横浜市

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

【日記】長津田の帰り桜木町や東神奈川の立ち飲み屋に寄る

最近は長津田でお仕事。しかし長津田は本当に何も無くて、ランチにも困る始末です。

IMG_2103

ところが意外や意外、駅近くの酒屋『きしだや』さんに立ち飲みコーナーが併設されており、いわゆる角打ちとなっていました。ただ残念な事に全面禁煙。

帰りは横浜線で横浜経由で帰るか、田園都市線で渋谷経由で帰るか。しかし田園都市線から埼京線への乗り換えはバカみたいに歩くし渋谷から混んでる。と言うことで遠回りだけど横浜線に乗りました。横浜から座って寝れるし。

IMG_2082

乗った横浜線が桜木町行き。横浜で降りるはずが、ついついひと駅先の桜木町まで。気付けば横浜市営地下鉄ビル地下の飲食店街。ここは以前開拓しましたが、まだ入った事のない店、立ち飲み屋ホームベース2に入店しました。

IMG_2079

広くて綺麗な店内。生380、レモンやバイスなどの割り物は宝焼酎の中と外のシステム。ウーロンハイ280、おつまみは250、350前後と、まぁまぁ安い感じ。塩もつ煮込み(390)とどてスジ串(120)が名物。もつ煮に付いてくる柚子胡椒が合う。サラッと気軽に立ち寄るにはいい感じでした。

IMG_2076

二俣川で見つけた立ち飲み『じぇんとるまん』本店を発見。いずれここも入ってみよう。

IMG_2093

後日。乗った横浜線が東神奈川止まり。乗り換えて横浜まで行って上野東京ラインに乗るか、このまま京浜東北線に乗り換えるはずが、ついつい改札を出てしまいました。東神奈川と仲木戸の間は右も左も新しい複合施設系マンションが建ち、仲木戸駅右手にあった古い雑居ビルも建て替え中で、すっかり再開発が進んでいると言った感じ。

IMG_2085

東口を出れば新横浜辺りに勤めるサラリーマンでしょうか、向かいの京急仲木戸駅への人波。途中で左に曲がるとそこには二軒の立ち飲み屋が。再開発で建った高層マンションの2階へ、スカイデッキからダイレクトアクセスです。

IMG_2091

串揚げ立ち飲み『龍馬』さん。なんと店長に聞いたところ、新宿歌舞伎町の『龍馬』の系列店でした。系列と言っても2店舗のみですが、ここが2号店だとしたらなぜ東神奈川 ⁉︎
メニューや料金は歌舞伎町店とほぼ一緒ですが、明太を練り込みフライドオニオンをふりかけたポテサラなど、オリジナルメニューもあるようです。東神奈川から仲木戸へ乗り換えるサラリーマンが流れ込む流れ込む。

IMG_2102

龍馬の隣の『じゆうな丘』。立ち飲み屋が二軒横並びっていうのも凄いですが、こちらは逆に超アットホームな家族経営の店。地元とおぼしき常連さんたちが集まるような、実に和やかな雰囲気です。親父似の息子さんは休憩時間一人籠って携帯いじるし、女将さんは高いテーブルに合わせて踵の高いショートブーツ履くし(二回目行った時はなぜかウサ耳付けてるし!)、箸はウチと同じダイソーの箸だし、キャベツの千切りのドレッシングは胡麻だし、なんか自宅にいるみたいでスゲー落ち着く。(笑)

IMG_2098

生390、割り物300、おつまみは焼き物炒め物中心で200〜380、刺身400。高そうに思えますが、お値段以上のボリュームで満足。なんかこの店好きです。街の雰囲気は小綺麗になってしまったものの、仲木戸の海側にはドヤ街を抱えているような街ですから、立ち飲み屋が二軒並んでいても全く違和感が無いのがさすが東神奈川。

以下余談。田園都市線で渋谷に出たとしても、立ち寄る立ち飲み屋と言ったら富士屋本店ぐらいなもの。好きな店なんですが、つい長居してしまうんですよね、あそこは。で、ちょっと徘徊してみたら新たに立ち飲み屋を発見。

IMG_2074

マークシティ南側の坂の途中、魚がし福ちゃん。残念ながら満席で入れませんでしたが、そのうち突入してみたいと思います。

【日記】横浜でお仕事〜相鉄ローゼの裏路地

春一番でしょうか、生暖かい風が吹いていますが仕事が忙しくてスノボに行けないと言う。2月は万座に行けましたが、今シーズンは春まで連休取れそうにない。久々に野沢温泉とか行きたかったんですがね。

IMG_2042

ともあれ今週はちょっとだけ横浜でお仕事。相鉄ローゼ裏の路地裏の朝です。

IMG_2043

この界隈の汚い感じは昔から変わっておらず、なんだかちょっと嬉しくなります。西口五番街商店街になりますが、基本パチンコ屋密集地帯です。逆に周辺のパチンコ屋がこの一帯に押し込まれているような感じ。

