目黒区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

品川区五反田(1)、東口の路地裏~池上線ガード下

 ポーラ化粧品や学研、レナウンなどの本社がある街。かつてはソニー本社もあり、大崎に向けて関連会社や本社工場などが軒を連ねるソニーのお膝元であったが、現在は品川方面へと移転。
 東口の台地に上れば旧武家屋敷跡地のセレブ街もあり、東口周辺には五反田有楽街という風俗地帯もある。特に五反田の風俗地帯はSM系が多いとの噂だ。また、東口から南の大崎にかけては工業地帯を潰した再開発進み、高層マンションが建ち並んでいる。西口は南北を横切る目黒川を中心に飲食店街とオフィス街が混在しているが、西口を北へ向かえばホテル街となる。
 渋谷や新宿などと比較すると、駅周辺だけで全てを賄っているコンパクトささえ感じられるが、悪い言い方をすればカオスである。

IMG_1395

 東口にある五反田有楽街。オフィスや飲食店などと混ざるようにして、多くの風俗店が点在している。このネオンの看板がまた古さを感じさせてくれる。

IMG_1366

 東口駅前バスターミナルの正面から狭い路地があり、すぐに目につくのがこの『フランス料理・グリルエフ』。つたの絡み方が半端ない。ちょっとならレトロで良い雰囲気も出るところだが、ここまで来るとお化け屋敷となる。

IMG_1368

 そしてお化け屋敷感を煽っているのが、この書体!
 なんでこんな叫び声のような書体にしたのか。

IMG_1369

 路地の出口にあるのがこの『カキガラビル』。丸窓が実に古さを感じさせる上に迫力もある。

IMG_1378

 一方西口へ回れば目黒川が流れる。川を渡るのは五反田~蒲田間を結ぶ品川区大田区の下町電車、東急池上線。

IMG_1383

 五反田駅周辺はなぜか鳩だらけである。

IMG_1385

 池上線五反田駅高架ホームの下には、かなりディープな匂いのする新東京会館という飲食店の入った雑居ビル(?)があったようですが、残念ながらすでに閉館。高架線橋脚の耐震補強や剛体架線化などの大改修が施工されるにあたり、ガード下は全て消滅してしまいます。

IMG_1388

IMG_1390

 新東京会館の脇に張り付くように建ち並ぶバラック飲食店。こちらもすでに立ち退きが終了したようです。

IMG_1399

 西口ホテル街にぽつんと建つ『ヘルス東京』。名前が大胆。
 ネオン管がや外壁の造りが昔のキャバレーを彷彿とさせます。

撮影・2010年4月

目黒区、東急目黒線沿線

 東急目黒線(旧・目蒲線)は地下鉄直通運転に伴い地下鉄化しましたが、昔は切り通しの多い路線でした。その名残か半地下状態の線区がちらほらあります。

IMG_1649

 地下化に伴い殆んどの駅が新しくなってますが、昔は今の池上線みたいな下町電車の雰囲気だったんだと思います。当時に訪れておきたかった。
 東急のこの目黒線沿線再開発は凄まじく、大井町線と交差する大岡山などは新築の駅ビルが東急病院。その脇には高齢者向け介護付き高級マンション(施主・東急グループ)。元々丘陵地帯であるためか高級住宅の多い『山の手』が殆んどでありますが、谷底や谷戸には『下町』も存在し、各駅の駅前には安い飲み屋街や商店街が充実しています。
 非常に住みやすい土地ですが、元々は目蒲線と言う不便な沿線だったためか開発が遅れていたようです。地下鉄南北線や三田線に直通乗り入れするようになり都心へのアクセスがダイレクトとなった今、電鉄による再開発が着々と進み古い街並みが少しずつ消えて行こうとしています。

IMG_1632

 大岡山の商店街の脇にこっそりと口を開ける路地。私道にしか見えず、すぐ行き止まりとなる袋小路は怪しさ抜群。そして右手には謎の道路標識。

IMG_1635

 路地の奥から商店街を見る。道路標識はなぜか一方通行。車通れませんから!

IMG_1638

 こちらは武蔵小山。駅から真っ直ぐ狭い路地に入れば、まずこの立ち飲み屋が目に入ります。

IMG_1644

 かなり広い範囲にスナック街が続いてます。道は狭く屋根は低い。小さな店が何軒も軒を連ねてます。

IMG_1647

 駅前には武蔵小山PALM商店街がありますが、とにかく長い。先が見えないくらいに。アーケードの先には中原街道が走りますが、その向こうには中延商店街や戸越銀座商店街などがあります。まさに商店街だらけ。

撮影・2010年6月
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。

■ 温泉リスト(PC版) ■
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