※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

北区赤羽(1)、赤羽台、桐ケ丘団地~断崖住宅地

 西口は台地の上に赤羽団地地帯。東口は幾筋もの商店街が縦横無尽に国道122号線まで続き、その先には荒川。ざっくり言ってこんな街の配置となってます。
 東京の北の果て。荒川を渡れば埼玉。埼玉より埼京線、京浜東北線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ラインなどが赤羽に一度集まり、新宿・渋谷方面(山の手)と上野・東京方面(下町)へと分かれて行く分岐点となります。乗り換え駅としてコンコースを渡る通勤客は相当の数。しかし降りる人はそれほど居ない。

画像 001

 赤羽駅の西側、UR都市開発(旧・住宅都市整備公団)の赤羽台団地。手前の棟は取り壊される予定で、住民は奥の新しい棟に引っ越す予定。

IMG_1096

IMG_1094

 西口を出て赤羽台の高台に登る途中、赤羽台トンネル脇の階段は、猫を飼えない団地の住民が野良猫の世話をしているため猫溜まりとなっております。

画像 004

 赤羽台団地の奥には都営桐ヶ丘団地があります。こちらも平成10年から同24年にかけて、改築、新築工事が進んでます。
 昭和40年代から50年代に建てられた団地は、なんたって耐震強度がヤバい。壁にハンマードリルで穴開けると、たまに中からセメント袋や空き缶などが出てくる事もあるくらい、当時手抜き工事が行われていた場所もあります。

画像 008

 それにしても桐ヶ丘はべらぼうな広さ。戦前、軍事工場があった跡地を転用しております。写真はおそらく今で言うメゾネットタイプの部屋。たまに見かけますが、結構稀です。

画像 012

 赤羽台と桐ヶ丘の境、JRの線路の辺りから南北を貫く遊歩道のような公園が延びております。これは地形から察するに戦前、軍事工場まで伸びていた貨物線の跡地ではないかと想像できます。(住宅より高い位置を通ったりするし、取水口やマンホールも無いので暗渠では無いと思われる)
 その遊歩道の東側斜面に、まるで谷戸のような住宅密集地帯があります。

画像 013

 狭いあまりに木造家屋も崖からはみ出ています。

画像 015

 新聞配達のスーパーカブは、ギリギリすり抜けて行きました。でも消防車は入れない。

画像 018

 この狭い路地がメインの生活路で、結構長く続いております。建て替えや新築の際、どうやって資材搬入するのか、いらぬ心配をしてしまいます。

画像 022

 とりあえず子猫で癒されとく。

撮影・2010年

品川区五反田(1)、東口の路地裏~池上線ガード下

 ポーラ化粧品や学研、レナウンなどの本社がある街。かつてはソニー本社もあり、大崎に向けて関連会社や本社工場などが軒を連ねるソニーのお膝元であったが、現在は品川方面へと移転。
 東口の台地に上れば旧武家屋敷跡地のセレブ街もあり、東口周辺には五反田有楽街という風俗地帯もある。特に五反田の風俗地帯はSM系が多いとの噂だ。また、東口から南の大崎にかけては工業地帯を潰した再開発進み、高層マンションが建ち並んでいる。西口は南北を横切る目黒川を中心に飲食店街とオフィス街が混在しているが、西口を北へ向かえばホテル街となる。
 渋谷や新宿などと比較すると、駅周辺だけで全てを賄っているコンパクトささえ感じられるが、悪い言い方をすればカオスである。

IMG_1395

 東口にある五反田有楽街。オフィスや飲食店などと混ざるようにして、多くの風俗店が点在している。このネオンの看板がまた古さを感じさせてくれる。

IMG_1366

 東口駅前バスターミナルの正面から狭い路地があり、すぐに目につくのがこの『フランス料理・グリルエフ』。つたの絡み方が半端ない。ちょっとならレトロで良い雰囲気も出るところだが、ここまで来るとお化け屋敷となる。

IMG_1368

 そしてお化け屋敷感を煽っているのが、この書体!
 なんでこんな叫び声のような書体にしたのか。

IMG_1369

 路地の出口にあるのがこの『カキガラビル』。丸窓が実に古さを感じさせる上に迫力もある。

IMG_1378

 一方西口へ回れば目黒川が流れる。川を渡るのは五反田~蒲田間を結ぶ品川区大田区の下町電車、東急池上線。

IMG_1383

 五反田駅周辺はなぜか鳩だらけである。

IMG_1385

 池上線五反田駅高架ホームの下には、かなりディープな匂いのする新東京会館という飲食店の入った雑居ビル(?)があったようですが、残念ながらすでに閉館。高架線橋脚の耐震補強や剛体架線化などの大改修が施工されるにあたり、ガード下は全て消滅してしまいます。

