新宿区

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

      ⬜ 鰻田ニョロの小説部屋 ⬜

【日記】新宿三丁目のチェーン店系立ち飲み屋

やっと仕事が落ち着き始めました。夏からずっと忙しく、ここのところ全然更新もできないまま気付けばすっかり寒くなってしまった。と言うことで、そろそろまた旅をしたいと思い、九州までの航空券をネット予約してしまいました。来月、杖立温泉とその周辺に行ってまいります。

IMG_1227

朝は変わらず新宿駅南口から二丁目を抜けて六丁目へ。二丁目界隈も明るい時間に改めて歩けば、こんな渋いスナックビルも残っています。もちろん中身はゲイバー系ですが。しかし右隣のビルにはSMバーが入っていたりと、必ずしも男同士とは限りません。まぁ、いずれにしても普通の店はありませんがwwwww

IMG_1229

新宿一丁目の銀だこにも飽きて三丁目も覗いてみます。この日本再生酒場はひと昔前の立ち飲み屋ブームの火付け役となったと言われる小規模(10店舗)チェーン店系立ち飲み屋です。外観、内装ともに「あえて」昭和な感じを演出すると言う、作られた古さ。

IMG_1224

基本このような店は避けるのですが、たまたまフラッと入って見たところ美味い!店員さんたちの雰囲気も悪くないし、飲み屋としては決して悪くなかったです。ただ、唯一苦言を呈するとすれば、お通し代取られて生、緑茶ハイ、レバー2本、煮込み、これだけで1900円代。やはり三丁目価格でした。

IMG_1230

翌日、初台の近くに用事があり、新宿駅に歩いて帰る途中立ち寄った日本再生酒場西新宿店。こちらもフラッと立ち寄るにはちょうどいい雰囲気でした。ホルモン系の種類が豊富で、焼き加減なども良い。

そんなわけで、次回よりマトモな記事を書きます。

【日記】軍艦マンション〜新宿立ち飲み屋探し

お盆期間中は横須賀に通ってましたが、現在また新宿勤務が続いてます。朝は新宿駅のバスタ側の改札から二丁目を抜けて現場に行ってます。

IMG_1163

新宿二丁目もたまに飲みに行ってますが、未だに街並みをちゃんと撮ってはいません。旧赤線時代の名残は全く無くなってますが、一度じっくり撮影しないと、とも思っています。飲みに行ってる時は、すっかり出来上がって終電も終わって、行き着く先が二丁目だったりするので、撮影どころじゃないってのが常。

IMG_0666

帰りがけ散歩がてら新大久保方面に歩いていると、職安通り沿いに軍艦マンションを発見。

IMG_0668

軍艦マンションという名前は耳にしていたものの、何処に建ってどんな姿をしているのか、昔大久保に住んでいながら全く知りませんでした。見つけたのは本当に偶然。

IMG_0671

このマンションは以前、第3スカイビル(鉄のマンション)と名付けられていた渡邊洋治氏の設計による建物で、1970年竣工の地上14階、地下1階建ての、俗に軍艦マンションと呼ばれていた共同住宅です。現在ではオーナーが変わり、2011年4月より、オフィス・シェアオフィス・シェアハウスの賃貸物件「GUNKAN東新宿ビル」としてリニューアルオープンしました。(参照・Wikipedia)

IMG_1180

ともあれ、夏は仕事終わりの生ビールが欠かせない。けれど東新宿駅近くの山根商店は、二人で行けばエアコンの効いた店内で飲めますが一人だと暑いカウンターに回されてしまう。美味いから通いたいんですけどね。

IMG_1191

と言うことで最近は、新宿御苑前駅の商店街にある銀だこで済ます事が多くなってます(たこ焼きも美味いが串カツも何気に美味い)。チェーン店は避けたいところですが、6時までなら生300円ハイボール200と安い上に、エアコン効いてるし居酒屋メニュー豊富だし、座れるのにチャージ掛からない上、一杯だけで店出ても白い目で見られないし。渋谷のプロントもそうでしたが、結局遠くの立ち飲みより近くのチェーン店が楽。
そんな訳で現在、新宿でもっと通いたくなる立ち飲み屋は無いものかとウロウロしています。

IMG_1154

西新宿、小滝橋通りの西側は以前、チェーン店の天狗と数軒のスナックぐらいしかないような、住宅と倉庫ぐらいしかない街でした。しかし久々に歩いてみると、すっかり飲み屋街になってたので驚き。しかも立ち飲み屋までありました。

IMG_1153

おおの屋さん。若いスタッフが元気よく営業している、比較的入り易いお店です。焼き鳥がメインで作り置きのおつまみは冷蔵庫から勝手に取り出すシステム。値段はまぁ普通と言ったところでしょうか。

IMG_1165

こちらは新宿三丁目に最近できた立ち飲み屋いっぷくさん。三丁目で飲む時はいつも寄っていた右手角のタバコ屋さんが潰れていたのはショック。

IMG_1168

値段は三丁目価格。新宿三丁目って基本的には安くないんです。末広亭並びの呑者家は特別として。

IMG_1160

でも結局、新宿を諦めて新橋に行ってしまったり。こちらは新橋駅前ビル二号館地下の「蘭蘭」。

IMG_1161

そして最終的には新橋駅前ビル一号館地下の「南」に落ち着く。新宿関係なくなっちゃったよ!

