マンション建設に携わる仕事を長く続けていますが、武蔵小杉は何度も訪れています。東急東横線で多摩川を渡り、JR南武線と交差する武蔵小杉は、それくらい昔からマンション建設が盛んな土地であります。

image

 右側、つまり東急東横線武蔵小杉駅の南側はNEC系列の工場や倉庫などが広がってました。それに対して左側は未だ再開発されていない地区が残っています。

image

image

 南口はもはや高層マンション群です。

image

 2014年11月20日にプレオープンを迎えるセブン&iホールディングスの巨大ショッピングモール。高層マンション群のど真ん中に建設されました。手前のバラック建築とのコントラストが半端ない。(笑)

image

 高層マンション群の向こうにはJR横須賀線、湘南新宿ラインの武蔵小杉駅、新南口があります。

image

 線路の向こうにはNEC。多摩川もあり、横須賀線と南武線は共に貨物線なので、そういった地の利があったからこその準工業地帯だったのかも知れません。多摩川下流の東芝企業城下町に対し、ここはNECの企業城下町と言えるかも知れません。

image

 NEC社員専用通用口。土曜日だったので閉まってましたが、平日は社員たちが駅の改札から流れて行きます。

image

 さて、中原街道沿いの古い鰻屋さんを眺めつつ、東急東横線武蔵小杉駅へと戻ります。

image

 再開発から逃れている一角に狭い路地があります。

image

 チェーン店系居酒屋が多くを占めますが、唯一と言っていい飲み屋街です。ショッピングモールが三カ所も出来ている武蔵小杉。モール内にもチェーン店系居酒屋が多く入っているので、高層マンション群の住人たちの需要は、そっちでどうにか賄っているんでしょう。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村