※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

埼玉県秩父市浦山地区(2)、廃村、茶山集落

 浦山地区は7年ほど前に一度訪れた事があります(埼玉県秩父(1)、浦山ダムと限界集落)。前回はダム湖に沈んだ寄国土集落の名残りを求めて訪れましたが、数年後その湖畔の集落の奥に廃村があると知り、再び訪れようと心に誓いながら何年も経ってしまいました。

image

 浦山ダムのダム湖であるさくら湖の東岸を進むとやがて県道は寄国土(ゆするど)トンネルに入り、そのトンネルを抜けた所に栗山集落への別れ道があります。西武秩父駅近くの国道沿いより浦山地区へ向かう市営バス(ワンボックス)が1日3往復運行されており、廃村へと登る道の入り口には茶山口という誰も利用しないであろうバス停もあります。運転免許を持っていない者としては実に有り難い。

image

 延々と続く坂道を登り続けて行くと、やがて沢を渡る辺りに三叉路があります。この辺りが旧茶山集落跡。いきなり廃屋が出迎えてくれます。

image

 三叉路の辺りの畦道を入ると4軒ほどの廃屋が。

image

 いつ頃から人が住まなくなったのかちゃんと調べてませんが、ただの空き家と言った感じの家も残っています。

image

 この生活道の狭さが限られた土地に密集して建てられていることを物語っています。

image

 4軒の廃屋の左手を登る生活道の跡を入って行くと、古い石垣が見えて来ます。

image

 この辺りには5軒ほどの廃屋が密集しています。

image

 家々を結ぶ生活道は人一人が通れるほどの畦道のみ。軒先きまで車は入って来れず、車社会になる前の山里の景色を残しています。

image

 廃屋のほとんどがかなり古い木造建築で、倒壊してしまった建物もあります。

image

 しかし、まさに時が止まってしまったかのよう。

image

 この三輪車は某廃墟サイトでも見かけましたが、この場所に置かれてどれくらいの年月を過ごして来たのか。

image

 集落から沢を挟んだ向こう側には畑の跡らしき石垣がありました。一説によればこの茶山という地名は茶畑があった事からという話もありますが、耕地は狭く谷底のため日当たりも悪いです。副業として炭焼き小屋などを建てて炭を作っていたとも言われてます。

image

 江戸期は害獣対策として領主より鉄砲を賜っていたと言われています。なのでマタギのように狩猟も行っていたのではないかと思われます。秩父には小鹿野のような狩猟を生業として来た地域も多く有りますし、集落の真横に沢が流れているので近くで獲物を解体する事も出来ます。

image

 そのため、昔この辺りに住んでいた人々は部落差別を受けていた可能性も考えられますが、その辺は地元の方にしっかりと時間をかけて取材しなければなりません。

image

 ここ浦山川沿い一帯は江戸中期には17の集落に180軒もの家屋が存在したそうです。

image

 家々の土台を成す石積みはかなり古い物ばかりで、中には江戸期の物も残っているかもしれません。

image

 ここ茶山集落を始めとする浦山地区の廃集落群は廃墟好きの間でも有名で、多くの人が訪れています。そのため心無い輩に荒された集落もあったようで、家々には立ち入り禁止の札が貼られています。

image

 とはいえこの茶山集落に関して言えば訪れた廃墟好きの方々のマナーが良かったのか、全くと言っていいほど手付かずで残されています。

image

 私も中には進入せず、玄関先や軒先きから撮らせていただきました。

image

 今後もこの集落が当時の姿を残したままの状態で、ゆっくりと倒壊し自然に帰して行くことを願います。

埼玉県秩父市浦山地区(1)、ダム湖と限界集落
埼玉県秩父市浦山地区(3)、廃村、嶽集落
埼玉県秩父市浦山地区(4)、廃村、栗山集落(前編)
埼玉県秩父市浦山地区(5)、廃村、栗山集落(後編)
埼玉県秩父市浦山地区(6)、廃村、山掴集落
埼玉県秩父市浦山地区(7)、浦山中学校跡と川俣小学校跡

江東区大島、商店街の魚屋さんで飲む

※2016年10月26日の仕事帰りに訪れて記事をアップしましたが、11月1日の午後に再訪したので、商店街の写真を昼間撮影した物に差し替えた上、味雅に訪れたくだりを加筆しました。

