台東区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

      ⬜ 鰻田ニョロの小説部屋 ⬜

台東区浅草(3)、裏浅草界隈

 浅草橋での仕事が午前中で終わったので、浅草まで足を延ばしてみました。

image

 途中浅草の手前、蔵前に建つ、以前より撮っておきたかったタイガービル。昭和9年竣工で有形文化財にも指定されています。周辺の復興建築とともに戦火を潜り抜けて来た堅牢な建築物です。

image

 場外馬券場手前のホッピー通りは昼間から約半数の店が営業していましたが、どの店も観光客で満席となり大繁盛。一本裏の初音小路は競馬が開催されていない平日だったため、ひっそりとしています。

image

 その初音小路を抜けた先に建っているのが、浅草観音温泉。しかしなんと今年の2016年6月、ボイラーが故障しその修理費を捻出できないため、閉業となっていました。ここが目的で浅草に来たと言うのに、愕然とします。もう少し早く来ていれば!

image

『酒は大関』
『男は黙ってサッポロビール』
 某ブログに紹介されていましたが、ここは昭和まんまの姿で残っていたそうで、閉業されていたのが悔やまれてなりません。

image

 向こう側に浴室が有ったのでしょうか、ガラスブロックが悲惨な事になっています。ここは黒湯の冷鉱泉を加温して提供していたようなので、ボイラーが壊れてはどうにもなりません。

image

 仕方ないので温泉銭湯『蛇骨湯』へ。しかしなんと臨時休業。一旦気持ちが折れます。(笑)

image

 場外馬券場に戻り北側、浅草駅から離れていきます。裏通りに建つサウナ大番。新宿二丁目と上野にも支店がありますが、いわゆるアッチ系のサウナなのでノンケの人は間違っても入ってはいけません。裏浅草は新宿二丁目、東上野と並ぶ東京三大同性愛街の一つであり、ゲイバーなども多いと聞きます。

image

 何かネタが無いかとよく見に行ってるねりうまブログ様を覗いてみたら、非常に気になる写真が。写り込んでいるマンションをヒントに探し当てました。言問通りを越えた先にあった凄まじい廃スナック。

image

 その脇の路地にも廃スナック街が続きます。浅草周辺は主に東側と北側にスナックが散在しています。

image

 しかしこの辺りは特に終わってる感が半端ない。

image

 浅草のスナックは特に一区画に集中している事もなく、住宅街と混在しております。その軒数の多さたるや、浅草の奥深さを思い知らされます。

image

 碁盤の目のように路地が張り巡らされているため全てを歩き潰す事は難しいですが、何軒ものスナックが元気に営業されている区画もあります。全く警戒しない猫。貫禄があります。

image

 住宅街なので立派な銭湯、曙湯もあります。

image

 場外馬券場のウィンズ浅草へ戻ります。と思ったら違う!ここはウィング浅草だ!ここってノミ屋じゃね?www

image

 ウィンズ浅草の向かいに有った名画座跡(現在パチンコマルハン建設中・以前はアッチ系のハッテン場でもあった)の裏手の路地。ここに渋い安酒屋街を見つけました。ホッピー通りが観光地化され、ギャンブル親父達は何処へ追いやられたのかと思ってましたが、こんなところに安酒屋が残っていたとは。

image

 老舗感漂う立ち飲み『安兵衛』。いかにも浅草といった雰囲気の常連さんたちが陽の落ちる前から飲んでます。

image

 生400円、割り物250円〜、串物100円〜、アジフライ150円などなど。

image

 近くには角打ちもあります。酒屋オオタキに併設された立ち飲み『大瀧』。小瓶280円、割り物(25°)320円。ツマミは缶詰めや柿ピーなどの他に、コハダやお新香、冷奴などもあります。
 店内には撮影禁止の貼り紙が。とは言っても浅草のこの界隈は訳アリの人が多いので、どこも基本、店内撮影禁止です。トラブルなどが有ったのでしょう。

台東区上野(3)、東上野再訪2016

 東上野は2011年に一度散策しています。当時の様子はこちら。しかし先月より仕事で再び訪れる機会を得たので、軽く散歩してみました。

IMG_20160608_075103242

 首都高の向こう側、鶯谷寄りに東京メトロ銀座線の上野検車区が地上にあります。ここの地下には広い車両基地があり、隣接するビルには運転区の職員が仮眠する施設や、運行管理センターなどもあります。

image

 地下から這い出てきた車両は地上の踏み切りを通り、4~5編成しか入線できない地上階の車両基地へと入って行きます。ここは昭和2年12月、銀座線の開業にあわせて建てられました。以前の記事にて書きましたが、ちょうど関東大震災の復興建築事業として現在の上野駅舎や下谷小学校、同潤会上野下アパートなどが建てられた時期と重なります。ちなみにこの踏切、日本で唯一の地下鉄の踏切となります。

