渋谷区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

【日記】渋谷区代々木、バラック居酒屋

仕事でたまたま代々木へ。四年前に訪れた代々木会館はしぶとく残っています。

IMG_20190418_190337

一階の右側にあったラーメン屋は潰れ、現在は安さをウリにした居酒屋に。ちょっと惹かれましたが、店頭で外国人店員が客引きしてたので、なんかちょっと雰囲気違うかなと思ってスルー。

IMG_20190418_180321

そして路地裏に見つけました。どう見てもバラックな居酒屋「なぎ屋」さん。

20190417_181351_144

◯◯刺し、鳥皮などが美味い。生390円。割り物350円。18時までのハッピーアワーは割り物が180円!ここは通いでしょ。

IMG_4421

店内はカウンター以外の席がメゾネット。て言うかロフトのような造り。そのため鬼のように天井が低い。最近三軒茶屋で見つけたバラック飲み屋オオモリヤよりも低いかも知れない。

IMG_20190417_190429

また店内に流れる昭和ソング(80年代)が酒を進ませ、マスター始め店員さんたちの元気さもいい。何度か通って店の歴史についても聞いてみようと思います。

【日記】立ち飲み屋より新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

IMG_3557

と言うことで、新年早々仕事終わりの立ち飲み屋です。三軒茶屋の立ち飲み屋、その名も「たちのみや」さん。三軒茶屋に残る路地裏飲み屋街、あの三角地帯に期待通りの渋い立ち飲み屋さんがありました。

IMG_3552

生350円、サワー系300円~、小皿料理300円~。地価の高い東急沿線、しかも三茶にしてはなかなかリーズナブル。
立ち飲みと名乗りながらも8割が椅子席で、なかなか意表を突いてきます。店内は地元の常連さん方が集まる賑やかな店で、好きな雰囲気。一発に気に入ってしまいました。三茶の仕事帰りに通おうかと思います。

IMG_3559

二杯飲んで渋谷で乗り換え 。年末訪れた渋谷桜丘町に立ち寄ってみました。

IMG_3560

一帯の道路は一昨日から全面封鎖。いよいよ工事が始まるようです。ひとつの街を丸ごと潰すので、さぞ大規模な解体工事となることでしょう。

IMG_3562

多摩川通りから入る通り。柵の上から撮りました。元々、三軒茶屋の帰りはこの通りの右手地下に有った立ち飲み「富士見屋」に通えると思っていたのですが、この通りゴーストタウンとなってしまいました。

今年は神田ガード下も消えてしまうでしょうし、新橋駅前ビルも再開発の計画が発表されたとか。行きつけの昭和な飲み屋が次々と消えて行ってしまいます。
新年早々暗い話になってしまいましたが、今年も酒場的新天地を開拓して行こうと思います。もちろん廃墟や温泉も。

渋谷区渋谷(4)、再開発で消える桜丘町地区

モヤイ像と東急バスターミナルのある渋谷駅桜丘口。駅を出て左手、国道246号線と首都高の高架の向こう側にある桜丘町の一部地域が、再開発に伴いごっそり消滅します。

IMG_3477

線路の上の高層ビルなど、渋谷駅の再開発は着々と進んでいます。

IMG_3476


IMG_3482

範囲は246号沿いのビルから恵比寿方面の線路沿い一帯。

IMG_3485

全ての店舗やオフィスなどがすでに引っ越し、または閉店を済ませています。

IMG_3532

坂の上は高級住宅街でデザイン系の事務所なども多く、かつてこの界隈の街も多くの人通りで賑わっていました。

IMG_3529

この地区の再開発を知ったのは先日、仕事帰り久々に立ち飲みの富士見屋に寄って行こうと訪れた際、街が真っ暗になっていて驚いた次第。あの地下1階に広がる昭和な店にもう行けないと思うと悲しいです。

