※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

千葉県千葉市〜市原市、京成千原線の先の未成線

津田沼で京成本線から枝分かれする京成千葉線。その終点千葉中央駅から先には5駅だけ京成千原線が延びています。

IMG_2220

千原線は元々、小湊鉄道が昭和32年に取得したまま放置していた海士有木〜千葉中央駅(当時は京成千葉駅)の免許を、昭和48年に京成電鉄が千葉県、千葉市、市原市、宅地開発公団(現・都市再生機構)からの出資を受けて第三セクターで設立した千葉急行電鉄が譲り受けて建設工事を開始。

IMG_2219

しかし大森台まで開通したのが会社設立から15年も経った平成4年。平成7年には現在の終着駅ちはら台までが開業しましたが時代はすでにバブル崩壊後の大不況。
写真は千葉中央駅の次の駅、千葉寺駅の駅前。セブンイレブンしか無い。

IMG_2213

開業当初は平成11年度を目標に線路の複線化、辰巳台までの延伸をして最終的には小湊鉄道の海士有木駅まで繋げる計画でした。写真は千葉寺駅のプラットホーム。対面式のホームまで用意されていますが、よく見れば2番線ホームの壁はペンキが塗られておらず屋根のパネルも貼られないまま工事が中断。

IMG_2215

しかし今どき単線とは。津田沼方面まで直通運転されているとはいえ、1時間に三本は不便。開業当時は京成電鉄の中古車両を払い下げて使用していたそうです。もっとも、京葉高速鉄道も地下鉄東西線の中古車両を使い、高い運賃で営業していましたが。

IMG_2228

しかしバブル崩壊後のニュータウン開発の停滞により客足は伸び悩み、土地取得費用を回収するための高額な運賃もあって利用客は減少。平成9年度には累積債務は106億円に昇り、平成10年には債務超過に陥り千葉急行は破綻しました。
写真は終点ちはら台駅。恐ろしいくらい何もない。

IMG_2231

線路は筆頭株主であった京成電鉄が引き継ぎ京成千原線としましたが、複線化や路線の延伸計画は凍結されました。ちはら台までは複線の高架線や敷地が用意されていながら片方は線路だけが敷設されていない状態。ちはら台駅も元々島式ホーム2本と線路3本の予定だったのか、しかし現在ホーム一本だけ造り1番線のみの使用で折り返し運転。

IMG_2233

ちはら台から先も多少鉄道用地が延びています。千葉急行としての営業はたったの6年間という短いものでしたが、そもそも営業運転開始の時点ですでに債務超過に陥っていたという。

IMG_2234

これより幻の未成線を辿っていきます。

IMG_2236

と思った途端に森です。ちなみに、ちはら台〜海士有木間の事業免許は来年の平成31年10月で着工期限を迎えてしまいます。もっとも、着工する気など微塵も感じられませんが。

IMG_2237

森の中に道でも無いのに伐採され区画された箇所が。鉄道計画用地?

