※まとめサイト等への画像及び文章の無断転載を禁じます。

     ⬜ 温泉リスト(フルプラウザ版) ⬜

    ⬜ 立ち飲みリスト(フルプラウザ版) ⬜

【日記】久々の蒲田、忘年会、近況など

3〜4年ぶりに蒲田で仕事が入りました。

IMG_3381

仕事先は京急の雑色と六郷土手 間ぐらい。なので、久々に温泉銭湯の「照の湯」に立ち寄りました。

IMG_3377

まずは蒲田で一番好きな立ち飲み「とっちゃん」へ。相変わらずの大盛況でカウンターも埋まってましたが、小さな小窓のような四方枠で辛うじて飲める。新鮮なスタイルです。
なにはさて置きママさんが顔を覚えてくれていた事が嬉しい。半生鳥レバーと豚レバーは絶品で、金宮の割り物を頼めば超濃いい! 酒弱くなったのかなと思う程に安くして回る回る。

IMG_3406

そして立ち飲み「かるちゃん」。母さんもマスターも健在でした。そしてマスターが実は私のタメだったと言う衝撃の新事実!
やっぱりここは居心地が良いです。個人的にですが、マニアックと言うかオタク系(特に鉄)の方は落ち着いて飲める店。実に居心地がいい。

IMG_20181215_180800

さて、近況としては神田ガード下の飲み屋の忘年会に参加しました。雑居ビルの三階のスナックを貸し切りでしたが、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

IMG_3400

二次会は各々と言った感じで、私はガード下の「翠」さんへ。ガード下のアーチの露出が素晴らしいです。その後その店で飲んでた方を巻き込んで奥の店ふじくらでカラオケ。気付けば終電を逃してました。

IMG_3444

後日、改めて「翠」さんへ。ガード下地帯では比較的広く静かに落ち着いて飲める店です。

今年は年内に九州の別府へ行く予定でした。しかしどうしても外せない仕事が入り、仕方なく延期。年明けの連休辺りに行って来ます。年内も忙しく、なかなか新ネタはアップ出来ないかも知れません。

茨城県、鉾田市及びひたちなか市の廃車両たち

東京駅より鹿島神宮行きの高速バスに乗り、新日鐵住金鹿島製鉄所バス停で降りて桜花公園を訪れた後、鹿島灘を北上して行きます。

IMG_3349

鹿島駅より鹿島臨海鉄道。途中の大洗がアニメ、ガールズ&パンツァーの聖地らしく、観光客を引き込もうとラッピング車両も走らせています。

IMG_3348

しかし、えげつないスポンサーの数。以前は鹿島臨海工業地帯の貨物輸送が主な収益でしたが、貨物線の廃止もあり、現在これだけ広告を載せなければ、やって行けないのでしょう。

IMG_3352

まずは鉾田市、鹿島灘海浜公園近くの畑の中で倉庫として使われている日立電鉄のクモハ352。なんかカワイイ。

IMG_3350

元々は静岡鉄道の車両で昭和43年製造。昭和59年に日立電鉄へ譲渡され、平成6年まで使用されてたそうです。現在は個人所有で、静岡鉄道の塗装に塗装し直されています。手前は収穫を終えたサツマイモ畑。ちなみにその日立電鉄も平成17年、設備を更新すり資金が無い事を理由に全線廃止されてしまいました。

IMG_3355

次に水戸まで抜けてひたちなか海浜鉄道(旧・茨城交通)。那珂湊駅へ向かいます。写真は廃線となった三木鉄道から払い下げたミキ300形。

IMG_3362

那珂湊駅構内に残るキハ203。国鉄から鹿島臨海鉄道、茨城交通へと払い下げられた車両で国鉄時代はキハ20428。

IMG_3363

車両区の端に転がっているのがケハ601。1960年製造、1993年まで走っていました。茨城交通と言えばコレってぐらいの代表的な車両です。

IMG_3365

日本初のステンレス気動車として一世を風靡しましたが、現在ではステンレス製ゆえに錆びないのをいい事に、倉庫として使われています。

IMG_3359

廃止の危機に直面していた茨城交通は2009年、第三セクターの形で、ひたちなか海浜鉄道として存続され、現在では地元のバックアップもあり業績を回復しているそうです。
また、ここは多くのキハ20型(ほとんど私鉄からの払い下げ)を有し、国鉄色に塗り替えるなどされていましたが、そのほとんどが第三セクター化を機に解体されてしまいました。千葉県のいすみ鉄道みたいに観光列車として保存すればとも思えますが、あえて観光に頼らないと言う経営方針の転換があったからこそ、黒字経営に繋がったとか。

茨城県鹿嶋市、桜花(復元)が眠る掩体壕

現在、新日鐵住金鹿島製鉄所となっているこの場所には、昭和19年4月、神之池海軍航空基地が開設されました。

IMG_3327

製鉄所の脇にある桜花公園には、当時十数基あった掩体壕の内、唯一現存する掩体壕が残されています。

IMG_3330

この基地では練習航空隊が開設され、多くの海軍士官候補生・予備学生・予科練出身の搭乗員などが飛行訓練を行ない、その多くが霞ヶ浦南岸にある鹿島海軍航空基地などへと配属されて行きました。

