※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

神奈川県横浜市、鶴見線国道駅

 JR鶴見線の国道駅。この路地のような場所、駅の線路の真下にあたります。両側の商店はプラットホームの下。駅員さんの話によれば、昭和5年頃の建造だそうで、鉄筋コンクリートの橋脚の間に木造建築物が嵌まった形となっております。

IMG_1280

 昼間なのにこの暗さ。映画の世界のようです。写真は下り線ホームに登る階段の途中から、上り線ホームに渡るための渡り廊下(橋)より。

IMG_1289

 営業しているのは焼き鳥屋一軒と釣り船屋一軒。他に人の住んでいると思われる民間が2~3軒。あとは倉庫として使用されているそうです。以前来た時は昭和初期の木造建築が剥き出しだったのですが、今回行ってみると殆どがベニヤ板で塞がれてしまっておりました。いよいよ当時の面影を見れなくなって来ました。


IMG_1285

  写真は木造の改札口。駅は無人化され、時折JR職員が自動券売機のお金の回収にやって来ます。かつては駅前商店街のような形だったのかも知れませんが、現在では耐震強度の低さが問題となっているそうです。JR側としてはバリアフリー化したいのですが、エレベーター設置工事しようものなら、確実に崩れ落ちるだろうとの事。

IMG_1290

 柱に設置されている電灯。これでも真昼間です。話によれば支柱に大戦中穿たれた機銃の弾痕まで残っているそうですが、見つける事が出来ませんでした。

IMG_1298

 看板だけが残る不動産屋跡。この看板もいつ姿を消してしまうか

IMG_1296

 駅の端。つまりプラットホーム先端の下に当たる部分です。この窓が時代を感じさせます。
 車が邪魔でしたが、丁度料金の回収に来ていたJR職員の車です。

IMG_1303

 駅前を走る国道15号線の向こうには、ガード下住宅の玄関が。

IMG_1304

 延々と続くガード下住宅。鶴見線の駅の利用客数は減少を辿る一方なので、この国道駅の改修工事などは当面なされないだろうと想像されます。

撮影・2010年4月

北区王子、さくら新道~飛鳥山

※この写真と文は2010年当時のものであり、さくら新道は2012年の火災により現在その7割が消失し更地となっております。

 京浜東北線と明治通りが交差する王子駅。南西に飛鳥山とさくら新道(しんみち)。南東に王子製紙と音無川。北東が区役所のある通りでチェーン店居酒屋などで賑わい、北西には王子稲荷の山。区役所があるせいか、あまりパッとしない街なんですが、飛鳥山を越えて滝野川まで行くと、それなりに下町チック。
 ただその前に、駅前のこの『さくら新道』を忘れちゃいけない。ここはさすがに怪しすぎて、いまだ突入した事はありません。雰囲気がね。片側山だから暗いし。超バラックだし。w

IMG_1046

 屋根は意外にも立派な瓦屋根。でも、裏の線路側はトタン板。

IMG_1050

 長屋が三棟といった感じで、結構短いです。裏手は線路で王子駅のプラットホームから、バラック状の建物が目の前に見えます。

IMG_1058

 元々は石神井川沿いにあった屋台村を、屋台禁止令に基づいて強制的に引越させたものが発祥だそうです。

IMG_1054

 で、何が怖いって、一番手前にあるコレ。祠だか何だか分からないけども完全に封鎖されてるし。対面には顔の無いお地蔵さん立ってるし。ミステリアスにも程がある。
 後で調べてみたところ、これは聖徳院という寺院だと言う……。
 ……いやいやいやいや!
 ないないないないない!!

IMG_0767

 気分を変えて王子稲荷。初詣の賑わい。

IMG_1132

 王子稲荷の下に微妙に飲食店街がありまして、短大なんかもあるため多少栄えてます。そこに美味い焼き鳥屋『串の介』がありまして、ここの店主が面白い人でした。ウーロンハイなど頼むと基本濃い目。途中一人の爺さんがふらふらと店に入って来たら、店内の常連たちが一斉に拍手でお出迎え。何事かと思ったら『この店で一番困った客が来た』との事。いつもは客に紛れて酒を飲みながら野球中継を観戦。常連客と一緒にジャイアンツを応援したり野次を飛ばしたり。

