大野駅よりタクシーで一つ手前の駅、夜ノ森に来ました。

2C6A4D94-374F-498B-9C63-A9C0F87A2790

夜ノ森駅は除染作業をしても放射線量が下がらなかったため、旧駅舎を解体し駅前整備も含めて2020年3月に完成しました。これは大野駅も同じ経緯で駅舎が新設されています。駅舎のような建物は旧駅舎を模した待合室と公衆便所。

706B99B1-107D-4E52-B4AC-5C15261B6C9B

ホームは切り通しになっており改札は地上一階。東側に市街地が広がっています。

80CE2174-F215-4302-98C2-E2938A282D74

夜ノ森も駅前と周辺の主要道路のみ通れるようになっており、路地は全て封鎖。ただし西側は帰宅困難が解除されています。

4A16BED6-AFBA-4DF3-85DE-6C0177737C5A

駅前の商店の自動販売機も10年前から時間が止まったまま。

A9D6ECB3-59DE-4F19-B916-4EA987E1548F

喫茶店か美容室か何かの跡でしょうか。例え帰宅困難が解除されたところで営業再開は難しいでしょう。

9365618F-23B4-459A-9651-529B0981893B

地震により傾いた建物は解体されていますが、それ以外でも雨漏りなどによる腐食もあるだろうし、人が住まなくなって10年経った建物は相当改修しない事には使えないでしょう。そもそも放射線量が下がっていなければ、新築でも壊すしかありません。

BBDC5721-E6E4-4BC0-B6E0-CF8D18C599D0

農協の建物。除染作業で土をひっぺ返しても放射線量が下がらずに落ち着くまで10年もの歳月が経っており、営業再開したとしても農業はすでに崩壊しています。

DF975DAD-4047-43B8-B8EB-9C2B8CB0E64C

かつての耕作地は荒地と化しており、帰宅困難が解除された地域でもソーラーパネルが広がるぐらいでその大部分が荒地のままでした。

87410DB8-0C08-470C-B544-1B7528417155

農業が再開出来なければ農家も帰って来ず、人が帰って来なければ商店も成り立たない。

E7463D38-C779-4332-BCD7-0431DBB7B321

実際、帰宅困難が解除されても震災復興住宅に引っ越したままだったり、避難先で生活基盤を築いたまま帰って来ない人が多くいます。

9DFDC4C3-E1FE-4384-ADDF-FADFB54F66D4

大熊町の場合ですが、一時避難先としては浜通り地方(いわき市や相馬市)に5419人、中通り地方(福島市や郡山市)に1733人、会津地方に688人、茨城県に467人、埼玉県に355人、東京都に246人。

F475D461-FDF7-4345-8E72-53A41752C57E

一時避難という型で住民票は大熊町のままですが、実際どれほどの人が帰って来るのか。移住ではなく一時避難という形で住所を変更していないのは、支援金などの名目上なのでしょうか。

769932CD-83D3-4170-B4EB-A395A718F4CE

つまり街を震災前の状態まで戻すためには、経済から再構築しなければなりません。

861213C7-7D0D-4677-86D1-7C8637899EEB

スーパーの跡。一般家庭だけでなく、当然ながら大手企業も多くの資産を失っています。この地に戻って来たとしてもスーパーが営業再開されなければ買い物に困る。同様に床屋だったり洋服屋だったり、生活基盤の再構築から始めなければなりません。

CB95F042-334D-4466-B553-E3601B0E060D

右側(北側)が封鎖地域で、左側(南側)が解除区域。夜ノ森の南へひと駅行った富岡駅周辺は帰宅困難解除されています。実際福島第一原発はもっと北の双葉町にあり、帰宅困難区域は主に北西側の山間部へと広がっています。

B57F3B1D-FEB7-45BD-A77C-5EBD55A78E26

除染作業のために解体されたのか空き地が非常に目立ちますが、あるいは震災前の段階で既に過疎化が進み、空き地だらけだったのかも知れません。

ともあれ今回、実際に打ち捨てられた街を歩いてなかなかショックを受けました。そこに建つ建物は全て誰かの資産で、それが廃墟化するままどうする事も出来ない現実というものがあります。