東京都

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

世田谷区、杉並区、代田橋駅〜沖縄タウン

京王線代田橋駅があるのは世田谷区大原で、50mほど北を並行する甲州街道の向こう側は杉並区和泉になります。

IMG_4950

新宿に近いながらも各駅停車しか止まらない代田橋は、家賃相場的にも穴場で学生時代は同級生もアパートを借りていました。

IMG_4946

しかし駅前にはいきなり長屋造りの昭和なマーケットがあります。

IMG_4945

昭和24年頃に建ったと言うので闇市が発祥なのかも知れません。そんな長屋の一角に、昭和60年創業おでんと焼き鳥の店「きんせい」があります。

IMG_4967

吉田類氏が来ていたそうですが、そんな事は関係無く通いたい店がまた増えてしまいました。地元の常連さん方が集まる、私の好きな雰囲気のお店。新宿渋谷方面の仕事がある時は、わざわざ京王線に乗ってしまおうかしらなんて。(お客さんの顔は撮らないからと言いながら撮影許可いただきました)

IMG_4944

住みたい。引っ越して来たい街です。来年(令和2年)飲食店全面禁煙、ただし個人経営店には情状酌量の余地有りと言うじゃないですか。チェーン店居酒屋ぐらいしか無い川口から、個人経営のいい店がある街に引っ越さなければなりません。代田橋は候補地のひとつと言っていい。

IMG_4940

甲州街道を越えると杉並区和泉。商店街は沖縄出身者が多いということで沖縄タウンになります。町おこしのために、沖縄から空き店舗に誘致までしたそうです。

IMG_4938

沖縄タウンの真ん中左手にL字型をした昭和なマーケット、大都市場があります。北側入り口左手に立ち飲み屋さんがありますが、禁煙なのでスルー。

IMG_4937

光を取り入れるアーケードです。

IMG_4936

早い時間だったのでシャッターが目立ちますが、小売店が閉業した後に主に沖縄系の飲食店などが入っています。

IMG_4932

商店街側入り口脇にある立ち飲み屋「納戸」さん。どちらかと言うとバーのような雰囲気ですが、ここのコーヒー焼酎がとにかく美味い。

IMG_4963

宝焼酎に多めの豆を入れて一日だけ浸ける事により、雑味が無く香り引き立つ仕上がりとなるそうです。マスター曰く金宮よりも宝焼酎の方が癖が少なく合うとか。
新橋や神田でコーヒー焼酎を飲んで来ましたが、下北沢辺りなんかには特にコーヒー焼酎を作ってる店が多いそうです。奥が深い。

【日記】神田祭2019

20代の頃、関東を中心に日本の祭りの写真を撮っていました。それなのに神田祭と三社祭は見た事すら無かった。まず仕事としては諸先輩方が良い写真をたくさん撮っていいた事。後は人が多いし最もメジャーであることが理由でした。

IMG_4808

それもあり、今回もまたガチに撮りに行ってはいません。神田ガード下のいつもの店で飲んで、その帰りに近くで撮ったに過ぎません。

IMG_4819

ただこの多町一丁目の町内御輿については、町会会長がよく行く店の常連さんであるという事。そして思い入れのある神田駅ガード下を御輿が通るという、歳時記的な感じで撮りたかった。金曜日の夜、宵宮御輿の出発、いよいよ神田祭りのスタートです。

IMG_2925-1

翌日の土曜、神田小川町の病院に健康診断しに行った帰り、内神田旭町の町内御輿がちょうどよく行く店の前を通っていました。この日もただ昼間から酒飲むばかりで、神田明神の宮入りは撮りに行かない。だって人が多いんだもの!そもそも神田明神に一度も行った事が無いという!
日曜日は二日酔いのため、自宅で寝てました。

