【お詫び】
 枝川の記事は以前より公開しておりましたが、撮影地について私がとんだ勘違いをしてました。地図を頭に入れて訪れたのですが、朝鮮人居留地だった枝川一丁目を訪れるはずが手前の埋め立て地である枝川二丁目を歩いてました。今まで間違った情報(画像)を公開していた事を深くお詫び申し上げます。今後同じようなミスを犯さぬよう、住所をしっかりと確認するよう心掛けます。
 なおこの記事は以前公開していた文章に多少手を加え、画像については2015年1月22日に再訪し改めて撮影したものです。


 この街は1940年、大平洋戦争に伴い幻となった東京オリンピックの誘致のため、会場確保の名目で江東区内在住の朝鮮人約千人が移住させられた土地であります。

IMG_20150122_154108883

 ここは川崎池上町などのように不法占拠して住み着いた土地とは違い、区画整理が整然と為されており、車道もちゃんとした広さを保ってます。

IMG_20150122_153655993

 しかしその車道は外周と中央を貫く部分のみで、内部は非常に狭い路地が碁盤の目のように張り巡らされています。

IMG_20150122_154741258

 運河を隔てた向かいは旧夢の島(現在は江東区清掃工場)であり、昔は衛生面においてかなり劣悪だったとか。

IMG_20150122_155602648

 この枝川が注目を浴びてしまったのは2003年、東京都(石原前都知事)がこの地に建つ朝鮮初等二級学校に対し、土地無償賃与の期限の切れた1990年以降の土地使用に対する賠償額4億円を請求する裁判を起こした事からであります。この裁判は2007年3月、学校側が1億7000万の土地取得金を支払う事で和解しました。ちなみに映画『パッチギ』の続編の舞台もこの学校です。
 枝川を調べるとこのような裁判や事件ばかりが目につきますが、あくまでも『ひとつの出来事』に過ぎず、当然ながら別にしょっちゅう揉めてる訳ではありません。差別する者は往々にして、突っつくネタを見つけては自らの立場を正当化しようとするもの。個人的には、そのように感じます。

IMG_20150122_153804942

 このような歴史や在日問題はさておき、この街を歩くとその辺の下町となんら変わらないのが分かります。新築住宅が多い中、昔の面影を僅かに残すバラック建築が点在しています。

IMG_20150122_154005944

 ただ残っているのは木造建築では無くことごとくトタン板であります。

IMG_20150122_154159779

 朝鮮学校の他、韓国物産店と焼肉屋が数えるくらい存在しており、辛うじて朝鮮人街である事を伺えますが、運河を渡った先には再開発された豊洲の高層マンションが建ち並んでおります。ひっそりと人知れず埋め立て地の果てで暮らして来た在日の方々の生活が、将来開発の波に呑まれて行くのではないかと思わずにはいられません。

IMG_20150122_154417857

「あぶないから、はいらないでください」
 知ってます。

IMG_20150122_154454875

 次回はぜひ、枝川に焼き肉を食いに来てみたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村