千代田区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜
        ↑ 地味にリニューアル

千代田区神田(4)、ガード下の立ち飲み屋(11/1更新)

立ち飲み屋巡りを続けて来ながら今さら感もありますが、神田駅は仕事帰りに立ち寄るポイントとしてなかなか縁がなかったのです。
神田駅といえば新橋と並ぶサラリーマン御用達の飲み屋街という印象があります。その中心街は主に駅の西側となりますが、今回は立ち飲みが多い東側ガード下を攻めてみようかと思います。

IMG_0973

まず立ち寄ってみたのは立ち飲み『あかしや』さん。阪神タイガース推しのこの店に入れば関西弁が飛び交います。常連になれたら関西人と分かり合えるかも知れません。

IMG_1260

現金取引き。カウンターに並ぶ小皿からおつまみをチョイス。なんだかんだでこの店が一番入り易く落ち着けるかも知れません。

IMG_1238

神田開拓二軒目。中央通りを越えて秋葉原寄りのガード下東側にある立ち飲み屋『つみき』さん。北千住に本店があり五反野と神田に支店を出しているホルモン系焼き豚のお店です。生380円、割り物(金宮)300〜350円、モツ焼き串一本100円という安さで、立ち飲みとしては基本的な料金設定。去年(2016)11月開店という新しいお店で、若手の店員さんたちが元気よく接客されています。

IMG_0974

金宮のワンカップ……だと⁉︎

IMG_0978

選択肢はタレ、塩、お任せの三択だったので、味付けはお任せで注文。右からチレ(タレ)タン(塩)レバ(タレ)レバ(塩)。タンが分厚くて歯応え最高。タレは八丁味噌を使った味噌ダレで、これがハマる。このあとアブラも注文しましたが 、とにかく美味くてまた来たくなりました。ホルモンのレパートリーがマニアックで好き。

IMG_1248

つみきさんのさらに先にある立ち飲み屋「一丁目一番地居酒屋」さん。とにかく狭い!奥の焼き場からもうもうと煙がカウンターへ。

IMG_1244

カウンターも狭い!こう言うの大好きです。生350、割り物300前後。二杯目に青汁割り350円頼んで見ましたが、新橋の南並みに飲み易い。金宮と青汁って相性良いのか?
そしてふとメニューを見れば、金宮ストレート350円……だと⁉︎

IMG_1240

「つみき」と「一丁目一番地」の間に建つのが「大松」さん。こちらはまだ入ってないので、後日中の様子を追記します。

11/1、大松さんに突入。

IMG_1250

こちらはガード下の入り口ですが、レジに近いので主に出口として使われています。

IMG_1249

価格は普通の居酒屋レベル。しかし味は居酒屋以上。刺身がマジで美味いです。この後頼んだ〆イワシも酸味を感じない程の絶妙な〆加減で、大将の腕が分かります。長居はしずらくとも、1件目にサッと寄って次に行く店としては外せない感じの店です。

IMG_1258

若い店主と狭い敷地にぎゅうぎゅう詰めな立ち飲み「六花界」さん。常連さんで固められている感が強いですが、とても気になるお店です。

IMG_1253

吉池グループの立ち飲み「味の笛」さん。賑わっています。

神田はまだまだ通いたい店を見つけてませんが、もう少し探索してみます。

【日記】近況2017春〜角打ち『いづみや』

最近は仕事も少し落ち着き、辻堂と麹町と渋谷を行ったり来たりしています。

IMG_20170405_123225

辻堂駅の北側は日本電池、関東特殊製鋼、パナソニックなどの巨大工場が次々閉鎖され、その跡地が再開発されています。今では巨大なショッピングモールとマンションが建ち並び、街の景色も一変。そんな整備された街の大型マンションの脇に古い銭湯を見つけました。しかしどうやらすでに廃業されているようで、夕方になっても表のシャッターが開く事はありませんでした。建物の脇には燃料となる廃材が積み上げられたまま。昔は工場労働者の憩いの場となっていたのでしょう。

