※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

  ⬜ 温泉ブログトップページ(フルプラウザ版) ⬜

千葉県習志野市、バラック銭湯と立ち飲み屋

 今年の2月、千葉県習志野市にある鷺沼温泉という温泉銭湯を訪れたのですが、運悪くボイラー清掃のため臨時休業。いつかリベンジしてやると思い、今回再訪しました。

image

 JR総武線津田沼駅からバスで習志野三丁目へ。辺りは年期の入った団地街。温泉なんてとても無さそうな雰囲気です。

image

 千葉街道沿いの路地を入った奥に、温泉銭湯の鷺沼温泉は有ります。

image

 脇に廻れば、崩壊しそうなバラック建築。この外観がすでにそそります。

image

 裏に廻るとボイラー室。屋根がもう崩れかけてます。

image

 正面に戻り路地を進んで突き当たり右手に入り口があります。男湯女湯それぞれの暖簾を潜って入る感じは銭湯の造り。

image

 下足棚に靴を入れ、年期の入った木造引き戸をガラガラと開ければ、在日朝鮮人系のお婆ちゃんの座る番台。

image

 480円を払うと、広くて天丼も高い脱衣所。脱衣棚は全て常連さんのお風呂用品で埋まっており、少々戸惑います。仕方なく脱衣カゴを適当な所に置いて服を脱ぐ。オープンの15時に入りましたがまだ誰もおらず、女湯の方からはオバチャン二人の話し声が聞こえてきました。

image

 浴室は広く、タイル画と板貼りの壁に描かれた富士山の銭湯画が見事。カランはお湯を出そうとしても水しか出ず、中央のシャワーのみお湯が出ます。調べたところ10年以上前から左右壁際のカランはお湯が出ないままのようで、放置を通り越して開き直ってます。(笑)

image

 お湯はラドン温泉とのみ表記されてますが、いわゆる関東でよく見る黒湯。ただこれが、あっつい!
 温泉計は40度を指してますが壊れているようで、体感的には左側47度、右側46度ぐらい。今まで入ったお湯でもトップクラスの熱さです。ただ有難い事に中央にある水道の蛇口を捻れば冷鉱泉がダバダバ出て来ました。浴感は熱過ぎてよく分かりませんでしたが、ぬめり感のある良質な鉱泉であると思います。
 ともあれ、在日朝鮮系バラック建築の放置プレイな銭湯という部分では、類い稀な経験が出来たのは確か。湯あがりは温度のせいか泉質のせいか、ホカホカが止まらない。

image

 バスで津田沼駅まで戻ったところで風呂上がりのビール。南口は千葉工業大学しかないので、北口の繁華街へ。

image

 立ち飲み屋『ギュートン軒』。駅から1分もかからない場所ですが、この立地条件が凄まじい。

image

 ビールは瓶のみですが、サワー系280円、小鉢や焼き鳥2本150〜180円、モツ煮250円と、かなりリーズナブル。

image

 お婆ちゃんとお母さんが二人で切り盛りする小ぢんまりした店ですが、いつまでもこのまま残っていて欲しい店です。

【日記】温泉観光実践士

 土曜日日曜日、二日間の講習を受けて温泉観光実践士の資格を取りに、京急蒲田駅前の大田区産業プラザに来ました。

image

 この多目的ホールは昔、新作ゲーム発表会に行ったり、最近では文学フリマに行ったりと、何かと縁のある会場です。二日目の日曜日も一階の大ホールでは、同人誌系のイベントが開催され賑わっていました。

image

 会場はおよそ二百人前後の受講者で満席。温泉観光実践士の開催以来の最多人数。なぜかと言うと、今回より温泉ソムリエ協会と協力関係を結んだようで、温泉ソムリエの資格を既に持っている人が今回の講習を受けると、温泉ソムリエマスターにレベルアップするという企画も付け加えたからのようです。そのため、温泉ソムリエ家元の講義の際、温泉ソムリエを取得している人手を挙げてとの声掛けに対して会場のおよそ9割が手を挙げるという。みんな今回の受講料の他に5千数百円払ってソムリエ資格のレベル上げしに来たようです。