IMG_20160607_175041234

 その踏み切りの脇に、かなり渋い居酒屋が残っていました。こちらは戦後建築でしょうか、なかなか趣きのある看板建築です。関東大震災以前のこの辺りは下谷万年町と言い、江戸時代から明治大正に掛けて東京の三大貧民窟のひとつと言われていました。しかし震災で壊滅した後、現在ではその面影を伺い知ることは出来ません。

image

 以前撮影した下谷小学校跡は今もそのままの姿を残していますが、同潤会上野下アパートは2013年に解体されてしまいました。現在跡地には地上14階建ての分譲マンション(三菱地所)が聳え建っています。

image

 それでも付近にはいまだ昭和の建築物が幾つも残っています。こちらはマンション裏手にある銭湯の寿湯。

image

 長屋造りや下町らしい狭い路地などもありますが、以前訪れた時と比べだいぶ歯抜け状態になっており、コインパーキングだらけとなっています。これは想像ですが、住んでいた高齢者が亡くなられて、相続税対策に土地を売った、なんてことも少なくないのかもしれません。

image

 またこの界隈にはお寺も多くあります。昔から変わらぬ佇まいを保ち続けるのはお寺さんばかりとなってしまうのでしょうか。

【日記】毎年恒例浅草鷲神社酉の市2015

 今年は二の酉に新宿の花園神社へ行こうと思いましたが、雨だったので結局歌舞伎町や二丁目で飲んで終わりました。

IMG_20151129_201553754

 そして迎えた三の酉。今度こそはと今回、浅草鷲神社の酉の市に行って来ました。毎年恒例です。

2013年以前の様子
2014年の様子

IMG_20151129_202228590

 こちらも毎年必ず見かけるサンリオの巨大熊手。しかし今年はちょうどサンリオの社長並びにピューロランドの社長が来ており、三本締めをやってました。お手を拝借されてしまった。

 自分は毎年三千円の小さな熊手しか買えず、一向に大きくならないのですが、一応熊手を購入してから毎年立ち寄る屋台へと向かいました。どちらかと言うとこっちがメイン。

IMG_20151129_214802328

 しかしなんと、去年空き家になってた屋台裏手の民家が取り壊されて空き地に。そしてその空き地にテーブルが広げられているではないですか。普通に居酒屋となっています。
 裏の民家にはお婆さんが一人暮らししていたのですが、アルツハイマーが進行したため土地を売ってそのお金で老人ホームに入られたそうです。屋台の親父さんはもう十年以上同じ場所に屋台を出していたので民家のお婆さんとも交流があり、現在この空き地を管理されている家の方とも交流が有るそうです。なので、今年はこの空き地を自由に使えるようになったとか。

IMG_20151129_214753459

 しかし、急に規模を拡大したものだから、全然料理や注文が追い付かなくて、焼き場はてんてこ舞いに。
 親父、飲んでる場合じゃないって!(笑)
 息子さんは花園で屋台出してたり、娘さんは昼間働いていながらここを手伝っていたり、鹿児島に転勤していたもう一人の息子さんは嫁さん連れて上京して飲みに来ていたりと、なにげに大家族だったりします。今年はこのあと秩父夜祭りに屋台を出すそうですが、桜のシーズンは上野に出したり、夏は長岡の花火大会に店出したりもするそうで、テキ屋さんって、なんだか旅芸人のような暮らしだな、なんて思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【日記】御徒町、槇島酒店(閉店)

※槇島酒店は2016年5月27日、惜しまれながらも閉店してしまいました。以下の記事はその半年ちょっと前に訪れた時のものです。

 以前より入りたくても満員だったり閉まってたり二の足を踏んだり(笑)で、なかなか入れなかった、御徒町のマキシマ酒店に突入しました。

IMG_20150912_181914352

 いわゆる酒屋さんで飲めるという、本来の立ち飲みスタイルとういやつです。

20150912_181426_397

 飲み物は酒屋に売ってる瓶ビール、缶ビール、缶酎ハイ。日本酒はコップに注いでくれるようです。

20150912_181220_259

 おつまみは当然、酒屋ラインナップ。缶詰めから乾物、ソーセージ、笹蒲鉾など。

20150912_180915_342

 とりあえず小瓶と焼き鳥缶詰めで510円。灰皿は出てませんが、言えば出してくれます。
 年季の入ったカウンターと、ビールケーステーブル。意外と若い人も入っていました。店自体は1945年からやっており、現在の建物は1965年建造のもの。まさにアメ横が闇市だった頃から存在する店ですが、昔の上野御徒町界隈にはこのような立ち飲み出来る酒屋さんがたくさんあったとか。

IMG_20150613_17570459

 酒屋立ち飲みシリーズ、ちょっと始めたいかも!

【日記】毎年恒例浅草鷲神社酉の市2014

 酉の市の時期になると、もう年の瀬も近いなぁと思い始めます。年中行事としてかれこれ10年近く通っているのが浅草鷲神社酉の市。先日は一の酉でした。

IMG_20141110_200055678

 鶯谷で待ち合わせ、まず最初の一杯は焼き鳥『ささのや』。

IMG_20141110_192358539

 店の前にたむろって飲む立ち飲みスタイルが『ささのや』のイメージですが、一応店内に席もあります。

IMG_20141110_193221956

 生は500円と高めですが、串一本70円はやはり激安です。会計の時、三人で軽く飲み食いして合計たったの2300円て、軽くビビります。

IMG_20141110_20165985

 毎年鶯谷から歩いて行くのですが、一軒目が安すぎたから贅沢にタクシー。鷲神社に着くと月曜の夜だと言うのにエライ人出。

IMG_20141110_203027414

 小さい熊手を買って(毎年同じ大きさ)さっさと屋台に向かいます。途中、懐かしいボン菓子マシンがありましたが、出て来たのはなぜか甘栗。

IMG_20141110_210617579

 出店を抜けて一番奥、毎年同じ場所に店を出し、毎年通い詰めてる屋台があります。

IMG_20141110_212053386

 牡蠣、帆立、蛤、これに升酒が合う!
 親父さんや女将さたちの人柄や雰囲気の良さから毎年通うようになりましたが、ここに来なければ年を越せない。
 さて、二の酉は22日。土曜日なのでーの酉以上の混雑が予想されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