江東区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

江東区大島〜住吉、下町商店街の渋い飲食店

 都営新宿線の馬喰町より先は高度成長期に発展した街であり、昭和の頃は葦の原野、というイメージを個人的に持っていました。しかし実際には湿地帯の中の島に村が形成されたのが江戸前期、天保年間とされています。現在、都営地下鉄新宿線の大島駅は東西に走る新大橋通りと南北に走る丸八通りの交差するあたりに有ります。

image

 交差点の東から北へ、サンロード中の橋商店街が続いています。

image

 この商店街、アーケード化されてないもののかなり充実した商店街で、数多くの専門店が揃って営業しております。

image

 特に多いのが八百屋さん。路面に陳列がはみ出すのが普通。

image

 こちらの魚屋さん『魚雅』は、右脇の路上にテーブルがあり、魚をツマミに飲むことが出来ます。イートインと書かれていますが、全然インじゃない!(笑)

image

 店頭のショーケースに置かれた刺身をツマミに、生350円、焼酎の割り物200円。刺身は時価で、この日はヒラメひと皿800円、スルメイカ300円、マグロ1000円、などなど。これが新鮮で、べらぼうに美味い。

image

 小皿に添えられているのは自家製カラスミで、最高に酒が進みます。こちらは運が良ければありつけます。ただこのお店、10月26日放送のアド街(テレ東)で紹介されてしまったそうです。メディアに露出してしまった事でメジャーになってしまいます。お店的には繁盛して良い事なのですが、私個人としてはあまり知られていない情報を発信したい方なので、ちょっぴり残念。

image

 商店街を歩いていると、軒を並べるお土産コーナーの匂いにお腹が空いて来ます。惣菜から焼き鳥から、誘惑が半端ないです。

image

 大島は団地やマンションばかりであまり下町っていうイメージがありませんでしたが、この商店街の賑わいは下町感があります。もっとも亀戸の外れと考えれば確かに下町ですけどね。

image

 次に紹介するのは大島駅の南、新大橋通りと並行して走る中央銀座商店街。

image

 上の写真は夜のネオンサイン。しかし商店街はクリーニング店や電気屋さんぐらいであとは飲食店がちらほら。サンロード中の橋と比べると人も疎らです。

image

 1度目に訪れたのは仕事帰り、すっかり暗くなった雨の宵でした。通り沿いにある立ち飲み屋『番外地』に入りました。

image

 この店、やたら安いと一部では有名のようです。最近旧店舗からこの大島駅近くの新店舗に引っ越して来たとか。いちげんさんが多いのか、初めてかを聞かれ初めてと答えるとシステムについて説明してくれます。

image

 刺身三点盛り500円。なのに四点目の甘海老が二尾付いて来ました。軽く立ち寄るつもりでしたが、この一品だけで満足しちゃうボリューム。またマグロのチャンジャ(?)で酒が進む進む。生小ジョッキ、割り物、ともに200円。確かに安い。

IMG_1702

 大島から都心に向かい二つ目の住吉駅。以前テレビで激安ランチとして紹介され気になっていたスミヨシホルモンに入りました。

IMG_1701

 1000円でホルモンセット。ご飯おかわり自由でこのボリュームは安い。そしてメチャクチャ美味い。機会があれば夜飲みに来たい店です。

江東区枝川、朝鮮人居留地(改訂版)

【お詫び】
 枝川の記事は以前より公開しておりましたが、撮影地について私がとんだ勘違いをしてました。地図を頭に入れて訪れたのですが、朝鮮人居留地だった枝川一丁目を訪れるはずが手前の埋め立て地である枝川二丁目を歩いてました。今まで間違った情報(画像)を公開していた事を深くお詫び申し上げます。今後同じようなミスを犯さぬよう、住所をしっかりと確認するよう心掛けます。
 なおこの記事は以前公開していた文章に多少手を加え、画像については2015年1月22日に再訪し改めて撮影したものです。