IMG_0010

渋谷も目まぐるしく変わって行きます。センター街奥のオフィスビル、1970年竣工のグランド東京は実に昭和の雰囲気を残してますが、解体が近いのかテナントがほぼ全て移転していました。

DSC_0051

麹町の地下鉄半蔵門駅周辺は、何の変哲も無いオフィス街だと思っていましたが、ビル街の狭間になんと立ち飲み出来る酒屋、角打ちの『いづみや』さんを発見しました。
地図

20170412_180027140

店内にもテーブルは有りますが、喫煙者は中廊下か店頭のカウンターで携帯灰皿各自持参で。角打ちには色々とルールが決められている店が多いようです。本来は今で言うところのイートイン形式なのですが、居酒屋と勘違いする人が多いのかもしれません。

20170412_174523735

ビールはアサヒの生ビールと瓶のベルギービールのみ。店長のこだわりなのか日本の缶ビールや発泡酒は置いてません。しかし日本酒や焼酎などは種類豊富。ツマミは乾き物や笹カマなど酒屋さんの店頭に並ぶ範囲内。仕事帰りに軽く立ち寄るにはちょうどいい感じでした。

さて、ブログとしては最近、PC.タブレット(フルプラウザ)版温泉リストを更新しました。サムネイルをひと回り大きくして、自己評価点と泉質を表記。あと、少しずつですがGoogleマップへのリンクを追加し続けています。

中央区日本橋~千代田区神田(3)、本石町〜鍛冶町周辺の歴史的建造物

 今回はJR東京駅から神田駅までのガード下伝いに、その周辺の気になる物件を廻って来ました。

IMG_0325

 日銀の脇、以前仕事の帰り道に見かけてずっと気になっていたアーチ橋があります。それがこの常盤橋なのですが、なんと東日本大震災によってアーチが歪み、一部陥没もして立ち入り禁止になっていたようです。

IMG_0320

 そして現在、橋の修復工事が行われています。この常盤橋、明治10年に架けられた都内最古のアーチ橋だそうです。また、橋の奥に見える石垣は江戸城常盤門の石垣跡だそうで、この首都高の下になんとも歴史的価値の高い史跡が埋もれていた事になります。

IMG_20150121_102016136

 常盤橋の近くには、移設された日本最古の鉄筋コンクリートトランス構造の、龍閑橋が保存されています。

IMG_0328

 また近くには関東大震災の震災復興建築である常盤小学校もあります。特に観光客の訪れないような場所ですが、歴史的建造物のオンパレードです。

IMG_20150121_110059298

 神田から日本橋方面に少し行ったところに、かなり年季の入ったビルがあります。

IMG_0358

 大石ビルディングといって一階にはペルシャ絨毯のお店が入っています。

IMG_20150121_110534506

 神田駅の東側、神田鍛冶町になりますが、路地を入ると結構古い建物が残っています。

IMG_20150121_110721686

 神田駅の上には地上4〜5階の高さに東海道線と宇都宮高崎線を結ぶ新線が建設中ですが、近隣住民とかなり揉めているとか。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

千代田区神田(2)、東京駅〜神田駅ガード下、今川小路他

IMG_0334

 以前は新橋から有楽町、東京駅とガード下を歩いて来ましたが、ガード下はさらに神田、秋葉原、御徒町、上野と、延々と続いています。

IMG_0337

 神田方面に歩くと突然現れるガード下飲み屋街、今川小路。

IMG_0338

 無理矢理二階建てにしています。

IMG_0339

 もし二階が住居で寝ることを考えると、終電が終わるまでとても寝れたもんじゃないでしょう。

IMG_0340

 路地は狭く昼間でも薄暗いです。

IMG_0342

 すでに解体された一画もあり、いつまで残っていてくれるか。

IMG_0345

 神田駅近くに行くと、また古くからある一画に当たります。

IMG_0346

 立ち食いそば屋はいまだ高齢なお婆ちゃんが頑張って営業していますが、左側の寿司屋はここしばらく開いているところを見ていません。

IMG_0349

 狭い店が肩を並べています。室外機の数が異常。(笑)

