およそ一年半振りに武蔵小杉を訪れました。以前訪れた様子はこちら

image

JR南武線武蔵小杉駅北口駅舎。中原街道に面したこの駅が、本来の武蔵小杉駅と言えるでしょう。

image

その武蔵小杉駅の東側から線路をくぐり南に出ると、UR小杉三丁目市街地住宅があります。ここから南東に掛けての一帯が、小杉町3丁目東地区再開発区域となっており、タワーマンションが計画されています。背後にはすでに完成した小杉町3丁目中央地区のプラウドタワーが聳え建っています。

image

一階はスーパーマルエツ。二階から上は「コ」の字をした団地。

image

住人は立ち退きがほぼ完了しています。しかし本来の計画では今年度(2016)土地の引き渡しが完了し解体工事が始まる予定でしたが、地権者や住民らの反対もあって計画が遅れています。

image

マルエツの向かいの線路際には抜け道のような路地があります。

image

すでに廃ビルとなっていますが、再開発の完了した中央地区から駅へ抜ける人々が、私道のようなガタガタ道をひっきりなしに歩いていました。

image

マルエツの並びには多くの古いビルが建ち並んでいます。この一帯も全て取り壊す予定ですが、今のところ普通に営業しています。

image

こちらは東地区の東側、東急東横線武蔵小杉駅の西側になります。
武蔵小杉総合情報サイト武蔵小杉ライフに再開発の全貌が記されていますが、凄まじいとしか言いようがないです。

image

こちらは東横線武蔵小杉駅西口の駅前にある路地裏飲み屋街、センターロード小杉。以前訪れた時にも撮りましたが、この一画だけは再開発されず高層マンション群の真ん中に残ります。

image

このセンターロードの中に武蔵小杉唯一のネットカフェがあります(まだ営業しているかどうか分かりません)。ここは昔一度だけ利用した事がありますが、角のタバコ屋のおばちゃんにお金を払って利用券を受け取り、二階に上がって兄ちゃんに券を渡すと席に案内されるという、なんとも怪しげなネットカフェでした。利用客は皆中国人で、しかもパソコンが猛烈に重い。

image

武蔵小杉は湘南新宿ラインが通るようになって以来地価が高騰し、閉鎖された工場跡地から次々と再開発が進み、今では常に住みたい街ランキングの上位に食い込むほどの人気を集めています。建てれば売れるとばかりに高層マンションが雨後の筍の如くニョキニョキと建ち続け、かつての埼玉県川口市のように急激に人口が増え続けています。

image

センターロードから南に向かった線路沿い、かつて小さな歓楽街が細々と生き残っていましたが、すでに跡形もなく消えていました。ここには条例的にアウトなピンサロ「レモン」があったと思いましたが、街の浄化かなんかで消されたのでしょうか。
武蔵小杉はもう落ち着いたとばかり思っていましたが、南武線小杉駅北西部の小杉駅北部再開発地区では今現在タワーマンションが建設中で、今回訪れた三丁目東地区でも計画が進んでいます。この異常なまでの再開発はいったいいつまで続くのか。また、武蔵小杉の未来はどうなって行くのか。今後、様々な問題が浮かび上がって来るような気がします。