三鷹市、調布市、府中市、調布飛行場周辺の掩体壕

三鷹市と府中市と調布市に跨がる調布飛行場周辺の戦争遺跡を巡って来ました。

IMG_2875

飛行場跡地は現在調布飛行場として使われていますが、この門柱は帝国陸軍調布飛行場当時の物です。

IMG_2877

調布飛行場は昭和16年4月完成。帝都防衛の拠点として帝国陸軍飛行第244戦隊などが置かれました。門柱の脇には当時造られた排水溝が水こそ流れてませんが残っています。

IMG_4657

飛行場周辺には現在四基の掩体壕が残されています。こちらは大沢第一掩体壕。

IMG_2886

当時配備されていた陸軍航空隊の戦闘機「飛燕」のイラストが描かれています。飛燕は川崎航空機(現在の川崎重工)がダイムラーベンツの液冷エンジンを元に製造した国産機です。この戦闘機だけは他の国産機と違ってメッサーシュミットやスピットファイヤにスタイルが似てますが、それは飛燕が唯一の液冷エンジン搭載機だから故に空力を追求出来たからだそうです。いわゆる零戦などは空冷式だから機首がゴツいんですね。余談ですが川崎重工の川崎って川崎市の事だとばかり思ってましたが、神戸の川崎正蔵という創立者の名前だったんですね。

IMG_2889

話が逸れましたが、米国のB29による本土爆撃が始まったのに合わせて昭和19年6月から9月にかけ、滑走路周辺に有蓋掩体壕30基、無蓋掩体壕30基が造られました。

IMG_2890

こちらは大沢第二掩体壕。多少埋まってる感があります。

IMG_2885

現在の調布飛行場はプロペラ機専用の飛行場としてセスナを始め、大島、新島、八丈島、神津島などへの定期便の発着所として使われています。飛行場だけが調布市で、東側の三鷹市と西側の府中市に挟まれています。

IMG_2893

飛行場の北西側、こちらは府中市になりますが二基の掩体壕が残されています。しかし行ってみたら、民家と工場に挟まれている! 住民にとってみれば邪魔物以外の何物でもないのでしょうね。

IMG_2901

こちらは白糸台掩体壕。住宅街の真ん中にポツリと残されていました。

IMG_2900

掩体壕を知らない人が見たら、これは一体何なんだと疑問に思うことでしょう。

他にも飛行場の南東外れにある椎の実子供の家という保育園の敷地内には高射砲台が残されていますが、土日祝日以外で事前に電話予約しなければ見学出来ません。アポ無しで行ったらそう書いてありました。事前調査も大切ですね。

IMG_4658

余談ですが、近くには近藤道場撥雲館なるものが。こちらは新撰組の近藤勇も居たという天然理心流の道場です。個人邸の敷地内に有りますが、そのお家が近藤さん。戦時中は移築されたりもしたそうですが、現在元の近藤家敷地内に再度移築されたとか。

世田谷区下高井戸、下高井戸駅前市場

世田谷線から京王線に乗り換える際、ちょっとだけ下高井戸駅前を歩きました。

IMG_20190429_115136

東急世田谷線は三軒茶屋より世田谷の住宅街をゆっくりと走ります。

IMG_2868

世田谷線の終点は京王線の下高井戸駅。ここでちょっと京王についてウィキペディアを開いてみたところ、いつに間にか(1998年)京王帝都電鉄が京王電鉄に社名変更されていた!帝都ってのがカッコよかったのに!かの帝都高速度交通営団みたいな。

IMG_4654

京王線の駅が開業したのは大正2年。その後大正14年には世田谷線が開業しました。

IMG_2867

いかにもって感じの私鉄沿線の商店街。しかし東京の西側は商店街が賑わっている。特に世田谷区は道が狭く迷路のようだから移動手段として鉄道の利用率が高く、結果駅前に人が集まる。

