午前中に仕事が終わり昼下がり、そうだ、熱海に行こう。と思い立ち、衝動的に行ける気軽さが熱海にはあります。
 寂れた観光地の雰囲気や廃墟や昭和の町並みを想像しながらバスタオルとカメラだけを持ち、四時頃に家を出て各駅停車。熱海に到着した時には既に陽も落ちた午後六時。駅前は暗く店のシャッターは降ろされており、人の気配すらしません。さて、宿を観光案内所で探して貰うつもりでしたが、観光案内所のシャッターまで降りている。午後五時営業終了て、なんたるやる気の無さ。‌‌仕方なく安く宿を求めて駅から市街地へと坂を下って行きました。
 JR熱海駅は山の中腹に張り付いており、海沿いにある中心街までは急な坂道を下り続けて行かなければなりません。‌‌
 坂を下り始めた時にふと、『竜宮閣』と言う非常に古い温泉宿が目に入りました。ちなみに写真は全て翌朝に撮影した物です。‌‌

IMG_3789

 飛び込みで入ったところ、素泊まり一名五千五百円と、まあまあリーズナブル。

IMG_3788

 玄関の造りの古さにも惚れ込んでしまい、即決。聞けば戦前の建物だそうで、もはや文化遺産レベルです。‌‌

IMG_3785

 いたるところが昭和の熱海。‌‌

IMG_3786

 宿泊施設で今どきこれは無い!でも嬉しい!

IMG_3774

 部屋には一段高い位置に展望台のような小部屋があり、以前は花火大会なども一望できたとか。‌‌

IMG_3775

 しかし現在では巨大なリゾートマンションが建ちはだかり、海すら見えなくなってしまいました。‌‌

IMG_3782

 お風呂は貸し切り制でふたつ。広いとは言えない浴槽と、えらい小さな浴槽。

IMG_3791

 しかしながら路地を挟んだ隣の源泉からダイレクトに引いており、源泉掛け流し百パーセントの良いお湯でした。‌‌熱海は温泉湧出量に対する宿泊施設の建設過剰により、循環や加水などをしている宿も多いのです。‌‌

※以下の記事は2015年の秋に熱海を再訪した時の記事になります。

 観光案内所でゆっくり休憩のできる日帰り入浴施設を探してみたところ、日航亭大湯さんを紹介していただきました。

IMG_20151017_135204932

 ここが、昭和の熱海の雰囲気を残す元温泉旅館でした。

IMG_20151017_140652194

 素晴らしい建物です。建物の老朽化を理由に宿泊業務をやめて日帰り専門に切り替えてから、もう随分経つそうですが、実にもったいない。

IMG_20151017_140719497

 お風呂は離れになります。

IMG_20151017_140932389

 広い内湯、露天、共に源泉100%掛け流し。源泉温度が92度と高いため、加温無しです。

IMG_20151017_142146756

 露天と言っても屋根付きの半露天ですが、秋の風が実に心地良い。源泉は安保泉(熱海23号泉)で、ナトリウム・カルシウム・塩化物泉。熱海特有の舐めると非常にしょっぱいお湯です。内湯と露天の間でお湯を循環させる事によって、露天が冷め過ぎないよう工夫されてました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

静岡県熱海市(2)、観光産業の光と影
静岡県熱海市(3)、今に残るカフェー建築
静岡県熱海市(4)、来宮の山沿い〜山田さんちの山田湯
静岡県熱海市(5)、2015年末で閉鎖される水口第一第二浴場
静岡県熱海市(6)、坂の途中の建築物と海沿いの廃墟
静岡県熱海市(7)、旧赤線地帯再訪〜渚町
静岡県熱海市(8)、龍宮閣に再訪・福島屋旅館・駅前浴場
静岡県熱海市(9)、山にめり込むヘアピンカーブ