 都営新宿線の馬喰町より先は高度成長期に発展した街であり、昭和の頃は葦の原野、というイメージを個人的に持っていました。しかし実際には湿地帯の中の島に村が形成されたのが江戸前期、天保年間とされています。現在、都営地下鉄新宿線の大島駅は東西に走る新大橋通りと南北に走る丸八通りの交差するあたりに有ります。

image

 交差点の東から北へ、サンロード中の橋商店街が続いています。

image

 この商店街、アーケード化されてないもののかなり充実した商店街で、数多くの専門店が揃って営業しております。

image

 特に多いのが八百屋さん。路面に陳列がはみ出すのが普通。

image

 こちらの魚屋さん『魚雅』は、右脇の路上にテーブルがあり、魚をツマミに飲むことが出来ます。イートインと書かれていますが、全然インじゃない!(笑)

image

 店頭のショーケースに置かれた刺身をツマミに、生350円、焼酎の割り物200円。刺身は時価で、この日はヒラメひと皿800円、スルメイカ300円、マグロ1000円、などなど。これが新鮮で、べらぼうに美味い。

image

 小皿に添えられているのは自家製カラスミで、最高に酒が進みます。こちらは運が良ければありつけます。ただこのお店、10月26日放送のアド街(テレ東)で紹介されてしまったそうです。メディアに露出してしまった事でメジャーになってしまいます。お店的には繁盛して良い事なのですが、私個人としてはあまり知られていない情報を発信したい方なので、ちょっぴり残念。

image

 商店街を歩いていると、軒を並べるお土産コーナーの匂いにお腹が空いて来ます。惣菜から焼き鳥から、誘惑が半端ないです。

image

 大島は団地やマンションばかりであまり下町っていうイメージがありませんでしたが、この商店街の賑わいは下町感があります。もっとも亀戸の外れと考えれば確かに下町ですけどね。

image

 次に紹介するのは大島駅の南、新大橋通りと並行して走る中央銀座商店街。

image

 上の写真は夜のネオンサイン。しかし商店街はクリーニング店や電気屋さんぐらいであとは飲食店がちらほら。サンロード中の橋と比べると人も疎らです。

image

 1度目に訪れたのは仕事帰り、すっかり暗くなった雨の宵でした。通り沿いにある立ち飲み屋『番外地』に入りました。

image

 この店、やたら安いと一部では有名のようです。最近旧店舗からこの大島駅近くの新店舗に引っ越して来たとか。いちげんさんが多いのか、初めてかを聞かれ初めてと答えるとシステムについて説明してくれます。

image

 刺身三点盛り500円。なのに四点目の甘海老が二尾付いて来ました。軽く立ち寄るつもりでしたが、この一品だけで満足しちゃうボリューム。またマグロのチャンジャ(?)で酒が進む進む。生小ジョッキ、割り物、ともに200円。確かに安い。
 そんな訳で二回にわたり大島を歩きましたが、味雅と番外地は機会さえあれば何度も飲みに行きたいと思います。

墨田区錦糸町、南口の歓楽街

 錦糸町はほとんど降りた事が無く、私にとっては未開の地です。

image

 以前、日記でアップしたかも知れませんが改めて。錦糸町南口を出て右手通りにある純喫茶白鳥跡のビル。昭和の純喫茶の貴重な外観が残っていますが、随分前からテレクラにビルを買収されました。

