IMG_3864

 横浜の北、京急神奈川駅から海に出れば横浜中央卸売市場があります。

IMG_3869

 ここは市街地の外れの工業地帯にあるため、築地のような雑然とした感じや古さは無く、閑散としております。‌‌

IMG_3866

 卸の店舗などが入った建物の一角に食堂街はあります。‌‌

IMG_3865

 早朝は賑わっているのでしょうが、昼休み時は市場職員と観光客のみ。‌‌

IMG_3887

 店の奥には魚が乱雑に積まれております。先週は地面にマグロが転がっていました。‌‌

IMG_3886

 大間のマグロ定食。高級なためか意外とボリュームは少なめ。とは言え、最高に美味い。‌‌

IMG_3923

 市場周辺には卸業者の建物が集まっているのですが、バラック建築が非常に多いです。‌‌

IMG_3926

 市場をぐるりと迂回するように流れる滝ノ川を見ると、川に競り出した水上バラックの群れ。‌‌

IMG_3922

 滝ノ川は埋め立て地を直線的に流れる運河の役目を果たしていた川です。映画『カイジ2』のロケ地になってたりもします。

IMG_3920

 埠頭も近いため、港湾労働者の町でもあった事を簡易宿泊施設が物語っております。つまりドヤ街。寿町ほどではありませんが。

IMG_3927

 滝ノ川を遡り第一京浜を越えると、土橋という小さな橋があります。この橋、どうも鉄道橋に見えてしまうのですが、廃線跡でしょうか。

IMG_3929

 滝ノ川を京急線が跨ぐあたり、ここにも川に競り出した水上バラックがありました。しかしよく見れば教会が紛れています。建っている土地も道路と川に挟まれた空白地帯のような狭い場所。

IMG_3931

 川沿い、線路沿い、教会、これらの条件を考えると、朝鮮部落を思い出してしまいます。真相は謎ですが、戦後のどさくさに紛れて不法占拠した建物ではないかと。

IMG_3934

 特に真ん中の建物などは脚が腐り、川に落ちかけています。

IMG_3933

 その建物を正面から見ると、かなりのけ反ってるのが分かります。別に廃墟ではなく、人が住んでいるのが驚き。
 ともあれこの界隈は非常に内容の濃いい街です。

※追記 2019年1月10日
夕方のニュース番組で写真中央のトタンが錆びたバラック住宅を、倒壊危険空き家住宅として取材してました。 番組によればこの物件は借家で、2年前に住人は引っ越し。大家さんはアメリカに住んでおり連絡が取れないとか。さらにこの物件、昨年末に解体工事が始まり取材したところ、横浜市は依頼していないそうです。報道が来た事が大家に伝わり、急いで解体したのでしょうか。謎は深まるばかりです。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村