川崎市

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県川崎市、昭和マーケットとその周辺

一部では超有名物件であり、多くの昭和の街並み系ブログでも取り上げられている昭和マーケットに行って来ました。今更感もありますが。

DD937477-345B-453E-93C7-918344C42ED5

最寄りの駅は京急大師線の東門前駅。川崎駅から多摩川沿いを京浜工業地帯まで進む短い支線です。

AD5BD50B-F08F-42C9-A411-B25EF11B29CE

大師線の南側を並行して続く大師銀座商店会に昭和マーケットはあります。

33264EA3-8D4B-4F33-AEA9-8EECF0CA5BB3

L字型の路地に商店が並ぶ木造アーケード。

9345ADD3-EF75-44E2-96D5-CE448BF21B3E

しかし現在ではほぼ壊滅状態です。

2D565ED1-FC20-44B9-8135-2640CD04A765

ほんの数年前までは結構店も営業していたようですが、いかんせん訪れるのが遅すぎました。

7B110C97-F666-4893-A254-0E31C2A352E5

出口と言いますか大師銀座商店会から脇道である昭和通り商店街に入った所の入り口。ここの八百屋さんが唯一の生き残りです。

1ABD07DB-7AC3-4D71-8A9A-2CD463729A12

ここの裏手にL字型のマーケットはあります。

334EEDAF-89B2-4D64-AA74-8FA3CA9DFB47

空き地からマーケットの外観が見えます。トタン貼りの木造建築。

DCE5552F-9B55-4EB5-8ED8-A6127B093AAF

昭和通り商店街を入って行きます。昭和マーケットの裏手の路地。数年前まで営業していた様子が、多くのブログで見受けられます。

5407A395-10A5-4FF2-A6FB-872B729DCFB0

噂のアカカンバン。立石の呑んべえ横丁に現存するのが有名。

D5159240-380A-4FBF-B2B0-3C0BA0A5C466

裏手の飲み屋横丁。かつてのと言った方が正確かも知れませんが、庇の荒廃ぶりが廃墟感を醸しています。

2F66C951-26D8-474B-ADBD-B32CC1B27929

見た感じ営業している店は無さそうですね。

75E171B5-0C3C-4ED5-809C-0EF704AC0D99

こちらの八百屋さんも廃業している様子。

89D70742-FFA6-477C-B22E-1ED93030C288

私が以前よく見ていた香ばしい町並みブログ様の記事に、この界隈がまだ賑わっていた頃の様子が見られます。と言っても9年前の2011年ですが。つくづく、もっと早く来ていればと後悔します。

9C8CBDBD-85F5-4E81-B465-733568ED0AD9

こちらも何かの店舗の跡。近隣にはマイバスケットやマルエツなどがあり、地域の食卓を支えています。

F0F368EB-27BD-49F2-85B1-D8CDA89F1F20

飲食店の跡と思われます。奥の美容室はまだ頑張って営業中。

F7DB53FD-29C9-4112-8075-338BE1BCAF1E

産業道路の向こう側、つまり海側は町工場やジャンク屋。その道路と高速の間をくぐる歩道橋にはゴミが。川崎を象徴する光景にも思えます。

69D50FD0-E64F-40E4-8FF3-5975D17BD841

住宅街の中にある倉形屋酒店。ここは角打ちで酒が飲めます。しかも冬場はコタツで飲めるという、非常にそそる物件。ただ営業開始が18時との事で今日は断念。

EB6908D5-C059-4943-A30E-B0919FB811D0

最後に南西側、国道近くにある銭湯、日の出おふろセンターで汗を流しました。ここは加温循環濾過の鉱泉に入れる銭湯です。

8A3FC56B-7861-4C22-905B-5AA36EFFA034

薄茶色のお湯は爪先が辛うじて見えるくらいの透明度。キシキシとした肌触りですが微かなヌメリ感もあり、纏わり付くような重さを感じるほどの濃いお湯です。塩化物泉の浴槽は露天で、源泉が出そうな蛇口があるも元栓が閉められているようで鉱泉は出ず。にも関わらずこの匂いと浴感は素晴らしいです。湯上りはホカホカが止まりませんでした。

