横浜市

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横浜市、鶴見の三業地跡と青線跡

鶴見駅周辺は2010年4月に軽く訪れただけだったので、今回改めて訪れてみようと。

6C4537B3-5CD6-4B99-AAB4-B93415359F39

鶴見駅を撮るにも正面口である東口を撮るのではなく、鶴見線ホームのある西口。

1FBB5525-8DE5-41AB-A530-66A9B72CA480

この高架線ホームは昭和9年、当時鶴見臨港鉄道(現・鶴見線)の鶴見駅として建設された物です。駅自体は明治5年、日本初の鉄道が品川〜横浜間に開通した時に開業という古い歴史があります。

3C4E1E4A-4A48-4296-8D36-48147588B73E

鶴見駅西側の飲み屋街。韓国系の看板が目立ちますが、近くの大黒町に食肉市場があるため焼肉屋が多い。

AC874ECD-290A-4B85-941C-F44A6045E0EE

このスナックビルは三業共同ビルと言います。その名の通りこの一帯は昔、料亭や置き屋、待合いなどが建ち並ぶ三業地でした。

AAD0A669-D563-4E68-B19B-F12D656573EA

地下は入れなくなっています。廃業したスナックやパブなども多いようです。

E558D946-5CE6-4D84-84FE-9B84EDEF04F2

この一帯が三業地として栄えたのは大正時代から。京浜工業地帯の発展とともに歩んで来ました。しかし当時狭い路地に密集していたところ昭和40年代より区画整理が始まり、同時に三業地としても衰退して行き、今ではその名残りで歓楽街が広がっているのみ。当時の面影を見ることは出来ません。

