今年の2月、千葉県習志野市にある鷺沼温泉という温泉銭湯を訪れたのですが、運悪くボイラー清掃のため臨時休業。いつかリベンジしてやると思い、今回再訪しました。

image

 JR総武線津田沼駅からバスで習志野三丁目へ。辺りは年期の入った団地街。温泉なんてとても無さそうな雰囲気です。

image

 千葉街道沿いの路地を入った奥に、温泉銭湯の鷺沼温泉は有ります。

image

 脇に廻れば、崩壊しそうなバラック建築。この外観がすでにそそります。

image

 裏に廻るとボイラー室。屋根がもう崩れかけてます。

image

 正面に戻り路地を進んで突き当たり右手に入り口があります。男湯女湯それぞれの暖簾を潜って入る感じは銭湯の造り。

image

 下足棚に靴を入れ、年期の入った木造引き戸をガラガラと開ければ、在日朝鮮人系のお婆ちゃんの座る番台。

image

 480円を払うと、広くて天丼も高い脱衣所。脱衣棚は全て常連さんのお風呂用品で埋まっており、少々戸惑います。仕方なく脱衣カゴを適当な所に置いて服を脱ぐ。オープンの15時に入りましたがまだ誰もおらず、女湯の方からはオバチャン二人の話し声が聞こえてきました。

image

 浴室は広く、タイル画と板貼りの壁に描かれた富士山の銭湯画が見事。カランはお湯を出そうとしても水しか出ず、中央のシャワーのみお湯が出ます。調べたところ10年以上前から左右壁際のカランはお湯が出ないままのようで、放置を通り越して開き直ってます。(笑)

image

 お湯はラドン温泉とのみ表記されてますが、いわゆる関東でよく見る黒湯。ただこれが、あっつい!
 温泉計は40度を指してますが壊れているようで、体感的には左側47度、右側46度ぐらい。今まで入ったお湯でもトップクラスの熱さです。ただ有難い事に中央にある水道の蛇口を捻れば冷鉱泉がダバダバ出て来ました。浴感は熱過ぎてよく分かりませんでしたが、ぬめり感のある良質な鉱泉であると思います。
 ともあれ、在日朝鮮系バラック建築の放置プレイな銭湯という部分では、類い稀な経験が出来たのは確か。湯あがりは温度のせいか泉質のせいか、ホカホカが止まらない。

image

 バスで津田沼駅まで戻ったところで風呂上がりのビール。南口は千葉工業大学しかないので、北口の繁華街へ。

image

 立ち飲み屋『ギュートン軒』。駅から1分もかからない場所ですが、この立地条件が凄まじい。

image

 ビールは瓶のみですが、サワー系280円、小鉢や焼き鳥2本150〜180円、モツ煮250円と、かなりリーズナブル。

image

 お婆ちゃんとお母さんが二人で切り盛りする小ぢんまりした店ですが、いつまでもこのまま残っていて欲しい店です。