image

 南口西側界隈。飲み屋街と歓楽街が混在するカオスですが、亀戸餃子の支店なんかもあり、昼間から楽しめそうです。

image

 渋い居酒屋などもある事にはあるのですが、基本的には近代的な雑居ビルにスナックや風俗店が詰まっているような街の景色が多いです。

image

 なかなか時代を感じさせるニュー錦糸町ビル。1階は間口の狭い店舗がひしめき合っています。

image

 駅から少し離れるとラブホが目立つようになって来ます。

image

 南口東側は、にわかにコリアタウン化しています。韓国食材店を中心に韓国系飲食店が林立。

image

 韓国食材店向かいの雑居ビルの1階は通り抜けられるようになっており、飲食店街が形成されています。

image

 しかしそのほとんどが空き家。以前ここに『杓』という立ち飲み屋があったそうですが、すでに閉店。

image

 一見マンションのように見えるビルも、如何わしい店で埋まっていたりします。踏み込まれたらヤバい店なんかも有るかも知れません。

image

 錦糸町は風俗店が密集しているような目立った歓楽街は特に無く、街全体のいたるところに散在しているような感じです。しかし客引きのお兄さんは健在。

image

 googleで立ち飲みを検索し一通り廻ってみたところ南口の『杓』と北口の『でかんしょ』がすでに閉店。早速googleに報告。北口の東側ガード下の立ち飲み屋『粋』は食べログなどでも評判のようで、満員御礼。

image

 結局南口を出て右手、路地を一本入ったところにある『丸源』で落ち着きました。この店、昼間は立ち食い蕎麦屋として営業しているようです。

image

 生400円、サワー系250円、焼き鳥他一本110円。なかなかにしてリーズナブル。

image

 もつ煮込み350円。もう、もつ煮の季節です。店のキャパはなかなか広く、一人でも落ち着いて飲めます。気さくな大将と、ホールは明るい中国系の姉さん方。地元の会社員に愛されている店のようで、ここは通いだなと思いました。

image

 錦糸町はスナックなどの数が都内屈指の多さ。しかしそのほとんどが雑居ビルに収まっているので、いちげんにはなかなかハードルが高いようにも感じました。

image

 追記。錦糸町駅から北へ少し離れ押上に近くなってしまいますが、横川三丁目にある温泉銭湯に先日行って参りました。造りは昔ながらの銭湯といった感じですが、増築でサウナや露天風呂も楽しめるようになっています。

image

 お湯はメタケイ酸の含有量により温泉とされていますが、療養泉ではないため泉質名はありません。そのため銭湯としては高濃度炭酸泉と表記しています。しかし、無色透明無味無臭なため塩素臭が際立ち、温泉としての特徴もあまり感じられませんでした。

渋谷区渋谷(3)、宮下公園

 再開発の進む渋谷駅を東口に出て明治通りを北に。線路沿いに生き残るバラック飲み屋街呑んべえ横丁を越えた先の線路伝いに、長細い宮下公園があります。

image

 この公園にはかつて多くのホームレスが住み着いておりました。しかし2010年9月、区はナイキに命名権を売却し、公園の改修工事を名目に公園内のホームレスを一掃しました。しかし翌年の4月、ホームレスの支援団体などが強制排除は不当として区を相手に裁判を起こし揉めていたそうです。現在では夜間施錠するなどして、公園内に住み着けないよう対処しています。さらにナイキは有料の運動施設を公園内に整備しながらも、市民の反対を受けてナイキパークという名前を結局付けられずに終わってしまいます。

image

 しかしホームレス達は公園とその裏のバイク用コインパーキングとの間の空白地帯に住むようになります。公園の下は駐車場、植え込みとバイク置き場の下は暗渠化された渋谷川が流れています。

image

 区によっては対応策としてアパートに住めるよう支援したり簡易宿泊施設を紹介したりしているようですが、渋谷区はその辺の対応が上手く行なわなかったため、話がこじれて行ったそうです。
 今回、昼休みにちょっと歩いた程度でしたが、また写真が増えれば加筆していきます。

[日記]久し振りに溝の口へ立ち寄る

高津から溝の口までは容易に歩ける距離という事に気付きました。なので今日は久々の溝の口。およそ2年前に通っていた立ち飲み『いろは』に寄りました。

image

西口商店街は相変わらずいい匂いに包まれています。

image

何も変わっていない事に嬉しく感じます。

image

よく通っていた『いろは』に直行。

image

常連さんたちの顔触れは変わらずで安心します。そして、やっぱ美味いわー。

image

そろそろ帰ろうと駅に向かうと、太鼓の音が聞こえて来ました。

image

今日は宗隆寺の法会、御会式の日でした。神社のお祭りと違いお寺の法会は、静かに、そして粛々と万燈練り供養が通り過ぎます。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを主に載せています。また、国内の寂れた観光地や地方都市、マニアックな温泉スポットや廃墟などもご紹介。

■ 温泉リスト(PC版) ■
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