東京都

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

港区芝、芝浦及び芝神明の三業地跡他

連日の猛暑日が少し落ち着いたところで、暇も出来たし久々に都内を散歩して見ました。

2E8716A2-930C-41B6-97CD-77C5B5AFACA3

スタート地点は三田、慶應義塾大学より。慶應義塾大学塾監局。震災後の1926年竣工。

850D73A3-B0E7-4951-B23A-D1311F1C4A6B

慶應義塾の前の大通りを東京タワーに向かって歩き、芝三丁目辺りで右手に春日旅館があります。

AC59F648-3773-4246-8D9D-0ED27FE9593E

この裏口が渋い。開業は明治44年。建物は大空襲で焼失しましたが戦後に再建。

CEC2C4F5-A3D5-457B-BC6D-433FD6DCBBB1

出張で来られるビジネスマンや慶應義塾に関係する人々が利用されているそうです。

FB61100C-35F0-4532-A26A-F3AF51D40851

その裏手にある伊藤酒店。ここは角打ちもやっているようです。また遅い時間にでも飲みに来たい。

0C2FDC50-A477-4DF2-A14E-C045C402AF23

この芝三丁目界隈は開発の手が及んでなく、古い建物が意外と多く残っています。

CB51244A-7E64-43DB-A965-5CDEE7928EB1

さて、JR田町駅を越えて芝浦方面へ。かつての花街だった芝浦一丁目界隈に唯一現存する見番跡、旧協労会館。

IMG_3285

実は2018年11月に訪れた際、改修工事中でショックを受けた物件です。一度骨組みだけにして、建物全体をリフトアップし、基礎を作り直したそうです。その際、8メートルほど手前に動かしたとか。とんでもない大工事です。

B5168A13-E386-44E6-A89D-9BD94D0AB600

現在、改修工事も完了し、港区立伝統文化交流館として無料で公開されています。この建物は昭和11年に芝浦花柳界の見番として建設され、戦後は港湾労働者宿泊所の協労会館として利用されました。しかし1999年、両隣の棟が火事で焼失し、以来ネットで覆われ立ち入り禁止となっていたそうです。

30402D97-D584-415D-93B7-256660B4ADD2

館内では芝浦花街の歴史に関する貴重な資料が数多く展示されています。

FD2B8A60-9837-4268-91EC-BE0D647F6BFD

展示物は撮影禁止ですが建物はいくら撮影してもいいとの事。

74655099-FAF2-40F9-A6BC-6703BA0EA969

一階は展示室。二階にも上がれます。2009年に東京都から港区へ譲渡され、その際港区指定有形文化財に指定されますが暫く放置。文化財指定したために壊すに壊せず、その間周辺はみるみる再開発が進み、厄介者として取り残されていた状態でした。

5C5B6A2D-053F-4D55-8E4A-C49765579C9B

二階は見番だった頃の芸妓さんたちの稽古場。

EBFB6B59-7334-47BB-9506-8C349743C6BF

舞台は当時のまま。芝浦の花街は明治35年頃から発展し、大正9年には埋め立てによって出来た現在の位置に移転。当時は料亭65軒、置き屋55軒、芸妓175名が居たそうです。

