※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜
        ↑ 地味にリニューアル

栃木県日光市足尾(6)、簀子橋堆積場

夏に訪れて以来、草が枯れるのを待ってからの足尾再訪です。藪などに阻まれ入ることが困難だった場所へも、秋なら進めるようになります。

IMG_1299

まずは簀子橋堆積場が見下ろせる山の上へ。通洞駅近くの蓮慶寺脇から、今ではほとんど使われなくなった登山道を登って行きます。急な斜面を登ってゆくと、なぜか幾つもの庚申塚が打ち捨てられていました。

B5044D27-6D4B-4C5B-8D35-DFE0299FD60F

急斜面を登り切ると朽ちかけた祠が。しかし覗いてみると牛に跨った人物の首が無い。恐いから。

IMG_1303

やがて緩やかな尾根伝いに登山道の痕跡を辿りながら登って行くと、高圧線の走る開けた場所に。

5D952B90-C7D5-4F9D-84FF-D53A64A7FCBE

二箇所目の高圧線。赤松が多いので紅葉としては微妙。

DA15C80E-1F5D-460A-B651-BF7ED1FF6D2C

尾根はやがて両側が崖という切り立った地形になって来ます。場所によっては突風が吹いたりして、かなり恐い。もう散歩とか旅とかじゃない、これはガチの登山です。

27A3E1A0-E1D3-475A-866C-7DBEE7350490

左手には簀子橋堆積場より古い時代に作られた堆積場が見えて来ます。こちらが一杯になったため簀子橋堆積場が造られたそうです。

IMG_1307

崖っ縁や岩場など、とても登山道とは言いがたい尾根を登り続けること約30分。視界の開けた絶壁から簀子橋堆積場が見下ろせました。ここは足尾銅山で産出された鉱物の選鉱・製錬工程で発生するスラグ(鉱滓)を沈殿させ堆積させる施設で、鉱滓ダムと言われるものです。

521E5939-9651-4012-B8AC-C6EE79125A6F

堆積場周辺の谷は全て古河機械金属の所有地のため一切立ち入ることが出来ず、本来その姿を見ることは出来ません。周辺を撮影したところ管理人にカメラを取り上げられたと言う噂もネットに上がっています。この茶色いのが鉱毒だと言うのですから、確かにヤバいです。

2A30BAC1-5720-4033-9FF6-F3794C6FAB44

この簀子橋堆積場は足尾でも最も規模も大きく見た目でも分かりやすい施設ですが、他にも多くの堆積場が今も残っています。東日本大震災ではその一部が崩落し、渡良瀬川に流出した事もあったそうで、かつて足尾鉱毒事件の被害を受けた下流域の住民に対する視察会や説明会は今も続けられています。写真はそう言った視察会などで使われると思しき立て看板。銅山による繁栄に対する代償は、閉山から44年経った今でも払い続けているということです。

IMG_1308

登山道はさらに奥へと続いているそうですが、素人の私がこれ以上進むのは無理。だって右も左もマジで崖なんですもの。

4B84FD2E-FD63-4299-883D-17FEABA5E610

振り返れば通洞の街が見事に見渡せました。しかし、下山はもっと恐いです。不明瞭なルートを地形を見ながら戻らなくてはなりません。この帰路、尾根が二手に分かれています。登った時はもう一つの尾根に合流した事に気付かなかったため、下山の際は途中で左に斜面を下りなければならなかった。

5F188197-4C9E-43DF-AAE3-640A5624F213

気付いたら巨岩のてっぺん(写真中央)。こんな時焦ってはダメです。冷静に来た道を引き返し、地形図から今居る場所を考えて、正しい道を探さなければなりません。
ともあれどうにか無事下山。正直、距離が短いからと言って登山の素人が行っちゃいけない山です。いや、登山道としてもはや整備されていない点から言って中級者でもキツいかも。


栃木県日光市足尾(1)、足尾銅山観光
栃木県日光市足尾(2)、旧足尾線貨物専用線跡
栃木県日光市足尾(3)、足尾銅山本山製錬所跡
栃木県日光市足尾(4)、鉱山住宅跡(その1)
栃木県日光市足尾(5)、鉱山住宅跡(その2)

新宿区西新宿、西口側の立ち飲み屋など

新宿西口ヨドバシカメラには35年以上前から来ていますが、今では京王のバスターミナルもバスタに移転し、少々活気も落ちているようにも思えます。

IMG_1296

しかし、かつてセガの某格ゲーで伝説と言われ、当時24時間営業だったスポット21が未だ健在。この一帯の雰囲気はあまり変わっていません。

IMG_1295

ヨドバシ本館と別館の間の路地に建つビルの二階にあった、やたら安い居酒屋は無くなってしまいましたが(店名思い出せず)、表通りにはいつからか立ち飲み屋「ひなどり」さんが。

