川崎市

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

川崎市温泉巡り(2)、有馬温泉〜千年温泉

川崎市温泉巡り(1)、溝の口温泉喜楽里~丸子温泉

 以前訪れた際、運悪く臨時休業だった神奈川県宮前区の有馬温泉へリベンジです。

image

 南武線武蔵中原からバスに乗り換え、中原街道を鷺沼方面へ。千年(ちとせ)交差点辺りからバスは多摩丘陵へと入って行きます。幾つかの団地を通り過ぎて鷺沼に着く手前、中有馬のバス停で降りれば、一見普通のマンションにしか見えない温泉旅館、有馬温泉に到着。兵庫県の超有名な有馬温泉と名前が全く一緒で泉質も近いですが、全くの偶然。こちらは古い歴史のある一軒宿です。

image

 日帰り入浴は1200円と少々お高いですが、お湯は素晴らしいです。川崎の温泉といえばどこも黒湯なのですが、ここは珍しく単純鉄冷鉱泉。加水無し塩素消毒無しで20度の源泉を41度程度に加温してます。浴室にはマイアカスリが何本も吊るしてあり、療養などで通い詰めている方も多いようです。常連の方が入って来ると必ず挨拶を交わしており、地方の共同浴場に来ているような気分になります。

image

 ライオンの口の形をした湯口からは源泉が常にチョロチョロと掛け流されており、酸化した鉄分で茶色く濁ったお湯には茶褐色の湯花が大量に漂っています。湯口の側には飲湯用のコップとペットボトルのキャップが二つ。後から入って来た常連の方はそのキャップに源泉を注ぎ、アイボンみたいに眼球を洗っていました。目にも効くのかな。僅かな滑り感のあるお湯に浸かっていると、じわじわと浸透して来る感覚。湯上りは鬼のように汗が止まらなくなります。

image

 中有馬から武蔵小杉行きのバスに乗り千年で下車。南武線武蔵新城駅方面へ少し歩くと温泉銭湯の千年温泉があります。しかし午後2時のオープンまで30分あったので、一旦そのままスルー。

image

 一緒に温泉巡りをしていた仕事の先輩(地元民)の奥さんが、近くのスナック『エム』で昼カラしてるとの事なので顔を出す。ここが、夕方5時まで男性2000円女性1500円で軽いおつまみ込み飲み放題歌い放題。安い! ちょっと顔出しだけのつもりが、ついつい……。気付けば5時!

image

 気をとり直して千年温泉に戻りました。

image

 本当は酔って温泉に入るのは良くないのですが、まあ、そんな時もあります。(笑)
 ここのお湯は多摩川沿岸でよく見る重曹泉を加温したもの。いわゆる黒湯です。しかし大田区の蒲田温泉並みに濃いいです。温泉浴槽は内湯の他に露天風呂まであり、この露天浴槽脇の蛇口を捻れば嬉しい事に冷鉱泉の源泉が出てきます。このような良質なお湯に浸かれて銭湯料金420円とはありがたい限りです。

川崎市新丸子、東急沿線の下町と三業地跡

 昭和に入ってからの開発の過程で、武蔵小杉駅は幾度となく駅の位置が移動されて来ました。結果、東急東横線武蔵小杉駅は新丸子駅の目と鼻の先になってしまいました。

image

 武蔵小杉から新丸子までは普通に歩ける距離。その西側線路沿いは小規模ながらも居酒屋やスナックの建ち並ぶ飲食店街となっております。

image

 新丸子駅は大正15年、東横線の開通に併せて開業しました。駅が開業するとその周囲に街が出来てゆくという、東急の田園都市計画とともに発展して来た街です。

image

 大田区内の東急沿線でよく見られるような下町の商店街の雰囲気が、新丸子にはあります。こちらは北西に伸びる医大モール商店街。隣の武蔵小杉とは好対照な雰囲気です。

image

 昼間から飲めるという大衆食堂の三ちゃん食堂。こちら、孤独のグルメにも紹介されたそうです。多摩川対岸の田園調布や自由が丘とは真逆な、実に庶民的な街であることが分かります。

image

 駅の反対側に抜けると新丸子東栄会という商店街が伸びています。いずれの商店街も武蔵小杉にオープンしたショッピングモールなど何処吹く風とばかり活気に満ち溢れており、非常に充実した下町であります。

image

 焼き鳥のお土産屋では缶酎ハイ片手に立ち飲みも出来ます。この光景、北を走る田園都市線などではなかなか見られない。

image

 古い廃ビルが残っていたりして、再開発の波が押し寄せていない証拠。

image

 住宅街の舗装されていない狭い路地を入ってゆくと、トンネルかと思うような茂りっぱなしの木が。ここだけが異空間です。

image

 東口を出て武蔵小杉寄りに行ったところに稲荷神社があるのですが、その周辺一帯はかつて料亭、置屋、待合いの建ち並ぶいわゆる三業地でした。

image

 昭和の始めより街とともに発展してきた三業地ですが、空襲によりほぼ消失。しかし戦後の復興とともに盛り返し、昭和30年代の最盛期には約25軒の料亭があり、芸姑もおよそ100人ほど居たとか。