IMG_1149

 春は飛鳥山や音無橋の桜が見事。

IMG_0027

 秋になれば紅葉も見事。

10854250_640

 大晦日は王子装束稲荷神社にて狐の行列。

 2014年5月14日、以前より気になっていた地元密着型スーパー『ほりぶん』を訪れてみました。

IMG_20140514_180910982

 するとなんと、4月未で閉店してしまったそうです。もう少し早く来ていれば。なんとも悔やまれます。


●朝鮮部落退去命令に関する逸話。

 戦後、焼け野原となった日本の国土の中で行き場を失った朝鮮人たちの中で、人目を忍ぶように河川敷などに住み始めた人々が居ます。これが朝鮮部落のはじまりです。かつて土地を不法占拠していた朝鮮部落は首都圏を中心にたくさん存在していましたが、しかし団地への転居や国の指定していた居留地への移住などによって消滅して行き、現在その姿をとどめている地帯は僅かしか残ってありません。
 高齢者の話でその昔、北区王子の石神井川支流沿い、現在の音無橋公園の辺りにも朝鮮部落があったと聞きます。

IMG_0034

 そこは長い間、退去命令を無視して不法占拠を続けていたそうです。そこで行政の取った策と言うのが、飛鳥山公園の下を流れる本流から少しづつ支流へと水を流し、徐々に部落を浸水させて行ったと言うもの。えげつない話ですが、逸話のひとつです。

●2014年8月21日再訪

 名無川逍遥さんがコメントで貴重な画像を紹介して下さいました。それを受けて、かつて朝鮮部落があったであろう場所を訪れてみました。

IMG_20140821_165057552

 石神井川は堤防で流れを左手に逸らされ、そのままトンネルを通って王子駅東口へと抜けます。

IMG_20140821_170513609

 今では公園とマンションの敷地として整備され、当時の面影は全く伺い知る事が出来ません。ただ、堤防の高さが水害の歴史を物語っております。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

神奈川県三崎市、三崎港

 マグロで有名な漁港。メディアでもよく紹介される三浦半島突端にある観光地です。

DCP_1403

 そもそもこの三崎港に行ったきっかけと言うのが、ゲームの『どこでもいっしょ』シリーズに出てくる舞台となった街って事でして。

DCP_1387

 しかしながら古い漁村ならではの狭い路地と古い建物。

DCP_1389

 銭湯もいい味出してます。

DCP_1391

 商店街の雑貨屋さんも蔵造り建築。

DCP_1393

 グルメ本やテレビなどでも、すっかり有名になっている『くろば亭』。

DCP_1395

 くろば亭の店内。血合いのステーキなど、マグロのありとあらゆる部位の創作料理が楽しめます。三崎港の料理屋組合で定期的に新メニューの発表会があり、日々新しい料理の研究がなされております。

DCP_1434

 高波が来ても無事なように、住宅街は山の斜面にあります。漁村の特徴的な区画ですね。ただしキツイ坂が多い。

DCP_1435

 忘れ去られた高台の公園。景色は抜群なのですが、子供の姿は見当たらず、雑草も伸びるに任せておりました。ゲームなんてやってないで公園で遊びなさい。

DCP_1425

 一度は泊まってみたい老舗旅館『三崎館』です。マグロの兜焼きなんかで有名ですが、いかんせん宿泊料金が高く、なかなか泊まれません。

DCP_1428

 建造物としてはぜひ一度、内部も撮りたい物件です。

撮影・2004年2月


佐賀県呼子、遊廓跡とイカの街

6

 秀吉が朝鮮出兵の際に出て行った港という訳ですが、九州は関東と比べて歴史の古い土地が多い。明治から大正にかけては捕鯨の一大拠点でもあったそうな。

8

 しかし現在は静かでひっそりとした、そしてイカだらけの小さな漁村です。

200610041442000

 奥まで入り込んだ湾を挟み、手前は漁港や壱岐・対馬へ向かうフェリー埠頭。そして向こう岸には旅館。この旅館なのですが、かつては花街として栄えていたそうです。

200610041450000

 福岡の若旦那たちがわざわざこんな僻地まで来て、湾を手漕ぎ船で渡り、向こう岸の遊郭で遊ぶ。向こう岸では女郎たちが手招きをしている。そんな情緒があったそうです。湾が現世と桃源郷との境界みたいな感じでしょうか。
 旅館は今でも遊郭建築の名残りがあります。海に面した玄関は遊歩道で遮られてしまいましたが、当時の面影を忍ばせます。もう一度、ちゃんと写真を撮りに行きたい。なんたってイカがベラボウに美味い。