IMG_1293

生450、割り物380、串二本からで280前後と、決して安くはないが、場所柄仕方ないでしょう。モツ煮込みはなかなかの絶品で350円にして満足。しかし立ち飲みはサッと飲んでサッと次に行く物だと思うので、串は一本から注文を受けて欲しかったと言うのが正直なところ。しかし近隣のサラリーマンやヨドバシ目当ての外国人観光客たちで賑わっていました。

IMG_1230

甲州街道を初台方面に少し行くと、日本再生酒場西新宿店があります。こちらは三丁目の本店同様にフラッと立ち寄るにはちょうどいい雰囲気でした。ホルモン系の種類が豊富で、焼き加減なども良い。

IMG_1154

西口の北側、小滝橋通りの西側は以前、チェーン店の天狗と数軒のスナックぐらいしかないような、住宅と倉庫ぐらいしかない街でした。しかし久々に歩いてみると、すっかり飲み屋街になってたので驚き。しかも立ち飲み屋までありました。

IMG_1153

おおの屋さん。若いスタッフが元気よく営業している、比較的入り易いお店です。焼き鳥がメインで作り置きのおつまみは冷蔵庫から勝手に取り出すシステム。値段はまぁ普通と言ったところでしょうか。

豊島区池袋(2)、改めて駅周辺の昭和な酒場

 池袋は埼玉の匂いがする。と言うことで基本的には池袋では飲まず新宿まで行ってしまいます。そのためか今までも小ネタで紹介するばかりで本格的に開拓してませんでした。しかしここ二日ばかり池袋で仕事があり飲み屋に行ったりもしたので、過去の日記と合わせてひとつの記事として改めて紹介させていただきます。まずは東口北側、線路と明治通りに挟まれた地帯から。

IMG_20160520_181341930

 池袋東口の大塚寄り一帯はちょっとした歓楽街で、その真ん中にストリップのミカド劇場が未だ生き残っています。

IMG_1268

 歓楽街としては西口北側に比べると小規模ですが、メインストリートをさらに進んで行くと右手に立ち飲み屋「小島」さんが。

IMG_1276

 生400、その他はだいたい300円。おつまみも一部を除いて300円均一です。焼き物は無く煮物、揚げ物、あとは缶詰め。火を使わずレンジのみなのかも知れません。

IMG_20160520_181543951

 歓楽街を真っ直ぐ抜けて突き当たりに、かつて一軒の酒屋さんがありました。この東池袋一丁目の「笹屋」さんは、立ち飲み出来るいわゆる角打ちというやつでした。この辺りはもうホテル街となります。

IMG_0240

 当時まだ角打ちに飛び込みで入ることに二の足を踏んでおり、そのうち入って見ようなんて呑気な事を言っていたら、一年後訪れた時にはもう無くなっているではありませんか!2016年11月閉店されたそうで、ショックです。昭和の名残りは加速的に消えて行っていると実感しました。

IMG_1266

 ところ変わって西口。朝通り掛ったら行商の方の荷物が。そう言えば先日テレビで大塚の行商の方が取材受けてました。

IMG_1289

 西口の北側には都内屈指の歓楽街及び飲み屋街が広がります。学生の頃などにはロサ会館でボーリングなどもしました。ロサボールは歌舞伎町のコパボールと並ぶ定番のボーリング場ですが、相当古いビルなのでその内撮っておかないと。

IMG_1288

 メインストリートと言える西一番街に入ってすぐ左手に、なんと角打ち「桝本屋酒店」がありました。昔からあったのか、恥かしながら今まで全く気付いていませんでした。

IMG_1281

 西一番街の手前、駅の真ん前右手にあるのが創業昭和31年の老舗、大衆酒場「三福」。二階は座敷ですが一階は長いカウンターが一本の細長い敷地。オッサン同士ぎゅうぎゅうに肩を並べて飲みます。店は貫通しており奥の勝手口を抜けると裏路地に出ます。

IMG_1285

 人気の煮込みは塩煮込みで480円。なかなかの値段と思いつつ頼んで見ればこのボリュームです。多過ぎだろと食べ進めていくと底の方から約半丁の豆腐が顔を出す。いわゆる豆腐による上げ底方式です。それでも量が多く、結構満腹になります。4時からテレビの取材が入るとの事でしたが、取材が始まる前に出ました。アド街かなんかだったのでしょうか。

