうです。なるほど、軍港の街としては艦これに乗っからない手は無い。

IMG_0989

唐揚げが無駄に美味い。いや、さすが横須賀名物だけあってカレー、マジ美味いです。仕事で来てるのに気分はすっかり観光客です。

IMG_0986

海軍カレーを出て交差点を渡ると、アンテナに引っかかるような気になる居酒屋さん「福ちゃん」が目に入りました。立ち飲みと書いてある。この交差点を右奥に進んだところに、かつて金星劇場というピンク映画館があったそうですが、すでに解体されマンションが建っています。残念で仕方ない。噂では晩年、あちら系のハッテン場的な痴漢映画館になっていたとか。いわゆる上野地下劇場みたいな。

IMG_1009

夕方改めて「福ちゃん」に入って見ればカウンターに椅子の並ぶ座れる居酒屋さんでした。イワシ刺し、粉茶ハイ、共に300円でシステムは代引き。祝日にも関わらず営業している、地元密着型のお店です。

IMG_0987

福ちゃんの脇にはスナックビル系飲食店街。

IMG_1021

横須賀中央駅から駅前大通りを進んで右手に入ると老舗の焼き鳥屋「相模屋」さんがあります。

IMG_1036

夕方通って見れば、案の定の人だかり。カウンター席もありますが、立ち食い、持ち帰りの店って感じです。

IMG_1020

この駅前大通りから一本入った路地裏の狭さは、都心とは雰囲気の違う地方都市ならではのものと思います。

IMG_0982

飲み屋街は若松町3丁目の崖下に広がる路地裏迷宮地帯だけではありません。

IMG_1013

8月12日、昼休みに歩いていたら年に一度の沖縄フェスティバル、第10回いーちゃ・イチャ・フェスティバルが開催されてました。横須賀でまさかのエイサー。

IMG_1029

市役所前の広場には特設ステージや屋台などが出ていたので、昼メシは出店の沖縄ソバにしました。しかし仕事中のためビールは飲めず、午後は頭の中がオリオンビールでいっぱいでした。そして夕方、待ちに待ったビール。なんだろう、すっかり横須賀を満喫しているんですけど。(笑)

IMG_1038

駅前大通りに戻ると左手通り沿いに三笠ショッピングセンターがあります。三階建の細長いビルで、中はアーケード商店街のようになっており、いわゆる昭和のショッピングモールと言ったところ。ちなみに二階三階は各店舗ごとに階段があるメゾネット形式。アーケードの屋根の上は洗濯物も干せる二階共用スペースとなってますが、関係者以外立ち入り禁止。

IMG_1054

ショッピングセンターが終わった先にも古い商業ビルが。大滝名店ビルと言って二階はスナックやバーなどが入っています。

IMG_1049

その向かいのビルの壁にリスさんが!山が近いからこそですね。

IMG_1058

最後に若松飲食店街入ってすぐ、姐さん方が切り盛りしている立ち飲み屋「310(サトー)」さん。出勤前に一杯飲んで行ったりスナックや居酒屋の前の一杯目として立ち寄るような、地元に愛される良い店です。

IMG_1061

コロッケ、ヤッコ、キムチ、ハムカツなど簡単なおつまみは100円。代引き制で割り物300円、生500円。通いたい店がまたひとつ増えてしまいました。

神奈川県横須賀市横須賀中央(1)、若松飲食店街の路地裏迷宮

2017年のお盆期間中は横須賀で仕事となりました。久々に訪れる横須賀ですが、朝や昼休み、仕事帰りなどを利用して散策して行こうと思います。

IMG_0992

横須賀中央駅随一の繁華街である若松飲食店街、若松町3丁目へと入って行きます。

IMG_0994

狭い路地がクランク、ドンつき、T字路と複雑に入り組んでいます。突き当たりに惹かれる建物。

IMG_0995

その左手にもこれまた渋いスナック。まるでカフェー建築なんて考えてしまうのは病気みたいな物で、横須賀の赤線跡と言えば安浦、皆ヶ作(その内行きます)、柏木田(その内行きます)などの有名どころが周囲にあります。