IMG_1388

IMG_1390

 新東京会館の脇に張り付くように建ち並ぶバラック飲食店。こちらもすでに立ち退きが終了したようです。

IMG_1399

 西口ホテル街にぽつんと建つ『ヘルス東京』。名前が大胆。
 ネオン管がや外壁の造りが昔のキャバレーを彷彿とさせます。

撮影・2010年4月

大田区大岡山、東急目黒線大岡山の路地裏

 東急目黒線(旧・目蒲線)は地下鉄直通運転に伴い地下鉄化しましたが、昔は切り通しの多い路線でした。その名残か半地下状態の線区がちらほらあります。

IMG_1649

 地下化に伴い殆んどの駅が新しくなってますが、昔は今の池上線みたいな下町電車の雰囲気だったんだと思います。当時に訪れておきたかった。
 東急のこの目黒線沿線再開発は凄まじく、大井町線と交差する大岡山などは新築の駅ビルが東急病院。その脇には高齢者向け介護付き高級マンション(施主・東急グループ)。元々丘陵地帯であるためか高級住宅の多い『山の手』が殆んどでありますが、谷底や谷戸には『下町』も存在し、各駅の駅前には安い飲み屋街や商店街が充実しています。
 非常に住みやすい土地ですが、元々は目蒲線と言う不便な沿線だったためか開発が遅れていたようです。地下鉄南北線や三田線に直通乗り入れするようになり都心へのアクセスがダイレクトとなった今、電鉄による再開発が着々と進み古い街並みが少しずつ消えて行こうとしています。

IMG_1632

 大岡山の商店街の脇にこっそりと口を開ける路地。私道にしか見えず、すぐ行き止まりとなる袋小路は怪しさ抜群。そして右手には謎の道路標識。

IMG_1635

 路地の奥から商店街を見る。道路標識はなぜか一方通行。車通れませんから!


撮影・2010年6月

神奈川県横浜市、鶴見駅周辺

 全くノーマークです。これからも機会があれば探検して行きたいところ。

IMG_1307

 鶴見川近くのスナック街。この辺りのビルには地下一階にも店があります。この辺りで地下の店に入る勇気は無い。ww

IMG_1309

 雑然とした雰囲気。うねるダクト。蜘蛛の巣のような電線。

IMG_1310

 こちらもスナック街。この界隈はピンク街とスナック街がミックスされており、混沌としておりました。

撮影・2010年4月

神奈川県横浜市、鶴見線国道駅

 JR鶴見線の国道駅。この路地のような場所、駅の線路の真下にあたります。両側の商店はプラットホームの下。駅員さんの話によれば、昭和5年頃の建造だそうで、鉄筋コンクリートの橋脚の間に木造建築物が嵌まった形となっております。

IMG_1280

 昼間なのにこの暗さ。映画の世界のようです。写真は下り線ホームに登る階段の途中から、上り線ホームに渡るための渡り廊下(橋)より。

IMG_1289

 営業しているのは焼き鳥屋一軒と釣り船屋一軒。他に人の住んでいると思われる民間が2~3軒。あとは倉庫として使用されているそうです。以前来た時は昭和初期の木造建築が剥き出しだったのですが、今回行ってみると殆どがベニヤ板で塞がれてしまっておりました。いよいよ当時の面影を見れなくなって来ました。


IMG_1285

  写真は木造の改札口。駅は無人化され、時折JR職員が自動券売機のお金の回収にやって来ます。かつては駅前商店街のような形だったのかも知れませんが、現在では耐震強度の低さが問題となっているそうです。JR側としてはバリアフリー化したいのですが、エレベーター設置工事しようものなら、確実に崩れ落ちるだろうとの事。

IMG_1290

 柱に設置されている電灯。これでも真昼間です。話によれば支柱に大戦中穿たれた機銃の弾痕まで残っているそうですが、見つける事が出来ませんでした。

IMG_1298

 看板だけが残る不動産屋跡。この看板もいつ姿を消してしまうか

IMG_1296

 駅の端。つまりプラットホーム先端の下に当たる部分です。この窓が時代を感じさせます。
 車が邪魔でしたが、丁度料金の回収に来ていたJR職員の車です。

IMG_1303

 駅前を走る国道15号線の向こうには、ガード下住宅の玄関が。

IMG_1304

 延々と続くガード下住宅。鶴見線の駅の利用客数は減少を辿る一方なので、この国道駅の改修工事などは当面なされないだろうと想像されます。

撮影・2010年4月

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