杉並区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

世田谷区、杉並区、代田橋駅〜沖縄タウン

京王線代田橋駅があるのは世田谷区大原で、50mほど北を並行する甲州街道の向こう側は杉並区和泉になります。

IMG_4950

新宿に近いながらも各駅停車しか止まらない代田橋は、家賃相場的にも穴場で学生時代は同級生もアパートを借りていました。

IMG_4946

しかし駅前にはいきなり長屋造りの昭和なマーケットがあります。

IMG_4945

昭和24年頃に建ったと言うので闇市が発祥なのかも知れません。そんな長屋の一角に、昭和60年創業おでんと焼き鳥の店「きんせい」があります。

IMG_4967

吉田類氏が来ていたそうですが、そんな事は関係無く通いたい店がまた増えてしまいました。地元の常連さん方が集まる、私の好きな雰囲気のお店。新宿渋谷方面の仕事がある時は、わざわざ京王線に乗ってしまおうかしらなんて。(お客さんの顔は撮らないからと言いながら撮影許可いただきました)

IMG_4944

住みたい。引っ越して来たい街です。来年(令和2年)飲食店全面禁煙、ただし個人経営店には情状酌量の余地有りと言うじゃないですか。チェーン店居酒屋ぐらいしか無い川口から、個人経営のいい店がある街に引っ越さなければなりません。代田橋は候補地のひとつと言っていい。

IMG_4940

甲州街道を越えると杉並区和泉。商店街は沖縄出身者が多いということで沖縄タウンになります。町おこしのために、沖縄から空き店舗に誘致までしたそうです。

IMG_4938

沖縄タウンの真ん中左手にL字型をした昭和なマーケット、大都市場があります。北側入り口左手に立ち飲み屋さんがありますが、禁煙なのでスルー。

IMG_4937

光を取り入れるアーケードです。

IMG_4936

早い時間だったのでシャッターが目立ちますが、小売店が閉業した後に主に沖縄系の飲食店などが入っています。

IMG_4932

商店街側入り口脇にある立ち飲み屋「納戸」さん。どちらかと言うとバーのような雰囲気ですが、ここのコーヒー焼酎がとにかく美味い。

IMG_4963

宝焼酎に多めの豆を入れて一日だけ浸ける事により、雑味が無く香り引き立つ仕上がりとなるそうです。マスター曰く金宮よりも宝焼酎の方が癖が少なく合うとか。
新橋や神田でコーヒー焼酎を飲んで来ましたが、下北沢辺りなんかには特にコーヒー焼酎を作ってる店が多いそうです。奥が深い。

杉並区荻窪、北口銀座街~西郊ロッヂング~荻窪団地

 荻窪と言えば北口駅前右手にあった、昭和27年創業の焼き鳥『鳥もと』が昼間からやっている立ち飲み屋として有名でしたが、近年その場所が潰れて新店舗へと引っ越してしまいました。
 昭和の荻窪を象徴していたその店舗無き今、辛うじて雑然とした雰囲気を残しているのは北口銀座街の一画のみとなってしまった。
 元来杉並の高級住宅街である荻窪に於いては、昭和の路地裏を探すのも難しくなってしまいました。

画像 016

 北口銀座街。洒落たバーなどの新しい店も多い中、大衆食堂も辛うじて残っています。大衆食堂富士、富士ラーメン、大衆割烹ふじ、この三店舗は親族経営か何かか。

画像 018

 多少なりとも路地裏感は残っています。一時期荻窪と言えば荻窪ラーメンで名を馳せ、ラーメン激戦区としても有名でした。しかしそれも一時のブームか、ラーメン店はそれほど多く見掛けなくなってしまいました。ブームに乗じて創業しても長続きせず、結局は昔から地域に愛される老舗のラーメン屋だけが生き残っているように見受けられます。

IMG_1323

 荻窪駅南口を出て線路沿いを東にひたすら歩き、青梅街道と合流するちょい手前で一本奥の通りに入ったところに、建造物としてはマニアの間でも有名な、荻窪の西郊ロッヂングがあります。駅から五分もかからない。
 前々から行こう行こうと思いながら、なかなか機会もなく先送りしてましたが、行ってみたら、やっぱカッコいい建物です。金の文字が素晴らしい。手前はアパート、奥は割烹旅館となっております。

IMG_1327

 こちらは旅館側。このアパートに住んでる住人が羨ましいです。

画像 014

 駅から少し離れて荻窪団地。
 6年以上前、荻窪の住宅街の中の現場に仕事に行っていた時、このビジュアル的にそそられる団地を目にしていました。

画像 006

 先日『もやさま(TV)』でたまたまその建物が映り『まだ残ってたのか!』と言う衝撃と共に、向かい側で新築工事が進んでいるのを観て『じきに取り壊さられる』と言う危機感を感じ、記録として残さなければと言う衝動に駈られました。

画像 007

 写真は昭和33年竣工された公団住宅(現・UR)の単身住宅棟の共用廊下側であり、この無機質なデザインと『への字』の構造が得も言えぬ雰囲気を醸している。
 老朽化が激しく、所々割れた窓ガラスがベニヤで目貼りされており、痛々しくもある。

画像 008

 この建造物に対しビジュアル的に萌えるのは私だけか?ww
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