image

 1日目の講義は元、某旅行代理店の准教授の話や、某大学名誉教授による温泉健康医学の話、ペッパー君の可能性や旅館業再生の話など、2日目は温泉ソムリエ家元による温泉地再生の話や大田区銭湯組合会長の温泉銭湯の現状、大学教授による温泉の歴史や温泉観光実践士協会会長による旅館再生の話など、多岐に渡る様々な講義を聴けました。ただ、もうちょっと地方の観光産業の現状や行政の実態の話なんかも学びたかったかも。

image

 ともあれ、晴れて温泉観光実践士の認定を受けることが出来ました。免許証見たいな小さい物を想像してたら賞状見たいな物でした。

大田区蒲田(6)、糀谷〜温泉銭湯照の湯〜六郷

 先日、蒲田で仕事が早目に終わったので、久々に大田区の温泉銭湯に浸かろうと散歩がてらウロウロしました。慣れない山登りまがいの事などしたものだから、ここはゆっくり温泉で疲れを癒そうかと。

image

 まずは京急蒲田駅東口から商店街を入って行きます。以前大田区の銭湯マップを見た時、糀谷辺りにもあったような記憶があるので、ネットで調べつつ。

image

 まずあったのは天神湯。ただここは温泉ではなく普通のお湯です。大田区には数多くの銭湯が残されていますが、その殆どがこのような近代的なビルで、木造の銭湯建築は僅かしか残されてません。

image

 さらに東、羽田側に歩くと、既に住民の退去も済んで解体を待つばかりとなった団地が。

image

 辺りは何の変哲もない住宅街で特に見所も無し。たまに目を引く木造建築はありますが、こちらは現役で営業中の鰻屋さん。

image

 暇なので猫と戯れようとするも、メッチャ警戒される。

image

 住宅街の中にポツリとあるこちらは温泉銭湯、幸の湯。しかし残念ながら訪れた月曜日は定休日でした。

image

 糀谷界隈は諦め、一旦京急糀谷駅から六郷土手へと移動します。

image

 簡易宿泊施設は変わらず残り続けていますが、周辺ではマンション開発が着々と進んでいます。

image

 かつて六郷温泉があった場所では既にマンションが建設中。六郷温泉は大田区の温泉銭湯でもかなり気に入っていたのですが、今年2016年1月末で施設の老朽化を理由に閉業。残念です。しかし解体して整地して根伐りして建て始めるまで早くないか?

image

 六郷から雑色に戻る途中にある温泉銭湯、照の湯に訪れました。建物は古いマンションの一階部分ですが、雰囲気は下町の銭湯の雰囲気を残しています。

image

 お湯は大田区でもポピュラーなナトリウム炭酸水素塩・塩化物鉱泉。いわゆる黒湯ですが、露天風呂で楽しめます。露天と言っても竹垣で囲まれ屋根もしっかりある、隙間風が通る内湯って感じです。冷鉱泉を加温、循環濾過していますが、同時に冷たい源泉がチョロチョロと掛け流されており、他と比べるとなかなかの鮮度と濃さ。ただ浴槽は浅く背筋を伸ばすと乳首辺りの水位しかありません。
 また露天風呂以外に、小さい浴槽ですが加温無しの、そのままの冷鉱泉にも入れます。温度計は22度となってますが、まさに水風呂の冷たさ。夏場かサウナ上がりでないとなかなか辛いですが、今は無き六郷温泉でしかお目に掛からなかった物で、しかも源泉がダバダバと掛け流されているじゃありませんか。実にありがたい。

image

 黒湯をすっかり堪能した後は、以前よく通っていた京急蒲田駅近くの立ち飲み屋『とっちゃん』へ。およそ2年半ぶりになりますが、姉さんはしっかり顔を覚えてくだすっていて、嬉しい限りです。風呂上がりのビールと久々に食べた半焼きレバーの美味いこと。写真も撮り忘れ無心で食う。やっぱ蒲田はいい街です。

