中央区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

中央区有楽町(1)、インターナショナルアーケード

 京浜東北線と山手線が併走する区間、特に上野から神田、有楽町と高架が続き、この明治に造られ震災や戦災を生き延びた赤レンガの高架下には、様々な商店や事務所、倉庫などがひしめき合っています。代表的な物としては闇市の名残であるアメ横のガード下商店街などがありますが、最近では御徒町~秋葉原間の倉庫だった所を改装し、ショッピングモールのような形で有効活用していたりもします。‌‌

IMG_20140326_124514319

 しかし、上の写真は新橋駅北側になりますが、本来ガード下と言えば中小企業のサラリーマンのオヤジたちが仕事帰りに立ち寄って一杯引っ掛けていく飲み屋、と言ったイメージがあります。そして神田や有楽町、新橋などには昭和の高度成長期から続く古い飲み屋が多く残っています。‌‌

IMG_20140326_124929813

 有楽町から新橋までの間には、京浜東北線、山手線、東海道本線、新幹線、それと並行して首都高環状線まで走ってます。高速道路の下は首都高速の施設となっており、JRとの間の狭い道は専用道路で立入禁止になっています。覗いて見ないとなかなか気付かない空間。‌‌さらにここは中央区(右)と千代田区(左)の区境になります。

IMG_20140326_125018261

 一方JRの下は、駐車場の奥に有楽町へ向かって通路があります。両側には延々とシャッター。時折居酒屋や寿司屋なんかがあったりして、ちょっと異質な空間となっています。‌‌

IMG_20140326_125211529

 2階、つまり線路の真下に上がる階段があり、そこを昇ると狭くて薄暗い廊下が延々と真っ直ぐ続いている。廊下の両側は事務所だったり倉庫だったりしますが、基本的2階は関係者以外立入禁止です。‌‌

IMG_20140326_125539129

 実はこのガード下、以前友人に紹介してもらったインターナショナルアーケードという、闇市を発祥とする商店街の跡地なのです。‌‌

IMG_3470

 シャッターアーケードを抜けると東側に泰明小学校・幼稚園があります。

IMG_3468

 昭和4年(1929年)竣工。震災復興学校の一つで、島崎藤村や北村透谷が卒業したことでも知られています。
 この耐火耐震を徹底した震災復興建築はどれも高いデザイン性を持ち、細部の装飾にも凝っております。

IMG_3472

 泰明小学校の南側、つまりインターナショナルアーケードの東側は歓楽街となります。新橋と有楽町の間ですが住所的には銀座5丁目6丁目。この界隈はクラブやパブ、スナックなどが軒を連ねるネオン街です。

IMG_3477

 同じ銀座でもデパートやオフィスの建ち並ぶ4丁目とは打って変わって、松坂屋はあるもののこちらは夜の街。狭い路地裏に入ればバーなども多くあります。

IMG_3487

 泰明小学校から銀座6丁目まで進むと交詢通りに交差し、左手、松坂屋方面に歩けば、通りの名前の由来にもなった交詢社ビルがあります。
 財団法人交詢社とは明治13年(1880年)、福澤諭吉によって創立された日本最初の実業家社交クラブであり、講演会、公開講座等の実施、各種文化事業に対する援助、施設の管理運営及び貸付が主な活動内容であ~る(出典:Wikipedia)。って、話がデカ過ぎてもう何がなんだか(笑)。
 かつて震災後の昭和4年(1929年)に再建された歴史的建造物があったそうですが、2004年に建て替えられてしまいました。しかしながら正面玄関の部分だけを解体せずに残して建て替えるという離れ業を見せてくれたようです。今でも新築商業ビルの正面に、まるでオブジェのように立派な装飾が残されております。
 古い物を壊して新しい物を建てるだけではなく、このように歴史を大切にすると言う考え方は、銀座ならではなのかも知れませんね。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

中央区銀座(2)、東銀座~今はなきシネパトス他

 2013年の3月末、東銀座は晴海通りの下に隠れるように存在する映画館、銀座シネパトスが閉館になるという噂を聞きました。私がこの映画館の存在に気付いたのは2011年末。

IMG_3393

 元々は「銀座地球座」と「銀座名画座」の二館があり、それを1988年にヒューメックスが買い取り改装して現在の形にしたそうです。3スクリーン、379席。上の写真はこちらは東側(京橋側)入り口。

IMG_3394

 幅の広い晴海通りを横断するように地下通路があり、構造からして道路の真下に映画館がある事となります。

IMG_3395

 通路の中は両側に映画館入り口があり、他にも飲食店が五軒と、なぜか美容室。周辺で働いている人たちにとっては便利な地下通路として活用されてますが、よそから来た人々にとってはなかなか気付かない場所です。中でもここに店を構えていた居酒屋『三原』は良いお店でした。シシャモが本物のシシャモで、オスメス選べてデカかったし美味かった。‌‌通路と店舗が現在どうなっているのかは調査中です。