image

 しかし昭和50年代に入り徐々に衰退。今ではその面影すら無くなっています。

image

 近年では駅から少し離れた中原街道沿い一帯にラブホテルが点在していましたが、それも色街の名残りでしょうか。しかしそのホテル街も多くが潰れて、空き地とマンションが目立つようになって来ました。

川崎市温泉巡り(1)、溝の口温泉喜楽里~丸子温泉

 前々から行きたいと思っていた神奈川県川崎市西部の宮前区有馬の温泉に入るべく、武蔵小杉から鷺沼行きのバスに乗りました。しかし着いてみるとなんと、運の悪いことにまさかの臨時休業。ここは真っ茶っ茶な鉄泉に入れる、しかも歴史の古い穴場的な温泉旅館なので楽しみにしていましたが、次回に持ち越しです。

image

 仕方なく武蔵小杉行きのバスで少し戻り千年(ちとせ)バス停で下車。手前の交差点を北上すると、小さな神社では盆踊りの準備が。多摩川南岸の平地が終わる丘陵の麓に建つ千年神社は蝉時雨で夏って感じ。

image

 溝の口駅行きバスのバス通りを程なく歩くと、溝の口温泉喜楽里があります。

image

 岩盤浴やお食事処などが充実した日帰り入浴施設で、入浴料800円はなかなか良心的な値段です。当然大人気で人が多かったため、内部の写真は撮れませんでした。
 地下1800mから掘り当てた源泉温度41.3度のナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉はコーヒー色をした重曹泉ですが、大田区の黒湯に比べると少々薄め。加温加水無しの源泉かけ流し浴槽は露天のみ。内湯は加温の循環濾過。やはり露天の源泉浴槽が気持ち良いのですが、熱いお湯が好きな人には物足りないだろう適温。微かな塩素消毒臭は気にならない程度。泉質も悪くなく、しばらく汗が止まらなくなりました。湯上がりはスーッと浸透してサラサラながらもシットリ。かなり肌に良さそうです。

image

 そこで湯上がりに十割蕎麦と生ビール。まさに至福のひととき。

image

 武蔵小杉まで戻り、散歩しながら新丸子。そこに昔ながらの温泉銭湯、丸子温泉があります。

image

 銭湯代420円を払って中へ。建物こそは鉄筋コンクリート造ですが、雰囲気は下町の銭湯です。

image

 こちらも浴室は撮れませんでした。泉質は喜楽里と同じ重曹泉。しかし透明度の低い黒褐色で、どちらかと言うと大田区の黒湯に近い感じです。温度は45度とかなり熱めですが、我慢して暫く浸かっていると鼻に抜けるような、ミントガム食った時のような感覚に。蒲田界隈で銭湯巡りした時の感覚を思い出します。こちらは地下100mから湧き出す冷鉱泉を沸かした物で、地下1800mから汲み上げている喜楽里とかなり印象が違いました。

川崎市温泉巡り(2)、有馬温泉〜千年温泉

川崎市武蔵小杉(2)、再開発前の小杉町3丁目東地区

およそ一年半振りに武蔵小杉を訪れました。以前訪れた様子はこちら

image

JR南武線武蔵小杉駅北口駅舎。中原街道に面したこの駅が、本来の武蔵小杉駅と言えるでしょう。

image

その武蔵小杉駅の東側から線路をくぐり南に出ると、UR小杉三丁目市街地住宅があります。ここから南東に掛けての一帯が、小杉町3丁目東地区再開発区域となっており、タワーマンションが計画されています。背後にはすでに完成した小杉町3丁目中央地区のプラウドタワーが聳え建っています。

image

一階はスーパーマルエツ。二階から上は「コ」の字をした団地。

image

住人は立ち退きがほぼ完了しています。しかし本来の計画では今年度(2016)土地の引き渡しが完了し解体工事が始まる予定でしたが、地権者や住民らの反対もあって計画が遅れています。

image

マルエツの向かいの線路際には抜け道のような路地があります。

image

すでに廃ビルとなっていますが、再開発の完了した中央地区から駅へ抜ける人々が、私道のようなガタガタ道をひっきりなしに歩いていました。

image

マルエツの並びには多くの古いビルが建ち並んでいます。この一帯も全て取り壊す予定ですが、今のところ普通に営業しています。

image

こちらは東地区の東側、東急東横線武蔵小杉駅の西側になります。
武蔵小杉総合情報サイト武蔵小杉ライフに再開発の全貌が記されていますが、凄まじいとしか言いようがないです。

