※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

      ⬜ 鰻田ニョロの小説部屋 ⬜

板橋区大山、谷戸地帯跡

 都内屈指の巨大アーケード商店街が賑わいを見せ、いまだ大手スーパーなどの巨大資本に侵食されていない下町の中の下町。活気のある商店街は町全体の活気に繋がります。

IMG_1317

 駅前のアーケード商店街『ハッピーロード』。
 シャッター商店街が増える現代、これほど買い物客で賑わう商店街は数少ない。板橋区がまだ下町であり続けている証拠です。

IMG_1318

 商店街の脇を入れば赤提灯。しかしこの先細り!
 遠近感じゃないです。実際道幅が狭まって行きます。

IMG_1319

 でも一応通り抜けは可能。一度夜に訪れてみたい場所です。

IMG_1332

 台地が雨で浸食されて出来た窪地を俗に『谷戸』と言う。 ハッピーロードを抜けた先、川越街道を越えた向こうに日大病院があり、その裏手の大谷口上町という地区。 戦後、住宅不足により谷底の溜池を埋め立てて建てられたバラック住宅群が、つい最近まで当時の姿をとどめていたらしい。

IMG_1335

 謎のコンクリート建造物。
 もう見事なほどの一斉取り壊し。この跡地にはマンションでも建つのだろうか。

IMG_1343

 谷底には広い車道が敷かれてましたが、かつては細い路地だったようです。そしてこの跡地の反対側にもかつては住宅が密集していたそうです。
 谷底は水捌けも悪く、さらにバラックは倒壊の危険もある不良住宅ばかり。生活路も狭く、防災上の問題もあった。しかしここ数年の住宅地区改良事業により道路は整備され、危険とされた区域の住民たちにも立ち退き要請がなされ、隣接する『区営かみちょう住宅』へと転居させられた。住宅地区改良法という、国費で不良住宅を買い取り改良住宅へと転居させる法律に基づいた事業であります。

にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

豊島区池袋、栄通り~美久仁小路

 都心の中の埼玉!
って言うと怒られるかも知れませんが、なんか空気が埼玉。なぜなら西武池袋線、東武東上線、埼京線などに乗って埼玉県民が買い物に襲来するから!

IMG_1357

 サンシャイン通りの脇に、ひっそりと軒を連ねる赤提灯。栄町通りの路地。

IMG_1359

 見上げれば建物の古さが伺えます。

IMG_1358

 何人かに聞きましたがこの界隈、さほど安い店は無いとの事。

IMG_1361

 栄町通りの先に続くかのように、道路を隔てて美久仁小路という路地が続きます。その先にはサンシャイン60。赤提灯に火が点る頃、夜景もさぞ綺麗かと。

IMG_1364

 美久仁小路の脇道に入る所。
 この路地裏にも以前店が数件ありましたが、今はどこも潰れてて真っ暗でした。


にほんブログ村 写真ブログ 路地・路地裏写真へ
にほんブログ村

群馬県桐生市、文化財建築群

 足尾銅山で有名な渡良瀬川の中流域、桐生川が合流する辺りに養蚕、毛織物産業で栄えた町、桐生はあります。

IMG_1490

 街の中心部を歩けばさすが織物の町だけあり、洋服屋や呉服屋ばかりが軒を連ねる。商店街もまた昭和の匂いを色濃く残しております。

IMG_1486

 古い木造建築なども多く残されており、地方都市の空気を満喫できます。

IMG_1491

 かつての栄華を偲ばせる立派な蔵や屋敷が町中に点在。上の写真は国登録文化財有形建造物『金善ビル』。普通に文化財がゴロゴロしている。

IMG_1501

 老舗の鰻屋『泉新』。創業天保元年と言うから1830年の江戸後期。

IMG_1500

 同じく『泉新』の土蔵。

IMG_1495

 街を歩いていると、至るところに赤煉瓦の塀が現れる。

IMG_1502

IMG_1505

 大通りから横道に入れば、町屋にも木造家屋が多く残されております。

IMG_1508

 市指定重要文化財『矢野本店(矢野園)』
 1717年創始者である初代矢野久左衛門が近江から来住し、1749年二代久左衛門が店舗を構えたことに始まる。つまり近江商人。
 実にシビレるキリンビールの看板が印象的ですが、現在では米とお茶を売っており、ビールは売ってない。

IMG_1513

 矢野園内部の階段下収納。半ば観光地となっているので、お土産屋も営んでおります。

IMG_1511

 市指定重要文化財『有隣館』。
 多目的イベントスペースとして再利用されておりますが、元々は矢野園の味噌、醤油、酒など醸造品を保管していた蔵。

IMG_1517

 矢野園の向かいにも、これまた古い木造建築が。

IMG_1507

 矢野園のはす向かいにある三越のブティック(プチ三越)。織物産業で栄えた街はセレブの街でもあり、全国展開していた当時の三越遺産。矢野園に買い物に来るセレブたちの『おこぼれ』をいただくために進出して来たのだろうか。

