バスターミナルの近く、湯畑へと降りてゆく道を少し下ったところにあるのが『瑠璃の湯』。

IMG_3279

 パッと見、見過ごしてしまう、民家と見間違うような造り。

IMG_3277

 こちらも狭く、やはり三人が限界と言ったところです。午前中の利用者も居ない時間帯だったので、入らせて頂きましたが、この普通の民家っぽさがなんとも生活感溢れていてたまらない。

IMG_3275

 草津はいくつもの源泉があり、それぞれ個性ある泉質を持ってます。瑠璃の湯は透明で酸性ながらも柔らかい湯畑源泉。

IMG_4224

 瑠璃の湯の向かいの路地を入り抜けた先にある『白嶺の湯』。お湯は草津で最もポピュラーな湯畑源泉。柔らか目で比較的入り易いお湯です。‌‌

IMG_4225

IMG_4227

 浴槽は他の外湯と比べて広く3~4人入れる感じで、運よくまだ誰も入ってなかったため内部の写真も撮る事ができました。‌‌

IMG_20140115_124254

 今度は湯畑より下に向かいます。

IMG_3233

 湯畑から少し坂を下った所にある『千代の湯』。

IMG_3229

 ここは白旗の湯と同様に観光客にも解放されておりパンフにも載っている外湯です。お湯は硫黄臭少な目で無色透明な湯畑源泉。

kusatu_zizou01

 次に訪れたのは『地蔵の湯』。こちらも表立って観光客に解放されているので、かなり広めであります。

IMG_3273

 とは言え、扉を開けたら脱衣場の隣に浴槽と言う造りに驚かされる。浴室の中に脱衣棚があると言ったダイレクト感。

IMG_3272

 お湯はすぐ隣に源泉のある地蔵源泉。白旗源泉ほどではないですが、湯畑源泉よりも濃い印象。個人的には結構好きなお湯です。

 つくづく感じたのは街と温泉が密着しているという事。長い歴史もありますが、とにかく温泉地の中の温泉地と言った印象を受けました。草津が観光地の中で現在の地位を築いているのは、マスコミの力や広報活動のしたたかさなどのためと思っていましたが、この地域の力という素地があってこその物であると、ある意味見直しました。他の観光地とは意識が違う。
 なお、外湯は地元の人々の手によって修繕、改築が頻繁になされております。建築物として古い物はさほど多くないです。しかしながら、その地域に古くからある習慣や生活というものを感じる事ができ、この辺が外湯めぐりの魅力とも言えます。

群馬県草津温泉、温泉宿と日帰り入浴施設
群馬県草津温泉、外湯巡り(1)

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村