IMG_2238

森を抜けた先、右へ大きくカーブを描きながら田園地帯を高架線で突っ切る計画だったのかと想像。しかし先には小高い丘が。

IMG_2239

その丘の一部に伐採された怪しい斜面が。切り通しで丘を越えると想像。もう想像ばかりです。

IMG_2242

しかし、丘を越えた先に再び鉄道用地が。

IMG_2245

見事に土を盛ってます。ここから徐々に下って行くのでしょう。

IMG_2247

この辺りは平成11年を目処に延伸が計画されていた市原市の辰巳台。今でも鉄道用地として買収された土地が1キロに渡り続いています。

IMG_2253

辰巳台駅予定地。線路は下を堀割りの形で通り、この地上に駅舎と駅前広場を造るつもりだったと思われます。

IMG_2251

鉄道が開通したら道路を拡張する予定だったのでしょうか。一車線道路と併行して家庭菜園が続く。

IMG_2257

線路はこの県道21号線の下をくぐります。

IMG_2262

辰巳台の先の堀割り。今更埋め戻しもしないでしょう。

IMG_2266

周辺は広大な住宅街が広がる。ニュータウン開発の名の下、将来的には鉄道が開通すると信じて庭付き一戸建てを購入したのでしょうか。

IMG_2757

最終的にたどり着く構想があった小湊鉄道の海士有木駅まで行って見ました。単線を1〜2両編成の気動車がのんびりと走って行きます。

IMG_2273

千葉急行の終点となるはずだった海士有木駅は、絵に描いたようなローカル線の木造駅舎。

IMG_2275

初夏の風が通り抜けてゆく無人駅の改札。開発は夢のまた夢で終わりを告げました。

川崎市多摩区、再開発の進む登戸

行こう行こうと思いながら先送りしていた川崎市多摩区登戸。気付けば西側一帯が再開発ですっかり更地になっていました。

IMG_2190

かつては多摩百貨店というマーケットもあり、とても賑わっていたらしいこの界隈。

IMG_2187

らしい、というのも私自身、残念ながら登戸駅を降りたことがないのです。しかし神奈川に於いては街並みの記録として最強と思われるサイト、写真撮っけどさすけねがい様のこちらの記事を見るにその変貌ぶりたるや、えげつないくらいです。2009年の記事で閉店セールとなっているので、解体されてから結構経つのかも知れません。

IMG_2189

馬頭観音だけがポツンと取り残された辻。この区域の再開発は40年近く前から話が持ち上がっていたそうですが、2013年の時点で計画を10年延長。現在では2026年の竣工を目指しているとか。なんでもっと早く訪れなかったのかと、つくづく後悔します。

IMG_2201

いっぽう東側に当たる生田緑地口の登戸駅前商店街は健在です。奥の森が気になる。

IMG_2193

商店街の左手には老舗の焼肉屋『平安郷』があります。

IMG_2199

こちらのお店、左側が居酒屋となっております。立ち飲みカウンターの向かいにはテーブル席が並んでおり、一人で入るととりあえずカウンターに通されます。店が空いて来るとテーブル席への移動を勧められますが、私は断固として立ち飲みスタイル。
この店、なんとも言えない昭和な雰囲気があります。しかしこの駅前商店街もいずれ再開発の波に呑まれてしまうかも知れません。

【日記】新橋の大衆居酒屋

奧が深すぎるだろうと敢えて避けて来た新橋開拓を始めて一年。立飲み屋をほぼ網羅していよいよ次のステージ、居酒屋探索に突入します。自分は一体どこを目指しているのかと心の隅で思いながら。

DSC_0100

今までなぜ存在に気づかなかったのかと思うほど渋い外観の、有楽町寄りのガード下にある居酒屋『羅生門』さん。居酒屋というより元は屋台だったような雰囲気。たまたまipadを忘れて死にかけのスマホカメラのため、画像が滲んでます。

20180418_174737097

焼き鳥メインで二本180〜190(注文は二本から)と、かなりお安い。ただ焼き鳥以外はポテサラも煮込みもヤッコも480と高め。飲み物は瓶ビールと缶チューハイ、清酒のみ。有楽町ガード下のとんとんや上野アメ横の大統領に近い雰囲気がありシチュエーションは最高なのですが、個人的にはなんか違うというか、観光地的な空気を感じました。あくまでも好みの問題として。

IMG_2160

何度か入った『立ち呑み新橋店』の隣に『大統領』という店があります。ここはシャーベット状に凍らせた金宮焼酎で作る割り物、いわゆるシャリキンが飲めるという話を、新橋駅前ビル地下で飲んでいる時に他のお客さんから聞いてました。これは行かねばと仕事帰りに寄ってみましたが、なんと二人以上でないと入れないと門前払い。残念。
居酒屋巡りは幸先の悪いスタート。ひとり酒は大人しく立ち飲み屋に行けってことかな?

IMG_2163

仕方なくと言うと申し訳ないですが、近くの立ち呑み屋『かねまさ』さんに入店。

IMG_2161

なんと嬉しい事に18:30までは生(通常450)、ハイボール、ホッピー、ウーロンハイ、お茶ハイなどが290均一。ちなみに焼酎は金宮。写真はサクラマスのお刺身です。刺し身が美味い。一軒目に立ち寄るにはちょうどいい感じです。