0F188C8B-947C-4991-A275-9645A55BCD39

鶴見駅の南東を鶴見川が流れ、その向こうには本町通り商店街が続いていますが、ほぼシャッター商店街と化しています。

8CC19759-81D3-4136-9C17-7E4618BD2835

商店街から一歩裏に入れば住宅街。トタン貼りのアパートなどが数多く残っています。

1D59177B-37C0-4425-9335-AE694985DB10

工場の労働者たちが暮らしていたのでしょうか、しかしその多くが廃墟と化しています。

2445623E-BFD9-4815-AC41-A5ED98BA659D

アーケードが終わった辺り、右手に少し入ったところは、かつて青線地帯でした。

4D4CCA47-F288-4313-8192-3D68A9A76BD2

名残りとして残っていたスナック街も数軒を残すのみでほとんどが廃業。

54231A34-510E-463C-A7D1-067C947DEAF0

ひとつ上の写真の建物の右脇、スナックの跡が。この建物は連れ込み宿だったようです。

6309CC0E-E2B3-4E48-A004-822857D9FAD2

駅前の三業地とは別に庶民的と言うか、貧困層が遊ぶ場所はこの青線地帯でした。

59A9EAE4-49F9-4C0B-97E7-48BFB2E02BDE

一番奥に残るカフェー建築。

12EB1A5F-3BD5-4BAE-9590-7B6760BCB942

周辺は建て替えが進み新築一戸建てばかりですが、貴重な歴史的建造物としていつまでも残っていて欲しいです。

神奈川県横浜市、磯子区滝頭の横浜市電保存館

先月訪れた際、新型コロナの影響で休館中だったため入れなかった横浜市電館に改めて行きました。

1EAC7ADD-5399-4F3C-9D76-8848DECE21B5

入り口で検温と消毒をし、万が一の感染経路が判るよう住所氏名などを記載して入場します。

A643FC9A-6D4F-4329-B521-7795BDCB5B0A

入り口には架線の支柱が移設されており、根元には空襲の時に空いた穴が残ってました。

046B2B92-0FEA-41DA-8002-B61F0FA18F81

市電館の中には五両の車両が綺麗な状態で保存されています。まずは523号車。

B3245E0F-567F-4077-AA57-BF9AA0D92EFB

昭和3年から同44年まで活躍していました。背凭れが木製ですが、彫刻など意匠に凝った造り。

14EEAEAC-07C4-4B6D-ADC5-95537DB81C1E

次に1007号車。これが一番好きな車両で、これに似た車両として阪堺電鉄では同じ昭和3年製造のモ161が現役で頑張っています。

787D69EF-E67A-40A0-BA20-3669190181C3

何が好きって、この木製の中間扉。開く時のガラガラって音が玄関みたいで。

CE37DE14-3F75-4A45-8226-47C0AAC5EE8F

500系と同じ昭和3年から昭和44年まで活躍していたので、最初は背凭れが木製だったのかも知れません。

83798483-2B24-4F7E-B94D-BB72504D4322

車内には昭和初期の路線図も掲示されています。

7EEB5222-C23B-4832-A79A-12942676A430

7年後の昭和11年から市電が廃止される同47年まで活躍していた1104号車。

0BCA959B-53A8-4746-90B7-8B335AD59A5D

戦前型の車両は地方都市の路面電車で、結構普通に近年まで活躍していました。現在、阪堺電鉄以外でも走っている所は有るのかな?

94E02A2D-56AB-4662-B50E-CF48B3CABD6B

昭和22年、戦後の混乱期に製造された1311号車。まだ中間扉が木製ですが、戸袋の窓がHゴムに換えられています。

EE3DF71F-F52B-4B6B-90AD-D1D61B165B2D

車内も見た感じ戦前型と大して変わっていません。ちなみに横浜市電の開業は大正10年で、開業当時は愛知県の明治村に保存されているような車両でした。しかし関東大震災で壊滅的な打撃を受け、現存するのは震災後の車両のみです。

7A1C88F4-F153-4737-BDBA-66E8AE106281

昭和23年製造の1510号車。フロント二枚窓がいい。

8B55A7F9-E119-4A70-B959-C3D6202EEAF6

車内灯が蛍光灯になってますが、デビュー当時は白熱灯だったのでしょう。しかしこの辺りから近代的な見た目になって来ます。

DB2E72DA-752A-498C-9078-EFDF007DB371

デビューは古いですが、路線図はだいぶ増えて来た時代の物。

4A1E7017-C487-4477-B07B-784A206A3C98

最後はこちら、1601号車。

F8E60C98-C287-406F-A5A0-89AF2158A93F

昭和32年製造で、デビュー当時から車内の蛍光灯など、高度成長期に造られた車両の代表格とも言えます。この時代の車両はまだ地方鉄道に於いて現役で頑張っています。国鉄で言えば101系近郊型電車や20系寝台と同期。
そんな訳で横浜市電保存館でしたが、歴史資料室の昔の写真など見応えは充分にありました。横浜市電は昭和37年度首都圏整備事業計画策定方針が決定したことにより、荒川線を除く都電と同時、昭和47年全廃となり、その役目を東京の都電は地下鉄に、横浜の市電は乗り合いバスへとそれぞれ譲りました。

神奈川県横浜市、横浜の銭湯巡り(その2)

ネタが無い時はとりあえず銭湯巡りでもしようかって言う変な癖が付いてしまいました。
横浜の銭湯巡りその1はこちら

3458C129-AC79-4CB1-BD73-4E6A1C38A60D

まずは京急弘明寺駅から横須賀方面に少し歩いたガード下にある、日帰り温泉施設みうら湯。

D329374E-010B-499F-AA75-59F7440B3284

黒湯はその辺の銭湯でも入れるし、日曜祝日920円、平日820円出して入るのはどうかとも思ってましたが、ここの黒湯はちょっと違う。入れば超ヌメリ感、湯上りはしっとり、でもサラサラ。920円出して入った価値は有りました。
Googleマップ

289036BF-AC34-4587-88B9-019FBC1280D1

弘明寺から横浜寄りにひと駅、井土ヶ谷駅から少し歩いたところにある黒湯の銭湯くさつ。名前負けしないか心配でしたが、銭湯料金で加温した冷鉱泉の黒湯を楽しめます。しかもお湯の感触や濃さに関してはみうら湯とほぼ同等。横浜市街南西部、大岡川中流域の鉱泉はこんな浴感なのでしょうか。
Googleマップ