200610041113000

 漁港側のメインストリート。朝市なども行われております。

撮影・2006年10月

新宿区歌舞伎町(1)、新宿ゴールデン街

 かつての文豪たちもフラついていた飲食店街。タモリが全裸で走り回っていた頃、赤塚不二夫に拾われた街。そして、かつてウチの連れが頭から血を流して血溜まりを作った路地。

200712282351000

 戦後、青線(無許可歓楽街)だった名残で店の間口は狭く二階に座敷があると言う長屋造り。
 路地が幾筋かあるのですが、筋によっていちげんさんの多い筋、美紗のある古くからの常連客が多く通う筋、ボッタクリの店が紛れてる筋とあります。

200712282351001

 その中に『美沙』と言う店があり、ここの大ママが御歳92歳(当時)になります。一度アド街ック天国の取材も受けてしまいました。

P1000030

 トイレも一応ありますが、これがまたひたすら狭いです。便座に座ったら足の置き場に悩みます。扉が二重(手洗い場の扉と便所の扉)になっているので、便所の扉はオープンにするしかないほど。

IMG_2162

 2010年9月、昼のコールデン街を撮ってまいりました。こちらは外側から見た感じ。

IMG_2163

 青線の時代は一階が飲み屋。二階が布団を敷いてある客間。三階が住居と言った感じ。今では二階が住居として使われてます。

IMG_2164

 やはりゴールデン街は他の路地とは違う独特な雰囲気があります。

IMG_2166

 外周には新しい店も多く、テレビで紹介された人気ラーメン店もあり、若者も入りやすいようなバーなども建ち並んでおります。

200712282355000

 私と連れが長年通っていた『美沙』の大ママですが、2013年の春、残念な事にお亡くなりになってしまいました。享年94歳。私の連れは実の孫のように30年近く可愛がってもらっていたそうです。ゴールデン街でも当時最年長で、新宿の生き字引のような方でした。お悔やみ申し上げます。
 時代の流れとともに、街の景色ばかりではなく人も移り変わって行きます。決して変わらないものは常に追憶の中にしか無いのかも知れません。
撮影・2007年~2010年

追記・2014.10/14

 ゴールデン街最長老だった美沙の大ママが亡くなって以来、約二年ぶりの訪問したら、すっかり雰囲気が変わってしまっていました。

IMG_20141011_224651164

 なんだこの明るい雰囲気は。
 以前は若い人たちが集まる新しい店の多い路地と、昔ながらのオヤジたちが管を巻く昭和な路地、そしてボッタクリの店が多く紛れている路地と、筋によってそれぞれ特徴があったのですが、『美沙』があった昭和な路地が随分と新しい店だらけになり、若者で溢れているばかりか外国人観光客たちの姿も。水商売ナメてるバカ息子が継いだ美沙が無くなっているのは全然想定内でしたが、あの暗く寂れた昭和の路地裏感までもが消えてしまっている。

IMG_20141011_231730785

 詳しくは聞いてませんが照明がドピンクな、まるでちょんの間のような造りをした店に、一人の老齢のママさんが座っていました。青線時代からやり手ババアをやっていたのかなんて想像してしまいましたが、その辺は謎のまま。以前『美沙』で手伝っていた私の連れの事も知っており、現在ではこの方が生き字引のような存在かも知れません。
 聞けば最近キャッチの姉さん方も絶滅してしまったそうです。キャッチの姉さんとは夜な夜な飲み歩いている高齢者に声を掛けてスナックに同伴し、上がりの半分を紹介料として店から受け取るという方々。これも新宿ゴールデン街のひとつの顔でしたが、もはや昔の話。

image

 確かに以前に比べて商売としては潤い、それがゴールデン街の存続にも繋がっているのかも知れません。しかし、キャッチの姉さんが徘徊し、たまに流しの人が昭和歌謡を奏で、スナックの床では死にかけの爺さんが酔い潰れているような、そんなゴールデン街らしさは無くなってしまいました。実に悲しい事です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