以前、蒲田温泉や六郷温泉の黒湯に浸かって以来すっかり大田区の温泉の虜になってしまいました。大田区の温泉は大きく分けて蒲田周辺と糀谷、大森、池上、洗足の五カ所に集中しています。今回はその内、池上周辺を攻めてみました。

IMG_20160401_114959748

 東急池上線には未だ木造ホームが多く残されていますが、大正11年開業のこの池上駅も魅力ある木造駅のひとつです。

IMG_20160401_115621513

 今ではなかなか見なくなってしまいましたが、駅構内の踏み切りを渡らなければ向かい側の五反田方面行きホームに行けないという、跨線橋の無い相対式ホーム。乗り遅れた時の悔しさ倍増ですが、朝のラッシュ時には踏み切りを手動操作しているとか。

IMG_20160401_114557717

 池上は池上本門寺の門前町で、巣鴨ほどでは無いですが高齢者が多いです。住人も高齢化した下町といった感じで年寄りが多い。

IMG_20160401_114136537

 そんな池上駅の北側ほど近くに、久松温泉があります。火曜日定休、10:00~24:00。

IMG_20160401_114112995

 建物は立派な鉄筋コンクリート造。しかし中の設備は竣工当時からあまり変わらないのか、なかなか古さを感じさせます。東京都の銭湯料金460円を払い中へ。

20160401_113520_515

 浴室はかなり広く、普通の浴槽とジェットバス、電気風呂、温泉浴槽が温めと熱め。どれも広々としています。さらにサウナと水風呂も完備。
 肝心のお湯はナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉ですが、まず、鬼熱い。備え付けの温度計を見てみれば、なんと46度!温めの浴槽なのに、全然温くない!
 そんな熱湯風呂に地元のお爺さん方は平然と入って行く。江戸っ子恐るべし。ちなみに熱めの浴槽は温めとそんなに変わらず、恐らくは47度。46度浴槽はギリギリ浸かれましたが、熱め浴槽は無理でした。
 浴感はあまり特徴を感じないサラサラとしたお湯で、恐らくは加水していると思われます。匂いも薄め。コーヒー色のお湯は透明度10センチといったところ。

IMG_1853

 池上駅から線路を渡って反対の南側へ歩くと、住宅街の中に温泉施設の桜館があります。季節はまさに桜の季節。
 無休、平日は12:00~25:00、土日祝日は10:00~25:00。

IMG_1854

 こちらの施設、建物は鉄筋コンクリートながらもかなり古いです。二階は飲食コーナーとともに宴会場もあり、地元の町内会が宴会をするなど、昔から地域の方々のコミュニティーとして愛され続けているそうです。
 また、春から秋にかけての金土日祝日は屋上露天風呂も営業されていますが、月の前半は女湯、後半は男湯となっております。

IMG_20160402_123108

 内装はリフォームされており、かなり小綺麗。浴槽は普通のお湯がメインで、もちろんサウナも完備。温泉浴槽は窓ガラスに区切られた吹き抜け部分にあり、岩風呂となっています。
 お湯はなんと、加水無しの源泉100%の加温。透明度5センチの濃いナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉です。温度は40度とかなり温め。ゆっくりのんびり浸かれます。浴感はサラサラですが、浸透圧が高いのか、湯上がりは肌の表面がすぐ乾きしっとり感が持続します。
 また露天風呂もあるようですが、月の前半は女湯、後半は男湯という感じになっているようで、今回は入れませんでした。

IMG_1848

 隔離された温泉浴槽は吹き抜け上部の窓が全開に開け放たれ、自然の風が取り込まれております。その窓の外に桜。もう少し遅い時期に来れば、もしかしたら黒い湯船に薄紅色の桜の花びらが浮かんでいたかも知れません。あと一週間遅ければ。

IMG_1859

 最後に訪れたのは、桜館から線路を渡って北東に行った、西蒲田にある黒湯温泉。駅で言えば蓮沼が近いかも知れません。こちらは昔ながらの銭湯と行った感じで、サウナなどはありません。また、ここにも露天風呂があるようなのですが、ここも月の前半は女湯、後半は男湯となっており、入れず。

IMG_1861

 まさに下町の銭湯。浴室のペンキ画の富士山も見事です。温泉浴槽は狭く追いやられている感じですが、ここのお湯は加水していそうなんですけれども、なんか濃い。ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉のお湯は43度のちょうど良い湯加減。湯船に浸かれば、キタ!鼻を突くミントガム臭!
 ここはけっこう好きになりました。

※追記
 第二日の出湯は2017年10月31日をもって閉業となりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村