IMG_3397

 通路の入り口は東側(京橋側)と西側(新橋側)それぞれ晴海通りを背にする形で口を開けており、新築中の歌舞伎座もあるメインストリートからは二階建ての古い建物があるようにしか見えません。ところが一歩裏に廻ると小さな地下街に続くような幅の広い階段。昔ここは三原橋という橋だったようで、つまりこの通路は運河を埋め立てた場所に位置し、映画館と飲食店は橋の下って事になります(笑)。現在は"隣"を地下鉄日比谷線が通る。

IMG_3396

 こちらは西側(新橋側)入り口。反対側と全く同じ造りです。
 しかしこの映画館、上映スケジュールがマニアックと言うか何と言うか、基本的には単館上映系なのですがレイトショーからB級ホラーからピンク映画まで。とにかく映画ファンを飽きさせないと評判だそうです。私が通った時には週替わりで萩原健一特集とかやってました。観たい!
 話題作や新作をどこの映画館に観に行こうといった作品本位のスタンスではなく、何を上映しているかも調べないまま「シネパトスに映画を観に行こう」といった感じも面白かったかも知れません。しかし一度行きたいと思いながら、とうとうその機会を逃してしまいました。

IMG_3383

 シネパトス地下通路の新橋側出口を出て左側に、袋小路の小さな飲食店街があります。飲食店街と言っても半分は潰れており、営業しているのは焼肉屋とラーメン屋と飲み屋の三軒。あとは二階に調理師の口利き屋が一軒あるのみです。

IMG_3401

 なんと言っても魅力あるのが外観の凄まじさ。木造モルタル二階建てですが老朽化が激しく半分廃墟のようになっております。

IMG_3403

 電柱が立てられてないため、新宿の思い出横丁を彷彿とさせるように電線が建物の軒先を這っています。

IMG_3400

 ランチタイムにここのラーメン屋『中華三原』に入ってみました。行列が出来ていましたが、多くの客がタンメンとワンタンメンを注文。私もそれにならってワンタンメンを注文しました。ラーメンはベーシックな東京ラーメンと言った感じでしたが、このワンタンが超ウマくて驚く。後日タンメンを注文しましたが、これも激ウマで
後で調べたところ、この店は以来すっかりハマってしまいました。

画像 001

 銀座二丁目の一見酒屋さんのようにしか見えない居酒屋。戦後建築で氷や炭などを売る燃料屋だったそうです。この、地酒の銘柄がそのまま店名になっている『秩父錦』に入ってみました。

IMG_3523

 飲み物はビールと秩父錦のみ。バリエーションとして秩父錦酒造で造られてる梅酒とワインがあるくらいです。‌‌

IMG_3525


 とは言え、熱燗で飲みましたが旨い。マジ旨いっす。‌‌おつまみに食べた刺身コンニャクもまた、やたら旨い。‌‌値段はまぁ高くも無く安くもなく普通と言った感じですが、旨い日本酒で落ち着いて飲むには最高の店でした。‌‌

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

中央区銀座(1)、奥野ビル、第一銀緑ビル

 地価の高騰やバブル景気を経て歌舞伎座も改築となり、もうすっかり再開発も進み昔の面影と言えば銀座和光の時計ビルぐらいかと思われがちですが、探せば昭和のなごりもあるものです。‌‌

IMG_3380

 銀座と言えばまずはやはり和光の時計ビル。昭和7年竣工。

IMG_1614

 銀座の中心部に残る、昭和六年創業の巨大キャバレー『白いばら』。昼間は貸しホールとなり、夜は熟年の常連客や団体観光客などで賑わっているそうです。夜の銀座の歴史を感じるためにも、一度は体験しておきたい店です。