IMG_2045

再開発の進む横浜駅西口のエアポケットとでも言うべきか。喫煙者に対して特に風当たりの強い横浜において、この辺りだけは治外法権のように路上喫煙天国。お上品でお綺麗な政令指定都市の中で唯一残された闇、なんて言うと大袈裟かもしれませんが、ローゼの裏はずっとこのままでいて欲しい限りです。

IMG_2046

キャバクラ、立ち飲み、パソコンスマホ修理屋、ゲーセン、居酒屋、薬局、エロDVD屋。横浜駅周辺で一番好きな立ち飲み屋もこの通りに有ります。

IMG_2039

商店街を越えて運河沿い。ここにかつて、屋台街が有りました。

IMG_2041

不法占拠を続けていた運河沿いの屋台街。行こう行こうと思いながら油断していたら強制退去で全滅。すっかり綺麗でツマラナイ通りになってしまいました。屋台で飲みたかったなぁ。

IMG_2050

仕事終わりにはローゼ裏の路地裏に戻って立ち飲み『ちょい飲み亭横浜処』へ。

IMG_2047

やっぱりこの店は落ち着く。塩煮込みも美味い。相変わらずスタッフ全員無駄に可愛い。(笑)

IMG_2052

ローゼ裏の夜の賑わい。この雑然とした空気が好きなのです。


※この日記は横浜駅西口の再開発に転載しましたので、後日削除します。

神奈川県横浜市、永楽町の温泉銭湯〜寿町のドヤ街再訪

横浜市営地下鉄伊勢崎長者町より少し歩いて永楽町。横浜の市街地には温泉銭湯が幾つかあるようです。

IMG_1955

住宅や小さな町工場、倉庫などがひしめく下町っぽい街中に永楽湯があります。

IMG_1957

モザイクタイルに描かれた屋号が渋い。

IMG_1961

中はかなり歴史を感じる銭湯。ロッカーの鍵が三分の一も無いのは、常連客が持ち帰っているからでしょうか。
浴室もよくある昔ながらの銭湯建築。普通のお湯の浴槽が二つと、少し小さめな加温鉱泉浴槽が二つ。そのうち一つは立ち膝で肩が浸かる程の深い浴槽。
大田区や川崎市同様の黒湯は温度は42度でちょうど良い湯加減。微かに塩素消毒臭を感じるぐらいの無臭で多少の塩気。しばらく浸かっていると汗が止まらなくなります。湯上りはポカポカで、寒い冬には有り難い。

IMG_1963

銭湯を出て根岸線石川町方面に歩いてゆくと簡易宿泊施設、いわゆるドヤがチラホラと見え始めて来ます。

IMG_1964

やがて寿町の飲み屋街が。この日本三大ドヤ街の一つである横浜寿町を訪れるのも、4〜5年ぶりぐらいでしょうか。

IMG_1965

以前は昼に訪れましたが、夜はより一層怪しい雰囲気。並行する二本の車道に挟まれて、中央を狭い路地が貫いています。

IMG_1968

さすがにここは飛び込みで入る勇気が無かった。しかし、いつかは突撃してみたい。

IMG_1967

飲み屋街を抜けて驚いたのは、寿労働センター(職安)が建て替え工事をしていた事。かつての焚き火で煤けた天井も見ることが出来なくなってしまいました。ちゃんと写真撮っておけば良かった。

IMG_1970

日も暮れてすっかり暗くなってしまいましたが、寿町は相変わらずの異世界。

IMG_1971

ただ、多くの簡易宿泊施設が老朽化のため建て替えていました。普通のマンションを建てても売れないからか、建て替えても引き続き簡易宿泊施設を続けています。

IMG_1973

石川町寄りまで歩いたところにある酒屋「山多屋酒店」さん。ここの隣が角打ちとなっています。

IMG_1974

勇気を振り絞って突入。瓶ビールとカニカマ(100円)。この侘しさに痺れる。

IMG_1976

お爺さんとお婆さんが酒屋、ちょっと強面の親父さんが角打ちを担当。常連さんたちがワンカップ片手にまったり相撲観戦。ドヤ街の日常です。次回は居酒屋に突入して、常連さんのお話なんか聞けたらなぁ。

【日記】横浜市旭区二俣川の立ち飲み「じぇんとるまん」

現在、相鉄の二俣川に仕事で行っており、帰りがけに横浜駅西口ジョイナス裏の立ち飲み「ちょい呑み亭」に立ち寄ったりしていました。

IMG_1953

横浜から急行でひと駅の二俣川。平成31年度下期には湘南新宿ラインに乗り入れて新宿まで、平成34年度下期には地下新線で東急東横線日吉駅に接続と、地価高騰を見越して今相鉄が熱い。とはいえまさか免許センターしかないような二俣川に、立ち飲み屋なんて無いだろうとばかり思っていました。

