世田谷区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

【日記】池尻、西荻、日替わりで東奔西走。

 先週末小伝馬町で、月曜火曜は池尻大橋。昨日今日と久我山で、明日池袋の明後日小岩。と言った具合に、仕事先が定まらず日替わりであっちこっち行ってます。
 二年振りぐらいに池尻大橋行って見れば、以前工事が中止されたまま放置されていた半廃墟物件が、すっかり綺麗なマンションに完成されていたりして、街の景色も変わっていました。

IMG_20160201_125713652

 国道246号線の南側、池尻小中学校の手前の住宅街に、ライフセンターという長屋建築のマーケットが残っております。近くに団地などもあったため、かつては生鮮食料品から生活雑貨まで便利に揃っていたのでしょう。しかし現在では半分以上が廃業しております。

IMG_20160203_174006744

 一方こちらは、西荻窪駅前の飲み屋街。数店舗ある老舗人気店の焼き鳥『戎(えびす)』の看板が目立ちますが、一度じっくり飲み歩きたい良い雰囲気の街です。右手に写る煮込み『富士山』が非常に気になりますが、もうやってないみたいです。

IMG_20160204_174623336

 今回は通りすがりにチョイ撮りしたものでネタとしては不充分ですが、ネタが貯まったら改めて記事にします。

世田谷区下北沢(2)、鈴なり横丁

 以前下北沢食品市場を間違えて鈴なり横丁と紹介していました。そこで改めて調べ直して訪れてみると、本当に全然違いました。

IMG_0893

 鈴なり横丁は、元役者で現在本多劇場を経営する本多一夫氏が、アパートの二階を稽古場として改装し、昭和50年代中頃、劇場としてオープンさせた事を発祥とします。

IMG_0892

 現在は劇場『ザ・スズナリ』、『シアター711』の二軒があり、劇場を中止にバーなどの飲食店が軒を連ねております。平日の昼間にも関わらず、劇場の前には整理券を手にする人でごった返す盛況ぶり。

IMG_0895

 二階建ての建物は『コの字』になっており、正面から入れば数軒のバーが。非常階段などは後から付けられた物でしょうか。

IMG_0896

 建物の奥から外を見ます。本多劇場グループの本多一夫氏は飲食店なども経営する実業家で、決して儲からないと言われる劇場経営を続けられています。元々この場所に劇場が出来た事から役者を目指す若者や関係者たちが集まり、現在下北沢が演劇の街と言われるようになったとか。

IMG_0904

 建物の脇にも多くの飲食店が軒を連ねています。本多氏の経営するバーもあるのかも知れませんが、決して食えないと言われる劇団員や劇団経営を何らかの形で助けているのではと、ここは想像の域を出ない。

IMG_0901

 裏に回ると、なかなか雰囲気のある教会がありました。

IMG_0900

 こういった場所も、下北沢という街の雰囲気を形作っているのでしょう。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

世田谷区下北沢(1)、再開発で消えた下北沢食品市場の生き残り

 小田急の長年に渡る立体交差複々線事業の、最後の砦となった下北沢。土地買収の問題から最後まで地上複線だった区間も、やっと地下化までこぎつけました。小田急線ホームは地底深くにまで潜りましたが、地上駅舎はまだこれから工事と言った感じ。踏み切りが無くなった事で渋滞解消には繋がりましたが、高架線を走る京王井の頭線との乗り換えが不便になりました。

IMG_4165

 それはさておき、地上駅舎建て替えに伴い駅周辺の再開発も動き始めました。テレビに紹介されたりするような、いわゆるオシャレな若者の街というのは南口。古着屋さんや雑貨屋さんが建ち並び、小劇場やライブハウスなども多い。この南口界隈は地価も高いのか再開発の対象外です。

IMG_4163

 しかし井の頭線の改札口である北口には、かつて闇市発祥のマーケット、下北沢食品市場がありました。この食品市場の東側にある路地もまた闇市発祥でありますが、今回の再開発ではこの狭い横丁までもが消滅してしまうようです。

IMG_4139

 かつて北口の駅前にあった食品市場なるマーケット型の建造物は既に更地。

IMG_4141

 その更地の脇に、路地の入り口が残っております。

IMG_4147

 屋根付きの路地に入るとまだ営業中の店舗がいくつかありました。

IMG_4194

 その並びに頑張って営業を続けている飲み屋が二軒あります。

IMG_4145

 その内の一軒は昼間から営業。昼休みだと言うのに酔いどれオヤジでカウンター席が埋まってました。取り壊される前に、一度飲みに行きたいですが、消滅までのカウントダウンは既に始まっております。

IMG_4143

 この横丁はちょうど吉祥寺のハモニカ横丁を小さくしたような雰囲気で、若い経営者による若者向けの店なども多くあったようです。

IMG_4150

 右側は小田急の線路があった側で工事区画となっていますが、かつては右側にも店舗が並んでいたのかも知れません。

IMG_4164

 工事フェンス沿いに進むと、元々小田急線の踏み切りがあった側の入り口。

IMG_4152

 かなり古い和菓子屋さんですが、すでに閉店。

IMG_4159

 一部立ち退きが済んだ路地はすでに立ち入り禁止となっています。

IMG_4160

 屋根の老朽化が凄まじい。

IMG_4146

 この一画は全体的に見て九割近くの店が既に退去を終えゴーストタウンと化していました。


●2015年10月、再訪しました。

 およそ二年弱の月日が流れ、今どうなっているのか訪れてみました。

IMG_0884

 したらなんと、残っているではありませんか!

IMG_0886

 路地の屋根は工事用の単管で補強されているものの、乾物屋さんも八百屋さんも居酒屋さんも、元気に営業中であります。それどころか、以前無かったはずの、衣類と帽子を売る店が増えている。
 もしかして、揉めてる?

IMG_0887

 しかし立ち退きが済み立ち入り禁止となっていた路地は、ほぼ更地となっていました。

IMG_0890

 ポツンと残された和菓子屋さん跡も、解体を待つばかり。

 今回再訪してまず驚いたのは、二年近く経つというのに工事がほとんど進んでいないように見える事。確かに井の頭線の立体交差を跨いでいるので難しい工事である事は分かりますが、理由はそれだけではないようにも思えてしまいます。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。

■ 温泉リスト(PC版) ■
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