港区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

港区芝、芝浦及び芝神明の三業地跡他

連日の猛暑日が少し落ち着いたところで、暇も出来たし久々に都内を散歩して見ました。

2E8716A2-930C-41B6-97CD-77C5B5AFACA3

スタート地点は三田、慶應義塾大学より。慶應義塾大学塾監局。震災後の1926年竣工。

850D73A3-B0E7-4951-B23A-D1311F1C4A6B

慶應義塾の前の大通りを東京タワーに向かって歩き、芝三丁目辺りで右手に春日旅館があります。

AC59F648-3773-4246-8D9D-0ED27FE9593E

この裏口が渋い。開業は明治44年。建物は大空襲で焼失しましたが戦後に再建。

CEC2C4F5-A3D5-457B-BC6D-433FD6DCBBB1

出張で来られるビジネスマンや慶應義塾に関係する人々が利用されているそうです。

FB61100C-35F0-4532-A26A-F3AF51D40851

その裏手にある伊藤酒店。ここは角打ちもやっているようです。また遅い時間にでも飲みに来たい。

0C2FDC50-A477-4DF2-A14E-C045C402AF23

この芝三丁目界隈は開発の手が及んでなく、古い建物が意外と多く残っています。

CB51244A-7E64-43DB-A965-5CDEE7928EB1

さて、JR田町駅を越えて芝浦方面へ。かつての花街だった芝浦一丁目界隈に唯一現存する見番跡、旧協労会館。

IMG_3285

実は2018年11月に訪れた際、改修工事中でショックを受けた物件です。一度骨組みだけにして、建物全体をリフトアップし、基礎を作り直したそうです。その際、8メートルほど手前に動かしたとか。とんでもない大工事です。

B5168A13-E386-44E6-A89D-9BD94D0AB600

現在、改修工事も完了し、港区立伝統文化交流館として無料で公開されています。この建物は昭和11年に芝浦花柳界の見番として建設され、戦後は港湾労働者宿泊所の協労会館として利用されました。しかし1999年、両隣の棟が火事で焼失し、以来ネットで覆われ立ち入り禁止となっていたそうです。

30402D97-D584-415D-93B7-256660B4ADD2

館内では芝浦花街の歴史に関する貴重な資料が数多く展示されています。

FD2B8A60-9837-4268-91EC-BE0D647F6BFD

展示物は撮影禁止ですが建物はいくら撮影してもいいとの事。

74655099-FAF2-40F9-A6BC-6703BA0EA969

一階は展示室。二階にも上がれます。2009年に東京都から港区へ譲渡され、その際港区指定有形文化財に指定されますが暫く放置。文化財指定したために壊すに壊せず、その間周辺はみるみる再開発が進み、厄介者として取り残されていた状態でした。

5C5B6A2D-053F-4D55-8E4A-C49765579C9B

二階は見番だった頃の芸妓さんたちの稽古場。

EBFB6B59-7334-47BB-9506-8C349743C6BF

舞台は当時のまま。芝浦の花街は明治35年頃から発展し、大正9年には埋め立てによって出来た現在の位置に移転。当時は料亭65軒、置き屋55軒、芸妓175名が居たそうです。

