浦山地区は7年ほど前に一度訪れた事があります(埼玉県秩父(1)、浦山ダムと限界集落)。前回はダム湖に沈んだ寄国土集落の名残りを求めて訪れましたが、数年後その湖畔の集落の奥に廃村があると知り、再び訪れようと心に誓いながら何年も経ってしまいました。

image

 浦山ダムのダム湖であるさくら湖の東岸を進むとやがて県道は寄国土(ゆするど)トンネルに入り、そのトンネルを抜けた所に栗山集落への別れ道があります。西武秩父駅近くの国道沿いより浦山地区へ向かう市営バス(ワンボックス)が1日3往復運行されており、廃村へと登る道の入り口には茶山口という誰も利用しないであろうバス停もあります。運転免許を持っていない者としては実に有り難い。

image

 延々と続く坂道を登り続けて行くと、やがて沢を渡る辺りに三叉路があります。この辺りが旧茶山集落跡。いきなり廃屋が出迎えてくれます。

image

 三叉路の辺りの畦道を入ると4軒ほどの廃屋が。

image

 いつ頃から人が住まなくなったのかちゃんと調べてませんが、ただの空き家と言った感じの家も残っています。

image

 この生活道の狭さが限られた土地に密集して建てられていることを物語っています。

image

 4軒の廃屋の左手を登る生活道の跡を入って行くと、古い石垣が見えて来ます。

image

 この辺りには5軒ほどの廃屋が密集しています。

image

 家々を結ぶ生活道は人一人が通れるほどの畦道のみ。軒先きまで車は入って来れず、車社会になる前の山里の景色を残しています。

image

 廃屋のほとんどがかなり古い木造建築で、倒壊してしまった建物もあります。

image

 しかし、まさに時が止まってしまったかのよう。

image

 この三輪車は某廃墟サイトでも見かけましたが、この場所に置かれてどれくらいの年月を過ごして来たのか。

image

 集落から沢を挟んだ向こう側には畑の跡らしき石垣がありました。一説によればこの茶山という地名は茶畑があった事からという話もありますが、耕地は狭く谷底のため日当たりも悪いです。副業として炭焼き小屋などを建てて炭を作っていたとも言われてます。

image

 江戸期は害獣対策として領主より鉄砲を賜っていたと言われています。なのでマタギのように狩猟も行っていたのではないかと思われます。秩父には小鹿野のような狩猟を生業として来た地域も多く有りますし、集落の真横に沢が流れているので近くで獲物を解体する事も出来ます。

image

 そのため、昔この辺りに住んでいた人々は部落差別を受けていた可能性も考えられますが、その辺は地元の方にしっかりと時間をかけて取材しなければなりません。

image

 ここ浦山川沿い一帯は江戸中期には17の集落に180軒もの家屋が存在したそうです。

image

 家々の土台を成す石積みはかなり古い物ばかりで、中には江戸期の物も残っているかもしれません。

image

 ここ茶山集落を始めとする浦山地区の廃集落群は廃墟好きの間でも有名で、多くの人が訪れています。そのため心無い輩に荒された集落もあったようで、家々には立ち入り禁止の札が貼られています。

image

 とはいえこの茶山集落に関して言えば訪れた廃墟好きの方々のマナーが良かったのか、全くと言っていいほど手付かずで残されています。

image

 私も中には進入せず、玄関先や軒先きから撮らせていただきました。

image

 今後もこの集落が当時の姿を残したままの状態で、ゆっくりと倒壊し自然に帰して行くことを願います。

埼玉県秩父市浦山地区(1)、ダム湖と限界集落
埼玉県秩父市浦山地区(3)、廃村、嶽集落
埼玉県秩父市浦山地区(4)、廃村、栗山集落(前編)
埼玉県秩父市浦山地区(5)、廃村、栗山集落(後編)
埼玉県秩父市浦山地区(6)、廃村、山掴集落
埼玉県秩父市浦山地区(7)、浦山中学校跡と川俣小学校跡