神奈川県

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

【日記】川崎市で立ち飲み屋探し

最近は仕事で武蔵小杉や川崎方面に通ってます。
川崎市武蔵小杉(1)、再開発の進む企業城下町
川崎市武蔵小杉(2)、再開発前の小杉町3丁目東地区

IMG_8782

武蔵小杉の再開発はいよいよ大詰め、高層マンションも最後の一本となりました。2019年の台風では下水道が合流式だったために処理能力を超えて下水が氾濫、電気や水道が使え無くなるという被害が発生し街は泥水に浸かりました。ネットで散々騒がれてましたが、要は成り上がりのなんちゃってセレブをバカにしてた訳で、今の時代どこから差別が生まれるか分かったもんじゃない。頑張って分譲マンション買ったんだからいいじゃないとも思うのですが、問題は通勤行列のできる駅のキャパシティや工業地帯だった土地の土壌問題、想定外の雨量に対応しきれなかった下水道の問題などを抱えながらの乱開発。行政やデベロッパーの無責任さに問題がある訳で、去年の台風被害は半ば人災だったという側面もあるんでしょうね。

IMG_8783

などということは置いといて、ともかく仕事終わりの生ビール。南武線武蔵小杉駅北口西側、南側に抜けるガードの両脇に立ち飲み屋が有ります。右手のたまいやさんは以前飲んだので今回は左手の一心さん。

IMG_8784

一杯目は生と煮込みのセット600円。二杯目はハイボール150円と納豆とうふ350円。安いし美味いので、何度か通ってます。

もう一か所の勤め先は川崎駅。昼間の街撮りでは何かと縁がある川崎ですが、実のところ夜に飲んだ事がない。

IMG_8871

JR川崎駅東口、京急の手前で北側に少し歩いた所にある立ち飲み屋「フルミチ」さんに立ち寄りました。左手の「元祖立ち飲み屋」さんと同じ店です。

IMG_8873

土曜日でしたが大盛況で、店員さんも活気が有って良い店。日本酒に拘ってるようですが、まず煮込みが美味いから間違い無いです。

IMG_0748

同じく東口。京急を越えて右斜め前に建っていた百貨店さいか屋は2015年5月に閉店し、すっかり再開発されてしまいました。毎度の事ながら消える前に記録しておくべきだったと後悔。

IMG_0744

そんな川崎に似つかないオシャレタウンの裏手には川崎本来の街並みが残っているのでづが、その中の一軒「ぶったち」さんに突入しました。立ち飲みというので入ってみれば、テーブルにもカウンターにも椅子が用意されています。フィリピン人の女将さんに促されて店の一番奥、二人掛けのカウンターに座りました。
お客さんは全員地元の顔馴染みでたまにフィリピン人の奥さん。なんか武蔵新城のスナックみたいな空気感でアウェイ感がハンパない!
二杯くらい飲んでアルコール少し回ったところで、勇気を出して隣の先輩に声を掛ければ意気投合。なんだかんだで結局、すっかり楽しく飲めました。ギャンブルと女の話で盛り上がる辺り、川崎っぽくていい。また来ようと思いました。

2/6追記

IMG_0754

すっかり再開発されている西口にも立ち飲み屋は有りました。と、思ったら全席椅子完備。川崎の人は立たないのかな? 立飲亭帆立屋さん。

IMG_0752

生ビール415円(小ジョッキ)、サワー系360円、刺身系390円、揚げ物焼き物360円、小鉢系300円。西口は東口に比べてずいぶん閑散としてますが、飲食店も少ないせいかあまり安くはないです。

神奈川県小田原市(4)、台風被害後の早川河川敷朝鮮部落を確認してみた

約5年半ぶり、早川の河川敷に存在する朝鮮部落を確認しに行きました。以前訪れた様子はこちら
2019年10月12日から13日にかけて日本列島を襲った台風19号は、主に関東甲信越以北でその猛威を振るい、数々の河川を氾濫させて甚大な被害をもたらしました。多摩川も氾濫しましたが、堤防の内側の河川敷に不法占拠していた朝鮮部落の戸手四丁目無番地は水没。犠牲者こそ出ませんでしたが壊滅的ダメージを喰らいました。
中でも箱根町は記録的な豪雨に見舞われ、小田原市から相模湾に流れる早川は濁流と化したそうです。