IMG_1618

 場外馬券場の近く、京橋寄りの方に、奥野ビルという古いビルがあります。昭和七年竣工。‌‌

IMG_3344

 内部は竣工当時の姿をかなりとどめています。‌‌まずこの手動扉のエレベーターが衝撃的。‌‌

IMG_3358

 何階にいるかを表示する針も、現役で動きます。‌‌

IMG_3346

 しかし中のカゴは新しくなっており、少し残念。‌‌
動きは相当ゆっくりですが、乗っててなんだか楽しい。‌‌

IMG_3349

 テナントはギャラリーやアトリエなどで結構埋まってます。‌‌人も多く活気もある。

IMG_3351

 ほとんどの玄関扉も当時のまま。大切に使っているんでしょうね。‌‌

IMG_3354

 空襲をも生き延びて来た建造物の、およそ80年もの間おそらくは使われる事のなかった消火栓。‌‌

IMG_3355

 最後に屋上への階段。‌‌古い洋画にでも出て来そうな雰囲気でした。‌‌

 変わって、松坂屋の裏手ある第一銀緑ビル。‌‌

IMG_3490

 大震災の翌年、大正13年(1924)に建てられた、おそらく銀座に現存する最古のビル建築。‌‌

IMG_3494

 地下一階はバー『TARU』になっておりましたが、残念ながら閉店となってしまい、ギリギリ行く事は出来ませんでした。

IMG_3521

 一階の狭いエントランスのような場所には見事なモザイクタイルが敷き詰められております。‌‌

IMG_3518

 小さなビルにしては珍しくエレベーターも完備。‌‌そのエレベーターが、奥野ビルと同様の手動式扉でした。探せば残っているものです。‌‌どうやら構造上スラブ高(天井裏、床下を含めたフロアの高さ)が低いため、自動扉を設置できないようです。‌‌

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

中央区日本橋、湊、再開発地域

 日本橋は地域としては非常に広いです。小伝馬町や人形町、最も外れは隅田川に面した湊まで含まれます。

※撮影・2011年2月

IMG_2407

 川の向こうは佃島や月島の高層マンション群。

IMG_2414

 かつては狭い路地に木造二階建ての長屋造りが密集する月島のような典型的な下町でしたが、バブル期に地上げで散々荒らされて、バブル崩壊後スカスカな歯抜けの街だけが残されました。

IMG_2412

 引っ越して行き空き地となった場所には、古くてもう稼働しなくなった、立体駐車場が墓標のように錆びた鉄骨を晒しております。その光景はあまりにも異様ですが、それでも頑なにこの土地に留まり生活を続ける人々がいます。

IMG_2411

 この界隈は築地の電通本社のお膝元と言う事もあり、新富町のデザイン会社や印刷会社に続いて印刷工場が点在してました。しかし不景気の煽りで倒産も相次ぎ、自ずと活気も落ち込んでいます。

IMG_2421

 材木で倒壊を防いでいる家。効果はさておき、逞しくも思えます。

IMG_2416

 そして現在、この街にはUR都市機構(旧・公団)による再開発計画が持ち上がっています。反対運動もあるようですが、なにしろ既にして街が死に体。

IMG_2424

 計画が進めば39階建ての複合施設とマンション群が建ち並び、対岸の佃島のようになってしまいます。

※2013年11月、再訪

IMG_4087

 二年と八ヶ月が経ち、再び湊を訪れました。UR都市機構の39階建ての複合施設は未だに建設される気配がありません。

IMG_4086

 しかし、林立していた錆びだらけの立体駐車場は撤去され、一戸建てなどの造成が始まっております。やっと回復への一歩を踏み出したといった所でしょうか。

IMG_4095


 ただ、マンション建設に伴う立ち退きもあるようです。この印刷工場は今期いっぱいで休業とのこと。

IMG_4104

 こちらは湊から少し外れた新富町側ですが、すっかりマンションだらけになっています。この建物は料亭か何かだったのでしょうか、囲まれてます。日照権も何もあったものじゃない。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

中央区佃島、観光地化された下町

 もんじゃストリートで有名な月島。この月島西仲通り商店街はもんじゃ焼きを武器に観光地化し、寂れゆく商店街の再生に成功しました。下町の路地裏を保存しつつも、月島駅周辺は再開発されて高層マンションが林立しております。

IMG_3644

 月島の路地裏の住宅密集地帯と、再開発された勝どきの高層マンション群。反対側の豊洲や有明も高層マンションだらけ。月島周辺は元々倉庫だらけだつたので、倉庫を潰した跡地の再開発が盛んです。

IMG_4110

 月島から佃大橋通りを隔てた北側が佃。もんじゃがてらチョイと寄り道散歩程度に立ち寄れます。近代的なビルと木造建築とのコントラストは、多くのアマチュアカメラマンたちを惹き付けています。インターロックを敷き詰めた通りは、観光客を意識してでしょうか。

IMG_4112

 佃は佃煮で知名度こそ高いものの、その区域はさほど広くありません。ただ路地の狭さが半端ないです。都内屈指の狭さと言えましょう。

IMG_4129

 住吉神社のそばには釣り船の停泊する船溜まりがあり、赤い橋が掛かる景色は昔からアマチュアカメラマンたちの撮影スポットとなっております。絵になる場所ですが、沈んだ手漕ぎ船なんかはわざと放置しているんじゃないかなんて邪推してしまいます。
 船溜まりの奥は公園となっており、桜の木がたくさん植えられていました。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