続きです。とにかく暑くて死にそう。

IMG_2754

山頂付近の尾根道を歩いていると途中、橋が掛かっています。その橋から下を覗くと、えらい深い切り通しが。ここは明治期の砲台建設の際、資材搬入などで使われたそうです。

IMG_2782

近くで見たいと下に廻って見たところ、立ち入り禁止の上に深い藪に覆われていました。

IMG_2757

頂上付近は児童公園でアスレチック施設などがあるのですが、そこここに赤煉瓦の土塁が顔を覗かせています。

IMG_2759

ここは腰越堡塁と呼ばれる砲台跡で明治29年竣工、大正14年除籍。

IMG_2761

最後に観音崎の北西側、海水浴場の少し上にある三軒家砲台跡を訪れました。入り口の門柱は当時のもの。

IMG_2763

坂を下って行くと左手に地下弾薬庫の入り口が。

IMG_2768

さらに下って行くと三ヶ所の砲台跡が。

IMG_2766

この砲台跡は27㎝カノンという当時最大の大砲を備えていたため、関東大震災後に復旧されて昭和初期まで使われました。

IMG_2767

そのためかここには当時の陸軍の迷彩塗装がはっきりと残っています。

IMG_2765

砲台と砲台の間には地下施設へ下る階段と赤煉瓦塀が見事に残っています。

IMG_2776

こちらの砲台跡にも鮮やかな迷彩塗装が。

IMG_2773

こちらも地下施設への階段。指令所などがあったのでしょうか。

IMG_2780

その証拠に地下からの指示が聞こえる穴が。潜水艦の声を通すパイプのようなものです。

IMG_2778

一番奥には観測所付属室が。中に入って見たい。

IMG_2769

砲台の背後にはこのような切り通しがあります。

IMG_2770

坂の上に弾薬庫があることから、ここを通って弾薬を運んでいたのでしょうか。

IMG_2781

三軒家砲台跡、観音崎海水浴場側の門柱。そんな訳で非常に内容の濃い戦争遺跡でした。この周辺にもまだまだ遺構が多く残されているのですが、いかんせん暑くってギブアップです。

IMG_2786

最後に汗を流そうと京急大津駅近くの銭湯、宮本温泉に立ち寄って来ました。3時オープンから30分しか経ってないのに地元の方々がすでに8 人ほど入られています。 (地図)

IMG_2789

温泉分析表などが見当たらないと思ったら、ここは温泉ではなく実母散薬湯という薬湯だそうです。ちなみに薬湯浴槽は露天風呂。見事なオレンジ色をしており匂いも紅茶っぽい。なかなか良いお湯で、サッパリしました。