IMG_2961

以前訪れた撮影場所は薮が生い茂り、辛うじて確認出来る場所から覗いてみる。流されはしなかったようで、ひとまず胸を撫で下ろしました。

画像 125

5年半前の画像(上の写真)と比べてみる。木が育ったぐらいで変わってない。
いや待て、そもそも建物の下のえぐれたところ、5年間そのまんま放置だったんか!

IMG_5590

近づいてみる。やっぱり中に突入する勇気や図太い神経は持ち合わせていません。

IMG_2966

川の上流側に回ってみます。

IMG_2967

以前と比べすっかり育ったこの森と言うか茂みが、どうやら濁流の脅威から部落を守ったんじゃないかと予想します。

IMG_2963

余談ですがこの近辺で見上げると見える歩道橋、箱根ターンパイクに掛かる物で幼少の頃からずっと気になっていたのですが、とあるサイトで最近紹介されたところによると、道が繋がっておらず辿り着けない歩道橋だそうです。

【日記】神田、新橋、新子安、鶴見など寄って酔ったりな近況

盆明け涼しかったのに残暑厳しい今日このごろ。

まずは神田。

IMG_5334

いつもの店がまだ開いておらず神田駅東側ガード下の立ち飲み「信濃屋」さんにイチゲンで入ってみたり。いつも6時近くに覗いて満席で入れなかったんですが、4時半に入ってみれば良い店。

1566808960721

最近は神田のガード下で生を飲みたいがためにビア樽交換してます。機械の手入れについて新橋のママに色々教わって洗浄もしっかり。チューブを通すスポンジも貰って来たので週一にはチューブとコックも洗う。あとはグラスを冷やせば美味しい生が提供出来ます。気温によってガス圧も変える必要もあると教わりましたが、奥が深いですね。

次に新橋。

IMG_5311

たまたま新橋でランチの機会があったので、新橋駅前ビル一号館地下一階の老舗洋食屋さん「キムラヤ」さんに入ってみました。椅子や内装の感じが実に昭和。

IMG_5312

ナポリタンとアイスコーヒーで、ゆったりとしたランチタイム。

IMG_5318

夕方はやはり「野焼」のホルモン。年中無休で3時過ぎからやってるので、いざ仕事が早上がりの日はありがたい。

最後に新子安。

IMG_5338

今週に限り仕事が横浜線の十日市場でして、帰りは東神奈川で京浜東北線に乗り換え。以前、東神奈川の立ち飲みも開拓したのですが、ちょっと新規開拓してみようとお隣の新子安へ。

IMG_5341

JRと京急の乗り換え口の間にぽつんと建っているのが立ち飲み「じおう」さんです。生400円、割り物320円、コーヒー酎370円、焼き鳥一本120円。この200円のワサビ風味枝豆が実にハマる。

20190910_185612_174

コーヒー焼酎の水割りは自家製。香り強めでクセが無く、酔いの回り方から宝焼酎を使用と睨んだ。果たしてどうか。

追記、鶴見で途中下車。

IMG_5349

再開発ですっかり綺麗になってしまった鶴見駅東口を出て左手、立ち飲み屋「とっちゃん」鶴見店に立ち寄り。4年前の春までよく通っていた京急蒲田駅の立ち飲み「とっちゃん」の鶴見店。当時、鶴見店の話はよく聞いていましたがなかなか機会が無く来れなかった。