1339B51A-72FC-46D8-91B5-34CA71A8EDF2

先日アップした日記と重複してしまいますが、銭湯の纏めとして転載しておきます。旧寿町労働福祉会館が2019年の6月に建て替えられ、健康福祉センターとしてリニューアルオープンしました。その二階にある銭湯の翁湯。寿町ドヤ街の真ん中にある銭湯ですが洗い場も浴槽も広く清潔で、とても使い勝手が良い。
Googleマップ

3109DC14-3D44-4D11-83E8-C2BDED19B953

JR根岸線石川町駅から中華街方面に少し歩いたところにある銭湯、恵びす温泉。温泉と名乗るだけに期待して行きましたが、ラドンイオン発生器による人工温泉でした。ただここは老舗のサウナと言った雰囲気で、仕切られたサウナスペースには中二階の屋内テラスがあったりして、とにかく造りが昭和なのです。
Googleマップ

8AADADD4-FE3E-4268-B0BB-9CFDDDF925A5

恵びす温泉のある吉浜橋バス停から根岸方面へ。山手のトンネルを抜けると昭和3年に完成した震災復興建築の桜道橋。

9A23A0D4-AB3B-46E6-B175-9D450410DC4A

バス停で言えば麦田町になりますが、この桜湯はすでに廃業していました。

D99CCDDE-C585-4B22-ACCC-20F0355806F2

桜湯の向かいにはいい感じのバラック。桜湯とこのバラックの間は暗渠で、かつては川が流れていました。

58C5F077-E5F7-4611-B404-F838CBAA397C

以前訪れた大和町のいなり湯を過ぎて本郷町バス停。海側の丘陵の手前に泉湯があります。
Googleマップ

3B421C8A-8E7F-4C6B-B9F5-F1A3D7E019BB

まず玄関の古びたアルミサッシのガラガラと言う音と共にチリンチリンと言う鈴の音。ちょうどいい懐かしさはお宅にお邪魔したような感覚。

6337B9C9-0982-4C6A-8027-C93237FD2FDC

小ぢんまりとした浴室。極端に古い訳でも無く、80年代の庶民的な雰囲気がとても気に入ってしまいました。いつまでも営業を続けていて欲しいです。

【日記】横浜のドヤ街寿町で銭湯からの居酒屋

日本三大ドヤ街の一つと言われている寿町の銭湯、翁湯に立ち寄りました。
過去の記事はこちら。
神奈川県横浜市、寿町のドヤ街
永楽町の温泉銭湯〜寿町のドヤ街再訪

画像 014

かつて寿町の中心には寿町労働福祉会館がありました。昭和49年に出来た公益財団法人で、職業紹介所や診療所、銭湯などが開設され、上層階は市営住宅となっております。当時は冬場ドラム缶で火をくべていたため一階の天井が煤だらけでした。

544051B4-30DC-4DE6-B640-8F0E209491CB

その施設が去年の6月に建て替えられ、健康福祉センターとしてリニューアルオープンしました。内容は以前と全く変わっていないようです。一階の屋根の下では老人たちが地べたで将棋を指していました。

1339B51A-72FC-46D8-91B5-34CA71A8EDF2

その二階にある銭湯の翁湯。洗い場も浴槽も広く清潔で、とても使い勝手が良い。

882146C6-B521-4195-A366-36F57677C846

銭湯を出ると目の前にはバラック飲み屋街。風呂上がりに入ろうと覗いて見ると飲み屋ではなくノミ屋だったりして、その両隣りもスナックだったりして、しばらく露頭に迷う。

4EF2DDB1-8DB2-4483-A89A-5787E717F79E

とにかく喉が渇いたので、東側に少し歩いたところの比較的敷居の低そうな居酒屋「めぐ」さんに入りました。

10676B56-7581-42B1-A610-A46811572198

韓国人の気さくなママさんが一人で切り盛りしている店で、自動的に晩酌セット、生ビールとタコ刺しで1000円。だいたい一品4〜500円と言ったところですが、タコ美味かった。聞いてみるとこの界隈で居酒屋的なメニューがあるのは3軒ぐらいで、あとはだいたいスナックだそうです。