追記。新宿6丁目界隈には、かつて小規模な商店街が住宅街の中に混在していました。その名残で個人商店がポツポツと残っています。

IMG_1188

そんな個人商店のひとつである洋食屋さん『サバナ』に最近よく行ってます。

IMG_1185

日替わりランチ700円。ドライカレーにハンバーグをトッピングしたもの。

IMG_1184

メニューはピラフ、カレー、スパゲッティが中心。気になるのが日本風スパゲッティ。和風パスタでは無く日本風スパゲッティなのです!wwww

新宿区新宿六丁目、路面電車の跡を歩く

1970年に廃止された東京都電車(旧・東京市電車)角筈線の跡を歩いてみました。

IMG_0549

スタートは歌舞伎町、ピカデリー前にあった角筈駅から。いきなり靖国通りから左に折れます。

IMG_0550

線路は新宿ゴールデン街の脇を掠めて明治通りへ。昔ゴールデン街のママから都電が走っていたと聞いていた遊歩道は、S字を描いて走ります。

IMG_0551

ただ、角筈駅から新田裏(日清食品本社前)までのこの区間、1948年の時点で大久保車庫行きの回送専用線となりました。本線は靖国通りを直進して明治通りとの交差点である四谷三光町駅を迂回して行きます。

IMG_0561

線路は明治通りを渡り日清食品本社の建つ新田裏へ。東大久保駅へと入って行きます。

IMG_0553

現在の新宿6丁目となりますが、現在では地下鉄東新宿駅直結の高層マンション、コンフォーリア新宿イーストサイドタワーが聳え立っています。

IMG_0547

その目の前に、なんと立ち飲み屋が。山根商店さん。元々はホルモンの仕入れ販売をしていたお店お肉屋で、ショーケースが残っていたりします。しかしこんな住宅街の奥にまさか立ち飲みがあるなんて驚きでした。5時台から開いてますが、6時前後には満員になる知る人ぞ知る人気店。

IMG_0546

母親と息子さんでしょうか、二人で切り盛りしてらしゃるお店は串一本110円となかなか安く毎日大盛況です。お母さんは6時頃に登場してまずネギを刻み、その後焼き場を担当されます。これがギリギリ焼き過ぎないくらいの絶妙な焼き加減で最高に美味い。ちなみに奥のテレビ前の椅子はお父さん(?)専用の席で、引退されたのか毎日のように飲んでます。

IMG_0532

新宿5丁目から6丁目に移るあたりですが、微妙に商店街が有ったりもします。右手の路地に入って行ったところに建つこちらの建物は元飲食店なのか凝った軒先。奥は料理屋っぽくも見えます。

IMG_0533

こちらは集会所でしょうか、東一とは旧町名の東大久保一丁目を指すと思われます。

IMG_0541

医大通りの先は新宿5丁目の微妙な飲み屋街が続き、靖国通りを越えたら新宿2丁目。この界隈にもホモバーなどが密かに有ったりもします。

IMG_0559

大久保車庫の跡地に建った新宿文化センターを右手に見ながら進むと、道は不自然の一車線一通道路となります。

IMG_0558

このS字カーブも軌道の痕跡を色濃く残した盛り土が続きます。

IMG_0557

車道と歩道の段差の不自然さがいかにもな感じ。やがて廃線跡は職安通りに合流して行きます。

IMG_0556

職安通りの向こう側には銭湯も。この辺りには未だにボロアパートなどが多く残っています。

おまけ

FH000017

都電が荒川線を残して全廃になる以前に走っていた車両です。写真は2005年当時、都電荒川車庫の片隅で朽ちかけていたところを特別に入らせて頂き撮影したもの。行き先表示板は品川行きとなっています。

CBDACEB1-517F-426F-ADD1-4819C912A5FA

反対側は銀座行き。この車両は現在綺麗に化粧直しして荒川車庫駅にて一般公開されています。

FH000019

もう一両荒川車庫に残されていますが、こちらは青いラインが入っているので荒川線で活躍していた車両。1980年代後半、高校生だった私は荒川線で現役時代の姿を撮影した覚えがあります。これらの車両が角筈線を走っていたかどうかは定かではありません。

新宿区霞ヶ丘、都営霞ヶ丘アパートと外苑マーケット

 外苑マーケットはいつか行こう行こうと思っていながらすっかり忘れておりましたが、先日『香ばしい町並みブログ』様の記事を読んだところオリンピック施設建設工事のため近々消えてしまうと知り、これは今撮っておかなければと思い行って参りました。

