港区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

港区三田、立ち飲み屋巡り

 三田と言えば三菱自動車とNEC。JR田町駅まで行けば慶応大学の学生街。実のところ20年以上前まで、私はこの界隈のDPE店で働いていました。

image

 今回は仕事帰り、白金台から三田で途中下車しての立ち飲み屋探し。早速ネットにヒットした内田屋西山福之助酒店に突入。こちらのお店、酒屋さんで飲めるという、いわゆる角打ちというやつです。

20160819_175314_446

 冷蔵庫からスーパードライ350ml缶を1本取り出しカウンターで250円を支払う。棚から焼き鳥の缶詰めを持って行くと小皿に出してくれます。しかしよくよくメニューを見れば生ビールもあるじゃありませんか。しかも350円。他にもチューハイ系からチンする系の簡単な小皿料理、冷凍餃子解凍などメニュー豊富。雰囲気もとても良く、仕事帰りのサラリーマンたちの憩いの場となっていました。
 ただしかし、個人的に非常に残念な事にこの店、禁煙なのです。煙草を吸う時だけ店頭に出なければなりません。

image

 酒屋さん脇の路地を入って行くと、何やら人だかりが。何かの店の開店祝いかと通り過ぎようとしましたが、よく見ればここは酒蔵で清酒の販売開始記念とかでお酒を振る舞っている。

image

 なんか知らないけど気付けば思いっきり参加してました。話を聞いてみるとこの東京港醸造、江戸時代(1812創業)より若松屋としてこの場所で造り酒屋を営み、薩摩藩の御用商人として近くの薩摩藩邸に焼酎などを卸し、幕末期には西郷隆盛ともゆかりがあったとか。しかし明治末期の1911年、100年目を前にして一度廃業。しかしその後100年の時を経て2011年に復活。その後清酒を醸造する免許を取得して初めての新酒が完成したという訳だそうです。試飲してみたところスッキリ飲み易く、とても都会の真ん中、しかもビルの中で醸造されたとは思えない美味しさでした。
東京港醸造

image

 ちょっと飲み足りなかったので第一京浜沿いに田町駅へ戻る途中にある立ち飲み屋『源喜』に入店。開業5年目の新しい店で、立ち飲みと言っても椅子も用意されています。

20160819_182500_503

 名物は味噌おでん。焼酎は金宮。この金宮ウチワ欲しい!

image

 源喜の近く、一軒の煙草屋さんがあります。この煙草屋、20年前この近くで働いていた当時、よく通っていました。新築ビルなども建ち並び街の景色は随分と変わってしまいましたが、この店が残っていた事に喜びを感じます。しかも覗いて見れば当時と変わらずお母さんと娘さん二人で切り盛りしてるじゃありませんか。顔を出そうか、と、ちょっと思いましたがやめました。なぜなら昔、ここの娘さんに告って思い切りフラれたという過去がありまして無理ー!(笑)

港区高輪、提灯殺しトンネルこと高輪橋架道橋

 やたら天井が低くてタクシーの屋根の上に乗っかっている提灯が擦れそうになる、一部では超有名な通称提灯殺しのトンネルこと、高輪橋架道橋に行ってまいりました。

IMG_1502

 JR品川駅と田町駅の間、品川車両基地の下を地下鉄泉岳寺駅から高浜橋方面へ東西に貫くトンネルがあります。

IMG_1509

 泉岳寺側から、いざ突入。
 トンネルと言っても実際はガード下にねりますが、車両基地の下なので230メートルあります。

IMG_1511

 高さ制限は1.5m。実際は私が直立して頭を擦らないので、1.7mぐらいでしょうか。タクシーの提灯がスレスレです。

IMG_1518

 車道は泉岳寺側から高浜橋方面への一車線一方通行。左側には人がすれ違えられるくらいの歩道があります。

IMG_1519

 交通量は多く、意外にもひっきりなしに車が通ります。その七割はタクシー。確かに品川駅周辺は、東海道線や山手線を始めとする各線の、第一京浜側から湾岸側へと抜けるルートが非常に少ないです。しかも品川駅南側を跨ぐ陸橋には京急の踏み切りが立ちふさがっているため、よく渋滞しています。

IMG_1521

 歩道も人の往来が非常に多いです。線路と車両基地により分断された東西の交通事情を改善するためにも、品川駅北側の再開発が急がれています。

IMG_1531

 背の高い人はずっと首を傾げて歩かなければならなりません。自転車も前屈みに乗らなければ頭が擦れます。

IMG_1523

 車道の途中には反射板が。速度を落とさせるためでしょうけども、普通に跳ねて提灯が破壊される事を狙ってんじゃないかと思ってしまいます。

IMG_1526

 いよいよ出口です。長い圧迫感からやっと解放されたって感じで、タクシーも緊張から解き放たれる。

IMG_1525

 同時に横から猫も出て来た。

IMG_1530

 一体いつからここにあるのか、詳細は分かりませでしたが恐らくは東海道本線の開業当初からあるのかと思われます。

IMG_1533

 品川駅北側エリア再開発と品川田町間新駅建設によって、将来的にこのトンネルは無くなってしまうと言われています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