IMG_1286

 隣の通路はコインロッカー。この一帯は何十年も変わっていません。

IMG_1279

 裏路地の向こうには、これまた老舗の大衆酒場「まつしま」。ほぼ24時間営業だそうです。

IMG_1282

 最後に西口南側、メトロポリタン手前の路地裏に昔からある大衆酒場「ふくろ」。こちらは朝から飲める事で有名で、随分昔先輩に連れられ一度飲みに行きました。三福同様に狭いカウンターが一本、反対側の路地裏まで貫通している造りで両方に玄関があります。昭和28年創業の老舗で当時はバラックだったとか。

IMG_1283

 西口周辺の大衆酒場は何がいいって昼間から飲めると言う点。都内でも特に栄えている街でありながら、このような店が多く生き残っているのは珍しいと言えます。特にこの西口に関しては東武東上線の、つまり板橋区民の影響か、なんて思ってしまう次第です。

千代田区神田(4)、ガード下の立ち飲み屋(11/1更新)

立ち飲み屋巡りを続けて来ながら今さら感もありますが、神田駅は仕事帰りに立ち寄るポイントとしてなかなか縁がなかったのです。
神田駅といえば新橋と並ぶサラリーマン御用達の飲み屋街という印象があります。その中心街は主に駅の西側となりますが、今回は立ち飲みが多い東側ガード下を攻めてみようかと思います。

IMG_0973

まず立ち寄ってみたのは立ち飲み『あかしや』さん。阪神タイガース推しのこの店に入れば関西弁が飛び交います。常連になれたら関西人と分かり合えるかも知れません。

IMG_1260

現金取引き。カウンターに並ぶ小皿からおつまみをチョイス。なんだかんだでこの店が一番入り易く落ち着けるかも知れません。

IMG_1238

神田開拓二軒目。中央通りを越えて秋葉原寄りのガード下東側にある立ち飲み屋『つみき』さん。北千住に本店があり五反野と神田に支店を出しているホルモン系焼き豚のお店です。生380円、割り物(金宮)300〜350円、モツ焼き串一本100円という安さで、立ち飲みとしては基本的な料金設定。去年(2016)11月開店という新しいお店で、若手の店員さんたちが元気よく接客されています。

IMG_0974

金宮のワンカップ……だと⁉︎

IMG_0978

選択肢はタレ、塩、お任せの三択だったので、味付けはお任せで注文。右からチレ(タレ)タン(塩)レバ(タレ)レバ(塩)。タンが分厚くて歯応え最高。タレは八丁味噌を使った味噌ダレで、これがハマる。このあとアブラも注文しましたが 、とにかく美味くてまた来たくなりました。ホルモンのレパートリーがマニアックで好き。

IMG_1248

つみきさんのさらに先にある立ち飲み屋「一丁目一番地居酒屋」さん。とにかく狭い!奥の焼き場からもうもうと煙がカウンターへ。

IMG_1244

カウンターも狭い!こう言うの大好きです。生350、割り物300前後。二杯目に青汁割り350円頼んで見ましたが、新橋の南並みに飲み易い。金宮と青汁って相性良いのか?
そしてふとメニューを見れば、金宮ストレート350円……だと⁉︎

IMG_1240

「つみき」と「一丁目一番地」の間に建つのが「大松」さん。こちらはまだ入ってないので、後日中の様子を追記します。

11/1、大松さんに突入。

IMG_1250

こちらはガード下の入り口ですが、レジに近いので主に出口として使われています。

IMG_1249

価格は普通の居酒屋レベル。しかし味は居酒屋以上。刺身がマジで美味いです。この後頼んだ〆イワシも酸味を感じない程の絶妙な〆加減で、大将の腕が分かります。長居はしずらくとも、1件目にサッと寄って次に行く店としては外せない感じの店です。

IMG_1258

若い店主と狭い敷地にぎゅうぎゅう詰めな立ち飲み「六花界」さん。常連さんで固められている感が強いですが、とても気になるお店です。

IMG_1253

吉池グループの立ち飲み「味の笛」さん。賑わっています。

神田はまだまだ通いたい店を見つけてませんが、もう少し探索してみます。

※ブログ開設のお知らせ

ここのところ仕事が忙しくロクに写真も撮りに行けない昨今ですが、先日たまたまlivedoorブログのデザイン設定を見ていたところ、まだβ版ですが縦書きなる物を発見。これを機に30代の頃書いていた小説のデータを保存しておこうと思い立ちました。
主に2000年~2010年頃に書いていた物で、読み返すと我ながら恥ずかしい物ばかりだったので、ひたすら何も考えずにコピペしました。
気が向いたら久々に新作なんか書ければとも思うのですが、そんな訳で新ブログ開設しました。ただしPCやipadなどのフルプラウザでないと縦書き表示されません。(動作確認ipad使用)

鰻田ニョロの小説部屋

なにぶんテキスト置き場的な物なので滅多に更新することは無いのですが、もしよろしければ箸休め程度にお読みいただけたら幸いです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