IMG_3520

このビルのアートスポーツなどは自転車やってた頃よく通っていました。

IMG_3526

また、ここから線路沿いに続く狭い道路は代官山方面への抜け道で、タクシー がよく通り過ぎます。

IMG_3489

街の奥へ進むと、昭和な街並みが広がっています。

IMG_3491

恵比寿方面に向かって線路沿いから一本右手の通り。この道路も廃道となります。

IMG_3493

奥に写っている線路沿いのビルたちも全て解体。

IMG_3498

年明けの1月7日以降はこの一帯全てが立ち入り禁止となってしまいます。

IMG_3505

そう、ここです。ジュネス順心。知り合いから存在を聞いていながら、訪問を先延ばしにしている内に閉館のニュースを聞き、悔しい思いをした古い木造アパート。

IMG_3509

築80年の戦前建築で、一部では有名な物件。残念ながらネズミ駆除に伴い近くまで入ることが出来ませんでした。

IMG_3500

撮影していると、なにやらカメラを持った集団がゾロゾロと。街並み撮影会の集まりか何かでしょうか。

IMG_3501

やめてくれよ!ネタがカブりまくっちゃうじゃないか!などと思いながら一人に話し掛けてみたところ、集団とは関係ない方でした。立場的には私と一緒で、同じ思いだったかも知れない。思わずインスタでフォローし合ってしまいました。

IMG_3513

立派なマンションも全て退去済み。まさにゴーストタウンと化しています。

IMG_3512

線路沿いに出ました。もちろんこの道路も廃道となります。

IMG_3517

埼京線のホームからよく見えていた街並み。

IMG_3519

ひとつの歴史が幕を下ろしました。

渋谷区渋谷(3)、宮下公園(改訂版)

※以前書いた記事に先日の日記を加筆しました。

⬜2016.10/29

 再開発の進む渋谷駅を東口に出て明治通りを北に。線路沿いに生き残るバラック飲み屋街呑んべえ横丁を越えた先の線路伝いに、長細い宮下公園があります。

image

 この公園にはかつて多くのホームレスが住み着いておりました。しかし2010年9月、区はナイキに命名権を売却し、公園の改修工事を名目に公園内のホームレスを一掃しました。しかし翌年の4月、ホームレスの支援団体などが強制排除は不当として区を相手に裁判を起こし揉めていたそうです。現在では夜間施錠するなどして、公園内に住み着けないよう対処しています。さらにナイキは有料の運動施設を公園内に整備しながらも、市民の反対を受けてナイキパークという名前を結局付けられずに終わってしまいます。

image

 しかしホームレス達は公園とその裏のバイク用コインパーキングとの間の空白地帯に住むようになります。公園の下は駐車場、植え込みとバイク置き場の下は暗渠化された渋谷川が流れています。

image

 区によっては対応策としてアパートに住めるよう支援したり簡易宿泊施設を紹介したりしているようですが、渋谷区がその辺の対応を上手く行なえなかったため、話がこじれて行ったそうです。

⬜2017.3/27

DSC_0048

 宮下公園の周辺には警察官が集まってものものしい雰囲気。どうやら宮下公園がいよいよ再開発されるようで、仮囲いが組まれ始めていました。叫んでいたのは市民団体の方々。

DSC_0046

 警備会社の方々でしょうか、各々マスクとヘルメットで顔を隠し防壁を作って、支援団体と浮浪者たちに対峙しております。しかし市民団体と浮浪者たちはごく少数。圧倒的に警備員や警察官の方が多いです。
 問題は公園に居着いていた浮浪者たちを開発の名のもとに強制排除するという点で、いわゆる人権団体が抗議している訳です。しかしそのデモはあまりにショボく、なんだかなぁって感じです。弱者に味方し国家権力に対抗する、そんな大義に酔いしれている、金と暇をもて余す、なんて毒を吐いちゃぁいけませんね。

⬜2017.3/29

IMG_20170329_121243

 仮囲いは滞りなく組み上がり、日常的な渋谷の街へと戻りました。

IMG_20170329_121713

 かつてブルーシートハウスが建ち並んでいた一帯も仮囲いで封鎖されました。

IMG_20170329_121821

 浮浪者の人権がどうのと言う声もありますが、ここ宮下町の町会と商工会にしてみれば、異臭やアルミ缶を潰す音などで甚だ迷惑を被っており、区に対しては再三に渡り再開発の早期実現を訴えていたそうです。地元の地域住民と不法占拠住民との争い。しかしそれはあまりに呆気なく幕を引きました。

