ドトールに入ったら隣の席に二人、チャイナ服を着た女子大生観光客がいた。
 どんだけ浮かれてんだ!
 スリットの切れ込みが気になって仕方ないじゃないか!(笑)

IMG_1996

 そんなわけで、横浜の観光地としての顔、赤レンガ倉庫から山下町界隈。写真は臨港パーク。

IMG_1988

 みなとみらい再開発地区。高層マンションやオフィスビルが建ち並ぶ地域です。
 もとは三菱重工横浜造船所や旧国鉄の貨物駅や操車場などがあった高島埠頭で、都市再生機構や地権者、地元経済界の出資により作られた第三セクター『(株)横浜みなとみらい21』によって再開発が進められてきた。
パシフィコ横浜やインターコンチネンタルホテル、クイーンズスクエア横浜など、複合施設やイベント会場なども多く、東京のお台場と類似している。

IMG_2177

 横浜の観光地として優れているのは、古い物を壊すのではなく、古い物を生かす街づくりにあると思います。赤レンガ倉庫も都会とは言え『地方都市』だからこそ壊されずに残っていたという面もあります。『あぶない刑事』のロケで注目を浴び、訪れる人が増えた事から当時、暴走族の落書きなどで荒廃していたこの倉庫の歴史的価値が見直されました。ただ、あの荒廃した雰囲気が横浜っぽかったという意見もあります。私もそう思いますが、現実的には観光地化されて正解だとも思う。

IMG_2193

 古い物を活かすと言う取り組みは観光資源となり、街の発展に繋がる。まさに観光地の鏡と言えるでしょう。また、壊さずにその上に造るというやり方のため、整備された下には古い物が残っている。

IMG_2187

 横浜税関。横浜市認定歴史的建造物に指定されており、現役で使われ観光資源のひとつにもなっています。

IMG_2212

 貨物線の高架跡も取り壊さずに赤レンガ倉庫から山下公園までの遊歩道として再利用されています。

IMG_2194

 同じく、貨物線跡の鉄橋。あえてレールが残されている辺りが、なんとも心憎い演出。

IMG_2201

 大型客船が停泊する大桟橋埠頭。実に未来的なデザインで埠頭なのにカッコいい。

IMG_2202

 その最新の埠頭の根元には昭和の香りが残る。

IMG_2213

 そしてやはり、山下公園と言えば氷川丸。
観光名所のひとつ。

IMG_2219

 石川町の東側から山下公園にかけて広がる中華街。休日は観光客でごった返してます。
 この光景を見ると不景気なんてどこ吹く風。とは言うものの、実際のところ中国人観光客が高い比率を占めてました。

IMG_2216

 中華街の中にも古い建造物は多く残っています。

IMG_2228

 コンクリート造りと言えども窓枠は木のまま。
シビレます。

IMG_2226

 そしてやはり、路地に誘われる。

IMG_2218

 奥の奥に進むと、こんな民家も。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村