東京都

※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜
        ↑ 地味にリニューアル

【日記】池尻大橋の立ち飲み屋と田町の立ち飲み屋

最近は仕事で池尻大橋と田町に通っています。忙しい毎日でも仕事終わりに軽く引っ掛ければ次の日も頑張れる、と言うことで。

まずは池尻大橋。こんな街に立ち飲み屋なんてあるはずがない。と思っていたら、なんと有りました。

IMG_2033

『ホーチャン』池尻大橋店。昼間3時までは立ち食い蕎麦屋で、夕方6時から立ち飲み屋になります。

IMG_2034

国道246号沿いでありながら少々奥まったところにあるため、やたら見つけ辛いです。ランチタイムも近隣の会社員でそこそこ盛況でしたが、地元の方でないとなかなか発見出来ません。

IMG_2031

立ち飲みタイムは生(小さめジョッキ)350円、割り物350円、おつまみ250円か300円〜と、なかなか安い庶民価格。それでいて揚げ出し豆腐はその場で揚げたりソーセージも軽く炒めたりと、ちゃんと手間もかけている。常連さんらしき方々で賑わっており、良い店です。

IMG_2029

気になったのが芋焼酎『もとかの』『いまかの』『となりのおくさん』。やはりもとかのは辛口で、いまかのは甘口だったり、となりのおくさんはやたら酔いが回ったりするのか?(笑)

次に紹介するのは田町駅西口にある立ち飲み屋『やまとや』さん。

IMG_2017

慶応大学のある学生街にはいい感じの居酒屋が多くあるのですが、こちらは駅前ロータリー。今まで全く気づかなかったと言うか、多分そんなに古くないお店じゃないかと。

IMG_1997

田町は慶応大学だけでなく、三菱自動車からNEC、森永など、大手企業の本社が多くあるサラリーマンの街です。夕方6時にもなると多くのサラリーマンやOLさんたちで賑わいます。

IMG_1996

メインは焼き鳥ですが、ここは煮込みが超美味いです。値段は特に安いでもなく普通と言った感じ。それでもここはなんか落ち着くし、結構通ってしまいそう。

IMG_1991

田町と言えば、旧海岸通りを品川方面に行った高浜橋の袂に、バラック集落とよく通っていたホルモン『はるみ』がかつて有りました。しかし再開発の波に呑まれて全滅。今では何の面影も残っていませんでした。

港区新橋(4)、汐留口の新橋駅前ビル1階〜2階

新橋駅前ビル地下一階の飲食店街に通うようになり、いまさらながら地上一階と二階の様子を見に行くました。

IMG_1982

B1階から2階まで設置されたエスカレーターは昔デパートなどでよく見た蛍光灯で光るやつ。

IMG_1978

二階はクリニックや居酒屋などが数軒営業していますが、かなり閑散とした雰囲気。

IMG_1979

上階まで続く階段中央の吹き抜け部分には、なぜか排水管が通っています。

IMG_1985

そして一階はこの賑やかさ。いつも地下通路から地下一階に直行しており、一階は閑散とした土曜日にしか訪れていなかったので、お休みしている店も多かったのです。しかし平日の7時過ぎ、多くのサラリーマンが通路にはみ出して立ち飲み。

IMG_2006

パッと見た感じで立ち飲み屋が3〜4軒。そのうちの1軒「三文の徳」さんに入店。

IMG_1999

生400、割り物300〜、他日本酒、焼酎、ともに種類が豊富。写真は「本日のおすすめ」の中から鳥レバー刺し。ヤバいです、美味いです。

IMG_2005

こちらは立ち飲み「喜楽」さん。

IMG_2004

日本酒推しの店ですが、日本酒飲むと本気飲みになってしまうので瓶ビール。女性が一人でも入りやすい雰囲気のお店です。

IMG_1984

地下一階とまた少し違った雰囲気の一階。トンカツ屋と洋食屋の他は、どうやら日本酒推しの立ち飲み屋さんが多いようです。

IMG_2007

これからまた何軒かの立ち飲み屋さんに入って行きたいと思います。

北区赤羽(4)、桐ヶ丘中央商店街

このブログを始めら頃からずっと行こう行こうと思い続けながら先送り先送りにして来た場所。それがこの西が丘商店街です。ネタとして微妙と思っていたからに他なりません。

IMG_1908

赤羽から赤羽台に登って桐ヶ丘団地。赤羽郷バス停の交差点にこの中央商店街はあります。

IMG_1910

桐ヶ丘団地は戦時中まで兵器支廠赤羽根火薬庫がありました。戦後、赤羽台から桐ヶ丘、西が丘に至るまでの広大な旧陸軍の関連施設群の半分以上は、進駐軍の施設へと転用されて行きます。この進駐軍による米軍キャンプは段階的に返還されて行く訳ですが、その駐留は昭和46年まで続いたそうです。

IMG_1911

一方で兵器支廠赤羽根火薬庫の建物はそのまま仮設住宅へと転用され、戦火で住居を失った戦災者や外地からの引揚者、またこの地域にいた浮浪者や米兵上陸のあった沖縄からの転居者などが暮らすようになります。

