IMG_4032

 那須温泉には2013年に二回訪れましたが、二回目に泊まったのが民宿街の中で最も人気のある宿、『新小松屋』。週末などは早目に予約を取らなければすぐ満室となってしまいます。

IMG_4033

 こちらは民宿街の中でも数少ない風呂のある宿。6千円代で一泊二食付き。その割には食事が量も味もしっかりしており、リピーターが多いようです。

IMG_3905

 唯一の酒屋は六時に閉まり、酒の自動販売機も近くにはありません。唯一、民宿街の下の方にスナックが一軒だけあったので、夕食後そちらの外湯に行きました。写真は外湯(無料の公共浴場)『河原の湯』です。建物は古いですが、入り口は民宿で貸してくれるICキーでロックされてます。そこだけ妙に近代的。(笑)
 ICをかざして解錠すると、中にはすでに地元の方々が四人ほど入浴中だったため、お邪魔しますと挨拶して入りました。お湯は酸性度が高く濃いめの源泉掛け流し。暫く浸かると汗が吹き出して来ます。
 温泉を堪能した後はビール。と言う事で、三軒ほど隣のカラオケスナックに突入しました。地元の常連さんに聞くところによると、那須に比べて塩原はかなり賑わっているとか。商工会が毎月イベントなどを企画し、集客に力を入れているそうです。那須湯本の集客意欲の無さを嘆いてましたが、民宿街と旅館組合、観光協会、商工会などの連携が上手く出来てないのでしょうか。お湯は最高なのに勿体ないです。

IMG_3896

 もうひとつの外湯、藤田屋のすぐ近くにある『滝の湯』は朝風呂で入りました。

IMG_3913

 誰も入っていなかったので、内部の撮影に成功。河原の湯もほぼ同じ構造ですが、浴槽は『ぬるめ』と『あつめ』の二つに別れております。

IMG_3907

 ちなみに、酸性度の強い源泉の場合、お湯そのものに洗浄力と殺菌力があるため、洗い場らしきものも無ければシャンプー以外は使用禁止です。毎日入っていれば、それだけで清潔と言う事でしょうか。

IMG_3909

 掛け湯用に用意された洗面器に常にお湯が注がれています。奥の洗面器はお湯の落差があるため温く、手前は落差が無いため少し熱め。奥から順番に四回掛け湯をすれば、少々熱いお湯でも入れる仕組みです。さらに、湯もみ用の板まで用意されており、温度調節も可能。

IMG_3916

 坂を少し登って民宿街を抜けると視界が開けます。水源地にも近い、岩肌が剥き出しになった谷。温泉地には付き物である噴煙地です。遠目に見て花が咲いてるように見えましたが、よく見れば百体以上はあろうかと思われる地蔵。しかも全て通路に向かって手を合わせてます。これはある意味怖い。

IMG_3917

 一番奥には史跡、殺生岩があります。恐山的なシチュエーション。観光地として栄えないのは、このためかなぁ、なんて思ったりもしちゃいました殺生岩とは九尾の狐にまつわる岩で、退治され岩となった九尾の狐が三つに割れて全国に散り、その一つがこことか。鳥獣が近づくと死ぬってことで恐れられていましたが、ようは硫黄による有毒ガスですね。
 帰りは那須塩原行きのバスがあったので、それに乗って山を降りました。ひたすら牧場牛しかいないような高原地帯を進み、新幹線も停まる那須塩原駅へ。したら、駅前にも何も無い! 新幹線の停まらない黒磯の方が古い町並みなどもあり、よほど栄えてました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村