まず、ヤバいくらい狭いし、昭和の雰囲気が全然残っていた事に衝撃を覚えました。三軒茶屋のいわゆる三角地帯と呼ばれる土地が、こんなんだったなんて!

IMG_20190316_173837

246号線から世田谷通りが分岐する、そのY字路の内側。この一帯が戦後の闇市を彷彿とさせる低いバラックだらけの路地裏となっています。

IMG_20190316_173941

交差点側はまさに闇市を思わせる木造アーケードのエコー仲見世。

IMG_20190315_174016

仲見世から先、246から2筋ばかり路地裏飲食店街があります。奥に聳えるのは三茶のシンボル、キャロットタワー。

IMG_20190315_174106

もう一本の路地は廃業した店が多いのか少々暗い感じが。

IMG_20190315_174128

そしてその更に奥には迷路のように狭い路地が張り巡らされており、居酒屋やスナックなどがひしめき合っています。

IMG_20190315_174307

通路なのか何なのかよく分からない所でも、ちゃんと通り抜けれます。

IMG_20190315_174158

廃業した店もあるものの、都内のこのような路地裏飲食店街では比較的多くの店が生き残っているように思えます。

IMG_20190315_174302

元々、東急沿線である三軒茶屋は山の手に部類されるため、中流家庭からセレブまでが多く住まれています。さらに近年、渋谷に近いながらも学生街も近く、そのため下宿屋も多かったので、若い人たちに人気でした。それだけに開発のスピードは早く、どうせオシャレな店ばかりだろうとタカをくくっていました。

IMG_20190315_174210

ところがどうでしょう、この溢れる昭和感、と言うか場末感。世田谷ナメちゃいけませんね。落書きはまぁ渋谷も近いから致し方ないか。

IMG_20190315_174317

もうこの辺が一番奥かな?

IMG_20190315_174342

ぬ、抜けれる?

IMG_20190315_174406

抜けた所に超香ばしいバラック。と思ったら飲み屋さんじゃない。オオモリヤさん。こりゃ突入するしかない。

20190315_175417_159

すげー味のある雰囲気。以前はお年寄りが一人住んで居ましたが、高齢のため老人介護施設に入ったそうです。その後物置のように使われていた所を7年前、今の店長が借りて店を開いたとか。

20190315_183154_444

鶏料理と玉子料理のお店。一本160円でこのボリュームはお得。芋焼酎のラインナップも充実。特にここの塩煮込みが超美味い。

IMG_4218

翌日も行ってしまいました。この日は店内が混んで居たので店先で三杯。左手のビニールで囲まれた席は、なんとコタツがあるとか。驚くことばかり。三軒茶屋で仕事がある時は通ってしまいます。

IMG_4562

バラック飲み屋オオモリヤさんのさらに奥には廃屋が一軒。しかしよく見ると……

IMG_4564

銭湯ですと⁉︎ コインランドリー入り口と書いてありますが、こんな所に銭湯が。

IMG_20190315_174445

この通り、実は知人に教えてもらったのですが、プレステ4のソフト「ペルソナ5」に出てくるとか。後日その知人にソフト借りてやってみると、店こそ違うものの通りはそのまんま、しかも千代の湯のコインランドリーはそのまま出て来て汚れた防具とか洗えるという。ペルソナシリーズはアニメも見てたし好きなので驚きました。

IMG_4565

写真は千代の湯の246側入り口。内部は撮影禁止ですが、広い浴槽とトタン板に描かれた富士山のペンキ画。ごく普通の銭湯でした。また反対側に抜けると国道246号に出ます。

IMG_3557

一方246を渡って三叉路辺りから路地裏へ。ちょっとした飲み屋街がありその中の立ち飲み屋、その名も「たちのみや」さん。

IMG_3552

生350円、サワー系300円~、小皿料理300円~。地価の高い東急沿線、しかも三茶にしてはなかなかリーズナブル。立ち飲みと名乗りながらも8割が椅子席で、なかなか意表を突いてきます。店内は地元の常連さん方が集まる賑やかな店で、好きな雰囲気。一発で気に入ってしまいました。