IMG_4644

今回気になったのはここ。下高井戸駅前市場。意地でも電車を入れるwwww

IMG_4646


IMG_4645

シャッターを下ろしている店も多いながら、魚屋さんが活気に満ちています。

IMG_4647

元は戦後の闇市から発展し、現在のアーケードは昭和31年に完成したそうです。

IMG_4650

こちらは甲州街道側。京王線とクロスする形の商店街に対して駅前市場は線路と並行しています。

IMG_4649

元お米屋さん。商店街としての歴史の古さを物語っています。

目黒区武蔵小山、改めて武蔵小山(2019年4月)

仕事もやっと落ち着き、何度か行ってる温泉銭湯、清水湯に浸かりました。これを機に武蔵小山の変革を、過去の記事に追記しつつ改めて纏めてみようと思います。

武蔵小山には2010年10月、2017年3月、2019年4月、その他に温泉銭湯の清水湯に何度か訪れています。その間、駅前は大規模な再開発が行われ、劇的に変化し続けています。

IMG_1638
[2010年10月撮影]

2010年10月当時の武蔵小山。駅から真っ直ぐ狭い路地に入れば、まずこの立ち飲み屋さんが目に入ります。これがまだチェーン店として東京中を席巻する前の晩杯屋。2015年9月をもって再開発に伴い閉店。ただ開業したのが2009年9月だそうで、老舗って訳ではないようです。

IMG_1636
[2010年10月撮影]

晩杯屋は49店舗まで拡大し、今ではどこ行っても見かけるくらいの巨大立ち飲み屋チェーンへと成長しています。

IMG_4624
[2019年4月撮影]

再開発後は本店も移転。昼間から飲める店として変わらずの盛況ぶりを見せています。

IMG_1645
[2010年10月撮影]

駅の東側の路地を進んで行くと、かつて広い範囲にスナック街が続いてました。

IMG_1639
[2010年10月撮影]

道は狭く屋根は低い。小さな店が何軒も軒を連ねていました。

IMG_1647
[2010年10月撮影]

駅前には南東及び南西に向かって武蔵小山PALM商店街が続きますが、先が見えないくらいにとにかく長い。アーケードの先には中原街道が走りますが、その向こうには中延商店街や戸越銀座商店街へと続きます。まさに商店街だらけ。

IMG_20170329_132826
[2010年10月撮影]

そんな城南の下町、武蔵小山でしたが、東急目黒線の地下化に合わせて駅前が大規模に再開発されています。写真はまだタワーマンションが基礎工事やってた頃。

IMG_20170329_133117
[2017年3月撮影]

2020年1月、地上41階建ての高層マンションと複合施設が完成するそうです。

IMG_20170329_133201
[2017年3月撮影]

その敷地は広大で、かつての飲食店街が丸ごとごっそり消滅してしまっています。裏手にお寺さんが有りますが、そのお寺さんも地主で土地を売ったとか?

IMG_20170329_133751
[2017年3月撮影]

唯一の名残は『りゅえる飲食店街』の看板のみ。これにはさすがにショックを隠せません。あんな素敵な昭和の飲み屋街が全滅だなんて、武蔵小山という街の魅力が私個人的には全て消えてしまったと言っても過言ではありません。これはあんまりだ。

IMG_4613
[2019年4月撮影]

立ち飲み屋ではもう一軒。かつて駅前に焼き鳥屋さん「鳥勇」がありました。当時の写真を撮っていなかったのが非常に悔やまれますが、上の写真は移転後の店舗。

IMG_4621
[2019年4月撮影]

主に買い物帰りや学校帰りの地域住民たちがお土産として焼き鳥を買って帰る訳ですが、店頭のカウンターで立ち飲みする事も出来ます。このように移転存続に成功した店も有りますが、大半は廃業されてしまったものと思われます。

IMG_4617
[2019年4月撮影]

最後に何度も通っている温泉銭湯清水湯。ここのお湯は鉄分豊富な炭酸泉で、汗が止まらなくなります。左奥に写るのが上棟間近なタワーマンション。この街にタワーマンションは似合わないと思います。

IMG_4615
[2019年4月撮影]

銭湯の受け付けで生ビールを頼めるのが嬉しい。カラッカラな体に滲みる滲みる。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