港区芝浦(3)、高浜橋バラック群の終焉

港区芝浦(1)、高浜橋バラック群とホルモン
港区芝浦(2)、再訪、高浜橋周辺の再開発

 ずっと行こうと思いながら、およそ二年前の2014年1月を最後に訪れていなかった高浜橋。もう立ち退いてしまっただろうと半ば諦めながらも確認しに行ってまいりました。

IMG_1536

 着いてみれば、やはりと言うか、一縷の望みは見事に打ち砕かれてしまいました。

IMG_1537

 かつて何度か通った楽しい酒の想い出は柵の中。すでに無人となってしまったのだと思い知らされます。

IMG_1538

 建物こそ残っているもののホルモンはるみの看板は取り外され、closedのプレートが虚しく掲げられていました。

IMG_1540

 道路の反対側ではすでに高浜橋の拡張工事が始まっています。

IMG_1539

 はるみ側の数軒残ったバラックも近々取り壊されることでしょう。

IMG_1543

 品川周辺の再開発特区の話題は、最近特に取り上げられています。品川~田町間の新駅、品川駅北側のバスターミナル建設を含めた再開発、旧品川車両基地から羽田方面へ向かう専用線の羽田空港までの延伸計画、そして目玉は、品川駅地下に出来るリニア起点駅。
 明るい話題として街の発展ばかり取り上げられている中、また一つ古き良き物が消えてしまいました。はるみのママさんは、陽気な常連の方々は、今どこへ消えてしまったのだろうか。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

港区赤坂、TBS周辺とコリアタウン

 アカサカサカスというネーミングに初めの内は違和感を感じていましたが、今では「意外といいかも」なんて思っております。ともあれTBSとその関連会社、そして料亭街のある街です。

image

 赤坂の料亭と言えば政治家の談合といったイメージですが数もだいぶ減ってしまったのでしょうか、コインパーキングや新しいビルなどがほとんど。

image

 しかし、多くの料亭がビル化し開発も進む中、狭い路地も多少残っております。

image

 激狭の袋小路の奥に焼き肉。知る人ぞ知る隠れ家的高級店だったりするのでしょうか。

image

 ビルの狭間に良い感じの昭和建築も残ってたりします。

image

 TBSと赤坂見附の間は歓楽街と飲み屋街と料亭街とコリアタウンが混在したカオス。しかし、ハゲ割って(笑)。

image

 そんな中、溜池寄りの一角に韓国料理店が密集するコリアタウンがあります。

IMG_3716

 この地にコリアタウンを形成したのは戦後組のニューカマー系。

IMG_3719

 TBSが近いせいか、かつての韓流ブームに思いっきり乗っかった感があります。

image

 芸能人も多く訪れる有名店、ヒョンブ食堂。

IMG_3721

 店内には芸能人のサインが隙間なく貼られています。

IMG_20140802_122908403

 週替わりの半額(790円)ランチがお得です。

IMG_20140802_123525894

 コリアタウンを抜けると、秋葉原に本店を持つ九州ラーメン『じゃんがら』があります。以前赤坂の現場に通ってた際にハマって、毎日のように通っていました。

image

 赤坂は地下鉄の赤坂見附駅と赤阪駅、そしてTBSを中心に発展した街なので、ちょっと独特な雰囲気があります。夕方になるとたまにマック赤坂が出没するし。
 かつては銀座と肩を並べる高級繁華街でしたが、現在は多少廃れ気味。その分コリアタウンが中心街まで侵食しつつあります。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

港区虎ノ門(3)、昭和の建築物など

IMG_4305

 愛宕一丁目の脇を登れば愛宕山トンネルの山の上、愛宕神社とNHK放送博物館があります。

IMG_4306

 都心とは思えないような崖の斜面に咲く桜も満開。

IMG_20140331_12465125

 愛宕山の西側、虎ノ門三丁目にも歯抜け状態の一帯があります。

IMG_20140331_124600757

 都心では珍しくなってしまった長屋造りの木造アパート。

IMG_20140401_091901386

 洒落た出窓もかなり古い造りです。

IMG_4309

 愛宕山を離れ、桜田通りを北へ歩いて行けば虎ノ門琴平神社。参道を跨ぐ形で高層ビルが建っています。そこまでするかと言った感じ。

IMG_4310

 さらに北へ歩くと霞ヶ関の官庁街に出ます。写真は震災復興庁舎の一つで昭和7年竣工の文化庁(旧・文部省)庁舎。建物内部の一般開放されている所だけでも撮影できないかと警備員さんに聞いて見ましたが、案の定撮影禁止だそうです。

IMG_4316

 霞ヶ関から外堀通りを右に向かえば新橋駅方面。途中、西新橋3丁目の路地裏にフォーク喫茶なるものを発見。古びた店内では松山千春のLPレコードがかけられており、この空間だけ時が止まっているような、とても落ち着けるお店でした。

IMG_20140326_123947496

 新橋の駅近くには2軒ほど古いビルが残っています。その一軒が上の写真の堀ビル。昭和7年竣工で、よく残ってるなと思ったら国の登録有形文化財に指定されているそうな。

IMG_20140326_124422967

 もう一棟、駅の近くをちょっと入った所に堤第一ビルがあります。こちらはなんと大正9年竣工。築94年て反則です。(笑)

※2016年7月現在、堤第一ビルは解体されてしました。

image

 左隣に建っていたビルも解体され、ともどもオープンを控えてました。

 汐溜や虎ノ門は再開発しまくってますが、新橋駅周辺はまだまだゴチャゴチャしております。そんな中、現在橋上駅舎らしきものを建設している模様。


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