 この街は1940年、大平洋戦争に伴い幻となった東京オリンピックの誘致のため、会場確保の名目で江東区内在住の朝鮮人約千人が移住させられた土地であります。

IMG_20150122_154108883

 ここは川崎池上町などのように不法占拠して住み着いた土地とは違い、区画整理が整然と為されており、車道もちゃんとした広さを保ってます。

IMG_20150122_153655993

 しかしその車道は外周と中央を貫く部分のみで、内部は非常に狭い路地が碁盤の目のように張り巡らされています。

IMG_20150122_154741258

 運河を隔てた向かいは旧夢の島(現在は江東区清掃工場)であり、昔は衛生面においてかなり劣悪だったとか。

IMG_20150122_155602648

 この枝川が注目を浴びてしまったのは2003年、東京都(石原前都知事)がこの地に建つ朝鮮初等二級学校に対し、土地無償賃与の期限の切れた1990年以降の土地使用に対する賠償額4億円を請求する裁判を起こした事からであります。この裁判は2007年3月、学校側が1億7000万の土地取得金を支払う事で和解しました。ちなみに映画『パッチギ』の続編の舞台もこの学校です。
 枝川を調べるとこのような裁判や事件ばかりが目につきますが、あくまでも『ひとつの出来事』に過ぎず、当然ながら別にしょっちゅう揉めてる訳ではありません。差別する者は往々にして、突っつくネタを見つけては自らの立場を正当化しようとするもの。個人的には、そのように感じます。

IMG_20150122_153804942

 このような歴史や在日問題はさておき、この街を歩くとその辺の下町となんら変わらないのが分かります。新築住宅が多い中、昔の面影を僅かに残すバラック建築が点在しています。

IMG_20150122_154005944

 ただ残っているのは木造建築では無くことごとくトタン板であります。

IMG_20150122_154159779

 朝鮮学校の他、韓国物産店と焼肉屋が数えるくらい存在しており、辛うじて朝鮮人街である事を伺えますが、運河を渡った先には再開発された豊洲の高層マンションが建ち並んでおります。ひっそりと人知れず埋め立て地の果てで暮らして来た在日の方々の生活が、将来開発の波に呑まれて行くのではないかと思わずにはいられません。

IMG_20150122_154417857

「あぶないから、はいらないでください」
 知ってます。

IMG_20150122_154454875

 次回はぜひ、枝川に焼き肉を食いに来てみたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

江東区豊洲~塩浜、港湾局豊洲線跡~江東区のバグダッドカフェ

 以前訪れた晴海線晴海橋梁の先を辿ってみました。

IMG_0398

 晴海橋梁を渡った先の豊洲は大規模な再開発により、タワーマンションが乱立しています。そんな中、スーパービバホームの裏手に伸びる小道が、かつての廃線跡となります。晴海線は右手から来る豊洲線とここで合流するのですが、石川島播磨重工の工場跡地がごっそり再開発されているため、跡形も無くなっています。

IMG_0390

 小道を抜けると運河に突き当たります。

IMG_0392

 橋脚だけが残されていました。運河を渡った先は塩浜になります。

IMG_0380

 廃線跡には大抵建物が建っておらず、空き地や駐車場となっています。

IMG_0377-1

 ただ時々、突然線路が残ってたりして驚きます。

IMG_0376

 残っていると言っても極僅か。

IMG_0374

 引き込み線などがあると結構な敷地となり現在都が管理しておりますが、塩浜に入ると再開発の空気が一気に消え、団地街となります。

IMG_0373

 廃線跡もいよいよ終点。越中島貨物ターミナルの手前まで来ると、ほぼ完全に線路が残っていました。
 枝川は倉庫と工場が少しあるくらいで、あとは建て替えられた新築一戸建てがほとんど。歩いていて特に個性を感じない街ですが、バスでしか来れない埋め立て地の果てという、寂しさは漂っています。