【日記】川崎市で立ち飲み屋探し

最近は仕事で武蔵小杉や川崎方面に通ってます。
川崎市武蔵小杉(1)、再開発の進む企業城下町
川崎市武蔵小杉(2)、再開発前の小杉町3丁目東地区

IMG_8782

武蔵小杉の再開発はいよいよ大詰め、高層マンションも最後の一本となりました。2019年の台風では下水道が合流式だったために処理能力を超えて下水が氾濫、電気や水道が使え無くなるという被害が発生し街は泥水に浸かりました。ネットで散々騒がれてましたが、要は成り上がりのなんちゃってセレブをバカにしてた訳で、今の時代どこから差別が生まれるか分かったもんじゃない。頑張って分譲マンション買ったんだからいいじゃないとも思うのですが、問題は通勤行列のできる駅のキャパシティや工業地帯だった土地の土壌問題、想定外の雨量に対応しきれなかった下水道の問題などを抱えながらの乱開発。行政やデベロッパーの無責任さに問題がある訳で、去年の台風被害は半ば人災だったという側面もあるんでしょうね。

IMG_8783

などということは置いといて、ともかく仕事終わりの生ビール。南武線武蔵小杉駅北口西側、南側に抜けるガードの両脇に立ち飲み屋が有ります。右手のたまいやさんは以前飲んだので今回は左手の一心さん。

IMG_8784

一杯目は生と煮込みのセット600円。二杯目はハイボール150円と納豆とうふ350円。安いし美味いので、何度か通ってます。

もう一か所の勤め先は川崎駅。昼間の街撮りでは何かと縁がある川崎ですが、実のところ夜に飲んだ事がない。

IMG_8871

JR川崎駅東口、京急の手前で北側に少し歩いた所にある立ち飲み屋「フルミチ」さんに立ち寄りました。左手の「元祖立ち飲み屋」さんと同じ店です。

IMG_8873

土曜日でしたが大盛況で、店員さんも活気が有って良い店。日本酒に拘ってるようですが、まず煮込みが美味いから間違い無いです。

IMG_0748

同じく東口。京急を越えて右斜め前に建っていた百貨店さいか屋は2015年5月に閉店し、すっかり再開発されてしまいました。毎度の事ながら消える前に記録しておくべきだったと後悔。

IMG_0744

そんな川崎に似つかないオシャレタウンの裏手には川崎本来の街並みが残っているのでづが、その中の一軒「ぶったち」さんに突入しました。立ち飲みというので入ってみれば、テーブルにもカウンターにも椅子が用意されています。フィリピン人の女将さんに促されて店の一番奥、二人掛けのカウンターに座りました。
お客さんは全員地元の顔馴染みでたまにフィリピン人の奥さん。なんか武蔵新城のスナックみたいな空気感でアウェイ感がハンパない!
二杯くらい飲んでアルコール少し回ったところで、勇気を出して隣の先輩に声を掛ければ意気投合。なんだかんだで結局、すっかり楽しく飲めました。ギャンブルと女の話で盛り上がる辺り、川崎っぽくていい。また来ようと思いました。

2020年2/6追記

IMG_0754

すっかり再開発されている西口にも立ち飲み屋は有りました。と、思ったら全席椅子完備。川崎の人は立たないのかな? 立飲亭帆立屋さん。

IMG_0752

生ビール415円(小ジョッキ)、サワー系360円、刺身系390円、揚げ物焼き物360円、小鉢系300円。西口は東口に比べてずいぶん閑散としてますが、飲食店も少ないせいかあまり安くはないです。

