鋸山から下山して昼食を摂った後、レンタルサイクルを借りて廃墟探索に向かいました。

BCF07088-98A4-4172-A4FA-FF3949F2069B

着いたのは砲台山と呼ばれる、鋸山の北西に位置する小高い山。林道から分岐する廃道を入って行きます。

673B091A-478A-434E-B7E7-4CCD5C052B8F

廃道脇の斜面には道に沿って溝が掘られています。この溝、いったい何の役目を果たしていたのかなどの詳細は不明。

CB4A5429-DD02-440D-99D2-BDE5D28AAA07

砲台山の名の通り、山頂には金谷砲台の遺構が残されています。

6AA00FC9-FE37-471F-A141-B65EDC71B943

房総半島や三浦半島によく見られる、首都防衛のための対艦砲台です。

A195A6CB-3084-4C5D-B688-3E864681BB12

中央の丘は砲側庫で四方に通路と砲台跡が広がっています。

EFD3C1BC-4837-49BD-ACA1-53A49AAE8FCA

砲台の跡は池か何かだったのでしょうか。金谷砲台は大正13年に竣工。一時は除籍されたものの太平洋戦争末期に復活。そのまま終戦まで存在しました。

1CB8CE9B-0E0C-4391-A3DE-A28F09D59D5C

こちらは共用トイレの跡。戦後、廃墟となった砲台跡に昭和30〜40年代、砲台山ハイランドと言うレジャーランドが建設されました。しかし詳細は不明ですが寿命は短く、昭和40年代〜50年代には閉園されてしまったそうです。

88698964-79D3-4DEF-803B-5DB8A6D04259

砲側庫の上に立つ小屋。鳥小屋と思われます。

1F578F93-CDDE-4BDC-BFEB-956FB9B3FF6C

こちらはレストハウス。レジャーランドと言っても小動物が数種類飼育され、あとはバーベキュー場と花壇、簡単なアスレチック、展望台などがかる程度の施設だったようです。

1E56A008-EC30-43FA-A7FA-9A6C6B0EF9B7

こちらは麓からのリフトの降り場。この廃墟のメインとも言える遺構です。

F3497B3C-9121-44A0-8E7F-5C6C383395AB

展望台まで簡素なリフトを掛けると言うのは、確かに昭和の頃にはよく見掛けました。リフト自体がアトラクションのような感覚だったのを覚えています。

15A504FB-E12B-4111-B0FF-E198D79FA56D

リフトのモーター部分。当時入場料は無料で、リフト代だけで運営されていたそうです。

6B13AE68-BC0E-4D21-BF70-A51426E9C300

敷地は広大だったようですが、藪に覆われたりしており隅々までは回れませんでした。いや、正直ちょっとビビってました。

7EC8B634-4148-4D2A-89F4-0E8CA6DF2197

古タイヤの遊具らしき物。廃墟探索はここまでにしときます。

2D33C0E9-6201-4FC9-90E9-5D3CC4E1C41C

せっかく自転車借りたんで、海沿いを少し走りました。写真は竹岡方面に少し走ったところにある造船所跡。

06C538D8-6769-487B-A9F7-FB366092D648

こちらは戦争遺跡と思われる穴。倉庫か、あるいは震洋などの格納庫だった可能性も。

BD8A1800-EF06-43AC-AAEF-62E82DD96605

金谷に戻って来ました。こちらは内房フラワーハウスの跡。1970年代に開業と思われますが、2009年に閉業。フェリー埠頭と鋸山ロープウェイの間の国道沿いにあり、多くの観光客が行き交う中に晒されています。

0FE3A638-8A71-475C-8B4D-19EDC88072A3

こちらの宿泊施設、金谷ステーションさんでママチャリを借りました。カフェも併設されており、日帰り入浴もできる温泉宿です。

4B10EDBE-98E5-412E-AB34-12BA56C6F12F

泉質は塩化物泉で24度の源泉を加温したもの。柔らかい肌触りで芯から温まります。最後に登山(下山)とママチャリサイクリングの疲れを癒せました。