IMG_1923

そしてただの倉庫という劣悪な環境で暮らす人々は、この地を第二の故郷にしようという思いから赤羽郷と名付け、今もバス停名としてその名前が残っています。

IMG_1918

昭和30年に最初の集合住宅が建ち、やがて高度経済成長の時代とともに都営住宅(赤羽台は公団住宅)がこの一帯に建ち並んで行く事となります。

IMG_1915

前置きが長くなりましたが、その桐ヶ丘団地の中心にあるのがこの桐ヶ丘中央商店街なのです。

IMG_1925

都営桐ヶ丘アパートE28A号棟とE28B号棟に挟まれる形で建つ商店街は、中庭を囲むようにして並んでいます。

IMG_1914

駄菓子屋さんや八百屋さんなどが生き残っていますが、現状はほぼシャッター商店街。

IMG_1917

団地住民の高齢化もありますが、そもそも商店を営んでいた方々が跡取りもおらず高齢のため辞めて行ってしまったと言うパターンが多いようです。

IMG_1922

因みに10年ほど前でしょうか、テレビ東京のモヤモヤさまーずが放送開始当時にここを訪れており、私もその放送でここの存在を知りました。放送以後、下町散歩系のサイトなどではそこそこ有名になり、特にオモチャと駄菓子を売る店にはいまだに多くの人が訪れているようです。

IMG_1919

商店は団地とほぼ同じ造りの長屋となっていますが、裏手に回ると普通の民家を付け足したような形となっています。

IMG_1927

こちらは西側。店舗は閉めても住んでおられるようです。

【日記】毎年恒例浅草酉の市 2017

酉の市は毎年欠かさず行っていたのですが去年は悪天候で行けず、と言う事で11/30、今年二年ぶりの浅草酉の市に行って来ました。

E5361043-228B-44FB-9D25-93E671E89E2C

連れとの待ち合わせで時間潰しをしなければ。しかし南口から陸橋を渡った階段下の「さのや」は超満員。小雨が降ってなければ路上でも飲めるのですが断念。なんか無いかと言問通りを彷徨ってみれば一軒の酒屋さん。

127C3172-F39D-4BDF-A23D-9B8D5F56DAAF

ここがなんと角打ちでした。台東区侮れません。今回たまたまipadを忘れて来てしまい、古いスマホの腐ったカメラしかなかったため、画像がぼんやりしています。

6AE9C6AB-3FDB-40DE-BBA9-EBD8D9D16F3C

作る系のおつまみは8時まで。それ以降は乾物やチーカマなど店頭に並ぶ商品のみで、角打ち営業は9時まで。地元の常連さん方で賑わっていました。

12549EC6-B483-415D-838A-DA9AEF4BED60

連れと合流して浅草竜泉にある鷲神社へ。浅草と言ってもここは浅草と入谷と吉原の中間辺り。

B814E5EE-0A24-44F0-9E73-9164BF52EBE4

熊手は安いやつを適当にパパッと買って、目的は毎年同じ場所に建つ居酒屋屋台です。この日は寒波の影響でえらい寒かった。

19F1C19A-F5C0-47A0-9AC6-CBF762FD48CD

まずは牡蠣と生ビール。奥が当たりで手前がハズレ。牡蠣は開けてみないと分からない賭けです。

7CAE363D-A093-41D5-825D-8E9A16C69FC5

続いてホタテと升酒。毎年ここで震えながら升酒を飲むと、もう年の瀬だと実感します。屋台の女将さんは体調を崩し休んでましたが、大将は変わらず元気でいらっしゃいました。

新宿区西新宿、西口側の立ち飲み屋など

新宿西口ヨドバシカメラには35年以上前から来ていますが、今では京王のバスターミナルもバスタに移転し、少々活気も落ちているようにも思えます。

IMG_1296

しかし、かつてセガの某格ゲーで伝説と言われ、当時24時間営業だったスポット21が未だ健在。この一帯の雰囲気はあまり変わっていません。

IMG_1295

ヨドバシ本館と別館の間の路地に建つビルの二階にあった、やたら安い居酒屋は無くなってしまいましたが(店名思い出せず)、表通りにはいつからか立ち飲み屋「ひなどり」さんが。

IMG_1293

生450、割り物380、串二本からで280前後と、決して安くはないが、場所柄仕方ないでしょう。モツ煮込みはなかなかの絶品で350円にして満足。しかし立ち飲みはサッと飲んでサッと次に行く物だと思うので、串は一本から注文を受けて欲しかったと言うのが正直なところ。しかし近隣のサラリーマンやヨドバシ目当ての外国人観光客たちで賑わっていました。

IMG_1230

甲州街道を初台方面に少し行くと、日本再生酒場西新宿店があります。こちらは三丁目の本店同様にフラッと立ち寄るにはちょうどいい雰囲気でした。ホルモン系の種類が豊富で、焼き加減なども良い。

IMG_1154

西口の北側、小滝橋通りの西側は以前、チェーン店の天狗と数軒のスナックぐらいしかないような、住宅と倉庫ぐらいしかない街でした。しかし久々に歩いてみると、すっかり飲み屋街になってたので驚き。しかも立ち飲み屋までありました。

IMG_1153

おおの屋さん。若いスタッフが元気よく営業している、比較的入り易いお店です。焼き鳥がメインで作り置きのおつまみは冷蔵庫から勝手に取り出すシステム。値段はまぁ普通と言ったところでしょうか。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