IMG_5353

このレバーの半焼き加減。これこれって感じです。京急蒲田の店よりはだいぶ広いですが、若いスタッフが元気に働いていました。

どうもこう暑いと写真を撮り歩く気力が涌かないもので、(飲んでばかりで)なかなか更新出来ておりませんが、また涼しくなったら色々撮り歩いて見ようかと思います。

神奈川県藤沢市(2)、南口商業施設群の衰退〜立ち飲み屋巡り

※この記事は藤沢の記事をまとめたものなので、7/13にアップした記事と一部重複します。

大船や平塚よりも恐らくは栄えており、湘南地区では小田原に次ぐ地方都市と言える藤沢。以前藤沢飲食盟友会などを訪れていますが、今回は南口の立ち飲み屋を巡ります。

IMG_3200

JR藤沢駅南口。小田急江ノ島線や江ノ電への乗り換え駅でもあります。

IMG_2686

南口を出て正面、江ノ電乗り場を兼ねている小田急百貨店。1974年、江ノ電藤沢駅の高架化と共に江ノ電百貨店として開業。当時のデザインを今も残すビルは懐かしさを感じさせます。

IMG_3208

しかし江ノ電百貨店は経営不振のため1985年、小田急百貨店へと譲渡されました。その際、江ノ電百貨店は小田急電鉄に対する39億もの債務を債務免除にされています。

IMG_3206

南口からは放射状に商店街や飲み屋街などが広がっています。南西方向に伸びる路地を進んで行くと渋い建物が。

IMG_2647

西側の外れ、なかなか良い雰囲気の建物は立ち飲みバル『サジスタンド』。名前もかっこいい。

IMG_2646

料理も手が込んでいて良い店なんですが、個人的には完全禁煙だったので早々に退散。

IMG_2677

南口を出て右手の雑居ビル、アツタビルの地下一階に立ち飲み屋『スタンド酒房ふじさわ紺屋』さんがあります。この辺りにはキャバクラなどもあり歓楽街となっています。

IMG_2684

ここがまた地元の方々が集まる店で大盛況。ママさんと姉さん二人でよく捌けるなと感心しながら、カウンターの一番奥が辛うじて空いていそうだったので、無理矢理突入です。

IMG_2681

生350、割り物230〜290。揚げ物は2品以上注文となりますが 、生中、ウーロン割り、アジフライ、ハムカツ、締めて900円を切るという安さ。地下で目立たない上にイチゲンで入りづらい混み方ですが、この安さ故に地元の知る人ぞ集まるって感じでしょうか。

IMG_3205

江ノ電のガードをくぐり東側へ歩いたところに建つ藤沢プラザビル本館。東急ハンズの第一号店として1976年11月に創業したものの2006年末にハンズが閉店。その後空きビルとなったところにユニクロなどが入るもののテナントが埋まらず、来年の3月には閉館、解体されることが決定しました。隣の別館はすでに解体され現在マンションが建設中です。これもドーナツ現象と言えるかも知れません。駅近くの商業施設が消えてゆき、郊外のベッドタウンへと変貌してゆく。

IMG_3199

南口駅前の東側、奥の垂れ幕が掛かっているのが1965年の竣工当時から有隣堂が入っているフジサワ名店ビル。手前(右手)が翌1966年竣工のダイヤモンドビル。

IMG_3197

相当に年季の入ったビルですがこのフジサワ名店ビル、耐震強度の問題で建て替えが必要とされているそうです。かつては屋上に観覧車もあったとか。

IMG_3210

フジサワ名店ビルとダイヤモンドビルは床を一体化させ、まるで一つのビルであるかのようになっています。手前が名店ビルで奥がダイヤモンドビル。

IMG_3209

ダイヤモンドビルの突き当たりから左手、駅から見て奥に1971年竣工のCDビル(現、ザ・プライム)北棟と南棟(?)が建っており、こちらとも床が繋がってます。まるで迷路のよう。

IMG_3211

四つのビルが合体しているので、階段やエスカレーター、エレベーターが複数あります。右手がダイヤモンドビルで左手がフジサワ名店ビルですが、ビルとしての境界線はよくわからない。この構造、耐震補強問題のあるフジサワ名店ビルだけを解体するのは非常に難しいと思われます。

