蒲田の東、羽田空港の手前は糀谷などの住宅街が続き、ちょっとした下町の雰囲気が残っています。

E3726C5B-3443-4B4A-AE91-A90C6EC7DA00

京急羽田線は穴守稲荷から地下に潜り、海老取川の下を通って羽田空港へ。通る電車のほとんどが都営浅草線の車両で、たまに北総鉄道。京急の車両が来るまで何本も見送りました。

A4897F25-5DF2-4B60-B15E-BF9BAC759732

穴守稲荷の駅は小ぢんまりとしており、大成建設が寄贈した穴守稲荷神社の鳥居があります。

17B99BFB-C782-497A-BE72-4341C3899780

駅前商店街はなかなかにして賑わっており、下町風情を残しています。ここでも京急の車両を待つのに何本も見送った。

70928419-E260-400C-9DAF-822E1A72258B

多摩川に向けて歩って行くと途中首都高の高架下に、銭湯の重の湯があります。

0BE83BFC-E495-48D6-9D49-ED12D4891E34

実に味わいのある建物。浴室には見事な富士山が描かれてますが、だいぶペンキが剥がれかけています。しかしお客さんは多く、ひっきりなしに人が出入りしていました。

044AB755-CE42-4746-8B6E-E2381C33D171

多摩川まで出ると羽田の渡し跡に突き当たります。この渡し船は江戸時代以前よりあり、江戸末期には穴守稲荷から川崎大師への観光ルートとして非常に賑わっていたそうです。

0928F421-1F67-4AF0-8CF3-088B19FE550D

しかし昭和14年に大師橋が完成した事で渡し船は廃止されました。その大師橋も現在真新しい吊り橋に架け替えられています。

0EDD44C3-8205-4176-91F0-47EAFFBDB9BF

羽田の地は古くから洪水に悩まされて来ました。そこで内務省により多摩川改修計画が立案され、大正7年(1917年)から昭和8年(1933年)まで、16年の工期を経て堤防上に鉄筋煉瓦造りの塀が建設されました。

B9AA2A6C-E056-41E0-8076-39BAD75875B4

かつて1632mもあったこの羽田煉瓦堤は、今でも道路沿いにずっと続いています。

090EB450-58F6-413B-A019-ACA7D603275C

特にこの羽田第二水門の辺りには、当時の姿を残している場所があります。水門と煉瓦堤の間は船溜まりとなっており、屋形船や釣り船が停泊していました。

776818B3-A6F7-47AD-BF82-DC255B88895F

右手の川側が堤外地となりますが、かつては桟橋、生簀、造船所、材木置き場、作業場などがあり、船大工、魚問屋、鍛冶屋などが住んでいたそうです。

2076C75F-0755-4A7B-9464-D60124654123

また、戦後の昭和20年9月、進駐軍により鈴木新田(現在の羽田空港)に住んでた住民約三千人余りが48時間以内の強制退去を命じられ、その一部がこの堤外地に移り住んだりもしました。

C77464FA-B505-4EBA-BED9-31E8E26B4450

そして昭和48年、高潮防潮堤として新たに外堤防が完成した事で、煉瓦堤はその役割を静かに終えました。

1B0A91A8-31AF-4AE5-A33E-68713E829084

煉瓦塀と煉瓦塀の間には板を差し込むような溝が。増水した時に塞ぐのでしょうが、外堤防が出来るまでは堤外地の家々は浸水します。

BB0577A3-0C87-40CF-A85E-12B59071431E

羽田では中世より漁が続けられており、昭和30年代までは海苔の養殖も行われていたそうです。飛行機が飛んでますね。

C52ACBD6-C78A-4ADD-9177-F600AB5119B5

しかし高度成長期の水質汚染などにより衰退し、現在では細々と漁が続けられているものの、釣り船が主な生業となっているとか。

2B4CCC43-7F79-4D65-B565-76BB2B561DF0

多摩川沿いに海側へ。羽田空港との間を隔てる海老取川が多摩川と合流する地点、小さな祠が川に突き出しています。

CC95D993-B1C9-4AA1-B189-6E880BB068ED

いわゆる洲に建つこの祠は五十間鼻無縁仏堂。ブロック塀や橋は平成16年に整備されたもので、それ以前は洲から階段を登って行ったと思われます。満潮時や増水の際にはお参り出来ません。意地でも飛行機を入れる。

F3AF2FCD-3AA9-4FB7-B3F9-B601F2D8F786

いつの時代から有ったかは不明だそうですが、かつてはここよりさらに海側の川面に角塔婆が一本建つのみだったとか。しかし昭和53年、護岸工事に伴い現在の位置に移設され祠も建てられました。

DC5577E2-C477-4D75-895D-2E1C2764C64A

無縁仏。つまり河口付近に漂着する水死体を供養するものです。関東大震災や太平洋戦争末期の空襲に際しては、かなりの数の水死体がここの洲に流れ着いて来たそうです。

41A19429-A3A7-4D60-977A-B95BCFDBC5F4

祠は今でも地元の方が花を供えたりして管理されています。どうしても飛行機を入れたがる。

561C7546-9624-48A0-8482-3C968236BD99

海老取川の向こうは羽田空港。右側は今年1月に全面オープンした住友不動産の複合型商業施設、羽田エアポートガーデン。中には日帰り温泉も有るのですが、料金がなんと4800円!行けるかそんなもん!

67DB6C31-2D60-49AA-9DBD-7E4E599726F8

川を渡れば羽田空港。移設された大鳥居があります。この、旧穴守稲荷神社大鳥居は移設する際に事故などが起き、よく祟りなんて言われました。

0F26047E-5212-4D87-ACB7-8C8806C80AAC

鳥居の脇には、かつてこの地に存在した羽田鈴木町(鈴木新田)の事が書かれています。まぁ、飛行場と言えば強制退去の話はつきものですね。

56C0A7C8-D934-41E0-8019-6411DB37BC03

以上です。あぁ、飛行機で遠くに行きたい。