かつてのスキー天国。私も第二期スキーブームと呼ばれる90年代には、在来線のシュプール号に乗ってよく通っていた越後湯沢。今回はかぐらスキー場へ春スキー(スノボ)をしに行ってまいりました。

IMG_1874

 スキー人口の減少により潰れた店や宿泊施設も多く、かつての賑わいは既に無くなっています。

IMG_1882

 さすがに平日の昼間だけあって、駅構内のお土産コーナーも疎ら。

IMG_1885

 今回訪れたのはギリギリかぐらスキー場で春スキーが出来る4月半ば。暖冬のせいで例年よりも半月ほど早く桜が満開となっていました。

IMG_1883

 新幹線口のある駅の西側は、スキー場を背にして温泉街が続いていますが、巨大ホテルに紛れてバブル期に建てまくったリゾートマンションも紛れています。どれくらい人が住んでいるか謎ですが、近年中国の資産家が投資目的でよく購入しているとか。

IMG_1888

 巨大ホテルは都心からのアクセスの良さもあってか、どこも細々と営業を続けているようです。新幹線は偉大です。偉大だけど高いから乗らず、私は新潟交通の高速バスに乗って来ました。池袋から高速湯沢バス停まで片道2500円。新幹線だと6千円ぐらい掛かります。

IMG_1886

 温泉街の中に建つ居酒屋『呑どん』。夜訪れれみましたが、やはり米どころだけあって米が美味い。また、新鮮な山菜と甘海老の唐揚げをつまみに新潟の地酒が進む進む。この地酒のラインナップも豊富で、年に何度かしか飲めない八海山の原酒や久保田の原酒なども揃っていました。ていうか美味かった。

IMG_20160412_224213275

 最後の一杯は奮発して一番高いお酒、北雪YK35。なんと一合二千円!これが地元でもなかなか手に入らないと言われる幻の日本酒で、夏子の酒のモデルにもなったそうです。日本酒の旨味がハンパない。というか旨味しかない。スッキリしていて、香りだけが残る感じです。

IMG_20160412_19543814

 いい気分で店を出れば月明かりを背にした夜桜。

IMG_1876

 すっかりただの日記のようになってしまいましたが、気を取り直して在来線側の東口。駅前の下り坂です。こちらは温泉街と違って地元臭の漂う商店街です。

IMG_1877

 駅前商店街の途中のある江神温泉浴場。地元の方々に愛されている共同浴場です。

IMG_1879

 ただこちらのお風呂は塩素消毒がキツイと、各温泉ブログで不評だったりしたので入りませんでした。

IMG_1872

 駅からほど近く、廃墟化した宿泊施設、白銀閣跡があります。

IMG_1870

 閉館となったのがいつかは分かりませんが、2014年7月までは口コミ投稿があるので一年半は経っていないようです。その割には崩落っぷりがハンパないのですが、雪下ろしをしなかった結果、という事でしょうか。

IMG_1891

 街の外れには大きな学校。と思ったら、廃校でした。湯沢は少子化による小中学校の統合や高校の閉校などがあるようです。湯沢町では2014年、5つの小学校と1つの中学校が統合された湯沢学園が開校されています。

IMG_1894

 廃校の隣に建っているのは白瀧酒造。都心部のコンビニなどでもよく見掛ける『上善如水』の蔵元です。この規模の工場で東京中の上善如水の出荷量を、果たして賄えるのか。

IMG_1897

 宿泊したのは駅近くのゲストハウス扇和さん。素泊まり4千円未満で温泉にも入れます。

IMG_1867

 お湯は無色透明な単純温泉。あまり特徴を感じられないお湯ですが、源泉温度が高いため夏場以外は加水無しの100%源泉のようです。さほど個性的では無いお湯ですが、鮮度は良いです。

IMG_1881

 スキーシーズンが終わるとすっかり人けのない寂れた街となってしまう湯沢ですが、街の至る所に桜。湯沢に限らずですが、新潟県中越地方は本当に、そこら中に桜を目にします。雪深い地方だからこそ、春を感じたいからかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村