889944DB-9879-4422-AFEB-204BEFF63A35

しかし戦後衰退して行き昭和38年には三業組合が解散。現在ではこの見番跡以外、当時の面影を感じさせる物は一切ありません。

FE31DE4A-BF3F-4954-9EDE-349BE50B9444


36E0679B-A097-48E4-A2FF-98875FE147FB

何が凄いって、使える材料は極力使い、腐った材料のみを新たに造り直している事。

552A0331-DD3A-4946-8F31-D107129C47EA

腐った柱だか梁だかが残されています。この建物の再建には細部に渡って多くの職人技が使われています。その意匠を見るだけでも充分見応えがありました。

B9BD73AA-1F74-4AB1-BA73-A89F005882E0

さて、再び線路を越えて内陸側へ抜け、北上して行きます。途中、屋形船の船溜りが首都高の下に残っています。

4665DF10-122F-4C0A-9009-33CC322C36EB

お隣、浜松町駅から増上寺方面へ。途中右手に入ったところに芝大神宮がありますが、その鳥居前の右手に芝神明という花街がありました。

393AA44A-C3CD-4017-B0F6-FC56696A0C96

この界隈は大正末期から昭和初期が最盛期だったそうです。

F51C0BC8-D495-4A52-A1E7-BBB4947E6473

この建物も「コ」の字型になっており、敷地面積は広いです。

08B4694F-514C-48C6-B1D2-B042744E9BBB

この建物が見番跡ではないかと言われています。芝浦見番を見て来た後だと、この有り様はどうかと思う。

E2AD9027-5F2D-4BB5-8D86-BD65340DB124

かつては料亭や待合が約40軒ほど。芸者は120名ほど居たそうです。

07CB586B-D3E9-4CDE-8E7F-7EDD86E749AE

その面影を残すのも数軒のみ。周辺は再開発が進み、逆によくぞ残っていると思います。

5BE06FCA-63E0-48FD-B4D6-08DDC2BB8E95

最後は新橋まで歩きました。JRの変電所が開発された街とエグいコントラスト。大正時代の建物との情報はありますが、詳細は不明。

【日記】外出自粛なので小ネタを少々(近況)

と、言いながらも四月中旬に伊豆や能登へ行って来たし、仕事は概ね動いているんですがね。横浜なんかは普通に飲み屋とかやってるし。
ともかくも新橋駅前ビル地下1階は半数以上が5月いっぱい休業。SL広場奥の野焼は営業再開。神田小路周辺は立ち飲みと寿司屋のみ営業再開で、フジクラや佐々文は17日まで休業。ここのところ14連休なので偵察して来ました。来月と再来月の収入が怖い。
それはそうと、地方の寂れた温泉街はどうなっているのか、とても心配です。私の実家も箱根で観光産業に関わっており、両親もバイトを解雇され年金しか無い状態。しばらく私も遠出の旅行は経済的に自粛です。

先日友人がやっている代官山のバーに立ち寄ったんですが、店に行く前に銭湯へ。

1D9815B0-82EE-4F3F-87AF-4C158BC2CB50

山手線沿い、かつて東急東横線が走ってた辺りにある銭湯、さかえ湯さん。入り口を軽自動車が塞いでます。この車で燃料となる廃材などを運んで来ているとか。

8DC85098-EA94-4CD2-B3E2-433A543A1DC5

アプローチが渋過ぎます。古いマンションの1階、中に入ると玄関が。中はカラン18箇所と、なかなかの広さ。広い湯船にゆったり浸かりました。

087BE754-2930-4C94-85CE-9CB62B0B56A3

ところ変わって大田区、京急立会川駅の商店街。

83A268AF-4DFB-4D8B-BFB5-1B3393D727A7

屋根が可動式のアーケード商店街。店は閉まり人通りも少なく暗い雰囲気。コロナが落ち着いたら大衆酒場巡りでもしてみたいですね。

C6904E2A-35A3-4B8E-8877-7AA06926DAE1

アーケードの外側、立会川からの外観。なかなか渋い。

6585511C-A3C7-4924-BF3C-7B8AD1CB3FBF

こちらは横浜の現場に通勤する途中に撮った東急東横線の架線跡。いつまで残っているのでしょうか。
しばらくは遠出もせず大人しくしてます。夏頃、せめて秋頃までにコロナ騒動が収束してくれれば、またどこかへ行きたいですね。

