小川南病院から坂を下ると、田んぼの真ん中にぽつんと小川高校下駅跡が残されています。

IMG_1669

 駅名表示板やミラー、信号機などは取り外されていますが、それでも往年の雰囲気を今に残しています。

IMG_1673

 地元の子供達が学校行事でペイントしたのでしょうか「未来へ走れ!鹿島鉄道」の文字が、虚しくも時代の流れを思わせます。

IMG_1685

 廃線跡はこの辺りで霞ヶ浦に最も近づきます。およそ40年ぐらい前の私がまだ子供だった当時、大した山も川も海も無く、ただ平坦な葦の原野が広がる光景に愕然とした記憶があります。山奥の部落育ちにとって海はリアス式、川は渓谷というイメージがあり、関東平野つまんねー!というカルチャーショックでした。

IMG_1682

 琵琶湖同様観光地としてはガッカリな景色で、写真を撮るとしたらこのような物になります。小さな漁港の端に伸びたバラックは、漁関係の小屋でしょか。

IMG_1680

 土手の上を走る廃線跡の途中、漁港への生活道が潜る所に小さな鉄橋。

IMG_1681

 銘板を見ると、なんと大正15年造。大正13年に鹿島参宮鉄道として石岡~小川間が開業し、大正15年に小川~浜間が開業しているので、まさに開業当時のままの鉄橋という事となります。

IMG_1689

 次に訪れたのが旧桃浦駅跡。

IMG_1695

 つい最近まで駅舎(待合室)が残っていたそうですが、タッチの差で解体されてしまいました。ベンチだけが無造作に置かれています。

IMG_1690

 プラットホームだけが当時の面影を残しています。現在はソーラー畑が広がる。近年、電力の自由化や放置された農地などの再利用などから、地方ではソーラーパネル発電施設(個人的にソーラー畑と呼んでいる)が急速に増えて来ました。

IMG_1696

 他に残っているのと言えば駐輪場跡に積み上げられた廃材。

IMG_1700

 次の駅は八木蒔。桃裏からはバスで移動しました。丘の上を走る県道から森の中へ。そこに突如現れた八木蒔駅跡。県道からのアプローチが林道のような狭い道を下っていくので、非常に分かり辛かった。

IMG_1702

 駅名表示板や時刻表などは撤去されていましたが、ホームと待合室はしっかりと残っています。

IMG_1706

 八木蒔集落の奥にあたるこの駅。なぜこんな森の中に造られたのだろうか。ともあれシチュエーションが凄い。

IMG_1710

 霞ヶ浦へ向かって坂を下ると八木蒔集落があります。しかしここ、廃屋がやたら多い。過疎でしょうか。

IMG_1709

 また、この集落の表札を見ると土子さんがやたら多い。沿線の駅跡地の宅地開発でよく目にした不動産会社、土子商事と関係あるのでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村