長野県北部の豪雪地帯、長野県市から更に奥という東京からかなり遠いスキーと温泉の街です。知名度としても野沢菜発祥の地として有名。

IMG_0277

 野沢温泉はとにかく外国人観光客、特に欧米系の観光客が日本人観光客より多いんじゃないかってくらいに多いです。これは街ぐるみで外国人観光客を受け入れようとしているからであり、観光協会や自治体、そして地元の方々一丸となっている証拠であります。

IMG_0300

 いくつもの沢が流れる山の中腹と言った感じで地形は起伏に富んでおり、坂の多い温泉街です。

IMG_20141223_104214597

 また日本有数の豪雪地帯でもあり、雪下ろしや除雪作業で苦労されています。

IMG_20141223_113845612

 そしてなんと言っても歴史ある野沢温泉スキー場があるため、シーズン中は多くの人で賑わいます。

IMG_0280

 街を歩くと、至る所にそそられるような古い建造物が転がっております。

IMG_20141223_152336518

 麻釜(おがま)源泉。観光スポットで温泉卵を作ることが出来ます。

IMG_0297

 狭い路地のずっと奥に豆腐屋さん。とても気になります。

IMG_20141223_130735169

 宿泊したのは『静泉荘』さん。色々と融通きかせてくれたり、とてもサービスのよいお宿でした。

IMG_20141221_215258398

 内湯は含芒硝石膏硫黄泉の掛け流し。奈良屋源泉という四~五軒にしか引かれていない希少な源泉です。黒い湯の花が大量に漂っており、泉質の良さを物語っています。お湯はサラサラで入り易く、その割には温浴効果がハンパなく、汗が止まらない。(笑)

IMG_20141222_173750367

 ひとの部屋で寛ぐ猫。(笑)
 襖を少し開けておくと勝手に入って来て、当然のようにコタツに潜ったりします。この宿の家主かも知れません。(笑)
 良い温泉とコタツと猫。これほど癒やされる宿はなかなかありません。

IMG_20141222_222136712

 夜は居酒屋だけでなく、お土産屋さんに薬屋さん、酒屋さん、外人だらけのステーキハウスなど、多くの店が夜遅くまで営業しており、とても活気に満ちています。これが本来の温泉街の姿のような気がします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村