IMG_0370

 そんな埋め立て地の端っこにポツンと佇むのがこのレストラン『アトム』です。以前テレビ番組『孤独のグルメ』で紹介されており、それを
見た時私は、昔店の前を通りながらもその入り辛い雰囲気に負けてスルーしてしまった事を思い出しました。

IMG_0368

 番組内では『江東区のバグダッドカフェ』と呼ばれていましたが、その表現がピッタリです。店内の雰囲気は市場食堂や港湾労働者食堂のような、飾り気のない労働者御用達食堂といった感じ。隣にタクシーやゴミ回収車などに使われるガス車用のガススタンドがあるので、ドライバーたちが多く利用しているようです。

IMG_0367

 その名も『メトロポリタン』。豚肉とハム、人参、玉葱、ピーマンをホワイトソースで絡めた物。
 パスタなのにパスタ感皆無!(笑)
 でも美味いです。具材は確かにナポリタンなんだけど。

IMG_0366

 ちなみに厨房とホールの間にはオープンカウンターがありながらも潜り戸が無いため、オヤジさんは厨房から一旦外に出て、建物の脇を回って店の入り口から入り、カウンターに置いておいた食事を運びます。雨の日も風の日も雪の日も。(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

江東区亀戸、ホルモン青木他

 亀戸はB級グルメとして亀戸ホルモンや亀戸餃子などが話題となっているグルメスポットです。駅前商店街も栄えてますが、基本的には亀戸天神以外何も無い、もやもやスポット。
 西口(?)を出て右手にロータリー。銀行の右手の路地を入れば亀戸餃子。ここはメニューが飲み物と餃子のみ。五個ひと皿250円で、注文は2皿以上が決まり。餃子が残り二個になると追加するか聞いて来るという、わんこ蕎麦状態。昼間から地元のオヤジたちがビールと餃子。



 こちらは亀戸餃子の奥にある『ホルモン青木』。週末などは行列が出来ます。5時~6時ぐらいに行けば並ばずに入れますが、7時ぐらいだと一時間ほど待たされる事もあります。
 人気の店は『青木』が2店舗。あともう一軒『炭火焼肉亀戸ホルモン』。この三軒には行列が出来ますが、他の店は空いている。味が違うんでしょうね。



 青木の店内。ちょっと手ブレしてしまいましたが。炭火の七輪から豪快にファイヤー。

IMG_0954

 『炭火焼肉亀戸ホルモン』のある三本奥の路地。そこにスナックがあるんですが、ここがまた下町なめちゃいかんと思い知らされます。
 客は地元商店街のオヤジたちや町工場の社長や謎のお婆ちゃんや軍歌爺さんやらで地元感全開。店の人は中島みゆき似のママと厨房の息子をはじめ、ニューハーフはいるわ在日韓国人はいるわラテン系はいるわ、引き出し多すぎです。しかも前来た時客だったのが次行った時にはいつの間にか店員になってたりする。この辺の境界線は、いい加減。
 なんて言うか、オールキャストな感じで楽しい店です。

※2017年4月15日再訪

IMG_0011

 ホルモン青木はしばらくハマっていましたが、行列に並ぶことと少々遠いことから、ここ数年行っていませんでした。久々に行って見れば通り側の看板が無くなっていたりボロボロだった提灯が仕舞われていたり。しかし行列の長さは全く変わっておらず、7時から並んで一時間半待ちでした。

IMG_0017

 やっぱり美味いぞホルモン青木!
 しかし来ない内に多少メニューが変わったようで、ハチノスが無くなっていました。残念。

DSC_0055

 そしてショックだったのがスナック越の閉店。来ない内に全然知らないバーに変わってしまいました。あの昭和のホール感と地元のお父さんたちの昭和歌謡がたまらなかったのに、またひとつ昭和の灯りが消えてしまいました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