町田市はよく神奈川県だと思われがちです。新宿から小田急に乗り、多摩川を越えて一旦神奈川に入り、百合ヶ丘などの山里を越えた向こうにあるので、無理も無いです。繋がっていても飛び地扱いなのが町田。

IMG_20150604_072654607

 しかし町田は、その辺の地方都市よりもずっと栄えています。この時点で密かに地方扱いなのは内緒。

IMG_20150604_072928481

 小田急とJR横浜線が交差しているため、新宿にも横浜にも出られるのが魅力で、丸井を中心とした商業地区はいつも活気に満ちています。ハンズもあればドンキもある。

IMG_20150605_16061546

 かつては長崎屋もありましたが、すでに潰れて解体中。しかしながら、車社会となった現代で、これほどまで廃れずに賑わっている郊外の駅前も珍しいです。

20150731_191235_329

 町田は大田区や下町方面と違って高齢化問題も無く、街は若者に溢れています。さすが小田急沿線と言ったところでしょうか。商業施設の前のスペースに屋台のワゴンを停め、簡単な椅子を並べただけの、気軽に飲める店を見つけたりもしましたが、コロナビール500円。oh!リッチピープル!
 駅前の路地にも立ち飲み屋は有りましたがチェーン店系で、立ち飲みのクセにお通しキャベツで200円も取る。

IMG_20150603_182459116

 そんな商業地区の奥に、昭和の香りが残る仲見世商店街があります。

IMG_20150603_182309157

 一年ほど前に一度通り過ぎた事があるのですが、その時と比べて随分シャッターが閉ざされています。

IMG_20150603_182221138

 この商店街は関東大震災後、旧国鉄原町田駅前(現在のJR町田駅より南)から旧町田街道までの抜け道として出来たそうです。

IMG_20150603_182331210

 商店街の中ほどに路地があり、商店街と並行する形で飲食店街があります。

IMG_20150603_182340187

 商店街は震災後の建造だからでしょうか、丈夫な鉄筋コンクリートで出来ていますが、その脇の飲食店街は青空にバラック。

IMG_20150603_18252528

 店は居酒屋からバー、スナックまで、一通り揃っています。

IMG_20150603_182555477

 路地の奥には共同トイレ。つまりこの飲食店街はトイレの無い屋台が発祥という事でしょうか。

IMG_20150731_190649742

 仲見世商店街の一本町田駅寄りの路地に佇む立ち飲み屋『まる助』。

20150731_184206_741

 飲み物400円均一(生ビールは小さめ)、食べ物300均一。お代は湯呑みにお金を入れておけば、そこから大将が抜いて行くシステム。
 内装は新しくしてますが、建物自体はかなり年季が入っており、大将が一人で店を切り盛りしてます。
 激安とまでは行きませんが、地価も高いのかも知れず、まぁ、こんなもんかなと言ったところ。しかし、町田に於いては貴重な存在です。

IMG_20150603_183504722

 一方、JR横浜線町田駅を越えて南口に出ると、先ほどまでの賑わいが嘘のように閑散とします。

IMG_20150605_153700429

 南口を出てすぐのところを流れる境川の周辺はラブホ街となり、急に人影が無くなります。ただ、一人の外国人女性が橋の袂でずっとスマホをいじってたりして、実に疑わしい。

IMG_20150605_154136963

 そのラブホ街の奥にはかつて「田んぼ」と呼ばれていた、ちょんの間地帯が広がっていました。実はこの境川が県境で、川の向こうのちょんの間跡地は神奈川県相模原市鶴間本町となります。当時は東南アジア系不法入国者の温床とも言われていました。

IMG_20150603_183638115

 その昔よく「追跡!警察24時」みたいなドキュメンタリー番組で、神奈川県警による町田のちょんの間一斉摘発の瞬間なんかをやっていましたが、橋を渡っちゃえば管轄外になって逃げられたりしたんでしょうか。(笑)

IMG_20150603_183808144

 度重なる一斉摘発の末、2007年頃には壊滅。その後立ちんぼが周辺のホテル街に出没していますが、跡地は現在、ただ駐車場が広がるのみ。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村