889944DB-9879-4422-AFEB-204BEFF63A35

しかし戦後衰退して行き昭和38年には三業組合が解散。現在ではこの見番跡以外、当時の面影を感じさせる物は一切ありません。

FE31DE4A-BF3F-4954-9EDE-349BE50B9444


36E0679B-A097-48E4-A2FF-98875FE147FB

何が凄いって、使える材料は極力使い、腐った材料のみを新たに造り直している事。

552A0331-DD3A-4946-8F31-D107129C47EA

腐った柱だか梁だかが残されています。この建物の再建には細部に渡って多くの職人技が使われています。その意匠を見るだけでも充分見応えがありました。

B9BD73AA-1F74-4AB1-BA73-A89F005882E0

さて、再び線路を越えて内陸側へ抜け、北上して行きます。途中、屋形船の船溜りが首都高の下に残っています。

4665DF10-122F-4C0A-9009-33CC322C36EB

お隣、浜松町駅から増上寺方面へ。途中右手に入ったところに芝大神宮がありますが、その鳥居前の右手に芝神明という花街がありました。

393AA44A-C3CD-4017-B0F6-FC56696A0C96

この界隈は大正末期から昭和初期が最盛期だったそうです。

F51C0BC8-D495-4A52-A1E7-BBB4947E6473

この建物も「コ」の字型になっており、敷地面積は広いです。

08B4694F-514C-48C6-B1D2-B042744E9BBB

この建物が見番跡ではないかと言われています。芝浦見番を見て来た後だと、この有り様はどうかと思う。

E2AD9027-5F2D-4BB5-8D86-BD65340DB124

かつては料亭や待合が約40軒ほど。芸者は120名ほど居たそうです。

07CB586B-D3E9-4CDE-8E7F-7EDD86E749AE

その面影を残すのも数軒のみ。周辺は再開発が進み、逆によくぞ残っていると思います。

5BE06FCA-63E0-48FD-B4D6-08DDC2BB8E95

最後は新橋まで歩きました。JRの変電所が開発された街とエグいコントラスト。大正時代の建物との情報はありますが、詳細は不明。

【日記】南麻布黒美水温泉竹の湯

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

IMG_5974

今日は仕事が早く終わったので、南麻布にある温泉銭湯「竹の湯」に立ち寄りました。
多少の滑り感と強いミントガム臭の黒湯。大田区などの黒湯に比べると透明度が5cmほどしか無く、濃い印象。鉱泉を沸かして温度調整ぐらいにしか加水してないそうですが、そのためか。
浴槽は40.4度のぬるめと44.4度の熱め、それにサウナ利用の方のための源泉100%加温加水無しの水風呂(14度)。内部は当然撮影禁止で結構混んでいたので外観の写真一枚しかありません。詳しくは公式ホームページまで。
ちょっとピリッと来る熱さの熱め浴槽が実に気持ちいい。水風呂も入ってみましたが、かなり強烈なミントガム臭。さすが源泉100%。とても気持ちの良い湯で、湯上りはサラサラ。もっと早くから行っておけば良かったと思いました。
湯上りは喉の渇きを我慢しながら都バスで新橋駅まで。バス降り口目の前の新橋駅前ビル一号館に入り地下一階へ一直線。「南」さんで生ビール。これぞ至福のひととき。

まぁそんな訳で、新年早々たいした更新も出来ないまま飲んでばかりです。昨日は昨日で神田のガード下で年始の挨拶飲みでしたし、正月はかつて歌舞伎町にあった居酒屋の常連メンバーの新年会に参加したり。
もう旅はやめたのかと言われれば決してそんな事はありません。とりあえず月末は万座温泉へ。春までには別府に行き、夏までには能登半島に行ってのと鉄道廃線跡を巡りたい。暑くなる前に京都のインクラインと琵琶湖疏水にも行きたい。
行きたい所はいくらでも有る中、果たして今年はどれだけ巡る事が出来るだろうか、などとホロ酔いの頭で考えながら、今日のところはお家に帰ります。

【日記】新橋駅SL広場の奥の路地裏

新橋駅北口バス停から駅に向かう途中、立ち飲み屋の「へそ」本店の晩酌セットで安く引っ掛けて帰るパターンも多かった今日この頃。路地裏を歩いていて気になっていた「野焼」に立ち寄って見ました。

IMG_4021

老舗風俗店もある昔ながらの路地裏は赤提灯が無ければ薄暗く、近道として通り過ぎる人が歩くくらい。SL広場側はどうせ店の入れ替わりも激しいだろうし、そそる店なんて無いだろうななんて思い込んでいました。ところがこの「野焼」は創業約40年、先代は去年引退されたものの昔ながらの路地裏飲み屋さんでした。

IMG_4019

店内にはテーブルもありますが、私は店頭のカウンターで立ち飲み。煮込み310、レバテキ450、生500 割り物400〜(酎次郎使用)、串110〜(注文は基本2本から)。お通し200円くらい取ってるのかな?
しかしこのレバテキが生ビールに合うのなんので、ただ者じゃない予感。

IMG_4020

シロ、今まで食べて来た中で一番美味い。焼き鳥と焼き豚、ホルモン系の店ですが、何食っても美味い。先代が芝浦の食肉センターとの付き合いが古く上質なホルモンが入るからかもしれませんが、先代に炭の火加減を叩き込まれたという焼き場の兄さんの焼き加減が絶妙。久々に通いたい店を見つけてしまいました。

[日記]飲んでばかりの近況〜新橋〜神田

大分という一大イベントを終えて金も尽き、細々と立ち飲み屋で軽く引っ掛ける毎日です。気付けば一か月以上更新していない。

IMG_20190129_224705

仕事は西麻布。帰りは都バスで新橋に出て帰るコースなのですが、バス停が新橋駅前ビルの真ん前なもんだからついつい地下1階飲食店街に寄っちゃいます。だってほぼ通り道なのだもの!