IMG_2165

線路の方に歩いて行くと、立ち飲み『へそ』烏森口店が。今回はスルーしましたが、そのうち。

IMG_2167

ガード下に一軒の立ち飲み屋を発見しましたが、店内にお客さんが一人も居なかったのでスルー。

やはり新橋は難しいです。マメに店を巡って行かないと、正直なところ当たり外れがスゲーある。結局、安定の新橋駅前ビルに落ち着くのかな……。

【日記】芝浦の桜〜市場食堂

仕事はずっと芝浦に通ってます。もう満開かな?と思った翌日には桜吹雪という、今年の桜は実に忙しいです。

IMG_2127

金曜日の朝、田町駅芝浦口の駅前通りも葉が混ざり始めました。この調子だと週末日曜日までもたないんじゃないかと。

IMG_2129

忙しさにかまけて油断してたら桜の写真一枚も撮らずに過ぎてしまいそう。まぁ別に桜の写真に何のこだわりも有りませんが。

IMG_2141

昼間、ゆで太郎もすき家も飽きたなと思い、足を伸ばして品川駅方面へ。港南口近くに食肉市場があるのですが、そこの敷地内に建つ市場食堂『一休』さんでランチ。

IMG_2140

市場の中ですが近隣のサラリーマンたちも気軽に入って行列が出来ます。開発され尽くしたビル街の中にポツンと建つ仮設小屋のような建物。

IMG_2136

唐揚げ定食600円。美味いです。

夜は芝公園で花見しようと思い田町駅三田口駅前の立ち飲み『やまとや』に集合したのですが、煮込みや焼き鳥の美味さについつい長居してしまい、芝公園まで行くの面倒くせー、となってそのまま芝浦口の『はるみ』に移動。その後新橋に移動して『南』で一杯だけ飲んで最後は『うめちゃん』でカラオケ。結局今年は花見らしい花見しませんでした。

港区芝浦(4)、高浜橋ホルモンはるみは閉店してなかった!

かつて品川と田町の間、旧海岸通り高浜橋のの袂にあったバラック集落のホルモン屋『はるみ』は、再開発の波に呑まれて三年前に閉店してしまいました。

港区芝浦(1)、高浜橋バラック群とホルモン
港区芝浦(2)、再訪、高浜橋周辺の再開発
港区芝浦(3)、高浜橋バラック群の終焉

IMG_1788
※2010年当時

常連さんたちには誰にも焼かれずビールしか飲まれないホルモン屋。かつて故・伊丹十三監督の映画『たんぽぽ』のロケ地にもなった知る人ぞ知る昭和の店内。何度も通った大好きな店でしたが2015年、ついに立ち退きされてしまいました。

IMG_1991

2018年1月末より仕事で芝浦に通うようになり、かつてのバラック集落に行って見ればすっかり更地で、何の面影も残っていませんでした。

IMG_2109

そんなさなか、田町から今回の勤め先に向かうべく芝浦口から旧海岸通りの交差点、芝浦ホルモンという老舗系の店が気になっていました。

IMG_2111

ところがある日、よくよく見てみれば『はるみ』の暖簾が! いや、まさか、と思いながら芝浦ホルモンに入店しました。

IMG_2114

若い店員さんが3人。2階席3階席もあり、綺麗で明るい店内。串焼きホルモンが中心の店です。

IMG_2112

煮込みは美味いけど値段の割にちょっと量が少なめ。しかし串物のホルモンは新鮮だし焼き加減もちょうどいい。割り物の焼酎は金宮を使用。美味いじゃないかと箸を進めていると、いかにもオーナーらしき白髪の親父さんが上から降りて来ました。

IMG_2116

そこで思い切って高浜橋にあった『はるみ』との関係を聞いてみると、2階に上がって左側にあるよとの事。狭い階段を昇ると、そこに『はるみ』の暖簾が!かつての女将さんも元気でした。懐かしい。そして店が残っていた事が何よりも嬉しい。店名を『ホルモンはるみ』から『焼肉はるみ』に変えたのは、みんな焼いてくれと言う切なる思いの現れか⁉︎
しばらく飲み直しながら女将さんと芝浦ホルモンの親父さんと話し込みました。はるみは三年前、高浜橋の店を閉めるとここ芝浦ホルモンの2階に間借りして店を再開させていたそうです。しかもよくよく聞いてみれば芝浦ホルモンてあのシーパラダイスの看板の店だという。ランチ食べてたし何度もトイレ借りに行ってたし、それでも通称シーパラと呼んでたから、正式な店名が芝浦ホルモンだったとは気付かなかったという罠。それにしても移転していた事に3年間も気付かなかったなんて!
かつての常連さんたちも相変わらずとの事。昔よく常連さんたちは、新橋で飲んだ帰りに家の近所の高浜橋に集まると言う話を聞いていましたが、その話をすると何でもみんな新橋駅前ビルの地下飲食店街で飲んで来るとか。
繋がった! なんか知らないけど点と点が繋がった!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