IMG_3329

しかしその後、戦況の悪化から神之池海軍航空隊は721航空隊と改称され、神雷部隊として特攻機「桜花」の練習基地となります。

IMG_3332

桜花の訓練を終了すると、隊員たちは九州の鹿屋航空基地などに配属されて行きました。以前訪れた千葉県房総半島の桜花発射台カタパルト跡から出撃する予定だった隊員も、終戦直前までここで訓練していたのかも知れません。内部に展示されている機体は、住友金属により寄贈された復元機です。

IMG_3338

桜花は固形燃料によるロケットであるため航続距離が極端に短く、一式陸攻(爆撃機)の機体下部にぶら下げて敵艦隊への射程内へと近付いて行きました。しかし充分な護衛機も付けられないまま出撃し、敵艦隊のはるか手前で一式陸攻ともども全機撃墜されたなんて事もあったそうです。
特攻については当時反対を叫ぶ将校もおり、上層部を説得するさいの理由として、帰還させれば何度でも出撃出来るのに一撃で高性能な機体を何機も失うなど、物資の枯渇している現状では効率が悪過ぎると。そこで登場するのが桜花、回天、震洋などの最終決戦兵器でした。消耗品であるミサイルや魚雷に人を乗せる訳で、まさに悪魔の兵器と言えましょう。

IMG_3342

公園内は掃除が行き届いていてしっかり管理されており、献花やお供え物も新しい。おそらくは毎日通われている方々が、おられる様子。この桜花では55名の方が命を落とされたそうですが、神之池基地は迎撃機も無い状態で対空砲も届かないB29による爆撃も受けており、多くの方が亡くなられたそうです。御冥福を祈ります。

【日記】毎年恒例浅草酉の市 2018

やはり酉の市の屋台でガタガタ震えながら升酒を飲まないと、冬の到来を実感出来ません。

IMG_3309

今年は三の酉が日曜日。競馬のジャパンカップでもあります。浅草場外馬券場で馬券を買って、近くの立ち飲み「安兵衛」で飲みながら競馬中継を見て一喜一憂。

IMG_3307

昼から酔ってるギャンブル好きのダメオヤジに紛れて飲むのが好きです。結局、土曜日曜と二日連続で行ってしまいました。

IMG_3310

浅草六区から鷲神社へ。ちなみに競馬は負けました。もし勝っていたら去年よりほんの少し大きな熊手を買っていたかもしれません。

IMG_3311

まぁ酉の市の写真なんかは毎年撮っても変わり映えしないもので、去年と同じサイズの熊手をちゃっちゃと買って、いつもの屋台へ急ぎます。

IMG_3316

今年はなんと、お父さんが足を悪くしたそうで、屋台に出ていませんでした。このまま引退なんかされなければいいのですが、いつまでも元気である事を祈りつつ。

IMG_3319

しかし今年は左手のお好み焼き屋台が無くなっていたので、居酒屋屋台は半端なく規模を拡大してました。しかも若い衆が増えて、後継者不足どこ吹く風と言った感じ。ここで寒さに凍えながら升酒を飲めば、もう年の瀬も近いと実感できます。

IMG_3321

帰りは鶯谷までタクシー。ところが乗ったタクシーが、なんと喫煙車。とっくに絶滅したかと思ってましたが、都内で唯一、江戸川区の岩井田タクシーさんにだけ残っているそいです。しかも車両は製造終了となったコンフォート。空気清浄器搭載ですが、煙草をふかしながら低い後部座席に身を沈めるという、なんとも昭和のタクシーを実感できました。

【日記】芝浦、旧協労会館建て替え工事中

以前から行こうと思っていた旧協労会館。芝浦に半年以上通いながらその存在をすっかり忘れていました。

IMG_3290

かつて料亭などが建ち並ぶ花街だった芝浦。東口の北側の外れに、いわゆる三業地が広がっていました。しかし再開発により消滅。

IMG_3285

唯一、見番跡である旧協労会館のみが現存しています。ところがなんと行ってみたら写真の通り解体工事中。しかし、よく見てみれば建て替え工事中との事。一度バラして耐震補強しながら組み直すようです。

IMG_3286

この建物は昭和11年に芝浦花柳界の見番として建設され、戦後は港湾労働者宿泊所の協労会館として利用されました。しかし平成11年、両隣の棟が火事で焼失し、以来ネットで覆われ立ち入り禁止となっていたそうです。それにしてもデカい。天井高は1.5倍くらいありそうな迫力。

IMG_3283

その後平成21年に東京都から港区へ譲渡され、その際港区指定有形文化財に指定されますが放置プレイ。文化財指定したために壊すに壊せず、その間周辺はみるみる再開発が進み、厄介者として取り残されていた状態でした。しかしやっと建て替えが始まり、2020年頃には完了する見込みです。

IMG_3291

すぐ近くに唯一花街の歴史を受け継ぐ割烹「い奈本」が有りますが、すでに近代的なビルとなってしまいました。

IMG_3300

すぐ近くには新幹線も走っています。見番の見事な木造建築が復元されたとして、近代的なビル群に埋もれる浮いた存在となることは明白。劇場として利用するようですが駅からも離れているし、果たして。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ紹介
都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真とレポートを載せています。また、国内の寂れた観光地やマニアックな温泉スポット、廃墟などもご紹介。

鰻田ニョロの小説部屋
→過去に書いていた小説など
トラベル.jp たびねす
→たまに記事を書いてました

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事検索
最新記事
  • ライブドアブログ