FA96C8E4-CC1E-4B86-B0CF-3CB276F2E1D8

後日、更に開拓しようと思い寿町に立ち寄りました。寿町西側の路地裏飲食店街は戦後のニューカマー系のコリアタウンなのですが、う〜ん、二の足を踏んでしまう。

04C38F34-E39E-4AED-A346-37439EF14427

大通り沿いなら入り易いかと、翁湯の向かいのスナック優子さんにイチゲン突入。生ビール二杯とウーロン割り3杯ぐらい飲んで、おつまみ二回頂いて確か3500円。カラオケに1000円投入。楽しい時間を過ごさせていただき、また来たいと思いました。綺麗で優しい韓国系のママさんとフィリピン人のチーママで切り盛りしています。この界隈の歴史についても聞きたかったのですが、寿町の先輩方と楽しく飲んで歌って満足してしまった。
ちなみにマイクは毎回消毒してますし、そもそも横浜でコロナが出たのはホストやキャバクラのある歓楽街の福富町辺り。意外と言っては失礼ですが、中村川沿岸ではコロナは発生していないようです。またその福富町の感染源と言うのも、ホストが新宿歌舞伎町のホストクラブへとヘルプに行き、しっかりコロナを持ち帰って来たと言う噂。しかもそのホストは今も福富町で客引きをやっていると言います。

寿町は日本三大ドヤ街と言われています。しかし実際はヤの付く方々の街である以外に、コリアタウンという側面もあります。とは言え、この街の在日韓国人系のママさんや女将さん達は、金に厳しいながらも日本人とほぼ同化している印象を受けました。いやむしろ無職の老人達の街であるからこそ、韓国人くらい金に厳しくて丁度いいんだと思います。下手にツケ払いなんて許すと踏み倒したり逃げられたりします。なんて言うか、それが当たり前の世界。そこで暮らす人々であり優しさがありました。やはりと言うか、この街に流れ着いて来た人々は基本どうしようもない人達なんです。そんな人達に対して韓国人のオモニ達が世話を焼いている。時には身寄りの無いおっちゃんに口煩く怒ったりもする。そこには人種など関係無く愛があります。
話がすっかり脱線してしまいましたが、ともあれこう言う街に落ち着く自分が居ます。

神奈川県横浜市、横浜の銭湯巡り(その1)

