秩父鉄道御花畑駅に降りるのは20年ぶりぐらいになりますが、雰囲気が全く変わってない事に喜びを覚えてしまいます。

IMG_3108

この狭さ。ただ芝桜駅などという余計な通称が。しかしこの御花畑駅駅舎自体も大正7年建築の登録有形文化財です。

IMG_3106

ホーム脇のレストランは廃業していますが、建物はそのまま。派手に再開発された西武秩父駅とは対照的に時が止まったままです。

IMG_3110

さて、線路の西側、番場通りを秩父駅方面に向かって歩いて行きます。駅からちょっと歩けば素晴らしい建物が。明治41年に開業された旧「片山医院」。

IMG_3112

その先の昭和通りとの交差点、右前方になんともそそる「小池煙草店」。昭和元年建築の登録有形文化財。

IMG_2810

左手には現在飲食店になっている旧「大月旅館別館」。なんか派手に塗り直されていますが、大正15年建築の登録有形文化財。

IMG_3115

さらに左手、煙草店の斜向かいに建つのが創業大正5年、味噌漬け肉の「安田屋」。昭和5年建築の登録有形文化財です。

IMG_3119

安田屋の奥に連なっているのは同じ造りの旧カフェ「パリー」。現在は食堂を営まれていますが、訪れた時は開店前で入れませんでした。

IMG_3126

パリーの裏手は狭い路地となっております。

IMG_3127

生活道として普通に人が行き来していますが、裏から見ても古いまま、特に手を加えられていないのが凄い。

IMG_3121

文化財建築だらけの交差点を左に曲がり昭和通りを西へ。さらに左手の路地を入ると銭湯のクラブ湯が有ります。

IMG_3122

昭和12年創業で、何をさておきクラブ湯というネーミングがたまらない。しかし残念ながら月曜定休のため入れず。いずれリベンジ入浴したい物件です。

IMG_3132

昭和通りに戻って引き続き西へ外れて行くと住宅街。北側に一本入った中に建つ近藤歯科医院は昭和5年建築の登録有形文化財です。

IMG_3129

裏手に廻れば立派なお屋敷の裏に煉瓦塀が残っていました。

IMG_3134

さらに西へ。この辺りは毛織り物産業で栄えた紡績工場の跡が目に付くようになります。

IMG_3136

この建物も紡績関係かと思われますが、詳細は不明。

IMG_3137

国道73号に出たところに建つ肉味噌漬けの「せかい」。創業大正4年。

IMG_3138

二階は料亭のようになっていたのでしょうか。

続きます。