北海道は遠くなかなか行けません。今や新幹線が新函館北斗まで開通したとは言え、新幹線は料金が高い上函館から道東までは相当に時間も掛かるので、お金と時間を考えると往復飛行機の一択になってしまいます。

image

 元々飛行機は30代後半に初めて乗り今回3回目なのですが、旅としてどうも距離感が実感できないので好きになれません。しかし背に腹はかえられぬということでJALの先得割引で帯広空港へ行き、帰りは主要な空港からしか飛ばない格安航空会社、いわゆるLCCを利用するために千歳から帰るという方法を取りました。このLCC、びっくりするくらい席が狭く、安いは安いなりの理由があると理解しました。
 さて、帯広を中心に回った今回の旅ですが、新千歳空港から帰る前に立ち寄る所となると、交通の便を考えれば自ずと札幌になります。しかし今年(2016)の8月末に北海道を襲った台風10号による被害は深刻で、根室本線の芽室〜新得間では橋や路盤が流されるなどして10月ぐらいまで不通となり、代行バスでの運行となってしまいました。しかしその代行バスも1日3本しか無く、結局1~2時間に1本運行されている高速バスを利用して札幌に出ました。旅行3日目にして全く鉄道に乗っていないという由々しき事態。

image

 帯広を3時に出た都市間高速バス、ポテトライナーが札幌に着いたのは、すでに陽も落ちた午後7時。素泊まりで取ったビジネスホテルに荷物を置いて、早速夜のススキノへと繰り出します。

image

 夕食はススキノの外れにある回転寿司の『ぱさーる』。およそ寿司屋らしからぬ名前の店ですが、ここが安くて美味い。北海道の地魚を堪能しました。

image

 翌日、日中のススキノを散策。なかなか味のある建物も多く残されています。

image

 こちらはススキノ市場。上は団地になっています。

image

 雰囲気の良い喫茶店。と思ったら映画『探偵はバーにいる』のロケにも使われたそうです。

image

 さて、ここからが本題。北海道大学植物園の重要文化財を巡って行きます。写真は明治15年建造の博物館本館。日本最古の博物館建築だそうです。中には動物標本などが展示されており、展示ケースの一部のガラスは明治時代の手焼きガラスがそのまま使われています。

image

 その隣に建っているのがバチェラー記念館。イギリス宣教師の邸宅を移築したもので、内部は非公開。

image

 便所も重要文化財です。札幌農学校で使われていたものを移築しており、実際に使えます。

image

 こちらは明治18年に建てられた収蔵庫。

image

 明治34年に建てられた旧事務所。

image

 宮部金吾記念館。初代園長である宮部金吾博士の遺品を中心として、植物園の歴史について紹介されています。

image

 正面入り口脇に建つ門衛所。大正時代の建築で、現在でも守衛室として使われています。

image

 そんなわけで、札幌駅が巨大になっていた事に驚きつつ快速エアポートに乗り、札幌を後にしました。札幌は二回目ですが今回も時計台は横目で見た程度です。