IMG_1948

ところがどっこい、あったんですよこれがまた。
立ち飲み「じぇんとるまん」さん。桜木町の本店を中心に三ツ境、天王町、新杉田、横須賀中央、二俣川、系6店舗を展開する小規模チェーン店。桜木町本店は以前探索した市営地下鉄の駅ビル地下にあるそうですが、

IMG_1949

生中390円、割り物250円と、割りかしリーズナブル。

IMG_1951

ポテサラ(200円)にはフライドガーリックが散りばめられており嬉しい。神奈川的にはこれにソースをかけて決まりです。
この「じぇんとるまん」、そのうち桜木町の本店にも立ち寄ってみたいところ。

神奈川県横浜市、桜木町で立ち飲み屋巡り

埼玉在住の身としては、夜の横浜はなかなか探索する機会がありません。しかし仕事帰りで途中下車して軽く立ち飲み屋さんに寄る程度なら……と、言いつつも横浜駅からわざわざひと駅乗って桜木町。

IMG_0069

東急がみなとみらいに行ってしまって、すっかり落ち着いてしまった様相の桜木町ですが、逆に再開発のいい口実となっています。

IMG_0101

桜木町駅は小綺麗になったものの、かつての東急東横線桜木町ガードの跡は、未だに残っています。

IMG_0066

そんなわけで、桜木町一丁目一番地の横浜市営地下鉄駅ビルの地下街に立ち飲み屋があるとの噂を聞き、行ってまいりました。

IMG_0092

桜木町の野毛近道からぴおシティ地下に入ると、シャッター街と化しつつあるビル地下飲食店街。昔からずっと残っているのは蕎麦屋、ラーメン屋、ゲーセン、立ち飲みはなみち、立ち飲み石松、と言った感じだそうです。しかし地元の常連客曰く新しい店がどんどん出来るのも、それはそれで楽しいそうです。

IMG_0062

しかし生き残った居酒屋たちはどこも大盛況。まずはその中の一軒、立ち飲み「石松」さんから。暖簾を潜ればカウンターという、非常に入り易い造りです。

IMG_0060

生ビール大きめの中ジョッキ500円 、割り物350円、刺身400円〜と、ちょっとお高めですが、恐らく通はコップ酒290円と刺身だけ頼んで野毛に消えていくんでしょう。

IMG_0059

基本的には海鮮中心にメニューが豊富。アジ刺しは脂も乗っており量も多く満足出来ました。

IMG_0055

こちらは立ち飲み「はなみち」さん。最初訪れた時は満席で2回目土曜日やっと入店。しかし土曜日は7時半と早めの閉店。

IMG_0082

きったねぇー!(笑)
こう言う店を求めてました。もう大好き!

IMG_0080

価格的には普通と言ったところ。場外馬券場帰りのオヤジたちのために、昼間から飲めるようにしている店だそうです。ちなみに写真のカウンター、右側がちゃんと固定されておらず、手を着いたら恐らく折れます。直したい。すげー直したいんですがwwwww

IMG_0077

はなみちさんが早めに終わってしまったので、向かいの立ち飲み屋「ふくふく」さんにハシゴ酒。

IMG_0087

なんか、やたら酔います。想像ですが、この辺の立ち飲み屋さんは金宮で濃いめに割るのが仕様なのかも知れません。

IMG_0089

食べ物は隣の一休さんから運ばれて来ます。この界隈の海鮮系居酒屋さんは隣に立ち飲み屋をオープンすることで経営を安定させているのかも知れません。ふくふくさんは飲食店として造られていないのか、製氷機も置けずクーラーボックスに氷をストックしております。

IMG_0094

寿司処かぐらさんも隣に立ち飲み屋を出しています。競馬で勝った人はお寿司と日本酒ってパターンでしょうか。

IMG_0097

立ち飲み屋で飲んで野毛ちかみちを抜ければ野毛の飲み屋街。次の日仕事につき帰りましたが、いずれ野毛も開拓してみたいものです。

※追記 2018年3月

長津田で仕事で、横浜経由で帰ろうと思いましたが横浜線が磯子行きで、ついつい一駅先の桜木町へ。久々に横浜市営地下鉄駅ビル地下街に立ち寄りました。

IMG_2082

野毛ちかみちから入ってすぐ、立ち飲み屋『ホームベース2』。広くて綺麗な店内。

IMG_2079

生380、レモンやバイスなどの割り物は宝焼酎の中と外のシステム。ウーロンハイ280、おつまみは250、350前後と、まぁまぁ安い感じ。塩もつ煮込み(390)とどてスジ串(120)が名物。もつ煮に付いてくる柚子胡椒が合う。

IMG_2076

こちらは入ってませんが、二俣川で見つけた立ち飲み『じぇんとるまん』の本店。なかなかの盛況ぶりでした。桜木町はまた機会があったら寄ろうと思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