千代田区神田(5)、消えゆく神田小路

先日2020年14日をもって、神田ガード下飲食店街である神田小路の多くの店が閉店しました。これは山手線、京浜東北線、中央線、及び神田駅プラットホーム東京寄り端部の耐震補強工事に伴う、立ち退きによります。
この界隈は約1年9ヶ月通い続けていました。以前の記事はこちら
当初は2018年いっぱいで全て消えてしまうという話が持ち上がりました。しかし移転の準備期間が無さすぎるとの声が上がり、地権が千代田区であるためもあってか2020年秋頃まで先延ばしに。ちなみに東京駅寄りにあった今川小路は地権がJRにあったため、容赦無く退去させられたそうです。移転先の紹介はありますがJRの土地のため家賃が高いとか。

IMG_1169

神田駅そのものは大正時代に開設されましたが、開業当時ガード下には何もありませんでした。その後この高架線は関東大震災や東京大空襲などを生き抜き、現在に至っています。ガード下に飲食店が建ち始めたのは、東京駅寄りの今川小路が昭和26年頃との事なので、恐らく同時期であると思われます。戦後は一時期青線地帯だった時期もあるそうですが、詳細は不明。

IMG_3106

南口西側、左手の扉を開ければアーチ構造の壁。手間の翠さんは2月で閉店しました。

IMG_3109

その奥の「かえる」さんは3月14日に閉店。ここもちょくちょく通いました。ママさんはご高齢のため、このまま引退されるそうです。
【訃報】
2020年8月28日、かえるのママさんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

IMG_1176

神田小路は二階建てなのですが、今はどこも使われていません。ただ東面の立ち飲み「やったるで〜」さんや「次郎寿司」さんの二階はカラオケ屋さんとして使われています。(過去記事参照)

IMG_3103

右手の扉を開けたところ。右手前の「歩」さんはもう少し続けるそうですが、退去後は東面南側に移転先を決めているそうです。左手の手前1件目は随分前に閉店した模様。2件目の「大安」さんは3月13日に閉店。

IMG_3123

大安さんの奥にあるのがバーの「2nd」さん。大家が大安さんのため、大安の閉店に伴いこちらも3月14日をもって閉店。今後は知り合いの店を手伝いながら先の事を考えるそうです。

IMG_3112

最後に佐々文さん。ここは週1〜2回ペースで通い続けていた、私の中では一番落ち着く店。14日で閉店となりました。本当は夏ぐらいまで続ける予定だったところ、オーナーさんの休止により15日までに退去せざるを得なくなってしまいました。

IMG_1152

この店には生ビールのサーバーがあるのですが、コックが硬くなったため、あまり使われていませんでした。そこで私がビールサーバーの手入とビア樽の交換をよくやっていました。色んな店で手入の仕方などを教えて頂き、お陰様でそこそこ美味い生ビールを提供できたかなと。

IMG_1172

常連の方々とも仲良くして頂き、忘年会や新年会、ボーリング大会などにも参加させて頂き、私の一番の行き着けの店でした。本当に今までありがとうございました。しかしまだ未定ですが、耐震補強工事の終わった南寄りのガード下に、秋以降移転する計画もあります。
ちなみに一番奥の「フジクラ」さんは秋以降まで営業予定。今回年度末というタイミングもあり大半の店が閉店してしまいましたが、解体はもう少し先になります。

※佐々文さんは移転先との契約を交わすことで営業続行が許可されました。年末から2021年初旬に移転する予定です。

世田谷区三軒茶屋(2)、世田谷韓国会館(旧・駒沢練兵場兵舎)

去年2019年の春頃に三軒茶屋はよく通っていたのですが、いつか行こうと思っていた世田谷韓国会館の存在をすっかり忘れ、スルーしていました。先日たまたま三軒茶屋に寄る機会が有ったので、改めて訪れてみます。

IMG_3557

246号線の南東側、三叉路辺りから路地裏へ入った所に、去年よく通っていた立ち飲み屋さんが一軒あります。ちょっとした飲み屋街の中にある、その名も「たちのみや」さん。