IMG_1331

 千駄ヶ谷駅の南側、1964年の東京オリンピックで開会式も行われた国立霞ヶ丘競技場跡地。新国立競技場のデザイン白紙撤回で更地のままでしたが、今月二つのデザイン案も揃いいよいよ着工も間近。

IMG_1334

 新国立競技場の予定地は、その国立競技場跡地の南に隣接する都営霞ヶ丘アパートにまで及んでいます。この霞ヶ丘アパート、主に1964年の東京オリンピック敷地確保の際に退去させられた人々が入居して来たそうで完成は1961年。もう築50年以上という古さです。

IMG_1337

 しかし現在住まれている住人も新国立競技場の建設に伴い来年、2016年1月には退去させられるそうです。しかしこの都営アパートの住民も他の団地同様に高齢化が進み、空き部屋も目立つようになっております。

IMG_1347

 10棟ある霞ヶ丘アパートの南端には、一階が店舗となっている6号棟があります。JR千駄ヶ谷駅、原宿駅、地下鉄銀座線外苑前駅、表参道駅、どの駅からも離れている都心の僻地だったため、商業施設が必要とされました。(千駄ヶ谷の手前には都営大江戸線の国立競技場前駅が開業しています)

IMG_1344

 開業当時のままと思われる外苑マーケットの看板。かつては都営アパートや近隣住人たちの生活を支える商店街でした。

IMG_1345

 東側から入ると来年1月末に閉められるタバコ屋さん、一番奥には今年いっぱいで閉店される八百屋さん、その他の店舗はすでに閉店されていました。

IMG_1341

 西側の出入り口には八百屋さんのご挨拶が。前回の東京オリンピックから現在までのおよそ50年、昭和の高度成長期を生きてきた八百屋さんが、その歴史を閉じようとしています。

IMG_20151219_114542912

 山手線の内側にはこのような都心の僻地が多く残っていますが、2020年のオリンピックで街はその姿を大きく変えようとしています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村

新宿区新宿歌舞伎町(2)、裏の歌舞伎町

 歌舞伎町は風俗店の深夜営業が規制されたり、コマ劇場周辺が再開発されたりと、昔の不夜城と言ったイメージからはすっかり変わってしまいましたが、20代の頃大久保に住んでいた自分としては地元感覚が強い分、敢えて写真を撮ろうという気にはなりませんでした。今思うと歌舞伎町こそ記録しておくべきだったと後悔しております。

IMG_0299

 歌舞伎町一番街を入り左手すぐのビルの一階。これほど目立つ場所にありながら全く気付きませんでした。もっとも新宿界隈で飲んでいたのは十数年前までで、当時立ち飲み屋などには全く興味も無かったし、この立ち飲み屋「龍馬」さんもオープンして12年目だそうなので。

IMG_0298

 串カツ屋さんなのですが、生390円、割り物(大五郎使用)300円、野菜系の串は90円、肉魚系の串は120円と、最高の立地にしては非常に良心的なお値段。

DSC_0011

 歌舞伎町も変わってしまい馴染みの店も消えてしまい、そんな中変わらず営業を続けている一軒のもつ焼き屋に入ってみました。創業40年というから私が上京するずっと前から歌舞伎町のど真ん中で営業していたのですが、意外と今の今まで入った事が無かった。

DSC_0012

 もつ焼きカミヤ。10人ほど座れるカウンターと二人掛けのテーブルが幾つかの店内は大盛況。生と焼き鳥を注文しましたが、焼き鳥の注文は5本単位。しかし5本350円と安いです。

DSC_0019

 歌舞伎町のストリップ劇場は健在。ただ、ここは確か昭和の下品なストリップではなく、一流ダンサーによるショータイム的な物だったと思いました。

IMG_20151117_233352829

 新宿某所。以前より噂を耳にしていた中島みゆき専門バーに行って来ました。歌舞伎町の奥に建つ雑居ビルの一角に、その店はありました。かなり見つけ辛い上、会員制のバーになります。

20151117_214935_840

 店にはずっと中島みゆきの曲が流されています。静かで落ち着きのあるお店で、新橋のフォーク喫茶などを思い出します。
 年齢層は40~50代の中島みゆき世代ばかりでなく、30代までと幅広く、8人座ればいっぱいのカウンターと小さなテーブルがひとつだけの小ぢんまりとした店内は常に満席。中には有楽町国際フォーラムでやっていたという中島みゆきのライブ帰りの方もいらっしゃいました。
 何を隠そう書く言う私もミユキストでした。高校時代は毎週オールナイトニッポンも聴いており、隣に座る常連さんと昔話に花が咲きました。帰り際、私の中での『エンディング』である『歌姫』をリクエストしてかけてもらい、店を後にしました。
 懐かしい。機会があればまた通いたくなるお店です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