2020年8/28追記

F13864A3-1734-4EC9-9BBC-5B14AE57F6BA

京急川崎駅から堀之内方面へ、チェーン店の晩杯屋をスルーして立ち飲み「天下」さん。

FF17CAEF-9979-46C4-874B-42E38B7A78A0

現金取り引きですがなかなか安い値段設定。30年以上前から川崎駅近くで商いをされていて、今の場所には17年ぐらい前に引っ越されて来たそうです。ちょっと通いたい店。

【日記】神田、新橋、新子安、鶴見など寄って酔ったりな近況

盆明け涼しかったのに残暑厳しい今日このごろ。

まずは神田。

IMG_5334

いつもの店がまだ開いておらず神田駅東側ガード下の立ち飲み「信濃屋」さんにイチゲンで入ってみたり。いつも6時近くに覗いて満席で入れなかったんですが、4時半に入ってみれば良い店。

1566808960721

最近は神田のガード下で生を飲みたいがためにビア樽交換してます。機械の手入れについて新橋のママに色々教わって洗浄もしっかり。チューブを通すスポンジも貰って来たので週一にはチューブとコックも洗う。あとはグラスを冷やせば美味しい生が提供出来ます。気温によってガス圧も変える必要もあると教わりましたが、奥が深いですね。

次に新橋。

IMG_5311

たまたま新橋でランチの機会があったので、新橋駅前ビル一号館地下一階の老舗洋食屋さん「キムラヤ」さんに入ってみました。椅子や内装の感じが実に昭和。

IMG_5312

ナポリタンとアイスコーヒーで、ゆったりとしたランチタイム。

IMG_5318

夕方はやはり「野焼」のホルモン。年中無休で3時過ぎからやってるので、いざ仕事が早上がりの日はありがたい。

最後に新子安。

IMG_5338

今週に限り仕事が横浜線の十日市場でして、帰りは東神奈川で京浜東北線に乗り換え。以前、東神奈川の立ち飲みも開拓したのですが、ちょっと新規開拓してみようとお隣の新子安へ。

IMG_5341

JRと京急の乗り換え口の間にぽつんと建っているのが立ち飲み「じおう」さんです。生400円、割り物320円、コーヒー酎370円、焼き鳥一本120円。この200円のワサビ風味枝豆が実にハマる。

20190910_185612_174

コーヒー焼酎の水割りは自家製。香り強めでクセが無く、酔いの回り方から宝焼酎を使用と睨んだ。果たしてどうか。

追記、鶴見で途中下車。

IMG_5349

再開発ですっかり綺麗になってしまった鶴見駅東口を出て左手、立ち飲み屋「とっちゃん」鶴見店に立ち寄り。4年前の春までよく通っていた京急蒲田駅の立ち飲み「とっちゃん」の鶴見店。当時、鶴見店の話はよく聞いていましたがなかなか機会が無く来れなかった。

IMG_5353

このレバーの半焼き加減。これこれって感じです。京急蒲田の店よりはだいぶ広いですが、若いスタッフが元気に働いていました。

どうもこう暑いと写真を撮り歩く気力が涌かないもので、(飲んでばかりで)なかなか更新出来ておりませんが、また涼しくなったら色々撮り歩いて見ようかと思います。

川崎市多摩区、再開発の進む登戸

行こう行こうと思いながら先送りしていた川崎市多摩区登戸。気付けば西側一帯が再開発ですっかり更地になっていました。

IMG_2190

かつては多摩百貨店というマーケットもあり、とても賑わっていたらしいこの界隈。

IMG_2187

らしい、というのも私自身、残念ながら登戸駅を降りたことがないのです。しかし神奈川に於いては街並みの記録として最強と思われるサイト、写真撮っけどさすけねがい様のこちらの記事を見るにその変貌ぶりたるや、えげつないくらいです。2009年の記事で閉店セールとなっているので、解体されてから結構経つのかも知れません。

IMG_2189

馬頭観音だけがポツンと取り残された辻。この区域の再開発は40年近く前から話が持ち上がっていたそうですが、2013年の時点で計画を10年延長。現在では2026年の竣工を目指しているとか。なんでもっと早く訪れなかったのかと、つくづく後悔します。