※記事の内容の一部を大田区蒲田(5)、蒲田~六郷周辺の温泉銭湯の記事に転載しました。

埼玉県秩父市浦山地区(7)、浦山中学校跡と川俣小学校跡

 浦山地区はおよそ600年以上の歴史がある平家の落人集落があるくらい古くから人々が暮らして来た土地ですが、以前書いた通り江戸中期には17集落に180戸、ここ近年の人口の推移としては昭和30年に1244人(262戸)いた人口が昭和60年には494人(164戸)、平成12年には212人(89戸)まで減少しております。

image

 栗山集落の入り口がある西斜面の県道と、山掴集落の入り口がある東斜面の旧道が交わる南側、つまり上流側に掛かる橋の袂に旧浦山中学校跡があります。昭和22年に開校され、昭和60年にはダムの下流の影森中学校に統合されました。翌年の昭和61年には日向集落にあった浦山小学校も影森小学校と統合されてしまいます。

image

 校庭の隅には百葉箱と、既に使われなくなった廃道があります。この中学校の周辺には特に集落などなく、浦山川沿いに散在する集落群の中間地点にポツリと建っています。

image

 帰りのバスまで時間があったので、浦山川沿いに上流まで歩いて行きます。この先の三叉路を左手に登って行けば、沢伝いに大神楽、武士平と二つの廃村があり、日向集落へと出るうわごう道へと繋がります。そちらはまた次の機会にという事で。
 熊出没注意って、分かってます。知ってます。

image

 途中、毛附集落対岸の崖地に建つ民家。ちゃんと住んでらっしゃる家ですが、浦山地区がいかに急峻な土地に暮らしているかがよく分かります。

image

 毛附集落。舗装路があると安心しますが、だからこそこの集落には廃屋が殆ど無く、多くの方が暮らしています。驚いた事にこの集落には、一軒だけ民宿も営業中。

image

 人が住んでいるというだけでここまで雰囲気が違うものかと、廃村を巡って来た後だけにつくづく思います。ただ、商店というものは一切ありません。ばかりか、自動販売機というものも私が確認した限りにおいては、浦山ダム湖湖畔の大谷集落に一台有った限り、それ以上奥では一切見かけてません。なので飲料などはダムを越える前に用意しておくか、水筒を持参しなければなりません。特に夏場などでは水分補給する手段を準備しておく必要があります。

image

 毛附集落のすぐ上に川俣集落があります。7年ほど前に訪れた際は、何の収穫も無いままここで引き返してしまいました。

image

 カーブする県道の外側には狭い旧道が残っており、そこからかなり急な階段が始まっています。

image

 登って見ると大きな岩肌を背に丹生大明神が祀られていました。

image

 人の住む集落としては最奥部となる川俣集落。県道と並行して走る旧道沿いに民家が立ち並んでいます。

image

 その集落の高台に建つ、旧川俣小学校跡。こちらは明治31年に開校し、平成4年に廃校という長い歴史があります。

image

 川俣集落最奥部にある浦山大日堂。路線バスの終点もこことなります。この大日堂では8月16日と10月の第4土曜日に催される獅子舞が有名だそうです。
 廃村巡りは正直言って二か所が体力的に限界です。なので、次回また浦山地区を訪れる機会があればその時は、大神楽、武士平、細久保などの廃村を訪れたいと思います。もちろん熊鈴持参で!