IMG_20190219_224527

本当に二杯で帰ろうって時は入り口脇の立ち飲み「へそ」で晩酌セット。三杯目にいく可能性があれば、安定の「南」で。

IMG_20190207_211341

しかし新橋駅前ビルの再開発も以前より囁かれています。全くそんな雰囲気ありませんがね。

IMG_20190122_211854

素直に京浜東北線に乗ったのに神田で途中下車という日も。神田のガード下の店にはよく通っており、常連さんたちによる店の外でのイベント、例えば忘年会とかにも参加するようになりました。先日もボーリング大会からの秋葉原で打ち上げ。

IMG_20190216_223406

やはり南側の迷宮地帯は3月で全て追い出されるようで、しかし店が無くなっても難民としてどこかで飲んで、もしまたママさんが店を出せたら集まりましょうと明るく話されます。ただ現在のところ勧告のような物は一切なく、延びるという説も。すでに消えてしまった今川小路は中央区でJRの管轄する土地だったので問答無用に退去させられたそうですが、ここは千代田区の管轄なので揉めれば延びる可能性も。

IMG_20190126_231646

神田ガード下の謎のひとつ、ずっと気になっていた二階の怪しげなカラオケボックスに先日突入してみました。

IMG_20190127_010221

真上が線路なので天井が低い。有楽町のガード下にある国際アーケードにも二階があるのだから、山手線京浜東北線ガード下には二階もアリって事です。確かに東側のガード下飲み屋街にも二階がありましたね。

IMG_20190126_232343

圧迫感はあるものの、真上を走る電車の音はさほど気にならず。JoySoundしかありませんが、至って普通のカラオケボックスでした。

20190222_200058_683

さらに、まだ入った事のなかった「かえる」にも。

20190222_200125_553

「翠(みどり)」さんの奥にあるお店。ここも楽しいお店でした。ガード下でハシゴ酒というのも、いいものですね。酔いが回る。

一方先日、かつて歌舞伎町コマ劇裏に店を構え十数年前に椎名町に引っ越した居酒屋一休(チェーン店じゃない方)の閉店飲み会にも参加しました。その店の常連さん達とはグループLINEで繋がっており、店が無くなっても定期的に飲み会は開催しようと約束。
昭和な飲み屋が消えてゆく昨今、その建造物の消滅を嘆いてばかりいる自分ですが人間関係は生きている限り続く訳で、人々はみな前を向いています。

再開発の名の下に古い物が駆逐されて行きますし、亡くなられる高齢者、後継者問題による廃業、モータリゼーションと過疎化やドーナツ現象、廃墟化してゆくスナック街、そう言った消えゆく昭和を撮り続けている訳ですが、その土地、その場所に生きる人々が居てこそ、良い人間関係があってこその郷愁であり、自分の目指すドキュメント。いかに伝えて行くかが難しいところです。

ところで余談ですが先日、久々に「たびねす」、現在は「LINEトラベルjp」のライターの仕事を復活させようと記事を書いています。

【日記】芝浦、旧協労会館建て替え工事中

以前から行こうと思っていた旧協労会館。芝浦に半年以上通いながらその存在をすっかり忘れていました。

IMG_3290

かつて料亭などが建ち並ぶ花街だった芝浦。東口の北側の外れに、いわゆる三業地が広がっていました。しかし再開発により消滅。

IMG_3285

唯一、見番跡である旧協労会館のみが現存しています。ところがなんと行ってみたら写真の通り解体工事中。しかし、よく見てみれば建て替え工事中との事。一度バラして耐震補強しながら組み直すようです。

IMG_3286

この建物は昭和11年に芝浦花柳界の見番として建設され、戦後は港湾労働者宿泊所の協労会館として利用されました。しかし平成11年、両隣の棟が火事で焼失し、以来ネットで覆われ立ち入り禁止となっていたそうです。それにしてもデカい。天井高は1.5倍くらいありそうな迫力。

IMG_3283

その後平成21年に東京都から港区へ譲渡され、その際港区指定有形文化財に指定されますが放置プレイ。文化財指定したために壊すに壊せず、その間周辺はみるみる再開発が進み、厄介者として取り残されていた状態でした。しかしやっと建て替えが始まり、2020年頃には完了する見込みです。

IMG_3291

すぐ近くに唯一花街の歴史を受け継ぐ割烹「い奈本」が有りますが、すでに近代的なビルとなってしまいました。

IMG_3300

すぐ近くには新幹線も走っています。見番の見事な木造建築が復元されたとして、近代的なビル群に埋もれる浮いた存在となることは明白。劇場として利用するようですが駅からも離れているし、果たして。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