IMG_2658

マルエツの南武線を挟んだ反対側、ガード下には立ち飲みの焼き鳥たまいやがあります。

IMG_2656

生中2杯と串6本で2千円弱。たまいやは溝の口を中心に展開する小規模チェーン店で、溝の口西口商店街の立ち飲みでも飲みましたが、やはり高い。

image

こちらは東横線武蔵小杉駅西口の駅前にある路地裏飲み屋街、センターロード小杉。以前訪れた時にも撮りましたが、この一画だけは再開発されず高層マンション群の真ん中に残ります。

image

このセンターロードの中に武蔵小杉唯一のネットカフェがあります(まだ営業しているかどうか分かりません)。ここは昔一度だけ利用した事がありますが、角のタバコ屋のおばちゃんにお金を払って利用券を受け取り、二階に上がって兄ちゃんに券を渡すと席に案内されるという、なんとも怪しげなネットカフェでした。利用客は皆中国人で、しかもパソコンが猛烈に重い。

image

武蔵小杉は湘南新宿ラインが通るようになって以来地価が高騰し、閉鎖された工場跡地から次々と再開発が進み、今では常に住みたい街ランキングの上位に食い込むほどの人気を集めています。建てれば売れるとばかりに高層マンションが雨後の筍の如くニョキニョキと建ち続け、かつての埼玉県川口市のように急激に人口が増え続けています。

image

センターロードから南に向かった線路沿い、かつて小さな歓楽街が細々と生き残っていましたが、すでに跡形もなく消えていました。ここには条例的にアウトなピンサロ「レモン」があったと思いましたが、街の浄化かなんかで消されたのでしょうか。
武蔵小杉はもう落ち着いたとばかり思っていましたが、南武線小杉駅北西部の小杉駅北部再開発地区では今現在タワーマンションが建設中で、今回訪れた三丁目東地区でも計画が進んでいます。この異常なまでの再開発はいったいいつまで続くのか。また、武蔵小杉の未来はどうなって行くのか。今後、様々な問題が浮かび上がって来るような気がします。

川崎市東田町、続・川崎案件(2016年5月29日更新)

 川崎駅東口から程なく歩いたかつての係争地区、東口町は、2015年2月に訪れ噂の現場、川崎案件として紹介しましたが、今回その後の様子を見に行って参りました。

IMG_20150826_13395090

 前回閉まっていたラーメン屋『鳥竹』が営業しているとの情報を受け、早速入店。

20150826_133540_144

 カウンターに椅子が四脚の狭い店内。店の半分は厨房ですが、暖簾に仕切られ一切見えなくなっています。

20150826_132526_576

 メニューはラーメン、240円。あとは缶ビールと缶酎ハイ、それにベビースターラーメン。ラーメン屋だけに!(笑)

20150826_132420_744

 壁には私道廃止反対の紙が。私道と言ってもこの地域が取り壊されてコインパーキングになる前の話。仮囲いで区画された通路はかつての面影です。
 また、営業許可証も掲示されていましたが、事業者名はリッチハーベストという新橋の不動産会社になってました。謎は深まる。

20150826_133015_339

 ラーメンはチャーシューこそ入ってないものの、240円にしては普通に美味しい。店主はキャップを目深に被った、比較的若い兄さんでした。

IMG_20150826_132153333

 この地区に張り巡らされた仮囲いをよく見ると、あちこちに建設計画の掲示板が掲げられています。着工は10月初旬で完成は2016年3月。鬼のような工期の短さ。敷地面積1180㎡、つまり約35m四方で、地上二階建て一棟の店舗。この広い敷地にそんなに小さい建物を!?
 ともあれ10月初旬にラーメン屋『鳥竹』はどうなっているのでしょうか。

IMG_20150826_13435279

 外周部に張ってあった張り紙には、強制退去をさせられていると訴える内容が。しかしこの地区に残っているのはラーメン屋『鳥竹』のみのはず。建設計画の事業主であるアセットマーケティングをブラック地主と訴えています。
 まだまだ謎の多い地区ですが、着工予定の頃にまた覗いてみたいです。

IMG_20150826_134527300

 周辺は飲み屋と風俗店が点在する、なかなか治安もよろしく無さそうな土地。

IMG_20150826_134846945

 潰れたキャバレーが時代の移り変わりを静かに物語っていました。しかしロンドンの看板懐かしい!


※2016年5月29日、近くまで行ったので覗いてみました。

image

案の定と言いますか、やはり建物など全く建っておりません。

image

しかし通路は塞がれ、ラーメン屋はとうとう取り壊されてしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