京浜東北線と山手線が併走する区間、特に上野から神田、有楽町と高架が続き、この明治に造られ震災や戦災を生き延びた赤レンガの高架下には、様々な商店や事務所、倉庫などがひしめき合っています。代表的な物としては闇市の名残であるアメ横のガード下商店街などがありますが、最近では御徒町~秋葉原間の倉庫だった所を改装し、ショッピングモールのような形で有効活用していたりもします。‌‌

IMG_20140326_124514319

 しかし、上の写真は新橋駅北側になりますが、本来ガード下と言えば中小企業のサラリーマンのオヤジたちが仕事帰りに立ち寄って一杯引っ掛けていく飲み屋、と言ったイメージがあります。そして神田や有楽町、新橋などには昭和の高度成長期から続く古い飲み屋が多く残っています。‌‌

IMG_20140326_124929813

 有楽町から新橋までの間には、京浜東北線、山手線、東海道本線、新幹線、それと並行して首都高環状線まで走ってます。高速道路の下は首都高速の施設となっており、JRとの間の狭い道は専用道路で立入禁止になっています。覗いて見ないとなかなか気付かない空間。‌‌さらにここは中央区(右)と千代田区(左)の区境になります。

IMG_20140326_125018261

 一方JRの下は、駐車場の奥に有楽町へ向かって通路があります。両側には延々とシャッター。時折居酒屋や寿司屋なんかがあったりして、ちょっと異質な空間となっています。‌‌

IMG_20140326_125211529

 2階、つまり線路の真下に上がる階段があり、そこを昇ると狭くて薄暗い廊下が延々と真っ直ぐ続いている。廊下の両側は事務所だったり倉庫だったりしますが、基本的2階は関係者以外立入禁止です。‌‌

IMG_20140326_125539129

 実はこのガード下、以前友人に紹介してもらったインターナショナルアーケードという、闇市を発祥とする商店街の跡地なのです。‌‌

IMG_3470

 シャッターアーケードを抜けると東側に泰明小学校・幼稚園があります。

IMG_3468

 昭和4年(1929年)竣工。震災復興学校の一つで、島崎藤村や北村透谷が卒業したことでも知られています。
 この耐火耐震を徹底した震災復興建築はどれも高いデザイン性を持ち、細部の装飾にも凝っております。

IMG_3472

 泰明小学校の南側、つまりインターナショナルアーケードの東側は歓楽街となります。新橋と有楽町の間ですが住所的には銀座5丁目6丁目。この界隈はクラブやパブ、スナックなどが軒を連ねるネオン街です。

IMG_3477

 同じ銀座でもデパートやオフィスの建ち並ぶ4丁目とは打って変わって、松坂屋はあるもののこちらは夜の街。狭い路地裏に入ればバーなども多くあります。

IMG_3487

 泰明小学校から銀座6丁目まで進むと交詢通りに交差し、左手、松坂屋方面に歩けば、通りの名前の由来にもなった交詢社ビルがあります。
 財団法人交詢社とは明治13年(1880年)、福澤諭吉によって創立された日本最初の実業家社交クラブであり、講演会、公開講座等の実施、各種文化事業に対する援助、施設の管理運営及び貸付が主な活動内容であ~る(出典:Wikipedia)。って、話がデカ過ぎてもう何がなんだか(笑)。
 かつて震災後の昭和4年(1929年)に再建された歴史的建造物があったそうですが、2004年に建て替えられてしまいました。しかしながら正面玄関の部分だけを解体せずに残して建て替えるという離れ業を見せてくれたようです。今でも新築商業ビルの正面に、まるでオブジェのように立派な装飾が残されております。
 古い物を壊して新しい物を建てるだけではなく、このように歴史を大切にすると言う考え方は、銀座ならではなのかも知れませんね。

中央区有楽町(2)、ガード下の飲食店街
中央区有楽町(3)、有楽町電気ビルヂングの飲食店街

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村