IMG_20170329_121912

 しかしふと、仮囲いの一部アクリル板の部分を覗いて見ると、なんとブルーシートハウスはそのまま残っていました。まぁ固定資産税払ってない訳だから固有の資産じゃないし。

渋谷区代々木~原宿、消えそうで消えない代々木会館と皇室専用ホーム

JR代々木駅を降りてすぐ。知る人ぞ知る雑居ビルが、廃墟同然のまま時間が止まってしまったように佇んでおります。

IMG_0404

それがこの代々木会館です。この建物は昔、東京DEEP案内というサイトで知って以来、いつか訪れてみようとずっと思い続けてました。なんでも74年~のドラマ『傷だらけの天使』のロケ地として有名だそうです。あまりに古すぎるため『俺達は天使だ』や『探偵物語』などと記憶が混同してしまいますが、あの時代のあの感じの雰囲気は大好き。

IMG_0410

一階入り口には二階飲食店街の看板が掲げられていますが、実は二階飲食店街などとうの昔に消滅しております。ビル内へのアプローチはここだけのようなのですが、ビル三階に唯一居座っている中国書籍店の入り口のようになっています。これは恐らくですが、私のようなマニアックな人間が頻繁に入って来るものだから、本屋に用のない者入るべからずとアピールしているのではないでしょうか。

IMG_0411

踊り場には再び存在しない飲食店街の看板。この建物は放置が基本となっています。ちなみに一階の通り沿いにあるパチンコ屋の看板も、入り口左の鰻屋の看板も、店はとっくに潰れてます。

IMG_0412

階段を昇ると二階から四階までの階段並びに踊場が、三階の中国書籍店の在庫置き場と化しています。もうこのビル内に残っているのは一軒なのだからいいじゃない、という事でしょうか。ちなみゆ三階以外は全て防火扉が施錠されており共用廊下には入れなくなっています。ただ、二階の防火扉は鍵が壊された形跡があり、誰かがこじ開けて不法侵入したのかも知れません。

IMG_0406

建物脇一階部分の端に、もう一軒居座っている店があります。現在はラーメン屋ですが、一年前書かれたよそのブログでは蕎麦屋になっており、四年前の時点では居酒屋だったとか。

IMG_0408

 建物脇にもとっくに潰れた店の看板が放置されています。この建物を訪れた後この物件について色々ググってみたのですが、少なくともここ五年間、ラーメン屋以外は全く景色が変わっていない事に驚かされました。また、みんな撮る場所が一緒。(笑)
 五年ほど前に解体の話もあったそうですが、権利関係が複雑で結局放置だとか。

IMG_0407

ただ私は、建物脇を入った所の楕円形の穴にも興味が湧き、近づいてみました。するとそこは、丁度代々木駅一番線ホームの真下にあたる部分でした。今ではビルの裏側になりますが、かつてはこの穴を眺める路地があったのかも知れません。
さて、代々木もこのビル以外ネタが無さそうなので、隣の原宿へ向かいます。

IMG_0414

JR山手線原宿駅ホームの先端から見える原宿駅皇室専用ホーム。ずっと昔から無くならない内に撮らなければと思いながらも、いつでも撮れるやと早十年。いまだ無くなる気配などありません。

IMG_0399

 入り口の外観。完成は大正14年で簡素な木造施設は当時のままです。

IMG_0402

平成に入り今上天皇の時代になると東京駅を利用することがもっぱらとなり、また埼京線や湘南新宿ラインの過密ダイヤの影響もあり、2001年(平成13年)5月21日を最後に使われなくなっています。しかし宮内庁がこの施設について情報を公開していないため、いつまでこのままの状態が続くのかは不明であります。

追記 2019年4月再訪

四年前に訪れた代々木会館はしぶとく残っていました。

IMG_20190418_190337

一階の右側にあったラーメン屋は潰れ、現在は安さをウリにした居酒屋に。ちょっと惹かれましたが、店頭で外国人店員が客引きしてたので、なんかちょっと雰囲気違うかなと思ってスルー。

IMG_20190418_180321

そして路地裏に見つけました。どう見てもバラックな居酒屋「なぎ屋」さん。

20190417_181351_144

◯◯刺し、鳥皮などが美味い。生390円。割り物350円。18時までのハッピーアワーは割り物が180円!ここは通いでしょ。

IMG_4421

店内はカウンター以外の席がメゾネット。て言うかロフトのような造り。そのため鬼のように天井が低い。最近三軒茶屋で見つけたバラック飲み屋オオモリヤよりも低いかも知れない。

IMG_20190417_190429

また店内に流れる昭和ソング(80年代)が酒を進ませ、マスター始め店員さんたちの元気さもいい。何度か通って店の歴史についても聞いてみようと思います。



にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