最近家の風呂釜の調子が悪く、現在勤め先の横浜市南区にて仕事帰りに銭湯へ寄る事が多くなりました。

63D17751-EA86-4573-9E23-A28E27A8F32D

まずは重複しますが以前の記事でも触れた中村町にある仲乃湯。市営地下鉄阪東橋駅から横浜橋商店街を抜けた先にあります。
Googleマップ

0318B8A2-07F8-41F2-B748-B150963DFC8C

何度か通ってますが、周りがドヤ街で風呂上がりには近くの角打ちやフライ屋、横浜橋商店街などで一杯というコースが出来上がってます。

891ACDE8-DC9B-44E4-AD9D-2361D5CF4C60

銭湯画こそありませんが中は広く、小さな露天風呂まであります。

AC59ADA9-EE4D-4371-8A53-953819B5A592

こちらも昔の記事で触れてますが、永楽町にある永楽湯。市営地下鉄伊勢崎長者町駅と阪東橋駅の間ぐらいにあります。
Googleマップ

A4A26E38-E2AB-4D68-AA8E-7A0EB850F1AB

ここは横浜でも珍しい鉱泉の黒湯が楽しめる温泉銭湯です。

EEF7FF6E-08A0-4786-821E-A905700160BB

この辺りは昔、永真遊郭があった辺りで、恐らくはその当時のままと思われます。中之湯同様、見事な折り上げ天井。

D587BA48-6298-4500-BCE2-F3059B5F2313

こちらは弥生町にある辯天湯。べんてんゆと読みますが、市営地下鉄伊勢崎長者町駅のすぐ近く。
Googleマップ

31652586-4640-414A-B7D8-CE6419929412

アプローチが渋過ぎると思ったら裏口でした。こちらが大通りに面した正面。マンションに併設されている銭湯です。

FC60C816-AD71-4CC3-B4C2-3DA9B9BFB937

ラドンイオン発生器、ミネラル温浴剤、超音波マイクロバブル発生器など色々あり過ぎてよく分かりませんが、それよりなによりも46度あって超熱いです。浴室にはモザイクタイルで姫路城がドット画のように描かれていますが、ちょっとイビツに歪んでます。

395B4F41-002F-4122-A4E6-C22B5CFE5C92

脱衣所は昔の町医者の待合室みたいで、とにかく突っ込みどころが多い。

1998C063-DBC4-4F4C-BD18-EB12355E7922

こちらは戸部町にある松島館。市営地下鉄高島町駅から歩きます。
Googleマップ
※松島館は2020年7月を以って閉業となってしまいます。

2AF00D22-A2DA-4A57-B4A4-D5F4202F2182

こちらもかなり歴史のある銭湯。裏手は小高い丘となっており、その上は住宅街。

52C59D67-7F4E-460F-903F-341A7B349CD3

浴室には板貼りの壁に富士山の銭湯画。温度計は42度を指してましたが、体感的にはちょい熱め。

AB743B87-27A5-42E1-8C87-D3C58795099C

骨董品クラスのマッサージチェアー。使われる人は居るのでしょうか。

225EAC92-3DDF-4D1F-9624-4A0362C9CAD1

最後に少し離れますが、大和町にあるいなり湯。根岸線山手駅から商店街を進んだ奥にあります。
Google マップ

FEC454A2-593A-406D-9CA7-75D16F08E029

ここは至るところが古いまま。バネ式の下足箱の鍵なんかも懐かしいです。

068F4E31-201F-4163-A92B-59EE09E56FEA

折り上げ天井に埃の被ったシャンデリア。ここも数少ない鉱泉の黒湯に入れる温泉銭湯です。ほぼ無臭ですが多少肌に纏わり付くような浴感。深い浴槽に腰掛けて胸まで浸かっていれば、汗が止まらなくなります。

40B4797D-DB8D-4336-B93B-0186E672DCBD

ここにもマッサージチェアー。と思ったらお爺さんがコインを投入。バタバタと爺さんの背中を叩く音が。

17118DB8-0241-447C-A1DA-C2D1E502A1B6

風呂上がりには斜向かいにある立ち飲み屋、大和町もつ肉店で生ビール。

F74EDE86-F540-4181-957C-1F0F5A3F6318

生490円、割り物400円と、そんなに安くないと思っていたら、350円のもつ煮が溢れている。しかもトロトロで超美味い。鶏レバーも一本150円ですが半焼きで溶ける。ちょっとこの、いなり湯から大和町もつ肉店へのコースはまた行きたいと思いました。

FF407058-B7FC-4C8B-9001-CC0D76FAD23E

おまけ。京急日の出町駅と黄金町駅の間、かつてチョンの間地帯だった街にある、人間用コインシャワー。人間用と銘打つあたり、犬でも洗ってた輩がいたんでしょうか。

3DA4CA9B-A480-4486-BEF3-2A16941B20FD

昔、25年ほど前まで私が住んでいた新宿区の大久保にも、このようなコインシャワーがありました。今ではほとんど残ってないんでしょうかね。

4AD0CEE6-83AE-443C-AE23-24FF8E799B87

当時は10分100円とかで、100円だけだと頭を洗ってる最中に止まってしまうという。風呂無しアパートだったので、よく利用していました。

72AE1507-29AC-40B8-B1AC-F4C7ADE99A4B

かつてのチョンの間跡地は当時の面影を残したまま。美大生にアトリエとして安く貸したりしているようですが、いまいち発展している様子も無く、半ばゴーストタウン化しているのかも知れません。また近い内、昼間にでも再訪出来たらと思います。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