IMG_3213

四つのビルの中心部分は吹き抜けの広場となっており、喫煙所や駐輪場があります。もしフジサワ名店ビルを建て替えするとなると四棟まとめて解体する大規模な再開発となるでしょう。しかしすでに地方都市並みのドーナツ現象が始まっている藤沢で、駅前複合施設などが果たして計画されるでしょうか。小田急の大株主である東急グループが手を出せば別ですが。

IMG_3195

中央広場を中心に四方に路地が。写真はザ・プライムの北棟と南棟の間、駅方向、中央広場方向を眺めたところ。

IMG_3196

その路地にはかなり老舗感の漂う渋い焼き鳥屋なども残っています。位置的にはダイヤモンドビルの裏手。

IMG_3194

ザ・プライムの裏手、ビルの間を抜けたところの路地にあるのが立ち飲み屋「はるもき」さん。

IMG_3201

混み過ぎず空き過ぎず丁度いい感じで落ち着きます。会計は食券制。

IMG_3202

焼酎は金宮使用で凍らせたシャリキンまであります。店内にはなぜかツェッペリンのポスターが貼ってありたまにライブも催される模様。地元の常連さん方密着でありながらも入りやすく、良いお店でした。

神奈川県横須賀市、観音崎の戦争遺構群(後編)

続きです。とにかく暑くて死にそう。

IMG_2754

山頂付近の尾根道を歩いていると途中、橋が掛かっています。その橋から下を覗くと、えらい深い切り通しが。ここは明治期の砲台建設の際、資材搬入などで使われたそうです。

IMG_2782

近くで見たいと下に廻って見たところ、立ち入り禁止の上に深い藪に覆われていました。

IMG_2757

頂上付近は児童公園でアスレチック施設などがあるのですが、そこここに赤煉瓦の土塁が顔を覗かせています。

IMG_2759

ここは腰越堡塁と呼ばれる砲台跡で明治29年竣工、大正14年除籍。

IMG_2761

最後に観音崎の北西側、海水浴場の少し上にある三軒家砲台跡を訪れました。入り口の門柱は当時のもの。

IMG_2763

坂を下って行くと左手に地下弾薬庫の入り口が。

IMG_2768

さらに下って行くと三ヶ所の砲台跡が。

IMG_2766

この砲台跡は27㎝カノンという当時最大の大砲を備えていたため、関東大震災後に復旧されて昭和初期まで使われました。

IMG_2767

そのためかここには当時の陸軍の迷彩塗装がはっきりと残っています。

IMG_2765

砲台と砲台の間には地下施設へ下る階段と赤煉瓦塀が見事に残っています。

IMG_2776

こちらの砲台跡にも鮮やかな迷彩塗装が。

IMG_2773

こちらも地下施設への階段。指令所などがあったのでしょうか。

IMG_2780

その証拠に地下からの指示が聞こえる穴が。潜水艦の声を通すパイプのようなものです。

IMG_2778

一番奥には観測所付属室が。中に入って見たい。

IMG_2769

砲台の背後にはこのような切り通しがあります。

IMG_2770

坂の上に弾薬庫があることから、ここを通って弾薬を運んでいたのでしょうか。

IMG_2781

三軒家砲台跡、観音崎海水浴場側の門柱。そんな訳で非常に内容の濃い戦争遺跡でした。この周辺にもまだまだ遺構が多く残されているのですが、いかんせん暑くってギブアップです。

IMG_2786

最後に汗を流そうと京急大津駅近くの銭湯、宮本温泉に立ち寄って来ました。3時オープンから30分しか経ってないのに地元の方々がすでに8 人ほど入られています。 (地図)

IMG_2789

温泉分析表などが見当たらないと思ったら、ここは温泉ではなく実母散薬湯という薬湯だそうです。ちなみに薬湯浴槽は露天風呂。見事なオレンジ色をしており匂いも紅茶っぽい。なかなか良いお湯で、サッパリしました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