 桐生は夕方訪れた事もあり、ごく一部しか回れませんでした。今度はじっくり一日掛けて回りたい街です。
 それにしてもこれだけ古い町並みが残っているのに観光地として売り出してないのが勿体無い。もっとも町歩き自体がマニアックではありますが、この町並みは貴重な財産だと思います。山に向かえば長良川渓谷や足尾銅山などもあるし、いいロケーションでもある。
 東へ県境を越えて栃木に入れば、同じく古い町並みが残る佐野市がありますが、あそこは『佐野ラーメン』という名物で人が多く訪れる。やっぱ観光客を呼び寄せるには食い物が重要なのかも知れない(失敗例も多いが)。

千代田区秋葉原、神田川周辺

 電気街、そしてヲタの街、秋葉原。しかし裏に回れば、そこかしこに昭和の匂いを残しております。

IMG_1155

 万世橋。橋の袂の建物が非常に気になります。

IMG_1157

 気になったら覗いて見る。閉鎖されてますが、調べたところ公衆便所だったとか。
 しかしその晩のタモリ倶楽部で丁度神田川を遡上しており、その時の話によれば公衆便所だったと言う説もあるが内部はがらんどうで、実際のところ何だったかは不明と言ってました。

IMG_1160

IMG_1161

 旧・国鉄万世橋駅跡。中に入りたくってしょうがない。
※2014年春、この万世橋駅跡はショッピングモールとして再利用されるようになりました。

IMG_1167

 旧・万世橋駅跡を昌平橋側から。赤煉瓦がそそる!

IMG_1174

 中央線ガード下に入った店舗。結構洒落た店が軒を連ねる。

IMG_1173

 聚楽!
 上の写真の真ん中の店が『酒亭じゅらく』で、道路の向かいをちょっと昇った所には御茶ノ水ホテル聚楽が。気になるのはガード下の家賃。

IMG_1169

 昌平橋より神田川。左に中央線、上を跨ぐ総武線、奥には地下鉄丸の内線と聖橋。

IMG_1171

 この川沿いの風景も好きです。ビリヤード台のメーカーとして有名な『淡路亭』もこのゴチャゴチャした中に紛れてます。

IMG_1176

 聖橋より秋葉原方面。この川と鉄道の交錯した景観たるや。我ながら絶好のタイミング。しかし震災復興建築である聖橋を撮っていない辺り、我ながら
詰めが甘い。(笑)

IMG_20140411_120352774

 所変わって秋葉原駅昭和通り口。神田川を渡った先の路地に、昭和3年竣工の北原ビルという古いビルが残っています。一階の喫茶店で一息ついて見ましたが、入口を入ってすぐに2階席への吹き抜け階段。昔の純喫茶の雰囲気です。‌‌

IMG_20140411_120531511

 向かいには看板建築。こちらもかなりの古さです。‌‌

撮影・2010年6月・2014年4月

杉並区荻窪、北口銀座街~西郊ロッヂング~荻窪団地

 荻窪と言えば北口駅前右手にあった、昭和27年創業の焼き鳥『鳥もと』が昼間からやっている立ち飲み屋として有名でしたが、近年その場所が潰れて新店舗へと引っ越してしまいました。
 昭和の荻窪を象徴していたその店舗無き今、辛うじて雑然とした雰囲気を残しているのは北口銀座街の一画のみとなってしまった。
 元来杉並の高級住宅街である荻窪に於いては、昭和の路地裏を探すのも難しくなってしまいました。

画像 016

 北口銀座街。洒落たバーなどの新しい店も多い中、大衆食堂も辛うじて残っています。大衆食堂富士、富士ラーメン、大衆割烹ふじ、この三店舗は親族経営か何かか。

画像 018

 多少なりとも路地裏感は残っています。一時期荻窪と言えば荻窪ラーメンで名を馳せ、ラーメン激戦区としても有名でした。しかしそれも一時のブームか、ラーメン店はそれほど多く見掛けなくなってしまいました。ブームに乗じて創業しても長続きせず、結局は昔から地域に愛される老舗のラーメン屋だけが生き残っているように見受けられます。

IMG_1323

 荻窪駅南口を出て線路沿いを東にひたすら歩き、青梅街道と合流するちょい手前で一本奥の通りに入ったところに、建造物としてはマニアの間でも有名な、荻窪の西郊ロッヂングがあります。駅から五分もかからない。
 前々から行こう行こうと思いながら、なかなか機会もなく先送りしてましたが、行ってみたら、やっぱカッコいい建物です。金の文字が素晴らしい。手前はアパート、奥は割烹旅館となっております。

IMG_1327

 こちらは旅館側。このアパートに住んでる住人が羨ましいです。

画像 014

 駅から少し離れて荻窪団地。
 6年以上前、荻窪の住宅街の中の現場に仕事に行っていた時、このビジュアル的にそそられる団地を目にしていました。

画像 006

 先日『もやさま(TV)』でたまたまその建物が映り『まだ残ってたのか!』と言う衝撃と共に、向かい側で新築工事が進んでいるのを観て『じきに取り壊さられる』と言う危機感を感じ、記録として残さなければと言う衝動に駈られました。

画像 007

 写真は昭和33年竣工された公団住宅(現・UR)の単身住宅棟の共用廊下側であり、この無機質なデザインと『への字』の構造が得も言えぬ雰囲気を醸している。
 老朽化が激しく、所々割れた窓ガラスがベニヤで目貼りされており、痛々しくもある。

画像 008

 この建造物に対しビジュアル的に萌えるのは私だけか?ww
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