埼玉県秩父市浦山地区(1)、ダム湖と限界集落
埼玉県秩父市浦山地区(2)、廃村、茶山集落
埼玉県秩父市浦山地区(3)、廃村、嶽集落
埼玉県秩父市浦山地区(4)、廃村、栗山集落(前編)
埼玉県秩父市浦山地区(5)、廃村、栗山集落(後編)
埼玉県秩父市浦山地区(6)、廃村、山掴集落

埼玉県秩父市浦山地区(6)、廃村、山掴集落

 栗山集落から浦山川に戻り、上流にかかる橋を渡って対岸、東側斜面の旧道を少し下ります。その途中、ちょうど栗山集落の向かい側あたりに山掴集落へと登る狭い生活道があります。

image

 山掴集落は他の廃集落群とどこか雰囲気が違います。杉しか生えて無い日当たりの悪い斜面は平坦な土地がまるで無く、ひたすら石垣を積んで無理矢理集落を築いたといった感じです。

image

 理由は簡単で、栗山や嶽、茶山が農業を主幹としていたのに対して、ここ山掴は林業のために造られた集落であるということ。

image

 日当たりが悪い事から全体的にジメジメしており、シダ植物が多く群生しております。

image

 そのため土は柔らかく崩れ易いため、石積みで基礎を造成する際も、さぞかし苦労したんだろうなと思います。山を掴むように建つ集落という意味で山掴という地名になったのも頷けます。

image

 この倒木の向こうの木のうろにマネキンの首が置かれてます。どこぞの輩の作為的な悪戯でしょうけど、ほんっっとうにやめて欲しいですこう言うの。マジビビるから!

image

 生活道の奥まで登って行くと山に向かって左手に道が分かれており、先の倒木を潜った先に五軒ほどの廃屋が連なっています。

image

 どの廃屋もかなり古く、人が住まなくなってからも随分と年月が経ったようで半壊しております。

image

 それでもこのような土地に残り続けている事が凄い。

image

 この集落は前回訪れた嶽集落と共にゲーム『サイレン』の舞台のモデルとされていたため、廃墟好きの間でもそこそこ有名らしく、多くの人が訪れているようです。

image

 長屋のように連なった軒を進むと、途中倒壊した小屋と崩れた石垣に阻まれているため、これ以上奥に進むのが困難となり、引き返しました。建物の中を迂回すれば行けなくもないですが、中は床も抜けており危険と判断しました。

image

 家屋は一本の生活道から上へ下へと幾つも分かれた道の奥にあります。こちらは既に全壊した家屋。ここ山掴は昭和51年に地滑りがあり、それが離村の大きな理由に繋がったとか。

image

 全壊家屋の奥に辛うじて残っていたのは斜面にせり出した浴室か何かでしょうか。

image

 全壊した家屋の奥にもう一軒、小さな廃屋が残っています。最初ただの小屋かとも思いましたが、冷蔵庫など生活の跡が残されています。

image

 生活道の脇には幾つもこのような小屋がありますが、薪などを貯蔵していたと思われます。また斜面に幾つかのお墓が残されていますが、栗山集落と違いここの墓地は墓石が残されたままとなっています。中の骨壷はちゃんと玉抜きされて引っ越されたのか、あるいは今でもお参りに来られ管理されているのか、はたまたもうお参りされる方も居なくなり放置されてしまっているのか。

image

 最後にほぼ全壊に近い廃屋。しかし先程栗山で発見した熊の糞がここにも。
 ウソでしょ!こっち側の斜面にも熊さんが!
 もし訪れる方がいたら、くれぐれも熊鈴などの対策を忘れないように。私の実家にもこのような杉林の斜面が多く子供の頃よく遊んでいましたが、とにかく前回訪れた嶽や茶山に比べ、今回の栗山と山掴は足場が悪く上級者向けと言った感じです。

埼玉県秩父市浦山地区(1)、ダム湖と限界集落
埼玉県秩父市浦山地区(2)、廃村、茶山集落
埼玉県秩父市浦山地区(3)、廃村、嶽集落
埼玉県秩父市浦山地区(4)、廃村、栗山集落(前編)
埼玉県秩父市浦山地区(5)、廃村、栗山集落(後編)
埼玉県秩父市浦山地区(7)、浦山中学校跡と川俣小学校跡
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