IMG_3552

生350円、サワー系300円~、小皿料理300円~。地価の高い東急沿線、しかも三茶にしてはなかなかリーズナブル。立ち飲みと名乗りながらも8割が椅子席で、なかなか意表を突いてきます。店内は地元の常連さん方が集まる賑やかな店で、好きな雰囲気。一発で気に入ってしまいました。

IMG_3095

飲み屋街の脇から南東方向には庶民的な商店街が続いており、その一番奥の方には逆Y字路をショートカットするような形で微妙なアーケードもあります。

IMG_3096

上馬1番街商店会。昼間だったのでシャッターが閉まっていましたが、どれくらい生き残っているのか。しかし商店街自体は人通りも多く賑わっていました。

IMG_3092

逆Y字路の先には弘善湯という銭湯があります。ひとっ風呂入りたかったのですが、残念ながら本日休業の札が。

IMG_3086

弘善湯の裏手の住宅街の中に、今回の目的地である世田谷韓国会館があります。

IMG_3081

この辺りから三宿に掛けての一帯はかつて旧帝国陸軍の駒沢練兵場であり、この建物も明治30年頃に野砲兵第一連隊の兵舎として建てられました。

IMG_3083

戦後、この建物は在日韓国民団東京世田谷支部の入る世田谷韓国会館として流用されています。

IMG_20200222_151104_331

それにしても物持ちがいいと言うか、世田谷一帯を焼け野原にした空襲にも焼け残った明治時代の木造建築を、未だに建て替えもせずに使い続けているのが驚きです。同時に歴史的価値のある建造物を残してくれている事に感謝の念すら抱きます。

IMG_3079

向かい側には都営下馬アパート。ここの四階共用廊下からなら韓国会館を俯瞰で撮れると思ったのですが、残念ながら建て替えに伴い閉鎖されていました。

IMG_3089

かつての練兵場跡地のほとんどが、世田谷公園や学校、都営団地として使われています。しかしどの棟も老朽化が激しく、こちらの棟も住民は退去し、二階への階段は封鎖されています。しかし一階部分の建て増し感は、かつて商店だったのでしょうか。

IMG_3090

表に廻ればまだ営業中の店舗も残っているようです。しかし周辺では着々と建て替え工事が進められていました。

【日記】神田、今川小路の記憶

IMG_0342

1枚目2015年1月撮影。
神田駅と東京駅の間辺りにあった今川小路。

IMG_2613

2枚目2018年6月撮影。
飲みに行くのを暫く先送りにしたままでした。いざ店に入ってみようと思ったら2017年9月、耐震補強工事に伴い全滅。時既に遅し。

IMG_8718

3枚目2020年1月撮影。
神田駅近くのガード下に移転された「まり世」さん。1枚目の写真で「神田(じんた)」さんの看板の奥に同じ看板が確認出来ます。
店の名前は神田小路の常連さん方から耳にしており、今はなき今川小路にあったお店だと聞いていました。神田小路で飲んでる方々の中にはかつて今川小路の常連さんだった方も多くいます。
かつて行き損ねてしまった苦い思い出のリベンジ。移転先はGoogleで調べ、いざイチゲン突入。なかなかの入りづらさです。
緊張しつつも敢えてどこどこの常連ですとは言わなかったのですが、常連さんやママさんは気さくな方々で楽しい時間を過ごせました。今後もちょくちょく通って顔馴染みになれればと思います。

IMG_8775

後日、新橋で飲んだ後いつも通っているカラオケ居酒屋に行ったところ満席。そこで神田のまり世さんで聞いた、今川小路もいう一軒の生き残りの神田(じんた)さんがカラオケ歌えるとの話を思い出し、思い切って神田へ。

IMG_8774

イチゲンサンで突入です。ドキドキしながらドアを開けたところ店内には5人の先客が。
……ん? 全員知ってる顏!wwww
ああ、この方々は三軒目にここなのね。そうですか。そう言う事でしたか。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→昔書いた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を寄稿

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