帯広のスナックで飲んでいたら外は白み出し午前4時。温泉ビジネスホテルふく井さんに急いで帰って速攻寝るも起きたらすでに12時。この日は釧路に移動しなければなりません。

IMG_0433

14:47発釧路行き各駅停車。キハ40北海道仕様車なんて何十年ぶりでしょうか。

IMG_0435

乗り鉄だった少年時代を思い出します。当然冷房無し。窓を全開にしてディーゼルのエンジン音を聞きながら風に目を細める。懐かしい昭和の汽車旅の感じ。

IMG_0436

すれ違いで小さな駅に停まってはホームに降りて風を感じてみたり。

61E2C0F4-466E-47E0-B0DD-42C0C8F1E88C

すれ違う特急スーパーおおぞらを撮ってみたり。

0D753711-EF9F-4DAC-8440-D6D42A03530E

海沿いに出たらいきなりの霧。うたた寝する間に気動車は尺別駅に到着。

38462091-BC36-4BD0-A87C-CAF3FA5E8101

この駅、駅前がほぼゴーストタウンとなっております。霧に包まれた廃屋たち。まるで異世界に飛ばされたよう。

12E4C057-E4A0-47F3-95C0-F1CE86316AE1

濃霧の中をスーパーおおぞらが爆音を轟かせながら通過して行きます。

1FA4161F-7F83-443E-BB2C-31A88B050D27

この辺りの線路は波打ち際、畦道、線路、崖。それ以外何もないという、北海道らしい風景が続きます。この何も無さが大好き。

77B5AC2E-5128-4F0B-9D18-8B7346AE7585

やがて車窓には馬主来沼の湿地帯。

IMG_0443

釧路駅に到着したのは夕方6時過ぎ。およそ3時間20分の長旅でした。それにしても、まさかの濃霧。釧路は今の季節、霧が多いそうです。知らなかった。