大都市池袋の隣ということで、そこそこ栄えていながらも開発が遅れ、未だ昭和の匂いを濃く残している大塚周辺。しかし歴史は古く宿場町としても栄えていました。

image

 JR山手線大塚駅は都電荒川線と交差しており、山手線開業当時は池袋よりも全然栄えていたそうです。

image

 駅前には絶滅寸前となってしまった行商のお婆ちゃんが毎朝野菜などを売ってます。

image

 不定期営業で朝の限られた時間のみ風呂敷を広げていますが、地元の方々で大盛況です。

image

 大塚の凄いところは、首都圏に於いてとうに絶滅してしまったと思っていたピンサロが、何軒も生き残っているということ。

IMG_20160604_121006241

 目立った風俗店街までは行きませんが、いい感じにやさぐれています。

image

 大塚のピンサロはかつての川口や赤羽と同じ摘発対象となるようなサービスをしていないから生き残っているのか、そこまで潜入してないので分かりませんが、客引きは健在です。

image

 北口のメインストリートとも言える銀の鈴商店街。主に飲食店が多く、その中に風俗店が点在するという、いわゆる歓楽街です。

image

 もともとキャバレーでも入っていたのかと思えるような昭和感溢れる造りのビル。二階にはキャバクラが入り、一階は居酒屋。この居酒屋がまた安い。奥には角海老ボクシングジムがあり、建物の前が喫煙所となっています。なのでスパークリングを眺める人で人だかりが出来ることも。

image

 北口駅前の歓楽街から都電の線路を挟んで向こう側にも、微妙な飲み屋街があります。

image

 駅からも見えない奥の方にあるのでなかなか見つかり辛い一角なのですが、建物がことごとく古い。

image

 年季の入った木造建築。この一帯は雰囲気からすると五反田に近いだろうか。ただ、ホテル街は次回紹介する北口三業通りの奥の、かなり離れた場所にあります。そのためデリバリー系風俗業者は定着せず、結果ピンサロの街なのかも知れません。