IMG_2201

いっぽう東側に当たる生田緑地口の登戸駅前商店街は健在です。奥の森が気になる。

IMG_2193

商店街の左手には老舗の焼肉屋『平安郷』があります。

IMG_2199

こちらのお店、左側が居酒屋となっております。立ち飲みカウンターの向かいにはテーブル席が並んでおり、一人で入るととりあえずカウンターに通されます。店が空いて来るとテーブル席への移動を勧められますが、私は断固として立ち飲みスタイル。
この店、なんとも言えない昭和な雰囲気があります。しかしこの駅前商店街もいずれ再開発の波に呑まれてしまうかも知れません。

川崎市温泉巡り(3)、南町政の湯と大島町かまぶろ温泉

 川崎は幾度となく歩いてますが、今回は温泉銭湯目的で立ち寄りました。川崎駅東口より歓楽街を抜けると、東田町の川崎案件は何も変わらず更地のまま。そんな係争地帯を右に曲がり大通りを渡れば旧宿場町にして第二の歓楽街である南町へ。

20170318_142230181

 右翼やヤクザの事務所が堂々と構える街を歩けば、昔ながらのストップ小屋も健在。劇場というよりも小屋と呼んだ方が相応しい川崎ロック座の脇にはデカデカとしたネオンの看板。外観ははなかなか二の足を踏むような雰囲気ですが、ここはちゃんとした踊り子さんによるショーが催されているようです。

IMG_20170319_131043

 一本奥に入ればカフェー建築のような建物まで。さすが堀之内よりも歴史の古い街だけあります。元々は宿場町の飯盛り宿が明治35年に移転して来て、以来川崎遊廓として発展。赤線を経て現在のソープ街へと続いています。

20170318_142939754

 その向かいにはまた味のあるバラック建築のスナックが。しかし周りは空き地とマンションだらけとなっています。いずれ南町は改めて散策してみたい。

20170318_143324871

 そんな特殊浴場に紛れて、共同浴場政の湯はあります。
地図

20170318_150243742

 フロントで470円を払い下駄箱の鍵を渡すとロッカーの鍵が渡されます。指定されたロッカーは上下二段に扉が一枚の場所。荷物を背負っていたので二段ロッカーの鍵をくれたのでしょう。

20170318_150039486

 壁には昭和31の巨大な温泉認定証が。歴史を感じさせます。

20170318_150225984

 お湯は川向こうの大田区同様の黒湯。しかし加温加水循環濾過され塩素消毒されたお湯は、少し薄めのコーヒー色で浴感もあまり特徴を感じられない。浴槽は一人用の寝湯と二人入ればいっぱいぐらいの狭い浴槽。さらに狭い温泉浴槽の半分が電子マッサージ風呂として低周波マッサージのようにピリピリ来ます。これには地元の親父さんにも不評のようで、高血圧の自分は寝湯にしか入れないとこぼしていました。

IMG_20170318_153519

 どうも満足できなかったので、川崎駅からバスに10分揺られて臨港病院前で下車。かまぶろ温泉という銭湯まで足を伸ばしました。こちらもフロントで入浴券と下駄箱の鍵を渡してロッカーの鍵を貰うシステム。大きめのロッカーに荷物を入れていると、全身もんもんの方も。刺青お断りの銭湯ルールなど関係ないあたりが、さすが川崎。と言っても昔の銭湯では刺青なんて普通に居ましたけどね。
 さてお風呂。30人分はある洗い場の脇に、別室のようにして温泉浴槽があります。四人は並べる浴槽と立ち湯のような深い浴槽。利用客は多かったですが、入れ替わり入れ替わりでもゆっくり浸かれます。ここもいわゆる加温加水循環濾過式の黒湯なのですが、一般的な黒湯がコーヒーもしくは紅茶色だとすると、ここは言うなれば泥水!(笑) そう、濁り湯なのです。ジンジン染みるようなお湯に浸かっていれば止めどなく汗が吹き出してきます。なかなか良いお湯でした。
地図
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