IMG_0800

終点の間藤駅を降りると目の前に古びた工場があります。

IMG_0799

どう見ても廃墟ですが、ここは古河機械金属足尾事業所となります。古河電気は何と無く聞き覚え有りますが 、あまり一般には知られてはいません。

4610D240-FB46-4216-919E-00D79D7A1377

しかし古河は明治10年より足尾銅山で財を成し、財閥にまで上り詰めた名門です。今でも機械産業やマテリアル事業などを続ける巨大企業です。あのユニックも古河の傘下だし、あの富士通も古河電気工業とドイツのシーメンス社との合弁会社だったとか。

22674C6C-EA82-4938-AA9E-861CA4385CDF

間藤からさらに奥へと国道122号を進んでゆくと、やがて遠くに古河機械金属本山製錬所硫酸工場が。この辺りまで来ると亜硫酸ガスによる煙害で樹木が枯れ果てた山肌が見え始めて来ます。国道122号と言えば埼玉県民が「ワンツーツー」と呼んでいる幹線道路ですが、まさかこんなところに続いていたとは。

IMG_0850

製錬所手前の舟石林道を登って行きます。ちなみに製錬所跡は裏山の上に広大なソーラーパネル畑を造り、平成25年より電気を出荷しています。なので現在でも所内には事務所があり関係者以外立入禁止。さらに撮影禁止の看板もありました。不法進入しようとする輩がいるのでしょうか。

B12CA96D-36AA-44FA-80E0-E5BA474C78FA

この辺りではパイプが山肌を這っている光景をよく見かけます。地下水を逃し崩落を防いでいるのでしょうか、用途は不明。

2DF85C5D-4CC4-41BB-A82E-8FD1F7784460

少し登ったところで見えて来るのは変電所跡。現在はすぐ奥に新しい変電所が建てられています。

IMG_0852

すっかり廃墟となっていますが、立入禁止のためがっちり囲われていました。この林道をさらに登って行くと坑道口である本山抗跡や、廃神社の本山鉱山神社などがありますが、今の季節は藪がハンパないので次回改めて訪れようと思います。

41068B3C-FD78-434B-9B48-3F936DC3462C

足尾銅山は江戸時代から採掘が始まった幕府直轄の鉱山でしたが、幕末期に産出量が一気に落ち込みます。しかし明治10年に古河市兵衛が銅山経営に乗り出し、同14年に新たな鉱脈を発見。その後機械化、効率化が進み、より深く掘り進める技術が開発されるなどして産出量を増やして行きます。

838D6F87-C8B4-4141-82A7-702B8DC75952

明治時代を通して古河鉱業(当時)の銅山経営は久原財閥の日立鉱山、住友家の別子銅山とともに急速な発展を遂げ、20世紀初頭には日本の銅産出量の40%ほどの生産を上げる大銅山に成長しました。(参照・Wikipedia)

A78F148D-8F10-4F26-9240-DB64D16EC92B

対岸より製錬所の遺構を眺める事が出来ます。製錬所は現在でもその施設を利用して廃酸、廃アルカリなどの産業廃棄物リサイクル事業を行っているそうです。足尾銅山は備前楯山を取り囲むように、この本山抗の他、小滝抗、通洞抗などがありましたが、この本山抗の施設が最も規模も大きく中心的な存在でした。

D007FA38-F813-4ED6-9897-00A2843B24FE

明治期に亜砒酸も産出し、精錬の副産物として硫酸も生産していた足尾銅山ですが、同時に深刻な公害問題も起こしていました。この小学校の社会科教科書にも載った足尾銅山事件は、全国に足尾銅山の名を負のイメージとして知らしめたものでした。

IMG_0787

わたらせ渓谷鉄道で来る途中、通洞駅に到着する手前の左手車窓に見える廃墟は、現在足尾銅山観光として公開されている通洞抗の選抗所跡です。足尾銅山は輸入自由化のもと、増大する海外鉱石の圧力と鉱脈の枯渇などにより、昭和48年には足尾銅山を閉山しましたが、公害対策に掛かる費用による採算性なども原因だったのかも知れません。

まだ続きます。

栃木県日光市足尾(1)、足尾銅山観光
栃木県日光市足尾(2)、旧足尾線貨物専用線跡
栃木県日光市足尾(4)、鉱山住宅跡(その1)
栃木県日光市足尾(5)、鉱山住宅跡(その2)
栃木県日光市足尾(6)、簀子橋堆積場