江戸時代から東京の食品流通を担ってきた日本橋魚河岸をはじめとする市場群が、大正12年に起きた関東大震災で壊滅したのを受け、隅田川や汐留駅といった水運、陸運に恵まれていた旧外国人居留地の海軍省所有地を借り受けて臨時の東京市設魚市場を開設したのが、築地市場の始まりである。
(出典:Wikipedia)

 一時はオリンピック誘致の失敗で取り壊す大義名分が半減した築地中央卸売り市場でしたが、施設の老朽化やトラック等の駐車スペースの狭さなどから移転計画は続行。移転先である豊洲の土壌汚染問題などで揉めたりもしましたが、2025年東京オリンピック開催決定を受けて移転が正式に決定。しかし移転するのは場内市場のみで、場外市場は置き去りにされる形となる。

IMG_2354

 とにかく古い。手前の建物も外国人居留地時代の物かなどと思ってしまうが、定かではない。

IMG_2356

 場外市場にて。休日や平日の午後など場内市場が休みの日は、店も開いておらず閑散としてます。

IMG_2357

 下町でもあまり見られなくなった建築物が密集しています。
まさに都心の異次元といった雰囲気。

IMG_2360

 木製のリヤカーと言うか大八車と言うか、現役で活躍してます。

IMG_2362

 場内市場と場外市場の間は現在埋め立てられているものの、かつて運河で仕切られていたようで、橋の跡があります。その橋の袂に立つガス灯らしきポール。

IMG_4136

 築地、とは言っても中央区区役所の裏手辺りなんですが、古い建物の鶏肉屋があります。

IMG_4137

 よく残ってるなぁと、じっくり見てみると、
 電話 東京(54)百七十七番。
 昔の電話番号でしょうか。
 『東京』とあるのは、まさか電話局に交換士がいた時代?
 しかも現在四桁から始まる所が二桁で、番号も四桁ではなく三桁!
 いつ頃の時代なんだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村