IMG_0353

 ランチタイムは大賑わいな大衆食堂「大越」は昼間から飲める貴重なお店。右側にも似た感じの大衆食堂がありましたが(店名忘れました)去年か一昨年閉店してしてしまいました。大越もそうなんですが、高齢なお婆ちゃんしかいなかったので後継者不足だったのでしょうか。

※以上の記事は2015年1月に撮影したものですが、この「大越」は高架線の耐震補強工事に伴い、2016年の年末をもって閉店してしまいました。

IMG_1265

2017年11月、もう閉店したとの噂を聞き立ち寄ってみました。大越は昭和38年創業の老舗で、さらに昼間から飲める貴重な店だったので残念でなりません。右手前にちょっとだけ写っている立ち飲み日高は、耐震補強工事完了後にオープンしたお店。
ちなみに二つ上の室外機が並んでいる写真、こちらの小分けされた店たちはまだ残っていました。ただ立ち寄ったのが祝日の夜だったので、営業を続けられているかどうかは分かりません。営業されているとしたら、消えてしまう前に訪れてみたいです。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

千代田区神田(1)、神保町の路地裏

 神田神保町と言えば古本屋街を中心に、九段側には集英社と小学館、お茶の水側には明大と楽器店街、小川町側にはスキー登山ショップ、とまあ一日中居ても飽きない街です。ただ、神保町本来の顔である本の問屋街としての姿は、問屋の相次ぐ廃業により消えつつあります。

IMG_20140411_130046467

 靖国通りは休日でも人の賑わい。しかし一歩路地裏に入れば、昭和の香りする異次元が残っております。

IMG_20141115_163658399

 路地には何軒かの老舗喫茶店がひっそりと佇んでおります。上の写真は喫茶『さぼうる』。

IMG_20140411_130108929

 上の写真は一部で有名な老舗喫茶店「ミロンガ」。後日、再訪した際に入ってみました。

image

 昭和28年創業の老舗喫茶店。店内ではタンゴのレコードが掛かる落ち着いた雰囲気。

image

 世界のビールが楽しめる店でもありますが、決して騒いではいけません。古本屋で買った本を静かに読み耽っているお客さんの迷惑になりますので。

image

 古本屋巡りした後に一息つく、そんなお店です。上の写真は喫煙席。店内は分煙されております。ビザを注文したのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。サラミと玉子が乗ったシンプルなものですがとても美味しく、どうやら名物メニューだったようです。

IMG_20140914_152051249

 話は飛びますが、深夜アニメで「残響のテロル」って番組がありまして、その中で元々ゲーセンだったと見られる廃墟が出てきます。この廃墟が私の知ってる場所でした。
 まさか、あの「ミッキー」が! と、思い現地を訪れる。

IMG_20140914_152144873

 案の定、潰れてました。随分昔からあるゲーセンなのですが、昔は何の店だったのか石垣や瓦屋根のオブジェがあったり中二階があったりと、変わった内装が施されており、なかなか不思議な空間でした。潰れてしまったのが残念でなりません。

DCIM0115

 上の写真は、ありし日のミッキー店内。昔携帯で撮った画像が残ってました。

IMG_20140914_152248197

 二階は「ミッキー」、そして一階の居酒屋「酔いの助」はまだ元気に営業しております。

IMG_20140914_212508145

 創業30年、神保町で働くサラリーマンたちに愛され続けている居酒屋で、私も15年ほど前からたびたび利用しております。

IMG_20140914_212409404

 大将の人柄の良さと美味い料理、ちょっと変わった酒のラインナップ。お気に入りの店のひとつですが、景気悪いのか従業員はみな中国人となっております。もう一店舗、水道橋にも店を出していましたが、そちらは閉店してしまったようで、この神保町の本店にはいつまでも頑張っていて欲しいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