東急の駅のポスターでずっと気になってました。なので溝の口からの仕事帰り、ふた駅足を延ばして行って来ました。

image

 実車が展示されているのは、この玉電ひと編成とバス二台。まずはこのデハ200。この丸っこさは、ふざけてるとしか思えないwwww

image

image

 一般の方だと展示物の少なさに物足りなさを感じてしまうかも知れませんが、好きな人は興奮。

image

 これで入場料100円なら安いとか言ってしまいます。

image

 これこれ。小回りきくよう連結部の台車を一つにまとめる。だからって車軸一本て! ロマンスカーだって一応普通の台車でしたよ。

image

 三菱B623B。なんたって写真撮るのに引きが無い。(笑)

image

 東急コーチと言って田園都市の循環バスとして活躍してたそうですが、このバスは知らなかった。

image

 日野RB10。60年代前半の車両です。もう、こういう古いバス大好き。

image

 床が木のバスは、地元の箱根では小学生の頃まで走ってたな。つまり70年代。
 ちなみに夏の下北半島で出会ったJRバスの廃車体は1972年型のいすづBU10と思われます。

image

image

 至るところが透明なアクリルで内部まで見えるようになってますが、余計な事をする! 私は当時のまんまの状態見たいのに!(笑)

image

 あとは敷地の都合から輪切りにされた運転台などが展示されております。

image

 デハ3450形。

image

 懐かしい。高校時代には現役を退いていたかな。目蒲線と大井町線で活躍してましたが、一枚くらいしか写真撮ってなかったな。新車ばかり撮って旧車には興味ないようなミーハーでしたよ。

image

 モハ510形(復元)。さすがにこの時代は知らない。

image

image

 もう、いちいち格好いい。しかし写真撮りすぎ。こんな調子で大宮の鉄博なんか行ったらエライ事になる。(笑)

image

 館内には巨大なレイアウトがあります。

image

 しかし、街はNゲージなのに車両はHOゲージという。(^^;;
 あとは東武や東京メトロの博物館も見に行きたくなって来ました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村