IMG_0996

しかしながらこの迷路のように張り巡らされた路地は人目をはばかるが如くで、青線にしろ私娼にしろ、何がしかは有ったのかも知れません。

IMG_0997

奥へ進むと崖が迫るという三浦半島らしい地形。崖を背にこれまたバラックのような飲み屋さんが建ち並んでいます。

IMG_0998

横須賀中央駅の海側右手に入ってすぐの通りで、ここが飲み屋街のメインストリート。ちなみに京急線はトンネルから出て来て駅を挟み即トンネルへと入って行きます。

IMG_1002

こう言う雰囲気、たまらなく好きです。

IMG_1003

鉄筋コンクリートとは言え、このスナックビルはかなり年季が入っています。

IMG_1004

ビルを抜ければ向こう側の路地に出られる。

IMG_1005

狭い迷路は歩いているだけでも楽しいです。

9ACD42AD-83FD-4CAA-A677-835C8E767055

上の写真、ピントぼけてるはブレてるは暗いはで、どうしようもない物ですが、2006年に酔っ払いながら古い携帯で撮ったもの。この廃墟が非常に印象に残っており、いつか必ず再訪しようと頭の隅でずっと思い続けていました。次の記事で訪れる立ち飲み屋「310」のママさんや常連さんに聞くも、気が付けば廃墟で昔は何だったのか覚えてないとの事。

IMG_1023

同じ場所に行って見ると、案の定解体されていました。もちろん奥に写る高層マンションも当時はありませんでした。

横須賀、まだ続きます。

神奈川県横須賀市安浦、赤線地帯だったちょんの間跡地

 赤線跡を巡るブログなどではさんざん紹介され尽くした感がありますが、以前より行こう行こうと思いながらなかなか機会がなかった横須賀安浦に行ってきました。

IMG_1125

 安浦の私娼街跡は京急の県立大学駅から海の方へ進み、国道16号線を渡った一帯になります。

IMG_1120

 安浦は皆ヶ作、柏木田と並ぶ横須賀三大私娼街の一つで、大正時代、安浦漁港の近くに作られた色町が発祥。戦後、横須賀の進駐軍相手に栄えたのが最盛期で、売春禁止法以降は細々と続いていました。それも2010年頃の一斉摘発まで、ちょんの間地帯として生き残っていたと言うから驚きです。

IMG_1112

 現在は至って静かな住宅街ですが、街のいたるところにカフェー建築の名残りが見受けられます。写真は銭湯『日の出浴場』隣のモザイクタイル。

IMG_1109

 廃業した床屋さん跡地ですが、入り口脇のガラスには良美軒の文字が。床屋または理容室で良美軒て屋号はどうかとか考えてしまいますが、そんなふうに考え始めたらキリがない。

IMG_1113

 私娼館だった建物、という確証はありませんが、限りなく疑わしき建物。入り口の数や築年数などから、恐らくは。

IMG_1114

 とは言え、現在では普通の民家として住んでいる方がいらっしゃいます。

IMG_1116

 どうやら住民の方々としてはこの地域が私娼街だった事を黒歴史として消したいという思いがあるようです。その証拠に住民の要望によって京急安浦という駅名も県立大学へと変えられたとか。

IMG_1121

 工務店の事務所ですが、とても工務店には見えない建物。

IMG_1122

 現在残っている建物の中では、こちらが一番面影を残しているようにも思えます。安浦を撮影した先輩方のブログを見るに、つい最近まではもっと見事なモザイクタイルの残るカフェー建築が有ったのですが、ここ数年で解体されてしまったようです。

IMG_1119

 二階の床付近の小窓は、熱海の建築物でよく見られた、掃除用掃き出し口です。昔は箒で外に掃き出し、あとは風が飛ばしてくれるという考え。

IMG_1123

 こちらの窓も特徴的です。しかし何度も繰り返すようですが、どれも現在は住民が静かに暮らす住宅として使われているので、あまりパシャパシャ写真を撮るのも気が引けます。なので、こっそり撮りました。(笑)

IMG_1124

 安浦地区の海側はかつて漁港のあった埋め立て地で、巨大なマンションが林立しています。安浦は新築の一戸建て住宅も多いので、再開発される事はないと思われますが、この『いわく付き』の歴史を風化させなければ、地価などにも響くのかも知れません。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